ザクとは違うのよね

投稿再開しました。
できるだけこまめに更新します。。。

レコード大賞

2006-12-30 22:52:48 | 音楽
 今年のレコード大賞は、何と氷川きよし。

 今年も倖田來未のV2だとばかり思ってたのに、どこをどうしたら氷川きよしになるのか。完全に政治的な何かが噛んでるな。レコード大賞って、純粋にレコード(CD)の売り上げで決まるんじゃないの?

 レコード大賞の前の最優秀歌唱賞を受賞していたから、「あれっ?」と思いつつ、でも、こいつは史上初の最優秀歌唱賞&レコード大賞のダブル受賞なのやもしれんと、勝手な想像をしていたけれど、蓋を開けてみたら氷川だって。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初雪

2006-12-29 12:39:21 | いろいろ
 昨日、とうとう雪が降った。12月になっても暖かい日がずうーっと続いていて、このまま年を越すんじゃないかと思ったけれど、何とか今年中には降ったね。

 今年は暖冬で、スキー場もあまり雪がないとのこと。来月の3連休に八方に行くんだけれど、今日の新聞では75cm。昨日今日の雪でどこまで積もってくれるかだな。でも、それ以降はあまり期待できなさそう。コンディションはよくないだろうなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ALWAYSふたたび

2006-12-25 21:19:47 | 映画
 先日金曜ロ-ドショーで放送された「ALWAS三丁目の夕日」を観て、またまた感動してしまった。
 ちょうど一年前、劇場で観て泣いてしまった名作。今回テレビで再度観たが、また涙が出てきた。前半は笑えて、後半は泣きどころの連続。何回観てもいいもんはいいねぇ。特に万年筆のところ。


 <関連記事>
 名作玉手箱!~映画・テレビ・ゲーム・漫画・小説など


 
ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版

バップ

このアイテムの詳細を見る

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

M-1

2006-12-25 21:09:20 | テレビ
 昨日のM-1。チュートリアルが突き抜けた面白さで見事優勝!

 いやぁ、おもしろかった。昨年の決勝で見せた徳井の妄想系漫才は、もやは芸術の域に達した?ってくらいはまっていた。
 M-1で優勝するには、抜群のネタを2本持ってこないとなかなかできないんだけれど、2本とも本当に抜群の出来だった。もう笑い転げて疲れてしまった。
 2年前のアンタッチャブルの時も、2本とも突き抜けた面白さがあったと思ったけれど、それ以上のはまり具合。文句なしの優勝。歴代でも一番良かったんじゃないかな。

 フットボールのV2ってのも興味があったんだけれど、チュートリアルの勢いの方が凄かった。もちろん、それに次ぐ面白さ&上手さがあったのは確か。優勝してまた出てくるってのも難しいだろうけれど、そのプレッシャーには十分応えたと思うよ。決して恥ずべき結果ではなかった。ただ、今回のチュートリアルや自分達が初優勝した時ほどの勢いはなかった。

 麒麟は、1本目のネタは夏にライブで笑い死にしかけたネタ。残念ながら4分しかないために、ネタ本来の良さが出てなかった。「スーパー田村」のくだりはもう少し会場が温まってから出てきたはずなのに、今回は始まって1分も経たないうちに。ウケもイマイチ。あのネタは、間違いなく麒麟のベストネタだと思ってただけにすごく残念。
 2本目は、ノーコメントで。

 初のアマチュア変ホ長調は、確かに「クスッ」とくるネタではあったものの、大爆笑をとるタイプではないだけに、なぜ決勝まで来れたのかは疑問。加えて、玄人受けする芸風ではないだろうから、元々芸人の審査員では高得点は望めない。
 あのローテンションよりも、普通のテンションでハキハキ話した方が良かったはず。

 笑い飯は、残念ながら出過ぎだな。過去にやったネタは出来ないだけに、6年連続で新ネタを出し続けるのはやっぱり苦しい。あのWボケもいささか新鮮味に欠けてしまったし。勢いのあるうちに優勝できなかったのは辛いなぁ。このまま無冠の帝王で終わる可能性台。

 1番手のポイズンも、個人的には好きなタイプなので期待していたんだけれど、前回以上にパンチがなかった。マグロのくだりにいくまでに時間がかかりすぎた。

 プラン9も、もう少し期待してたんだけれど、こちらもパンチ不足。鈴木つかさの悪魔は、てっきり竹内力でくると思ったんだけれどなぁ。それやってたら絶対ウケただろうに。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

興毅初防衛戦

2006-12-21 00:08:51 | スポーツ
 前回のタイトル戦で疑惑の判定が物議を醸した亀田興毅vsランダエタとの再戦が今日行われた。
 前回のテレビ放送は、試合までに延々といらんVTRばかり流し続けたんで抗議が殺到。今回は、その反省を生かしてか、多少控えめになってたな。

 で、肝心の試合はというと、興毅のコンディションはかなり良さそうだった。前回と違い、フットワークを使ったアウトボクシングを見せ、スピードもあったし、体のキレも相当あったように見受けられた。終盤になっても、スピードある連打(その代わり軽そうではあったが)ができていた。
 逆に、ランダエタの方は、この前とは別人と思うほどキレはないわ、ガードは甘いわで、まったくいいところなし。

 結局、判定で興毅の完勝。

 ランダエタは、宿泊先のホテルでなんか変なものでも食べさせられたか?それとも、隣の部屋で一晩中騒がれて眠れなかったとか。アウェイでよく聞くようなことをされたんじゃないかと思えるくらいだったよ。

 これで王座を返上して、一つ上の階級に行くんだろうな。でも、終盤はこれまでと同様にくっついてからパンチを撃つスタイルに戻っていたけれど、あれでは本当に強い相手には勝てない気がする。


 <関連記事>
 徒然なるままに
 メンター(Mentor)との出会い、成長、実現の対話記録。
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加