てんもく日記

夫と妻と大学生の息子と娘。【ヒゲ親父】は変なことばかり投稿しますが、最近は地元の町歩きにめざめちゃっております。

イラストマップをじっくり見よう。

2019年09月10日 20時07分22秒 | 【ヒゲ親父】地理のこと
こういうイラストマップが好きです。


先日中能登に行った際に無料で頂いてきた能登周遊イラストマップです。

こういうのをじ~と見るのが好きなんです。

その場所がイラストで表示されているんです。

のと里山空港。

先日行った雨の宮古墳群や


石動山大宮坊など、

訪れた場所を再確認するのも面白い。


まだ行ってない場所でも、そのイラストから興味をそそるわけです。

碁石が峰県立自然公園なんか池があっていい場所の感じがするし、

永光寺付近にある白きつね伝説の道なんてのがオイラ的には興味をそそるわけです。


どこかへ行くのに、こういうイラストマップを見て選ぶと言うのも面白いと思いますよ。

【ヒゲ親父】
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 北陸旅行へ
にほんブログ村
コメント

そろそろ・・・

2018年11月19日 20時00分57秒 | 【ヒゲ親父】地理のこと
ぼちぼち
行程(行き先)考えなくてはね



あなたのひとポチがオイラのパワーになります。
【ヒゲ親父】
にほんブログ村
にほんブログ村
金沢市ランキング
コメント

東西文化の境界線を検証したかった・・・

2017年07月24日 22時18分36秒 | 【ヒゲ親父】地理のこと
昨日富山に行き、不気味な石仏群なんぞ見てきて、それはそれで興味深かったわけだが、
オイラが富山に行って本当に確認したかったのは、
の存在感だったのだ。

正確に言うと、
呉羽山は東西文化の境界線、あるいは分水嶺と言われている。
これを検証したかった。


司馬遼太郎 街道をゆく 立山の御師 から、
野の中央に、呉羽山という低く細長いナマコ形の丘陵が隆起しており、この平野の人文を東西にわけている。
「呉東(ごとう)・呉西(ごせい)」などと、富山県ではいう。
町でいえば富山市や魚津市は呉東であり、高岡市は呉西である。
この最高部が145メートルでしかないひくい丘陵が、人文的に大きな意味をもつのは、これを境界線にして富山県における関東文化圏と関西文化圏を大きく二つにわけていることである。
東西は方言もちがい、生活意識や商売の仕方などもすこしずつちがっている。人文的な分水嶺を県内にもつというのは、他の府県にはない。

である。

オイラは富山県人ではないから、実感できてるわけではない。

でもオイラはこの呉羽山による東西文化圏の境界線ということにもの凄く興味が湧くのだ。
こんな貴重な地域はそうあるもんではない。


例えば、東と西では、うどんの出汁(だし)が違う。
関西風はうす口で、関東は濃い口と言われている。

ネット情報でも、富山県には関西風と関東風の二種類のカップ麺が混在していると聞いたので、ぜひともそれを確認したかった。


まずは、呉羽山より手前、つまり関西文化圏にあるコンビニへ



ローソン射水生源寺店。

ここで「緑のたぬき」を買う。


横面を見る


ここに「W」とあるが、

これはWEST(西)つまり関西風ですよということである。


だから、呉羽山を超えたローソンに置いてある緑のたぬきは、
きっと「E」、EAST(東)のはずであると。

呉羽山を越えて行け・・・


長慶寺からの富山駅方面の風景、ちょうどここが呉羽山の関東文化圏の最先端である。


富山市内から呉羽山の丘陵を見る

ほんとに低い山だ。

さて、ローソンへ、


なんと、富山はローソンだらけじゃやないか!

しかし・・・

東老田中央店も「W」


富山県立大学前店も「W」


水墨美術館前店も「W」

あれ?

