偽レブ、⑦パパ日記

「子育て日記」だったが、子供全員が成人したのでブログタイトルを偽物のセレブ「偽レブ」に変更。17年の夏から俳句を始める。

8月の同じお題「お化け」

2019-08-08 08:35:21 | その他

広島ブログ
広島ブログ ランキングに参加していますので、1日1回ポッチンの応援よろ
しくお願いします。

 

もうそろそろ8月のお題を考えなければ、とずっと思っていたのだが、浮かば

なくて。やっと浮かんだのがこの「お化け」

「私、見たことあるんです」「おるわけないじゃないか!」「お化け屋敷大好

き」否定肯定、聞いた話、作り話(←これはやっぱし駄目w)なんでもありで

お願いします。

8月20日にお願いします。

 

★2019.11.30 偽レブの会 参加者募集。詳細は参加表明は ➜ こちら 


↓ ラインスタンプ ➜ 購入画面

 




広島ブログ

お化け? 止めて怖いけえ。ママ抱っこ

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 腹痛 | トップ | 安いウイスキー3 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お化けの類 (小西 裕光)
2019-08-10 14:03:56
あれは4年前の6月の事、四国の実家に不幸があり女房と二人で帰った時の話、その日は通夜で近くの宿泊先を探してみたが丁度土曜日と重なったため何処も空いてなかった。困っているとその場にいた叔父さんが予約しているホテルがあるというので電話を掛けてみると満室だけど一つだけ宿泊できる部屋があるのでそこでも良かったらと言うので予約を入れた。通夜から予約したホテルに到着したのが午後11時過ぎ、フロントで受付を済ませると、鍵を渡され部屋までの行き方を口頭で案内されるがよくわからないので連れて行ってほしいと頼んで案内してもらった。エレベーターで上の階に上がり廊下の突き当りにドアがあり、このドアの向こう側に渡り廊下がありその先のドアを開けると左右2つ部屋があって左側の部屋を使って下さい、と言うとそそくさと帰って行った。なんで部屋まで案内してくれんのだろうか?とも思ったが夜遅いので仕方ないかと案内された部屋に入った。20畳以上の人まで周りには大きな押入れ2方向に窓がある大部屋だった。少し大きめのユニットバスとトイレも付いていた。先に僕が風呂に入り時間が経って上がるなり女房が赤ちゃんの泣き声がずーっと聞こえとった。と言うので窓を開けて外を見たり押入れの中をのぞき込んだりしたが赤ん坊の泣き声が聞こえて来るような形跡はなかった。中々寝付かれず午前2時前くらいに寝付いただろうか、目が覚めると午前6時、女房はすでに起きていて、5時前に数人の足音がして話し声が聞こえて目が覚めて眠れんかったと、渡り廊下で隔たる建物に僕と女房だけの部屋に足音や話し声が聞こえるはずがない、身支度をしてフロントに行くと叔父さん夫婦もいて、朝の5時前に電話したかと聞くので、していないと言うと電話が鳴ったので出ると切ったのでフロントからかと思い掛けなおすとこちらからは掛けてないと言われ僕が掛けて来たのかと思ったと、・・・・・部屋まで案内したくないフロント係、聞こえてくるはずのない赤ん坊の泣き声、足音と話し声。掛けないのに鳴るでんわ。今思い出しても鳥肌が立つと言っている女房、

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他」カテゴリの最新記事