龍谷大学硬式野球部

試合日程や結果をお知らせします☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

11月14日新人戦結果報告

2011年11月14日 | 日記
対 京都産業大学 13:00~
場所:大阪学院大学千里山グランド

1.(8)渡邊泰(岡山城東・2)
  (8)中島 (報徳学園・1)
2.(5)渡邊優(大阪桐蔭・2)
3.(6)仮谷 (履正社・2)
4.(D)山口 (北大津・1)
5.(7)今西 (龍谷大付属平安・1)
6.(9)正木 (龍谷大付属平安・1)
  (H)北  (登美ヶ丘・2)
7.(3)畑谷 (大阪桐蔭・2)
  (3)小椋 (鳥羽・2)
  (H)森  (土佐・2)
8.(2)脇  (近江・2)
9.(4)比留井(鳳・2)
  (H)大田 (東山・2)
  (4)相馬 (三重・2)
  (H)北川 (奈良朱雀・2)
P.   中村 (京都外大西・1)
     宮田 (報徳学園・1)
     中井 (大阪青凌・1)

京産大 000 000 010 00 1
龍谷大 000 000 010 00 1

二塁打 脇

投手
中村(7)
宮田(1/3)
中井(32/3)

(総評)
 1回表先発の中村は先頭打者に四球を出すいやな展開。続く打者に犠打で2塁に進められるが後続を三振と内野ゴロに打ち取った。その裏、渡邉泰が追い込まれながらもピッチャー強襲の安打で出塁する。続く渡邊優が外野フライに打ち取られるも仮谷が四球を選び続く山口であったが、サードへのダブルプレーに倒れた。
 先発の中村は2回から5回までランナーを出すもダブルプレーなどでランナーを出しながらも三者で切り抜けた。
 2回から5回の攻撃は2回正木の四球からチャンスを作るが続く打者が続けなかった。3回には渡邉泰の安打で無死のランナーを出すが、渡邊優の打球はセカンドに捕られダブルプレー。仮谷が内野安打を放ち盗塁を決めるも後続が打ち取られた。4回・5回は三者凡退に抑えられた。
 6回の表、中村は先頭打者を安打で出塁させ犠打とワイルドピッチで1死3塁のピンチを迎える。しかし続く打者を見逃し三振。続く打者に死球を出すも、次の打者を外野フライに抑え切り抜けた。続く裏の攻撃は先頭の渡邊優がセンター前へはじき返し仮谷の犠打で1死2塁とする。しかし山口・今西共に外野フライに倒れ得点をあげることはできなかった。
 7回の表、中村は先頭打者を安打で出すが相手が盗塁を試みたところで脇が抗議したところ守備妨害となり1死。その後打球がセカンドライナーとなりこの日2つ目のダブルプレーで切り抜けたところで先発の中村はマウンドを降りた。先頭打者を出塁させるも後続を打ち取る粘り強い投球で先発投手の仕事を見事果たしてくれた。裏の攻撃は相手投手が代わり、三者凡退となった。
 8回の表、この回からマウンドにあがった宮田は先頭打者に安打を放たれ犠打で1死2塁。続く打者にも安打を打たれ1死1・3塁。続く打者を打ち取った打球は一塁手の前へボテボテの打球。守備から交代した小椋が懸命に前進し本塁へ送球したが間に合わず1失点した。宮田はここで降板。先日の好リリーフに比べるとあまり本調子でない印象を受けた。ピンチでマウンドにあがったのは中井。コーナーをうまく突く投球で2者を打ち取った。続く攻撃。1死から守備から出場している中島がセンターへ安打を放ち渡邊優が犠打を決め2死2塁。続く仮谷、山口と連続四球を選び2死満塁。続く今西は初球をたたきライト前へ。3塁ランナーが生還し1得点。2塁ランナーの仮谷が本塁へ突っ込むがライトの好返球に阻まれた。このイニングは今西のタイムリーも当然であるが、渡邊優がきっちりと犠打を決めたことで流れがうちに引き戻すきっかけとなった大きなプレーだったように思う。
 9回の表は先頭打者を失策で出塁させてしまうが相手の犠打をキャッチャーの脇が好送球で2塁刺殺。1死1塁でダブルプレーに打ち取った。裏の攻撃は2死から脇があわや本塁打かという打球を放ち2死2塁。続く打者は守備から出場している相馬。しかし三振に打ち取られサヨナラとはならなかった。
 10回の表、中井は先頭に四球を出し、犠打。1死2塁から外野フライに打ち取り2死とするが続く打者を四球。続く打者にレフト前へはじき返されるも今西の好返球と脇の好ブロックで得点を許さなかった。続く攻撃は三者凡退に倒れた。
 11回の表、中井は1死から四球とセンター前への安打で1死1・3塁。勝ち越しのピンチを迎えるが、続く打者を見逃し三振。続く打者も空振り三振に打ち取り、ピンチを切り抜けた。ピンチからリリーフとなった中井ではあったが完璧な内容。コーナーをつくコントロールも申し分なかったし、ストレートの球威も抜群であった。裏の攻撃は1死から今西の打球が相手の失策を生み1死1塁。続く代打北が内野フライに倒れるも代打森が死球、脇が四球を選び2死満塁。ここで代打北川という一打サヨナラの場面ではあったが三振に倒れ引き分けとなった。

 秋季新人戦は京都産業大学と龍谷大学の同点優勝となった。
 優秀選手として今西 健太(龍谷大付属平安・1)が選出された。


 今年度はたくさんのご声援誠にありがとうございました。この試合で本年度の公式戦は終了致しました。これから冬の練習を重ね、来季の春季リーグ戦へ向け精一杯頑張ってまいります。今後とも龍谷大学硬式野球部をよろしくお願い致します。
コメント (2)