全部「W」だけど・・・

もし、これで「E」の緑のたぬきが置いてあったのなら、
前回のブラオイラは「富山呉羽山東西文化の分水嶺編」となっていました。

現実はうまくいかないもんですねぇ~。

【ヒゲ親父】
にほんブログ村
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへにほんブログ村
コメント

川の最初から最後までを辿ってみました。

2017年03月18日 19時51分18秒 | 【ヒゲ親父】地理のこと
手取川の最上流から日本海に注ぐまでの様子を辿る決定版

先日投稿した手取川ダムから日本海まで辿った記事。

当然、手取川はダムよりさらに上流があるわけで、
最初から最後までというのなら、その部分を加えねばならなかった。


以前に百万岩を訪れた際に撮った記事と、

約10年前に家族で白山登山をした際に録画したビデオから、

古っ

その部分を加えました。

(ウィキより)
手取川(てどりがわ)は石川県の主に白山市を流れて日本海へ注いでいる一級河川。石川の通称で呼ばれた時代もあり県名の由来となっている。
石川県白山市南部の旧白峰村の岐阜県境にそびえる白山に源を発し北流する。上流には手取川ダムがあり、中流域の旧鳥越村・吉野谷村地区では河岸段丘を下刻して手取峡谷を形成している。
旧鶴来町市街地で流路を西へ変更し、山から金沢平野へ抜ける地点を扇頂とした扇状地を形成している。能美市と能美郡川北町の境界を流れ、白山市の旧美川町で日本海に注いでいる。
平均河床勾配1/27は日本有数の急流河川である。
河口より約40km北東に位置する「千里浜なぎさドライブウェイ」で有名な千里浜は、手取川が運搬した土砂が沿岸流によって運ばれ堆積したものである。


それでは、はじまり、はじまり~


今から10年ほど前に家族で白山に登ったことがある。

頂上にて息子&娘

そこに映る小さな流れは、標高2600m付近のまさに手取川の最上流である。


夏場でも大変冷たい雪解け水だ。


息子と娘がふざけて葉っぱを流してこう言った。

明日には海に行くかなぁ~。

どうだろうね・・・


少し下って、川らしくなり、


(2016-07-10撮影)
さらに下ると日本一の石ころがあったり、

百満貫の岩、そしてこの付近の手取川の感じ。

さらに下流の白峰での川の様子。

大きな石がゴロゴロありますね。


そして・・・・、

(2017-03-12撮影)
じゃ~ん!手取川ダム


ひょえぇぇぇぇぇ!!!


157号線を走っていくのさ


ダムから最初の橋、女原大橋です。


少し下って、仏師ヶ野町へ架かる仏師ヶ野橋です。

集落もあります。

この橋から手取川第二ダムが見えます。


さらに下って、

木滑り新橋下の様子。

対山橋


へぇ~


あっここは!


そうここは、今は無き廃線金名線の終着駅「白山下駅」があった場所でした。

こんな山奥まで線路があったんだよねぇ。

さてさて

まだまだ残雪が残っていて入れない場所があります。

出ました!

野性の証明でも登場した大東橋です。

大東橋から下を見る。

わお!

そして手取峡谷といえば、不老橋ですよね。





紅葉の時期は、ここ本当に綺麗です


鳥越まで下りてきました。


黄門橋

黄色じゃないだ

橋上からの風景もいい

ここは高い壁だな。

しばらく下って、
ここら辺まで来ると川の流れも少し穏やかに


川沿いの田んぼも今はおやすみ。

でも春は近い。

橋が並列に架かっています、珍しいね。

江津橋

ここからの風景もいい感じ

ここで川が合流しています。

ふうん。


もう一つの橋を透して下流方向を見る。


ここから少しだけ下流には、

めおと岩なるものが。

なんじゃこりゃ!


そして鶴来まで下りてきて、


道の駅「しらやまさん」より

対岸に今では役目を終えた七ヶ用水大水門が見えます。

天狗橋

昔ここに能美線の鉄橋があったのだ。

とにかく手取川はずっと川沿いに走れるからいいね。


河原まで降りてみた。


ちゃぷちゃぷ

今日初めて川に触れた。

ブーンと音がしたので見上げてみると

ラジコン飛行機が飛んでいた。

川北大橋

昔ここが有料で100円だったんだよね。

さらに下流に行くと

グランドで少年野球。

川がキラキラ反射してキレイ。


手取フィッシュランドと手取川橋

この橋は古いよ~。

プラス遠くに白山


採石場にある機械のゴチャゴチャした感じが好き。


さらに下流、

出ました!北陸新幹線橋梁工事現場で~す!

