MRFC村井レールファンクラブ(SINCE1999 ) の運転会記録と鉄道模型日記

クラブが開催する運転会と自宅レイアウト&所有車両の紹介をする爺の鉄道模型人生

ちょっと気分転換に

2018年11月08日 06時30分52秒 | 日記
先日、100均へ出向いた際に希望する物が無かったので手ぶらで帰るのもと、言う事で
こんな物を購入してきました。
幾ら100円と言えどもあまり必要な物では有りませんが・・・


で、早速作ってみました。
最初はブルドーザー


袋を開け


パーツと説明書


手順に従い・・・パーツを揃え


組立


又、パーツを揃え


組立


それらを重ねて


さらに次のパーツ


組立て


その繰り返し


又また組立て


更に重ねて


いい加減疲れ・・・


本体が完成


ここから鍬の部分
パーツを集め


組立


こちらは腕の部分のパーツ


腕が出来て


合体!・・・ブルトーザーの完成で~す。


今度はパワーショベル


パーツを開けます


形は違えど要領は一緒なので
いきなり本体完成


アームを組立て・・・完成で~す。・・すごい手抜き解説



両車を並べて


大きさ的にはNゲージには使えなくも無いですが・・・所詮、ブロックです。
まあ、しょうもないかどうかは本人の気持ち次第です。

さて、もう一点
同じナノブロックでフラミンゴを作成・・・こちらは巨大な鳥になりました・・・ゲ、始祖鳥かっ!



こんな事をチマチマやっていたのでは気分転換になりません


今日はここ迄
コメント

須坂市にあるトレインギャラリーNAGANOの旧長野電鉄2500系を見てきました 2018.10.30

2018年11月02日 05時57分27秒 | 日記
先日、別件で須坂市のとあるレストランを訪れた際に窓際に目を止めると”電車”が・・・。
紛れもなくあのトレインギャラリ―の展示物でした。
用事を済ませた後車両の写真を撮ってきました。
カメラを持って行かなかったのでスマホでの撮影になりました。


正面


横側


久しぶりに見たのですがどこかの「かえる」と違いよく手入れをされていて綺麗な「赤がえる」でした。

今回、予定外の出来事で余り時間がなかったのでこれだけの撮影でした。
以前にも訪れていますが、又ゆっくり来て見たいと思います。


さて明日から
塩尻市広丘のギャザ2階で
第19回Nゲージ鉄道模型走行会 (クラブ通算122回)を開催します
時間は10:00から18:00(最終日は17:00)迄です

皆さんお出かけください。


今日はここ迄
コメント

懐かしくも珍しい物を見つけました。

2018年10月19日 06時00分09秒 | 日記
先日のことであるが諸々有って片づけをしていた時のことです。
埃まみれになっており焼却ごみとして出す所でしたが
色々混ざっているようで分別しないとゴミとして出せないので分けていると・・・見つけた物は
カメラ・・・長い間(少なくとも40年位)雑に置いて有った割には綺麗です。


中は


良く判らないがヒントはSHALCOと言う文字


その文字をネットで調べて見ると1950年代に生産された”シェリコ”と言うらしい。
とあるサイトでは現品限りと云う事で10K越えの価格で販売されていました。


記憶が甦り、このカメラで撮影した写真は大糸線の一日市場駅周辺で撮影したクモハユニ64000がそうです。
今で言う所のピンホールカメラの様な構造で12枚撮りの紙巻フィルムでした。


そして、鉄道模型のパーツ残骸色々・・・左側はHOゲージのパーツで腕木信号の右側はOゲージのパーツです
他に車軸なども有りましたが、既に廃棄しました。


だがしかし、箱にはKTM(カツミ)HO 腕木シグナルの文言が


どう見てもシグナル本体は箱より大きいです。 接点間を測ると25mm・・・何ゲージでしょうか?
下に出ているワイヤーを動かすと腕木が上下します。別にセットしたソレノイド等で接点を通過した際に動く構造のようです。


別角度から やはり大きい様です。


そして飯田線のダイヤグラム(2枚組の1枚目です)


拡大して


昭和44年10月1日改正で静岡鉄道監理局が発行した物です。


一部拡大すると2102Dは・・・天竜1号 キハ58系を使用した急行「白馬」から分割されたものでしょうか


こちらは601M・・・伊那1号 時代背景から80系電車でしょうか


そして1968年発行の鉄道ファン誌
こちらは1月号


中に積水金属の広告を発見・・・ここではアメリカ型ディゼルロコ・貨車セット 7000円の記載が


裏を見ると通巻で79号で価格は230円なんと82ページです。


こちらは1968年9月号・・・ほぼ50年前の逸品!?です~??