11月13日新人戦結果報告

2011年11月12日 | 日記
対 大阪経済大学 13:00~
場所:大阪学院大学野球場


1.(8)渡邉泰 (岡山城東・2)
   (H)福永  (三次・2)
  (8)町谷  (北陸・2)
2.(5)渡邊優 (大阪桐蔭・2)
  (H)篠原  (桜宮・2)
  (5)三島  (福岡大大濠・1)
3.(6)仮谷  (履正社・2)
  (H・4)比留井(鳳・2)
4.(2)山口  (北大津・1)
5.(3)畑谷  (大阪桐蔭・2)
  (3)小椋  (鳥羽・2)
  (3)大田  (東山・2)
6.(7)今西  (龍谷大付属平安・1)
7.(D)田村  (高松商業・1)
  (H)森   (土佐・2)
  (H)北   (登美ヶ丘・2)
8.(9)正木  (龍谷大付属平安・1)
  (H・9)中島(報徳学園・1)
9.(4)相馬  (三重・2)
  (H・6)川上(興譲館・2)
P.   大川  (大聖寺・1)
     宮田  (報徳学園・1)

龍谷大 003 201 100 7
大経大 001 000 000 1

投手
大川(7)
宮田(2)

本塁打 仮谷
三塁打 今西
二塁打 森 正木

(総評)
 先発の大川は先頭打者を出すイニングが多く、苦しい展開となったが、牽制死やダブルプレー2つと運を味方にもつけ、ランナーを出してから低めをつく投球で抑え込んだ。失点した3回には、先頭打者を安打で出塁させ、犠打とバッテリーミスで1死3塁とし、詰まらせた打球が野手の間を抜ける安打となり失点した。しかし7イニングを被安打4、四死球2、三振5、失点1と見事先発投手の仕事を果たした。中継ぎでマウンドにあがった宮田は相手打線をぴしゃりと抑える完璧な投球。6人の打者に対して三振4、被安打0、四死球0と素晴らしい内容であった。
 打撃陣は、1回から7回まで得点圏にランナーを出す展開。安打や盗塁など足を絡めた攻撃で効果的に追加点をあげていった。得点をあげた3回は、先頭の渡邊優が四球を選びすぐさま盗塁。無死2塁で仮谷が難しい球をうまくさばき安打を放つと続く山口がレフト前へ安打へ安打を放ち先制点を挙げた。その後も四球を絡め1死満塁の場面で代打の森がレフトオーバーの2塁打を放ち2得点した。4回には仮谷がこの日2本目となる安打を放ち、続く打者の初球を盗塁。山口が四球を選びチャンスを広げ、6番今西が左中間を破る3塁打を放ち2得点を挙げた。6回には先頭打者の仮谷がレフトスタンドへ放り込み1得点。続く7回には安打で出塁した渡邊優が比留井の四球で2塁へ進み山口のタイムリーで1得点した。仮谷と山口、今西が好調な兆しを見せており、本日の試合では仮谷が3打数3安打1本塁打3盗塁3得点と攻撃に大きな貢献をしてくれた。明日の試合においてもこの3名を始め、さらなる活躍が期待される。
 本日の試合は7得点をあげるもチャンスをつかみきれない場面も目立った。明日の決勝戦では本日出てきた課題を克服し、優勝できるように精一杯頑張りたい。

11月12日新人戦結果報告

2011年11月12日 | 日記
対 大阪学院大学 13:00~
場所:大阪学院大学野球場


1.(8)渡邉泰 (岡山城東・2)
   (H・8)町谷(北陸・2)
2.(5)渡邊優 (大阪桐蔭・2)
3.(6)仮谷  (履正社・2)
4.(D)山口  (北大津・1)
  (R)高士  (阿倍野・2)
5.(3)畑谷  (大阪桐蔭・2)
  (H・3)小椋(鳥羽・2)
6.(9)正木  (龍谷大平安・1)
7.(7)今西  (龍谷大平安・1)
8.(2)脇   (近江・2)
9.(4)比留井 (鳳・2)
P.   中井  (大阪青凌・1)
     山下裕 (報徳学園・1)
     中村  (京都外大西・1)

大院大 000 121 000 4
龍谷大 300 020 000 5

投手
中井 (7 1/3)
山下裕(2/3)
中村 (2)

二塁打 山口

(総評)
 先発の中井は1・2回と得点圏にランナーを置くものの後続をしっかりと抑えた。しかし、4回に先頭を四球で出し送りバントでランナーを2塁へと進められ続く打者の際にワイルドピッチで3塁へ進まれその後セカンドゴロを打たれその間にランナーが生還し1点を取られた。5回には先頭をレフト前で出塁させ続く打者が送りバントで2塁へと進ませられ、尚も後続を3四死球で出塁させ2失点。6回には犠牲フライで1点を与え7回1/3を5安打7四死球4失点という内容だった。続く2番手山下裕は1アウト1塁で登板し先頭を初球デットボールで出塁させるものの続く打者をダブルプレーに抑えピンチを凌いだ。3番手中村は8・9回と投げ打者6人で抑える完璧な投球を見せた。
 打撃陣は初回に4安打2四球で打者8人で3点を先制した。だが続く2・3・4回と三者凡退に抑えられた。しかし5回には2死から渡邊優がセンター前で出塁し続く仮谷が四球でチャンスを作り4番山口がレフトオーバーの2点タイムリー二塁打を放った。
 シーソーゲームの試合展開だった。しかしその試合をものにできたのは大きいと思う。次もこの調子で勝ちたい。
コメント (4)