早~く、早~く

少し下ると、

また工事

道路用の橋も建設中でした。


おっ中年の方のパラグライダー講習。

楽しそう。

今日は本当にいい天気。


北陸本線の鉄橋に福井方面に向かってサンダーバードが通ります。

ガタンガタン!

そろそろ河口だね。

美川大橋。

昔ここの川沿いに石川県庁があったとか。


小さな港

漁船が十隻ほど。

釣れますか~


最後の橋は北陸自動車道です。


今日は波穏やか。


手取の川もいよいよ日本海に・・・。

はい、ゴール!!!!

凄い、スゴイ、すごい!
!!!

【ヒゲ親父】
にほんブログ村
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへにほんブログ村









コメント

ブラタモリでまだ行ってない県庁所在地

2016年08月16日 16時23分14秒 | 【ヒゲ親父】地理のこと
ヒマだからゆるゆると調べてみたよ。
ブラタモリで訪れた町は、
長崎、金沢、鎌倉、函館、川越、奈良、仙台、東京、松江、出雲、軽井沢、博多、福岡、札幌、小樽、熱海、小田原、松山、沼田、那覇、熊本、京都、伏見、横浜、志摩、伊勢、横須賀、会津若松、新潟
である。その他富士山なんかも行ってますが町ではありませんのでカットと。

で、47都道府県を並べて、訪れた県庁所在地等を一覧にしてみた。

<〇訪れた、-まだ>
〇札幌市
-青森市
-盛岡市
-秋田市
〇仙台市
-山形市
-福島市
-水戸市
-宇都宮市
-前橋市
-さいたま市
-千葉市
〇東京
〇横浜市
〇新潟市
-富山市
〇金沢市
-福井市
-甲府市
-長野市
-岐阜市
-静岡市
-名古屋市
-津市
-大津市
〇京都市
-大阪市
-神戸市
〇奈良市
-和歌山市
-鳥取市
〇松江市
-岡山市
-広島市
-山口市
-徳島市
-高松市
〇松山市
-高知市
〇福岡市
-佐賀市
〇長崎市
〇熊本市
-大分市
-宮崎市
-鹿児島市
〇那覇市

軽井沢や鎌倉など、県庁所在地以外の町も行ってますが、上記のとおりいまだ訪れていない場所は多いです。
目撃情報によると、広島市は確定らしいけど、
早く訪れて欲しい町はありますね、高知とか宮崎なんかはぜひ見てみたいものです。

ところでブラタモリっていつまでやるんだろうか?
どうせなら47都道府県制覇までやってほしいね。

【ヒゲ親父】
にほんブログ村
にほんブログ村

にほんブログ村
コメント

オイラの地理的直感!?

2016年05月25日 20時00分00秒 | 【ヒゲ親父】地理のこと
先日われながら驚いたことがありました。

ネットであるサイトで紹介されていた風景を見て、
「これって京都のここらへんの道かなぁ」と直観的に思い、ズバリ当ててしまった!
オイラはその場所へは行ったこがないのである。
(言ってる意味わかんないでしょうね・・・)

要するに・・・、
行ったことのないとある風景写真を見て、
その場所を、グーグルマップの日本地図の中から一発で当てたということ。

それがこの場所である。

(思わず写メった)

左のサイト画像を見て、
右のグーグルマップで場所を特定させた!


オイラの頭の思考はこうだ。

これは京都っぽいね・・・
しかも山間部だなぁ・・・
料亭らしき建物があるから、おそらく川沿いにあるだろう・・・

(グーグルマップ)で、
となるとここらへんかなぁ・・・?

ストリートビューで見てみよう

ポイっ

マジか!(ドンピシャやんけ!

ということである。

ホント驚いたわ。

オイラの驚異的な地理的直感力ってとこかな(なんちって

【ヒゲ親父】
にほんブログ村
にほんブログ村
にほんブログ村
コメント

明日は県外にブラオイラ!