目次に注目・・・ヨンサントウで登場する国鉄のニューフェイスの文言が
中を開くと583系特急型電車・EF66形直流電気機関車・EF71電気機関車・711系量産型電車などの紹介記事が有りました。


こちらの積水金属の広告にはEF70・モハ103 モデルチェンジの為しばらくお待ちください。の記載が有りました。

下のジャーナル誌を含めHOゲージやライブスチームの広告が主流の頃でNゲージはこの積水金属だけです。

こちらは鉄道ジャーナル誌


もう一つ比較的汚れていなかったので持ち込んだ毎日グラフ増刊 鉄道100年
1968年5月31日発行の物です。・・・これも50年前のものです
興味深い内容は有りましたが一通り読んで廃棄しました。だって、汚れに加えボロボロですから


ほかの雑誌は廃棄して写真も有りませんが今になって未練がましく中を見ておけばよかったなあぁっと・・・
しかし車庫に放置されてたので埃だらけで開いてみる気にもならず、かといって古本に出すわけにもいかず廃棄になりました。

今となっては何故これだけが屋外に放置されていたのかは不明ですが、(以外の物は物置を含め全て屋内に保管)
保管(放置)品の内容から今回の掘り出し物は少なくとも50年は経過しているようです。


今日はここ迄
コメント

ホビーセンター東京店へ行って来ました。2018.10.14

2018年10月16日 06時19分02秒 | 日記
長野市での運転会の最中にホビーセンター東京店へ行って来ました。
展示・走行会開催中に無理をしてでも行った訳は、先日「SLやまぐち号」入線の際にナンバープレートを紛失・・・そのパーツを注文したのですが
その引き取り期限が迫り(電話連絡しておけば延期は可能)中抜けで行って来たわけです。
で、高騰した燃料代と高速料金を使い松本発東京経由長野行き総走行距離450km越え・・・たった500円の為に。


そういえば、このパーツも有りました。
ク5000の台車2点。
電話予約の際に若干の小競り合いが有って・・・当時の店員との会話抜粋
店員「お持ちの車両は新しい物ですか?」
私「いいえ古い物です」
店員「これは新しい物でKATO製品でも古い物には使えませんよ」
私「大丈夫です。もう、そっちは取り付け済みでKATOの最新の車両の台車がないので…」
店員「・・・しばし絶句、解りました。」
私「引き取りは12月8日でお願いします」
店員「更に絶句・・・お取り置き期間は2週間ですが・・・。」
然るべき人に変わってもらい、話をして承諾
詳細は明かせませんが少々訳有って、多少融通が利くのです。

しかし、わざわざ行ったのでそれも引き取って


そのク5000が使用可能になれば不足する「クラウン」お買い上げ!


しかもよせばいいのに?10-1051 189系「あさま」小窓編成の基本5両セット


更に小窓編成のAssyパーツでM+M’を1組一式(長野の会場でメンバーの協力で組み上げました)
毎度のことですが4両増結セット購入すれば事なきを得るのですが何故かAssyで蒐集
後日にまだ秘密!?が有ります。


現地での写真は有りませんのでいつもの我が社の撮影場所で(とりあえず組み上げた状態のみ)


もう一態


それから10-419 交直流用パンタグラフPS16を2箱
これも店員から「それ、あさま用では無いですよ」
私「えぇ、大丈夫です「白山」に使うので・・・」 
189系のパーツに混ざって489系のパーツをお買い上げする私の心情は解らないでしょうねェ。


最後は、このブックケース・・・記載事項を気にしなければスリーブは無いですがかなりお値打ちの500円
皆さんもお出かけの際は購入しておけば損はないと思います。 但し、いつ行っても有るわけでは有りませんが・・・。 
で、各種あったのですが思う所がってこれにしました。 その訳は後日記載


そして、13時頃に長野の会場へ戻り、メンバーから鉄コレ第14弾の長野電鉄モハ1003を譲ってもらい


更に、「公共交通で地域を元気にする会」の会員さんから上田交通5250型 2両セットを譲ってもらいました。


ものすごい疲労と、ものすごい散財をしました。

各車両の紹介は・・・これ又後日に


今日はここ迄



コメント

TOMIXの8008 ペイントマーカー3色セットを入手

2018年10月12日 06時16分12秒 | 日記
今回はTOMIXの8008 レールのサビ表現に最適なペイントマーカー3色セットを3袋を入手


一袋を開封して


内容は上から黒系サビ色・赤系サビ色・黄系サビ色


試験的に自宅のレイアウトの線路を塗ってみました。
下の写真を含め1番手前と3番目が黒系サビ色(2回塗り)・以降、継ぎ目より左は未塗装で右側2番目は赤系サビ色です。
一番手前右側ですが肉眼ではちゃんと黒っぽく見えるのですが光線の加減か白っぽく見えます。


4番目も左は未塗装で右は黄系サビ色・・・赤系と黄系は1回塗りです。 
場所などで使い分けるのが良いのでしょうが、黒系と赤系が適しているようです。
側面などに塗るのですがアルコール系塗料なので踏面にはみ出た分は時間が経過してもクリーニング液などで落とせます。


今後はモジュールレイアウトの線路に塗布する予定です。


今日はここ迄
コメント