生物情報

生物情報を月刊でお伝えします。

氷河時代から生きてきたライチョウ

2019-11-06 09:47:33 | 鳥類
今回は、氷河時代から生きているライチョウについて紹介します。
ライチョウは、キジ目ライチョウ科の鳥で、
日本のライチョウは、北半球北部に広く分布する種ライチョウの中で、最南端に隔離分布する鳥です。


くちばしの先から尾羽の先までは約37センチ。


冬の間は、標高1,800~2,200メートルの樹林帯でオスとメスが別々の群れを作って生活します。
春になると繁殖のため標高2,200~2,400m以上の高山帯へ上がってきます。
6月になるとメスはハイマツの下や茂みなどに簡単な巣を作り、1日1卵を産み、6卵を産みます。
オスは、なわばりに侵入するほかのオスを追い出しながら、なわばりを守ります。        
7月になると見張りをしていたオスの姿が急に見えなくなり、
かわりにかわいいヒナ連れのメスが姿を見せます。  


                                    
秋になるとヒナ鳥がほぼ親鳥と同じ大きさの若鳥になり、
親鳥とわかれ自分でエサ探してを食べていきます。                                    
11月は若鳥が、冬を乗り切るためエサの木の実を盛んに食べる時期です。
雪が積もるころには再び群れを作り、1,800~2,200メートルの樹林帯へ降りてきます。
餌は、常緑の低木の葉、キンポウゲ科・バラ科・ツツジ科などの葉や芽そして花、木々の冬芽などです。

ライチョウは、年に3回換羽(かんう:羽が抜け替わること)をします。             
冬羽:オスもメスも白色、夏羽:オスは黒っぽい体と白い腹、メスは黄色の体に白い腹に変身 
夏羽:オスは黒っぽい体と白い腹、メスは黄色の体に白い腹に変身 
秋羽:オスもメスも黒っぽい灰色 
 
写真:BuNa、立山室堂ライチョウ見守りネットより
コメント

尾が美しいコメット

2019-10-19 15:48:16 | 
琉金や出目金より見た目が良く、丈夫で育てやすく安価なコメット金魚を紹介します。


コメットはアメリカで1880年代に日本から輸入された琉金の変異個体を発見し、それを選別して固定した品種です。


和金

と琉金

がベースのため、
体型は和金のようにすらっとしており、琉金の長いヒレをもっています。

コメットは赤と白の更紗模様が基本ですが、模様の入り方は金魚毎に様々で、
尾の伸び方にも個体差があります。
コメットは、成長していくと尾びれが長くなり、美しく長く伸長した尾ビレ名前通り、彗星(comet)そのものです。


遊泳力が高く、水槽内を泳ぎ回るため、60cmの水槽が必要です。
平均寿命は5年〜10年で、成長すると30cmほどの大きさになります。
コメント

9月が見頃のクコの花

2019-09-03 17:34:42 | 植物
クコは、中国から伝わった食用や薬用に利用される落葉低木樹。
・海岸、河原、田畑の畦、空き地の周囲など、人の手が加わりやすく、高木が生えきれない環境によく生える。
ある程度湿り気のある水辺の砂地を好む。
・花はナスに似た淡い紫色で、晩夏から初秋まで続く。




・実は長い間、木の上に残り、翌年の花期に熟すため、花と実が一緒にできたように見える。
・実は赤い卵型で、直径1センチ程度。水分が多く、アミノ酸やタンパク質のほかアルカロイド物質が含まれる。



・種は一つの実に10粒程度入り、形状は白ゴマに似る。
・株全体が薬用にされ、果実は酒に漬けこんでクコ酒にするほか、生食やドライフルーツでも利用される。
薬膳として粥の具や杏仁豆腐のトッピングにもされる。主な効能は血圧降下、解熱など。
・芽を出す力は強く、剪定にも耐える。ただし、つる状にヒョロヒョロと伸びる。
コメント

水面に黄色の美しい花が咲く ウォーターポピー

2019-07-24 17:33:10 | 植物
夏に花を咲かせるウォーターポピーを紹介します。

ハナイ科の多年性の水生植物で、ブラジル、ベネズエラ原産で、昭和初期に観賞用として日本導入されました。
「ミズヒナゲシ」とも言われています。
根茎は泥の中にひげ根を下ろし、次々と先へ伸びてつる状になり水面を這います。

根茎から長さ4〜8cmのハート型の葉を出して水に浮きます。
水中に茎を伸ばし、水面に光沢のある厚みの葉を沢山つけます。
花はポピーに似た黄色い花で、6〜7月に5cmほどの黄色い花を咲かせます。


花の寿命は1日だけです。
開花状況
6:00ツボミ
8:00開きだす
10:00-14:00全開
16:00しぼむ

熱帯の植物で暑さには強いが、冬の寒さに弱く、冬は凍らさないよう室内に入れて越冬してください。
冬越し方法
 11月中旬になったら、容器から植えている鉢の上端までの水深を30cm以上にして株を沈めます。
 これを軒下などに3月まで置けば良いです。
 結氷する日でも近年は厚い氷は張りませんので、これで十分です。
 秋に株分けし、それを冬越しさせれば、来シーズン大幅に株を増やすことができます。

ウォーターポピーを水草にした水槽の効果
夏の水温上昇を防ぐ約2度
水質を浄化

注意事項
 外来種なので、増え過ぎたものを川や池に捨てないでください。

 写真のように池全面を覆い尽くす被害が出ています。
コメント

そっと咲いているセリの花

2019-07-13 21:13:10 | 植物
セリは、湿地、水田に群生します。


7月に茎先から複散形花序をだし、白色の小さな5弁花を5個~20個つけます。


花の香りは、ほとんどありません。



コメント