2015年11月28日 19時18分11秒 | 【ヒゲ親父】地理のこと
明日は、雪で高速道路が通行不能にならない限り、
天気悪くても県外に行く予定です。

富山?福井?それとも・・・

かみさん希望の場所で、
まぁ~絶対に予想できない場所ですわ・・・。

また報告しま~す。
【ヒゲ親父】

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
コメント

KANO(かの)観たくなってきた

2015年02月11日 17時40分00秒 | 【ヒゲ親父】地理のこと

かって台湾の高校が甲子園で準優勝したことがあった。
(マジ!?)

『KANO 1931海の向こうの甲子園』
という台湾映画、日本でも上映中だそうです。

観に行こうかな、
台湾かぶれのオッサンが一人で・・・・



本日は娘の自宅模試につきあっていながらも
ず~と
PCで台湾反応ブログを見てました


その国の人の事を知りたいとき、
こういったブログ情報がいきた情報なんだと思う。

これで台湾のことが
少しわかったような気がします。

台湾の人はマジで日本の事が好きみたい。

日本の風土、文化、芸能
そして日本人の反応にも相当敏感に感じている。

なぜそれほど日本が好きなのか?

日本統治時代が台湾人にとって悪くなかったらしい。
これは中国や韓国と大いに違う。

その後、二・二八事件という不幸な出来事があり、
台湾人が中国人を嫌うこととなり
対照的に日本統治時代が良かったと感じたこともありそうだ。

二・二八事件
1947年2月28日に台湾の台北市で発生し、その後台湾全土に広がった、
当時はまだ日本国籍を有していた本省人(台湾人)と外省人(在台中国人)との大規模な抗争。

また八田与一をはじめ
台湾の為に尽くした日本人がいたこと。

東日本大震災の時にいちばん支援してくれた国

やっぱ、困った時に助けてくれたり、
自国を好いてくれてる国を好きになるのは
当たり前といえば当たり前だよね。


オイラも
親台嫌韓の人となってしまっただろうね。

【ヒゲ親父】
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 子供あり夫婦へ
にほんブログ村
コメント

街道をゆく「台湾紀行」ゲットー!

2015年02月10日 22時01分30秒 | 【ヒゲ親父】地理のこと
プチミラクルでした。

思い出した、
尊敬する作家、
司馬遼太郎先生が
たしか「街道をゆく」で台湾のことを
書いているのを思い出したのだ。

読まなくては!



会社帰りに自宅近くの本屋に寄った。


ない


隣の町の少し大きめの本屋へ入る

ない


こうなりゃ
隣の隣の町の大きな書店に駆け込む

ない!


なんとしても今夜から読みたい
という欲求を
意地でも叶えたくなってきた

もちろん書店には
司馬遼太郎の本はたくさんありますよ、
でも大抵そろえてあるのは
「坂の上の雲」や
「竜馬がゆく」のようなメジャーなものばかり。

大きい書店では
「この国のかたち」なんかもあったけど、

「街道をゆく」シリーズは
無いんだよね~


あきらめかけた3店目の帰り道
ブックオフがあった、


「まぁ、なかろう・・・」と期待せずに入ってみた。

司馬遼太郎とインデックスのあるところに目をやると
すぐに飛び込んできた!

キタ━━━━。゜+.ヽ(´∀`*)ノ ゜+.゜━━━━!!

司馬遼太郎の本はわずか3冊のみ、
うち街道をゆくは1冊のみ
その1冊が
なんとなんとの
街道をゆく40 台湾紀行だったのだー!!!




(表紙の写真は夜市の風景だね)

ミラクル!ミラクル!
プチミラクルだ!


1993,94に司馬遼太郎は台湾を訪れている。

司馬遼太郎は台湾で何を感じ、
どう表現するのだろう?

