龍谷大学硬式野球部

試合日程や結果をお知らせします☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

3月31日オープン戦結果報告

2013年03月31日 | 日記
平成25年3月31日
対 大阪体育大学
場所:瀬田野球場

1.(7)高士 (阿倍野・4)
2.(8)渡邉 (岡山城東・4)
3.(6)仮谷 (履正社・4)
4.(9)今西 (龍谷大付属平安・3)
5.(D)中村 (北陸・1)
6.(5)中津 (興譲館・4)
7.(3)畑谷 (大阪桐蔭・4)
8.(2)木村 (広島新庄・3)
9.(4)坂本 (龍谷大付属平安・3)
P.   西隆 (倉敷商業・1)
     大川 (大聖寺・3)
     澤口 (五條・4)
     中村 (京都外大西・3)
     大符 (興譲館・1)

大体大 010 001 400 6
龍谷大 000 000 001 1


(投手)
西隆(5)
大川(0/3)
澤口(3/3)
中村(2/3)
大符(21/3)

(総評)
 先発の西は初回3人で抑える素晴らしい立ち上がりを見せたものの2回に四球からランナーを出し、その後安打でランナーを進めるとゲッツー崩れで2死1・3塁として続く打者に安打を浴び1失点した。3・4・5回は素晴らしい投球で相手に付け入るすきを与えなかった。6回からマウンドにあがった大川は先頭打者に四球を出し続く打者の打球が味方のミスに繋がり1失点。マウンドを降りた。澤口がその後をなんとか抑えた。続く回からマウンドにあがった中村は2死から味方のエラーでランナーを出すと連打を浴び2失点。2死1塁で大符がマウンドに上がる。先頭に死球を与え、続く打者に二塁打を浴びて2失点した。後続はなんとか打ち取った。その後はぴしゃりと抑えた。
 打撃陣は、相手先発投手を全く打ち崩せずにチャンスというチャンスが作れなかった。唯一最終回に木村の安打でランナーを出し、坂本の内野ゴロの間に進塁。渡邉がセンター前へと弾き返して1得点した。しかし、それ以外に打撃陣において特筆したチャンスがなかった。
 リーグ戦へ向け少し足踏みするような内容であったが、この敗戦から同じ失敗を繰り返さないよう練習に取り組んでいきたい。(主務/西浦)
コメント (2)

3月30日オープン戦結果報告

2013年03月30日 | 日記
平成25年3月30日
対 同志社大学(B戦)
場所:同志社大学グラウンド

1.(6)山内   (広陵・2)
  (H・6)北川竜 (九州国際大付属・2)
2.(4)柴森   (龍谷大付属平安・2)
  (H)橋     (滝川・3)
  (4)梅田   (龍谷大付属平安・1)
3.(7)市川   (尽誠学園・2)
  (H)松浦   (龍谷大付属平安・3)
  (7)大山   (鹿児島実業・2)
4.(8)北川翔  (奈良朱雀・4)
5.(D)小椋   (鳥羽・4)
6.(9)北    (登美ケ丘・4)
7.(5)森隆   (土佐・4)
8・(2)菊地優  (福岡大付属大濠・1)
  (2)日紫喜  (八幡商業・2)
9.(3)三島   (福岡大付属大濠・3)
  (H)大田    (東山・4)
P.  川井    (倉敷商業・2)
    山下大   (近江・4)
    中井    (大阪青凌・3)

龍谷大 000 003 000
同志社大032 010 00

二塁打‐小椋、北

(投手)
川井 (5)
山下大(2)
中井 (1)

3月30日オープン戦結果報告

2013年03月30日 | 日記
平成25年3月30日
対 同志社大学
場所:瀬田野球場

1.(7)高士 (阿倍野・4)
2.(8)渡邉 (岡山城東・4)
  (8)村上拓(龍谷大付属平安・1)
3.(6)仮谷 (履正社・4)
4.(9)今西 (龍谷大付属平安・4)
5.(D)中村崇(北陸・1)
6.(5)中津 (興譲館・4)
7.(3)畑谷 (大阪桐蔭・4)
8.(2)木村 (広島新庄・3)
  (2)戸嶋 (龍谷大付属平安・2)
9.(4)坂本 (龍谷大付属平安・3)
P.   瀧中 (高島・1)
     大西 (報徳学園・3)
     八尋 (広島新庄・1)

同志社大 300 100 001 5
龍 谷 大 006 002 01X 9

本塁打ー仮谷
三塁打ー今西
二塁打ー今西

(投手)
瀧中(6 2/3)
大西(1 1/3)
八尋(1)

(総評)
 先発の滝中は、初回2連打と自分自身のミスで無死満塁のピンチを迎える。続く打者に安打と2連続で犠牲フライを浴び、合計3失点した。その後は復調したかに見えたが、迎えた4回。先頭打者に安打を浴び、木村のパスボールでランナーを進めると続く打者に安打を浴びて1失点した。その後はランナーを出しながらも後続を粘り強い投球で抑えた。7回の途中からマウンドにあがった大西は7回をぴしゃりと抑え、続く8回には四球でランナーを出したものの、後続を打ち取った。最終回にマウンドにあがった八尋は、2死から四球と安打で1失点するが後続を打ち取り、試合を締めた。
 打撃陣は、3回。木村の打球が相手のエラーを誘い出塁すると、坂本の安打でチャンスを広げ高士の犠打がフィルダースチョイス。相手のミスにつけ込み渡邉、今西、木村の長短打で一挙6得点をあげた。7回には変わった投手に対して渡邉が相手のエラーで出塁すると、仮谷、今西の連打で1得点を挙げ、続く中村の内野ゴロの間に仮谷が生還してさらに1得点を重ねた。8回には仮谷がレフトスタンドへ本塁打を放ち、さらに1得点をあげた。
 今日の試合でミスの重要性を実感した。よりミスの少ないプレーを心掛けすきのない試合をしていきたい。(主務/西浦)
コメント (2)

