延岡の山歩人K

季節ごとの高山植物や山野草、そして彩の美しい自然にはまってしまい
写真撮りながら登山・山歩きを続けています


五葉ダキへ登ってみました。・・・ ~ 大崩山・三里河原登山(2)

2014-07-30 | 宮崎県の山

 


  表題の写真は 大崩山・五葉ダキに登る

 

昨日記事 「 今年3度目の大崩山  序章 からの続きです。
今日の記事は(下のGPS軌跡図参照)
五葉ダキに登った後、いよいよ三里河原・吐野(ハケノ)到着までです。

  ご参考までに
  五葉ダキの「ダキ」とは岩壁の事らしく
  大崩山には、他に「小積ダキ」「袖ダキ」「二枚ダキ」等 有ります。


GPS軌跡図は ”T・Kさん”にいただきました。
 ↓

 

昨日記事でご紹介の展望所(岩の先端)を後に
この難所をクリアーすればもうすぐ「五葉ダキ」です。
 ↓ このトラバースはロープ有りますが
   万が一、滑落したら深い谷が待ってます。


 

「五葉ダキ」は、かなり急角度の花崗岩の巨大な岩壁でした。
この様な岩壁をみると、血が騒ぐ人がいますので・・・(^.^)/~~~コマルナ
下から見上げると、とても登れそうにありませんが、滑りにくい岩なので
ノーザイルで 岩壁に挑みます。

  先ずTKさんが登り始める
      ↓
      

 その後に続くのは、もう お決まり・・・ったく、 〇〇の高登り
      ↓
      


 やったね(*^_^*)
 ↓


 かく言う私も決して嫌いじゃない(^o^)~早速登ってみる
 下を覗けば、この高度感がたまらない
 ↓ 

 岩上から眺める「小積ダキ」
 岩峰が青空に映えます。
 ↓


岩壁の下りはさすがに滑りそうで怖かった。

 

五葉ダキを下りても・・・この先の登山道は
まだまだ試練は待ってました。
 
 急な傾斜面をトラバースして
 ↓

 

 登って
 ↓

 

 下って
 ↓

 

 またまたトラバースも有り
 ↓

 

 

ようやく三里河原 吐野(ハケノ)到着
↓ 涼しげです。


途中で、熱中症予防のためこまめな休息に心がけました。
休息と五葉ダキの岩登り等のため時間を費やし
登山口を出発しておよそ2時間25分くらいで吐野到着です。

さてさて・・・この後はまたどのような展開に??
続きます。

  続きです こちら
        http://blog.goo.ne.jp/yamakawa_trek/e/3f680eba3b62051a3a49574dfa89f232

 


コメント (18)   この記事についてブログを書く
« 今年3度目の 「大崩山」 登... | トップ | 沢歩きしながら上流へ ~ 大... »
最新の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
スリル満点ですね~\(◎o◎)/! (reihana)
2014-07-30 08:10:58
おはようございます
五葉ダキとは 岩ばかりの山で超 傾斜地で見てるだけでも
滑り落ちそうで恐怖です
よくぞ この様な 岩ばかりの所を登られましたね~
かなりのスリルを 味わった事と思います
熱いので 岩が焼けていて尚 熱かったのではないでしょうか?
私でしたら 山に登らずに 最後の画像の 涼しげな小川で お魚をつかまえて 遊びたいです!(^^)!
Unknown (ぽーらん)
2014-07-30 08:24:39
途中、岩場で冷え冷え感を味わい
沢に到着してのひんやり感が気持ちよさそうですね
この奥でキャンプしてみたいです
スリル満点 (iina)
2014-07-30 08:36:55
スリル満点な五葉ダキの岩場です。
ダキのイメージを谷と思ったのですが、「ダキ」とは岩壁のことでしたか。

ところで、きのうの句は川柳のつまりです。 次は、きょうの川柳一句だす。 (^^ゞ
  血がさわぐ ダチといっしょに ダキのぼり / iina

  念のため、ダチは、友だちの略だす。 m(_ _)m

こんにちは (ryuuke158)
2014-07-30 10:09:33
巨大な岩ですね
昔は
夏場の沢登が好きでした
雨に遭い撤退も多かったのですが・・・・
凄い(^◇^) (hiroko)
2014-07-30 10:31:24
こんにちは(^^)/

スリル満点ですね、見ているだけでも足が
すくみそうです。流石奥さま?は背中の荷物は
無しですね、それでも挑戦するとは素晴らしい。
青空に映える岩峯は雄大です(^^♪
山登りの醍醐味味わせて頂きました。
こんにちは (korosuke)
2014-07-30 12:25:45
五葉ダキ、凄いですね。
一枚岩ですか?
特撮ですよね。(笑)
岸壁登り (katakuri)
2014-07-30 12:26:13
こんにちは~

昨日は少し辛口コメントを入れたつもりがアレっない?
そそっかしいのでそんなことも有ります。
今日のコースはお二人お待ちかねの冷え冷えコース。
滑らないとはいえ少し間違えたら・・・
このリュックはロープであげるのですか?
それとも岸壁登りを楽しむだけなのですか?
何回も足を運ぶだけ魅力あふれる山なのですね。
こわ~~~"(-""-)" (kyoko)
2014-07-30 15:56:54
Kさん 昨日も怖かったですが
それよりももっと・・・ですね
それにしても皆さんすごいですね

私も川のそばでゆっくりランチで十分です
写真を撮る余裕もあるなんてすごいすごい!!

(reihana) さま (延岡の山歩人K)
2014-07-30 17:42:52
こんにちは
見た目凄い急傾斜ですが・・・意外に滑りにくいので驚きました。
ただし、雨模様の時は絶対に避けたいですね
上にいる時雨が降り出すと降りられなくなりそう

 >熱いので 岩が焼けていて・・・
また8時過ぎたばかりで、しかも山影で
ご覧のように、日光は当たってませんでした。

 >涼しげな小川で お魚をつかまえて 遊びたいです!(^^)!
賛成ですが・・・そこまでの道中が厳しいものでした(^.^)/~~~

ご感想ありがとうございました。
また よろしくお願いします。

(ぽーらん) さま (延岡の山歩人K)
2014-07-30 17:47:33
こんにちは
沢に降りる手前には、キャンプの痕跡が残っていました。
この付近でテン泊されている方も多い様ですね
特に紅葉の時期は登山者も多いと思います。

ご感想ありがとうございました。
また よろしくお願いします。

コメントを投稿

宮崎県の山」カテゴリの最新記事