楽しみだなぁ~

今夜から
寝床で少しずつ読んでいこう
これが最高なんだよね~
【ヒゲ親父】
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 子供あり夫婦へ
にほんブログ村
コメント

台湾という国について・・・

2015年02月09日 21時37分02秒 | 【ヒゲ親父】地理のこと
正直、台湾旅行に行く前は、
台湾のことなんて
ほとんど意識していなかったオイラ。

旅行前には台湾についていえば、

101という高いビルがあり、
中国が国として認めていないとか、
金美鈴という鋭い意見を言う女性評論家、
日本人の八田与一がダムを作った、

まぁ台湾知識なんて
こんなモンでしたよ。




でも旅行に行ってから、

台湾という国と台湾人について
もっともっと知りたい
という欲望が出てきて・・・
(毎度のパターン)

日本に50年も支配されたのになぜ親日なのか?
中国や韓国となぜこうも違うのか?
などなど。

昨日今日と
本とネットでちょっとだけ調べてみたけど、
台湾の近代史はいろいろと根深く興味深いよ。
【ヒゲ親父】
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村
コメント

台湾旅行記・・・PART5

2015年02月08日 13時22分00秒 | 【ヒゲ親父】地理のこと
今日は、
昼にフカヒレ食って・・・・、

3時に小龍包食って・・・・、

夜は当然、豪華な食事です。
(食い過ぎやろ・・・

今夜は北京料理で「天厨菜館」というお店です。




はいはい、料理の写真のラインナップが続くんでしょ


そのと~り


台湾旅行記
PART5
(ラストだぞーい!!



この旅行中美味しいモンばかり食ってる中、
正直言って、
この北京料理がそれほど美味しいと思わなかったんだよね。

サトウキビ的?なもんからスタート(はぁ?)


これは良かったよ


肉、肉、旨かったでーす。


んっ、なにこれ?ははは


そして~!
出ました本日のメイン料理
北京ダックでーす!!!

パシャパシャ(なんじゃそりゃ・・・)


・・・・でも、
残念ながらそれほど旨いかというとそうでもない・・・。


これに包んで食べるのよ



はい、昨日も出たね海老


揚げ出し豆腐


焼き魚
お店の人は鯛(タイ)と言うけれど、
オイラ達は、鯉(コイ)か鮒(フナ)の川魚だと確信している。


定番の炒飯、炒飯好きです。


これなんだろう?
食わなかった、いや腹いっぱいすぎて食えなかった・・・。


まだ出るんかい!
(中国のおもてなしの礼儀として食えないほど料理を出すというのがある)
春雨と肉のスープ


デザートの胡麻だんご(う~んナイス!


そしてラストはやっぱりオレンジですよ~!
(ふぅ~やっと終わった)



さて今夜は料理を食べた後は
すんなりホテルに帰ったのだが、

やっぱ出かけたかったので
ホテルのフロントで聞いて
近くの足つぼの店に行ってきた。

歩いて5分、あったあった、

なんと呼ぶんだろうか・・


5人くらいの席が満席だったけど、
10分待ちで座れました。

ぐぎゃ~!!
イタイイタイ
でもガマンガマン

(汚い足登場で失礼

40分で560元で2240円くらいです。
痛い部分もあったけど、やっぱ気持ち良かった~。

いや~体が軽くなったわ


夜の街を歩く、
おばさんたちがダンスをしていた。
(そういえば台湾主婦の流行りと張さんが言ってた)



ホテルに着くと
妻から嬉しいLINEが入る
(ホテルはWi-Fiが繋がるのだ)

合格番号の貼り出し写真とともに
「娘の私立高校合格したよ」のコメント


よくやった!
昨日行った龍山寺での願い事のおかげかな・・・


その夜はさすがに疲れたので早めに寝て
翌日、最終日を迎えることになる。




(さ~て、ラストスパート



最終日は午前中が全体観光です。

主に戦争で亡くなった英霊を祀る忠烈祠に行き、
衛兵交代式を見る(かっちょいい~


次いで蒋介石の顕彰し1980年に竣工した中正紀念堂
でけぇ~、




蒋介石か、
本土から毛沢東軍に敗れて
逃げてきた蒋介石一派がこの台湾を統治することとなる。

台湾の近代史の中心人物、いままで何とも思っていなかったけど
蒋介石のこと、帰ったら少し勉強しよう。

張さんは蒋介石のことが嫌いなんですって、




これにて全行程終了~


帰りの空港に向かう。

途中の車中から
旧台湾総督府



急げ、急げ、
慌ただしく台北空港に駆け込んだ。



空港でお世話してくれた
張さんとさよならの握手を交わし、
出国審査に向かう


さらば台湾


楽しかった3泊4日の台湾旅行




その夜、日本に着いた。

日本寒ぶっ!



