xina-shinのぷちレビュー?

時間に追われる生活に一息ついて・・・

トラックバックは承認制です。
スマホはPC版でもご覧になれます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「明日の記憶」トークイベントにて

2006年05月07日 | cinema-japan

さる五月一日に行われた『明日の記憶』のトークイベント行ってきました。
お目当てはもちろんハリウッド俳優「渡辺謙」さんです。「堤幸彦」監督とお二人で二会場でイベントに参加されました。

私が参加したのは夕方よりファボーレ東宝で行われた回でした。
6時半になり、渡辺謙さん堤幸彦監督が会場に姿をお見せになられました。入り口から舞台までは15メートルほどでしたが、渡辺謙さんは走り抜けて行かれ、そのあとをゆっくりと堤監督が壇上に上がられました。

トークの内容としては、渡辺さんがハリウッドに滞在中偶然手に取った本の中の一冊であったことや、この作品の監督には堤監督がいい、とスタッフに相談した時にみんなに驚かれたこと、渡辺さんが直接電話で素晴らしい作品に出会ったと伝えたことなどを語っていただくことが出来ました。
実際にお会いしてみて、やっぱり「かっこいい」のひと言でしたね。背が高くて均整の取れた身体、顔も小さくて男でも惚れてしまうだろうな、と素直に思ってしまいました。ただし渡辺さんの印象が強かった分堤監督の印象が残ってません・・・

トークイベントが30分ほどありその後試写会が行われました。


広告代理店の企画部の部長を勤める『佐伯雅行(渡辺謙)』は最近物忘れの多いことに悩まされていた。おりしも一大プロジェクトの契約に部内は盛り上がっていた。しかし相手先との打ち合わせを忘れたり、頭痛が起きはじめていたことに危惧した妻『枝美子(樋口可南子)』は、『雅行』を病院へと連れて行く。精密検査の結果、『雅行』は若年性アルツハイマーに冒されていたことが判明するが・・・


本作は『私の頭の中の消しゴム』や『君に読む物語』などと同じ認知症をテーマに取り扱っています。

展開としては大きく二つに分かれます。認知症の発症から会社を退社するまでと、自宅で少しずつ進行する病と向き合いながら妻と二人で生きていく姿をコミカルに映し出していました。
残念だったのは前半会社で少しずつ蝕み始める病に対しての脅えなど緊張感溢れる展開だったのが、一転スローダウンして二人の暮らしを描き始めますが、緊張感が途切れてしまった印象を受けました。掃除機をかけるシーンなどで笑いなども起こっていましたが、暗くなることを嫌った演出をあえて取ったと思われます。病の進行に対しての描き方が不十分だった気がします。また、作品のクライマックスが中盤の結婚式に比べ感動が浅かったことも残念なところでした。
ラストをどうするのか、と斜に構えながら見てしまいましたが、周りにいるものにとって一番辛いであろう瞬間で終わらせるとは思っていませんでした。全体的にはオーソドックスな演出方法だったと思います。

主人公『佐伯雅行』を演じたのはエグゼブティブ・プロデューサーも勤めた「渡辺謙」。バリバリのビジネスマンから、病を認めたくない弱さなど素晴らしい演技を見せてくれていたと思います。ラストの演技はさすがでした。
妻『枝美子』を演じたのは「樋口可南子」。夫を支える役を体当たりで演じてくれていました。病と闘うには愛する家族の愛がなければ戦えないだろうな、という事が十分伝わってきました。それだけにラストが悲しいです。
キーとなる役を演じたのは「大滝秀治」。画面に映るだけで笑いの起こる存在感、それだけにラストのクライマックスのきっかけになる重要な役どころをユーモラスに演じていました。


評価 星 みっつ

公式サイトはコチラ
明日の記憶@映画生活



このエントリを気に入ってくれた方はポチッとヨロシク




Amazonで買う

明日の記憶

東映

このアイテムの詳細を見る

明日の記憶

光文社

このアイテムの詳細を見る

明日の記憶 オリジナル・サウンドトラック
サントラ, 宮本文昭
ソニーミュージックエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


明日の記憶関連

渡辺謙関連
堤幸彦関連








この記事を気に入ってくださった方はプチとよろしく



ご近所さんのブログ






SAYURI メモワール・ボックス (初回限定生産)

北の零年 特別限定版

ラスト サムライ 特別版

バットマン ビギンズ 特別版 <初回限定豪華BOX仕様>


TRICK -Troisieme partie- 腸完全版 DVDボックスセット




コメント   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
« 「タイフーン」劇場にて | トップ | 「Mr.&Mrsスミス」プレミアム... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

