ほばーりんぐ・とと

ただの着物好きとんぼ、ウンチク・ズッコケ・着付けにコーデ、
あちこち飛んで勝手な思いを綴っています。

壁紙のお話第2弾…どんな壁紙お使いですか?

2015-05-26 17:30:22 | つれづれ

 

私は、年齢から行っても今のようなモダンな壁紙などない時代に育ってきましたし、

ほぼ「和風の平屋」でしたから、壁はペンキとか土壁とか…そんなだったと記憶します。

ずっと借家でしたから、一度だけ、父と壁のペンキの塗り替えをしたことがあるだけ。

つまりは「壁」そのものを意識したことがありませんでした。

結婚して7年目に、息子の病院に近いところに転居…これが賃貸がありませんで、

やむなく貯金はたいて中古、どころか古々マンションを購入しました。

中は以前のままで内装はしてなくて、見事に壁紙ははがれ、キッチンや浴室は、

ペンキが薄汚れて暗いありさま…。それでも予算の関係で、とりあえずリビングと隣の和室、

北側の2部屋の壁紙を張り替えてもらい、キッチン、浴室周りは、二人でペンキを塗りました。

北側の部屋はなんでもいいから安いヤツ、リビングだけはせめてと、

凹凸の模様のある白い壁紙にしてもらいました。

ここで初めて「壁紙」なるものに直接かかわったわけです。

ところがこれが失敗…凹凸が深すぎて、数年たつと、そのへこんだところが汚れて、

ふいたくらいじゃきれいにならない…。次は平らなの…なんて思っているうちに、

こちらに来ることになりました。

一から建てる家でしたから、壁紙も何枚も見本をみせてもらって…

学習したはずなのに、白系で凹凸がないとなーんか安っぽい…

リビングだけは、あまり色柄使いたくない…とどうしても白系にこだわった結果が、

やっぱり「凹凸アリ」…まぁ以前のモノよりは、あまりはっきりしないものを選んだつもりでしたが…。

なんせ喫煙者がおりますのでねぇ…。 

もっとこまめに拭いていたら、もう少しマシだったかもですが、専業主婦失格の私ではね…。

で、今回「ペンキ塗り」を考えてから、まずは今の壁のお掃除から…。

これまたネットで探した「業務用」の特にヤニと油分落としに強い洗剤を購入。

「掃除前状態」上と、「掃除後」下。

そりゃもうおすすめの特別スポンジも購入して、ひたすらゴシゴシやりましたともさ。

18年分の汚れですー。洗剤でタラタラと汚れが落ちているところ…。

うわぁぁぁぁ、きっっったなーーーいっ!と一人叫んでおりました。 

 

        

 

やるならてっぺんからやればいいものを、ついやりやすい高さからやってしまったアホです。

右側の汚れは、いつも右にある扉をあけるのに手が触れるところ。

人間の手油汚れって、すごいものですよね。

このあと、しっかり全体にきれいにやりました。

 

        

 

もちろん元のように真っ白に…は不可能ですが、ほんとにずいぶんきれいになりました。

これだけでもずいぶん明るくはなったのですが、離れて見ればやはり全体には汚いので、

只今ペンキセットの到着待ちです。内装頼むことに比べたら、格安ですから。

 

さて、壁紙、ですが、みなさんのおうちでは、どんな壁紙でしよう。

私はこの家では、まずリビングとか基本的な玄関とかは「白のエンボス柄」にしましたが、

ほかの部屋は、いろいろ遊びたいなぁと…。でも「洋風の家」に慣れていないので、

どうにもイメージがなかなかつかめません。

プロの方に相談したところ、若い人の個室とかならたとえば紺でも赤でも、本人が気に入れば

それはそれでいいけれど、ファミリーで…というなら、基本「薄めの色」、

そして柄ものは、結構冒険してもいいものですよ、と言われました。

そこで、息子との寝室にする予定の部屋は、まだ息子小学生でしたから、

ちょっとかわいさも込めて「動物柄」にしました。これは今でもよかったと思っています。

汚れも目立たず、18年たってもあまり見栄えが変わりません。

 

そして2階の部屋は、下とは全く違うものを…と思い、こんな花柄にしてみました。

手元の見本で見た時は、結構大きな花だと思ったのですが、壁になるとそんなでもありませんでした。

わかりづらいですが、薄いピンクベージュ系です。

 

                

 

長時間を過ごすことがある部屋ではないので、こちらは18年たってもまだまだキレイでした。

ただし、どこの部屋もなのですが、壁紙のつなぎ目がはがれてきています。それも直し直し…。

 

そして、実は見本を見たとき、どうしても試してみたい壁紙がありました。

それはアメリカとかヨーロッパでみかける「はっきりした細かい柄」のはいったもの。

部屋に使うには、実際の外国とは暮らしの様式も違うし、落ち着かないと嫌だなぁ…

と言ったら、じゃトイレで冒険してみますか?と言われて「それで行きます」!