ほんとに楽しかった旅行でした。

いい思い出。
また行きたいな。


これにて
台湾旅行記は終りで~す。
 あ~記事作成に疲れた・・・
【ヒゲ親父】
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へにほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 子供あり夫婦へにほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ てんかんへにほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へにほんブログ村
コメント (2)

台湾旅行記・・・PART4

2015年02月08日 01時38分46秒 | 【ヒゲ親父】地理のこと
あいかわらず、
ホテルの朝食は美味しい。

とにかく種類が多い。
このローストハムはまじで旨いから・・・。



そしてバイキングに置いてある新聞も飛行機事故一色

お悔やみ申し上げます・・・。



さて、この日は自由行動の一日



今日も楽しく元気でまいりましょ~!!!



台湾旅行記
PART4
(台湾ばんざーい!!





自由行動といっても、
オッサンは自由という時間の使い道を知らないので、
事前に6人でオプショナルツアーを申し込んでいた。
「烏来(ウーライ)とフカヒレの料理」である。

烏来は台北市から山岳地帯へ1時間くらいの距離で
原住民のタイヤル族が住んでいる村だ。
タイヤル族を高砂族とも呼び、台湾の部族の中でも最強の戦闘部族とのこと。

戦闘民族ってすごくない


烏来は山岳地帯で綺麗な川が流れていて


滝もある


しばらく進むと、
おもちゃみたいなトロッコが現れた。


これに乗って、さらに登る。
(楽チン楽チン

すると民芸店みたいなお店があった。
玄関には部族の娘達が出迎えてくれた。


この店では部族の酋長の娘というオバハンリーダーがいて
その脇にさらにオバハン連中が、
お店の品物を来客マンツーマンの完全マークで売りにくるという
強烈な店だった。

娘たちが編んだ服(いらね~
おまじないのキーホルダー(いらね~
魔よけの人形(いらね~
逃げるのに大変だった。

そのうちコースに入っている部族のショーを観ることになる

(歓迎の踊り、戦いの踊り、結婚の踊り、等々)

最終的に、観客はステージにあがり
一緒に踊ることとなる・・・・・

まぁ楽しかったです。
そしてオイラの知的好奇心の火がついた。

この台湾には多くの部族がいて、
全部ポリネシア系だそうだ。
高砂族についてもう少し知りたくなった。

さっそく図書館で台湾系の本を借りよう。



さて烏来からバスに乗り台北市に戻ってきた。

フカヒレ専門店の「上品魚翅」という店に入った。

いきなりサメの骨が出迎える

(キャー! なんちって

最初のメニューは
アワビのサラダ

(まいう~


続いてメインのフカヒレスープ

(超まいう~

やっぱり出てきた炒飯と煮たスズキ

(まいう~

ラストはこれまた定番オ~レンジ  +紅茶

(まいう~

ここは旨かったですよ、いや「まいう~」でしたよ。
(なんのこっちゃ・・・)

オプショナルツアーはここで終わりで
まだ2時頃だったので、

食ったばかりなのに
ツアー参加者6人で「台湾一の小龍包食いに行こう」ってことになり
(まだ食う?信じられん・・・でしょ)┐(´д`)┌ ヤレヤレ

地下鉄駅に向かった。

切符はこんなコイン、日本より運賃は安いよ


ホームの転落防止策、日本も必須にすればいいのに


まずは有名な龍山寺に寄った。


立派なお寺


このお寺には何人も神様がいて、
願い事をするには、
住所と氏名と願い事を伝えるんだって、

オイラも線香買って、それぞれの神様の前にお願いしたぞ

ちなみに商売の神様は関羽公でした。

信心深い人が多く熱心に祈っておられました。
お供え物も多い


赤い石みたいなものを床に落し、なにやら占っていた方もいた。


受験生の娘のために
学業祈願のお守りをGET!