3月28日オープン戦結果報告

2013年03月28日 | 日記
平成25年3月28日
対 環太平洋大学
場所:瀬田野球場

1.(8)渡邉 (岡山城東・4)
  (8)村上拓(龍谷大付属平安・1)
2.(7)高士 (阿倍野・4)
3.(6)仮谷 (履正社・4)
4.(9)今西 (龍谷大付属平安・4)
5.(3)畑谷 (大阪桐蔭・4)
6.(5)中津 (興譲館・4)
7.(D)中村崇(北陸・1)
8.(2)戸嶋 (龍谷大付属平安・2)
  (R)比留井(鳳・4)
  (2)脇  (近江・4)
9.(4)坂本 (龍谷大付属平安・3)
P.   菊池 (八幡浜・2)
     中井 (大阪青凌・3)
     大川 (大聖寺・3)

環太平洋大 101 100 020 5
龍 谷 大 013 110 01X 7

本塁打ー仮谷
二塁打ー坂本、今西

(投手)
菊地(7)
中井(1)
大川(1)

(総評)
 先発の菊池は初回。1死から安打と味方のミスでランナーを出し、安打をさらに浴びて1失点した。3回には二連打を浴びて無死1・2塁のピンチ。その後ワイルドピッチを挟んで内野ゴロの間に1失点した。4回には1死から安打でランナーを出し、二塁打を浴びて1失点へとつながった。7回まではランナーを出したもののなんとか切り抜け4回以降は無失点に抑えた。続いてマウンドにあがった中井は、2連続で四球を出し犠打で1死2・3塁のピンチを迎える。内野ゴロの間に1点を失い続く打者に安打を浴びてさらに1失点した。9回にマウンドにあがった大川は先頭に安打を浴びたものの後続を打ち取り試合を締めた。
 打撃陣は、2回。2死から中津、中村の2連打で1得点した。3回には先頭の坂本が二塁打で出塁すると渡邉が犠打を出し、続く高士が相手のミスを誘い1得点。続く仮谷が2球目を見事に捉えレフトスタンドに放り込んだ。4回、5回にも相手のミスに乗じて1得点を重ねた。8回には先頭の戸嶋が安打で出塁すると、坂本の犠打で2塁に進め続く村上が安打を放ち、1死1・3塁。このチャンスで高士がセンターへ犠牲フライを挙げ1得点を挙げた。
 勝利は挙げたものの内容としては課題の多い試合であった。今後、内容の充実へ向けがんばっていきたい。(主務/西浦)

3月27日オープン戦結果報告

2013年03月27日 | 日記
平成25年3月27日
対 奈良産業大学
場所:龍谷大学野球場

1.(7)高士 (阿倍野・4)
2.(8)渡邉 (岡山城東・4)
  (8)村上 (龍谷大付属平安・1)
3.(6)仮谷 (履正社・4)
4.(9)今西 (龍谷大付属平安・3)
5.(D)中村 (北陸・1)
6.(H)川上 (興譲館・3)
7.(2)木村 (広島新庄・3)
8.(4)梶田 (神戸国際大附属・2)
  (4)坂本 (龍谷大付属平安・3)
9.(5)中津 (興譲館・4)
P.   大符 (興譲館・1)
     中井 (大阪青凌・3)
     川井 (倉敷商業・2)
     中村 (京都外大西・3)

奈良産大 000 000 010 1
龍 谷 大 000 010 01X 2

二塁打ー畑谷、今西

(投手)
大符(72/3)
中井(0/3)
川井(1/3)
中村(1)

(総評)
 先発の大符は、初回を3人で打ち取る見事な立ち上がりを見せる。2・3・4回とランナーを出すものの要所を締め無失点で切り抜けた。その後も安定した投球を見せ無失点で迎えた8回。先頭打者に内野安打を許すと犠打で2塁に進まれ続く打者を内野ゴロで打ち取り2死3塁のピンチでマウンドを中井に任せた。中井は続く打者を追い込んだものの決め球が高めに浮き左中間に運ばれ1失点した。続く打者に四球を出し、マウンドを降りた。続いてマウンドにあがった川井は先頭打者に四球を出すが続く打者を三振に打ち取りなんとか切り抜けた。最終回にマウンドにあがった中村は、1死から四球でランナーを出すが、その後をきっちりと抑え試合を締めた。
 打撃陣は、5回。先頭の畑谷が左中間を破る二塁打で出塁する。続く木村が倒れ1死2塁。続く梶田が安打を放ち1死1・3塁のチャンスで中津がセンターへ犠牲フライを挙げ1得点した。同点に追いつかれて迎えた9回。先頭の高士が安打で出塁し、続く渡邉がきっちりと犠打を決め1死2塁のチャンスを作る。続く仮谷が打ち取られたものの、今西が右中間へ弾き返し1得点を挙げ勝利をもぎ取った。
 勝利には繋がったがまだまだ課題の残る試合であった。さらに内容をよくしてなおかつ試合で勝利を挙げれるように明日のオープン戦はがんばっていきたい(主務/西浦)
コメント (4)