cinema-japan」カテゴリの最新記事

18 トラックバック

【劇場鑑賞51】明日の記憶(MEMORYS OF TOMORROW) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
『お前は平気なのか? 俺が俺じゃなくなっても。』 『私がいます。 私が、ずっと、そばにいます。』 思い出が消え去ったとき、 一番大切なものが見えてくる。
明日の記憶 (ネタバレ映画館)
及川医師「映画をご覧になったようですから、問題を出しますよ。さて、次に挙げる俳優のうち、この映画で登場しなかったのは誰でしょうか?」
明日の記憶 06年104本目 (猫姫じゃ)
明日の記憶 ごめんなさい、あたしはまた、謙さんが、ハリウッド出演の合間に、片手間に撮った映画かと、、、自らがエグゼクティブ・ブロデューサー、気合い入っていたんですね。 監督 堤幸彦 若年性アルツハイマーと言えば、消しゴム ですよね。 でもあたしは ...
明日の記憶/渡辺謙、樋口可奈子、坂口憲二、吹石一恵 (カノンな日々)
劇場予告編からしてかなり気合いの入り具合が感じられてたし、いかにも泣けます映画って感じだったので、これで期待裏切られたらキッツイかもなぁなんて思ったりもしましたが、全くの杞憂で終わりましたね。素晴らしく骨太なヒューマンドラマでした。涙腺弱めの人 ...
明日の記憶 (HR BLOG)
大好き堤幸彦監督作品!! それにしても見事に劇場内はおばちゃんばっかやったね(ま、レディースディってのもあったんだけど)υ しっかしすごい迫力やったЮдЮ!! スクリーンから受ける危機迫る圧迫感に引き込まれた。 特に渡謙さんvsミッチーの一連のやりとり ...
「明日の記憶」過去の記憶を無くしても無くならないものがある (オールマイティにコメンテート)
「明日の記憶」は働き盛りの50代目前の営業部長が突然若年性アルツハイマーと診断され、その後の生き方を探していくストーリーである。
「私がいます」と言えること~「明日の記憶」~ (ペパーミントの魔術師)
いや~身につまされる映画でした。 「同じ月を見ている」以来久々夫婦で見にいったんですが。 見終わって”重いよこれ・・”ってしきりにバルが言うてました。 「オレ、めっちゃ不安やし」・・ちょっとどういう意味よ。(爆) 映画館を出てからちょっとして、 ...
前売特典のストレスリムーバー? (○○をアレしちゃいました)
渡辺謙さん主演の最新作「明日の記憶」前売特典はストラップサイズの小さなグッズです。 ロゴ入りですが、もうちょっと何かなかったのかな~。 まぁ前売特典として付くオマケなので文句は言いますマイ。 映画の思い出としては残しておきたいかも! ●名古屋地 ...
明日の記憶 (Rohi-ta_site.com)
映画館で、出演:渡辺 謙/樋口可南子/坂口憲二/吹石一恵/水川あさみ/袴田吉彦/市川 勇/松村邦洋/MCU/遠藤憲一/木野 花/木梨憲武/及川光博/渡辺えり子/香川照之/田辺誠一/大滝秀治/原作:荻原 浩/脚本:砂本 量/三浦有為子/監督:堤 幸彦/作品『明日の記憶』を観 ...
「明日の記憶」 (雑板屋)
‘夫婦の結び’の映画だと思う。 テーマとなるのは若年性アルツハイマー。 荻原氏の原作は1年以上前に読了。 その際非常に感銘を受けた。読みながら涙でグダグダ。。。 その映画化には期待もあった。 堤幸彦監督で主演は渡辺謙さん。文句のつけ様もない完璧 ...
■明日の記憶 (ルーピーQの活動日記)
広告会社の営業マンとして働く佐伯雅行(渡辺謙)は、大きなプロジェクトと娘の結婚を控えて忙しい日々を送っていたが、ある日原因不明の体調不良に襲われる。妻の枝実子(樋口可奈子)と共に病院を訪れた雅行は、医師から「若年性アルツハイマー」の診断を受け ...
明日の記憶 (PLANET OF THE BLUE)
この映画、観ようかどうしようか凄く迷ってて。 とても関心のあるテーマなんですが、観るのがちょっと怖いなって思ってたんです。 でも関心の方が、恐怖より大きくなって、観ることにしました。 監督:堤 幸彦 出演:渡辺 謙  樋口可南子  坂口憲二 ...
『明日の記憶』 (京の昼寝~♪)
「あなたと生きる」     俺が変わってしまっても、  俺が俺でなくなってしまっても平気なのか?                                   私が、                                   ...
ごめんなさい、見くびってました! 映画『明日の記憶』 (海から始まる!?)
 評判がいいのは知っていました。  映画公開前に原作者・荻原浩さんを取材した友人が、“原作者は元々は渡辺謙という俳優をあまり評価していなかったんだけど、完成した映画を観て、「渡辺謙て、こんなにうまい俳優だとは思わなかった」、と話していた”、とい ...
明日の記憶 (きょうのできごと…。)
「堤監督の新作キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!」(堤監督好きです) と、思いつつストーリーを見たら、若年性アルツハイマー病…。 本業の絡みもあったり(謎)、 作品自体もかなり真面目な話しっぽいので 二の足を踏んでしまい、公開終了ギリギリで映画館へ ...
DVD『明日の記憶』 (みかんのReading Diary♪)
明日の記憶 (2005/日本) オススメ♪ 広告代理店に勤める佐伯雅行(渡辺謙)は、平凡だが幸せな暮らしを送っていたが、ある日突然若年性アルツハイマー病に襲われる。あらゆる事柄をメモに取り、病魔と必死に闘い始める夫を、懸命に受け止め、慈しみ、い ...
mini review 07005「明日の記憶」★★★★★☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
カテゴリ : ドラマ 製作年 : 2005年 製作国 : 日本 時間 : 122分 公開日 : 2006-05-13~ 監督 : 堤幸彦 出演 : 渡辺謙 樋口可南子 坂口憲二 吹石一恵 水川あさみ 木梨憲武 及川光博 渡辺えり子 香川照之 大滝秀治 袴田吉彦 松村邦洋 ...
大失敗だった 明日の記憶 (Cigarの見る風景)
先日 “明日の記憶“ という邦画をテレビで放映されていた背中越しに聞きながらなので しっかりは見ていないのだ やはり 映画はロードショーで見るに限る最大の理由は 放送時間の制限から映像がカットされることだこのストーリーは アルツハイマーを告知された広告...