さて、龍山寺を後にして
向かったのは台北一の小龍包の人気店
「世界の10大レストラン」に選ばれたディンタイフォン(鼎泰豐)です。


これはマジで旨し! でした。



手作りの様子



食べ終わって、
外をブラブラ


台湾の人は毎日三食とも外食なんだって、
家ではご飯を作らない。(マジ?)
朝も昼も夜もぜ~んぶ外食!

だから通りには小さな食事何処がいっぱいあるんですよ。


文化の違いだよね~。


あっ!くら寿司だ

(そろそろ日本食が恋しくなってきたかな)



PART4はこれにて終了。

【ヒゲ親父】
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 子供あり夫婦へにほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ てんかんへにほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へにほんブログ村
コメント

台湾旅行記・・・PART3

2015年02月07日 23時20分05秒 | 【ヒゲ親父】地理のこと
今回の旅行で気づいたことがある。
とにかく皆さん写メを撮るのよ。

料理が出るたびにパシャパシャ、パシャパシャ
結局、出てきた料理を全品撮ってるから
(もちろんオイラも・・・

みんな
ツイッターとかブログとかでアップするのかな?




そんなこんなで

台湾旅行記
PART3
(まだまだ、いくぞ~い!!


夜になった。

バスの中での張さんのガイドが面白かった。

我々に丁寧に話す片言の日本語と
運転手に話す怒ってるみたいな超速効の中国語会話との
ギャップがおもしろくて・・・(ぎゃははは

我々に「みなさま おちゃせみなーは どうです・・どうでしたか」
すぐにそのあと
運転手に「チャウテイチョウデシタイヤー! ヤイターン!」
みたいな。


さて夕食は
台湾料理の欣葉だ。


最初はカラスミ
(最初ってのがいいね! 85点)


(豚の角煮、まぁね 70点)


(よくわかんなかった 60点)


(骨付き肉 80点)


(茄子のなんか・・・ 65点)


(海老 バリボリバリとかぶりつく 70点)


(オイラそもそも炒飯好きだから 80点)


(紹興酒登場 強い・・・強すぎる 50点)


(白菜のなんか 60点)


(あさりと肉のスープ 75点)


(最後のデザートはやっぱ台湾なのでオレンジ 60点)



これでもかこれでもかと間髪入れずに・・・。
でも全般的に台湾料理は旨かったよ。

この旅行、この時点で3キロは太ったんじゃないだろうか?



その後、バスで台北最大の夜市である士林夜市へ


またあの匂いが(ぷぅ~ん)


いきなりザリガニ釣り(料理用なんだろうか・・・)


ここでは実家の母親から頼まれていた
ドライマンゴーを売ってる店を探すのに苦労した。
なんとか時間ギリギリで見つけたよ。
(1袋100元で大変美味しい)

ここの夜市で1時間くらい過ごしてバスでホテルに帰る。

着いたころにはすでに10時を過ぎていた。


テレビをつけると、
全チャンネルこのニュース
(墜落した飛行機が引き上げられている)


そういえば張さん言ってたよ。
台湾の国内線はヤバイって、
国際線のエバー航空はしっかりしているらいしけど。


さて、コンビニでビールとつまみを買って、
Y君と遅くまで飲んでたよ。

寝たのは今宵も2時頃でした・・・・


PART3はここらで終了。

(3くらいでは終りましぇ~ん)

【ヒゲ親父】
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 子供あり夫婦へにほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ てんかんへにほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へにほんブログ村
コメント

台湾旅行記・・・PART2

2015年02月07日 22時00分00秒 | 【ヒゲ親父】地理のこと
2日目はバスでの観光がメインだ。


朝、ちゃんと7時に起きまして、


朝食は豪華なバイキングだ。

すご~い!

ローストハムと焼きたてのクロワッサンは旨し

メインはコックが目の前で料理する卵料理。
(オムレツ最高でした

今日も雨、
でもそんなのへっちゃら!
びこーず楽しいから!




台湾旅行記
PART2
(わお------!!





