最新コーティング方案を発信するShimada Appli(シマダアプリ)→High T.E. spray

塗分け可能なマイクロスプレー、セレクトスプレーで3Dデバイス等へ均一薄膜形成。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

簡易画像取込みで連続ミッドコートも可能なテーブル型塗布装置の発売

2015-02-03 | スプレーコーティング装置

概要

弊社が今回発売しましたテーブルコーターは、指定位置へ正確に防湿コーティング材料や機能性材料等を、バッチ式での均一な成膜塗布することを可能とします。塗布を必要とする基板面上において、Shimada Appli製フィルムコートガンやFS式マイクロスプレーガンの使用で、必要箇所のみに正確に塗布が可能なため、マスクレスにて塗布が実現可能となります。

広範囲の絶縁防湿剤が吐出可能

装置の自動化プロセスにより正確な塗膜安定性を実現する、均一なコーティングが可能.

本塗布システムは、溶剤ベースや水性ベース及び高粘度の無溶剤型材料でも、指定位置に均一塗布を可能にする塗布アプリケーションを、選択することができます。アクリル、ウレタン、エポキシ樹脂、シリコーンや紫外線硬化型の2液硬化型材料の性能を、充分に発揮出来る塗布システム設計がなされております。

要求される塗布多様性を容易に実現

迅速容易なオペレーターアクセスのための制御機構

 簡易メニュプログラムソフトにより複雑なボードも数分で、コーティング可能にするため生産準備のための教示時間、ソフト管理等の労務時間を大幅節約します。

メニュ駆動方式のパソコンソフトにて、複雑な塗布パターンも容易にティーチングが出来るように、それぞれ専用コマンドが用意されており、コーティングプログラム作成の煩わしさを解消できます。CAD File Conversionは、オプションとして用意しております。絶縁防湿塗布アプリケーションにおいて将来の多様な製品要求に対しても、容易に自動化が可能なシステムです。

材料の使用効率を50%以上改良

正確な吐出制御により無駄な材料を出さない.

他のカーテン塗工やスプレーに比べ、無駄な液吐出を押さえ、材料使用量を削減するノウハウを蓄積しています。(独自のノズル、つまり対策、塗工スタイルによる).

高効率VOC排気機構

.独自のダウンフロー方式給排気機構を採用することにより、装置内部の排気密度は均一に保たれるため局所排気風量は、最大でも8㎥/min以下ですみます。

特徴:

  • メンテナンスが容易な、小型プラットフォーム方式ワークセル。
  • 塗布専用プログラムは簡易メニュ方式により、迅速簡単な教示が可能。(ECM)
  • 各種多様な防湿材料に対応した塗布アプリケーションの選択により、希望どおりの塗布パターンを実現。 
  • 臭気、防爆、安全対策に十分な配慮を施した設計(各種インターロック)


 


Comment   この記事についてブログを書く
« 基板防湿塗布の新製品開発 | TOP | New selective conformal coa... »
最新の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。