で、私あこがれの「白地に青い花」の壁紙は、トイレの中になりました。

失礼してトイレ窓側の写真です。

 

       

 

とても気に入ってます。ただ、これが部屋全部だったら…これに合わせてやはり、

家具のデザインとか考えなきゃならないよねーと、安物のチェストだのパソコンラックだのを

所狭しと置いている状態を見ながら思っています。

そしてこうしてみて気が付いたことトイレはなにしろ狭い空間ですから、置くものの色が限られてしまいます。

例えばトイレマットなど。我が家はフタにはフタカバーをしていませんので、

トイレマットと便座カバーがあればいいのですが、これが壁紙の色と合わないと…なのです。

難しいものですよね。今日、トイレの夏用スリッパがボロったので買い直したのですが、

やっぱり壁に合わせて「紺系」になりました。

 

今回の壁の色は結局あの三色の見本の一番白いもの、にしました。

元々の凹凸がありますので、ただの真っ白な平面にはなりませんから、それで良しとします。

 

家は3件建てなきゃ、いい家が建たないといいますが、そんな余裕もナシ。

今更完全リフォームもできませんから、壁紙に悩む程度ですが、

もしもう一軒建てることができるとしたら、純和風がいいなぁと思っています。

畳に障子、ふすま、ちゃぶ台に火鉢で育っていますからねぇ。

壁は京壁、欄間もつけて…あぁ夢じゃぁ。

 

で、まだペンキも届かないうちに、きれいになった壁には、あの「軽い鏡」を置こうと思っています。

シート状のものが貼ってある、ごくかるーい鏡です。

鏡は部屋が広く見える効果もありますが、あまり大きいと、通って自分が写るたびにギョッとしますから?

普段はホコリ除けの鏡掛けを作ろうと…それも予定に入れました。

あの「タグ縫い付け」バッグも、少しずつ進んでいます。

停滞気味でしたから、少しずつごそごそと四つん這いから二足歩行へ…ぐらいの感じで、

だんだんペースを上げていくつもりです。

経過報告お待ちくださいましー。


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 壁画でも描いたろかしらん | トップ | ペンキ塗り塗り… »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (古布遊び)
2015-05-27 07:26:59
トイレの壁紙、素敵ですね~
私もそんな壁紙に憧れます。
でも居間にとなると一寸勇気がいるかな?

我が家は実は塗り壁、珪藻土というのでしょうか? 健康に良いという話でしたが物をぶつけると剥げ落ちるし、シミになったら落ちないしで、扱いがどうも???ですね。
私のような粗雑な人間には合わないような気がします!

家は3軒建てないと、という話は本当だとつくづく思いますねえ~


Unknown (とんぼ)
2015-05-27 22:14:11
古布遊び様

私も自分の部屋にこの壁紙だったら、
ベッドもあんちーくなものとか…ですよね。ムリムリ。

珪藻土、実家がそれでした。ぽろぽろ落ちてきて…。
結局数年後に父がペンキ塗りましたわ。
とてもいい風情なんですけどねぇ。
広いお座敷で、家具がなくて、メンテもすぐできる
そういう余裕がないと…ですねぇ。

3件建てるのはとても無理ですが、
リフォームしたいところはあちこちですー。
Unknown (なな吉)
2015-05-28 21:18:40
おトイレの壁紙、どことなくプロバンス風で素敵ですね。
トイレは狭い空間で閉鎖されたところなので他の部屋との調和を考えずに冒険できるのがいいと思います。

うちはリフォームする際にリビングをアジアンリゾートっぽくしたかったのですが、夫のフェルト講習の場所にもなるのでそれらしくカントリー調にしました。
その分トイレだけはアジアンリゾートな感じにしましたよ。
便器の色も白ではなく薄茶にして小物もアジアっぽいのでまとめてます。
とてもお気に入りの空間になりました。

でも和室がないのでもし万が一またリフォームすることがあったら着物部屋な和室を作りたいです。
あと中庭に滝をつくってその裏側に洞窟を・・・

野望果て無しです(笑)
Unknown (とんぼ)
2015-05-28 22:25:25
なな吉様

トイレに入ると、なんか外国風で、
出てくると今までは汚い壁で…だったんです。
便器もそろそろ変えないと、どうもウォシュレットの按配が…
すでに一度修理しているのですが、
やっぱりいつまでもって言うわけにはいかないですね。
中庭に滝、裏の洞窟…いいですねぇ。
ついでにその先に隠れ家作って、
好きな着物でファッショショーができるお舞台も…
私も「野望果てなし」…ですー。

コメントを投稿

つれづれ」カテゴリの最新記事