さて、バスで最初に向かったのは
高速道路を走ってこれ注目)
千と千尋で有名な九ふん(ふんはにんべんに分)です。

階段と

これこれ湯婆婆の屋敷

階段の上から海を見る

迷路のように縦に横に細い道が続く


意外だったのは
一番頂上にあったのが普通の小学校


まぁ階段のあるいい雰囲気の町でした。
かつてここは鉱山が豊富に採れた町でにぎわってたそうです。

でもね正直
九ふんがメッチャ素晴らしい!とは思わなかったなぁ~。
でも台湾ではトップクラスの人気だそうで
(さすが世界のジブリ宮崎駿パワー)





そろそろ12時バスに乗り込み、
食事場所へ向かうその車中・・・

ガイドの張さんより
衝撃の言葉が出る。

「みなさま、たいへんおどろいたことですが、
けさ とおってきた こうそくどうろに ひこうきが ついらく しました」

ええー!!!!


「でも ごあんしんを ししゃはいまのところ いないようです」
(当初ニュース速報では死者はいないと報道された)

テレビで流されたあの高速道路。
オイラ達のバスが通過した数時間後の出来事でした。


(拝借、後日貼付)


そして昼食は小龍包のお店
金品茶楼です。


いや~小龍包は旨かった。



(水餃子)


(炒飯)

そしてやっぱり台湾ビールで乾杯
(薄~い)

次いで、向かったのは
やっぱり台湾で外せない
故宮博物院


とにかく人・人・人の人だらけ。

中では撮影禁止なので、白菜とか豚の角煮の石だとか
丸いボールみたいなのの写真は撮れませんでした(残念)


次にお茶セミナーの大山茶藝教室へ

なんか90歳超えのお爺さんが
お茶の良し悪しを講釈していた。
(あまり興味なし・・・・・ヤレヤレ>


さて、夜はお楽しみのご夕食です。

でも、ここらへんでPART2は終わります。

【ヒゲ親父】
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へにほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 子供あり夫婦へにほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へにほんブログ村
コメント

台湾旅行記・・・PART1

2015年02月07日 20時50分00秒 | 【ヒゲ親父】地理のこと
2月3日火曜日
楽しみにしていた社員旅行の出発の日。



天気はくもり。
それでも気持ちは晴れやか
心をときめかせオイラは自宅を出たのだった。---






台湾旅行記
PART1
(はじまり~はじまり~





飛行機が離陸したのは夕方。


台北空港に着陸したのは夜遅く、
台北は雨が降っていた。


おぉ~!
台湾に着いたぞ~とテンションが高い


入国審査を無事パスして
送迎バスに乗り込む。
(中川礼二のネタみたいな入国審査官いないかな~)ぷぷぷ


今回の旅行は旅行会社の方が随行し、
さらに現地のガイドさんがついた。
現地ガイドは張さんという65歳くらいのベテラン男性。
(張です、よろしくです。)と片言の日本語がいい感じ。


バス車内で円を台湾ドル(元)に交換(1万円単位)
1元が4円くらい、1,000元が4,000円て感じ。

へっへへ~

ホテルに着いたのは
もう夜の11時を過ぎていた。

台湾でもトップクラスのホテル
「パレ・デ・シン」です。



(このペースだと、相当長い記事になるかも・・・・)


すぐに寝るわけないでしょ、
近くの夜市(よいち)に8人くらいで出かける



とにかく、
くっせー!(失礼

独特の匂い、臭豆腐やら豚関係の匂いだと思うが、
とにかくすごい

ある店に入って
連れが注文したのはこれ

オイラは無理<匂いが凄すぎる・・・

オイラは炒飯とスープを注文。

とにかく見ての通り雑でしょ~。
マジでこんな感じで出てくるんだから
(でもその驚きが楽しい・・・

深夜も1時になり、
店も閉められたので、ホテルに帰る。

部屋はツインルームです。
この3日間、設計のY君と過ごすことになる。
よろしく!


シックな感じでいいホテルです。


そして寝たのは2時を過ぎていた。


PART1はここらで終了。

(こりゃ長くなるわ・・・。
【ヒゲ親父】
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へにほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 子供あり夫婦へにほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ てんかんへにほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へにほんブログ村



コメント