龍谷大学硬式野球部

試合日程や結果をお知らせします☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

オープン戦結果をブログに更新しました。

2016年04月30日 | 日記
平成28年4月30日(土)
対 びわこ成蹊スポーツ大学 
瀬田G  OP戦
1.(4)田頭(今治西・2)
  (H・4)上辻(龍谷大付属平安・2)
2.(6)諸岡(福岡大大濠・2)
3.(8)吉田(夏)(東海大仰星・3)
4.(5)北尾(鳴門・2)
(5)村佐(香里丘・2)
5.(D)石井(玉野光南・2)
  (H)菅根(大阪桐蔭・2)
6.(7)甘利(愛知啓成・2)
(7)石濱(報徳学園・2)
7.(9)寺崎(天理・2)
8.(2)浅井(東北・3)
  (2)宮崎(敦賀気比・3)
9.(3)奈良(東山・3)
  
 
P 長谷川(福井商業・3)
  藤岡(桜宮・3)
  石田(東邦・3)
長谷川 3
藤岡 4
石田 2

びわこ成蹊 100 011 000=3
龍 谷 大 014 100 01x=7

総評
初回に先制点を奪われるも2回に相手のエラーですぐさま同点に追い付くと、3回には相手投手の乱れに付けこみランナーを溜めると寺崎(天理・2)の走者一掃のタイムリーで一挙4点を追加。4回には吉田(夏)(東海大仰星・3)の犠牲フライ、8回には奈良(東山・3)のタイムリーでそれぞれ1点を追加。試合を優位に進める。投手陣は長谷川、藤岡、石田のリレーで危なげなくぴしゃり。この流れを龍産戦に繋げていきたい。(女鹿田)



平成28年4月30日(日)
対 びわこ成蹊スポーツ大学
場所:びわこG

1.(8)池田(大谷・3)
2.(7)野田(龍谷大付属平安・3)
3.(9)名賀(大商大堺・3)
4.(3)佐藤(玉野光南・3)
5.(D)谷口(莵道・3)
6.(5)竹内(桜宮・3)
7.(2)大谷(花園・3)
8.(6)田辺(京都成章・3)
9.(4)荒岡(西城陽・1)
 

P. 中田
  川瀬
  頼本
  大浦
   
龍 谷 大 100 011 001=4
び わ こ 000 001 002=3

総評

初回、1番池田の安打を足掛かりに5番谷口の適時打で先制、その後も小刻みに得点を重ね、勝利をつかんだ。










平成28年4月30日(日)
対 びわこ成蹊スポーツ大学
場所:びわこG


1.(9)池田(和)(那賀・2)
  (H・7)摂津(龍谷大付属平安・2)
2.(6)滝本(智辯和歌山・1)
3.(8)藤田(塔南・2)
4.(D)別府(広陵・1)
5.(3)西脇(愛工大名電・1)
  (H)正木(龍谷大付属平安・1)
6.(5)金子(洛北・2)
7.(7)高原(崇徳・2)
  (R・9)松田(龍谷大付属平安・2)
8.(2)柴本(東洋大姫路・1)
  (H・2)大澤(伊予・3)
9.(4)中村(樹)(興國・1)
 

P 橋山(北陸・2)
  石川(愛工大名電・2)
  南浦(上宮・2)
  湊(龍谷大付属平安・2)

総評

初登板でこの男がやってのけた。先発橋山が初回三者凡退で上々の立ち上がりを魅せると、勢いは止まらない2回味方の失策でピンチを招くも難なくいなし、圧巻だったのは3回・4回を僅か12球で相手打線を封じ込める芸当を何食わぬ顔でやってのけ相手チームだけではなく自軍の度肝を抜いた。5回を投げ無四死球2安打と完璧な投球内容でマウンドを後にすると、石川・南浦・湊の黄金リレーで最少失点と盤石の投手陣。打っては3番藤田、4番別府、7番高原がいずれもマルチを記録、6番金子には豪快な1発が飛び出しこの充実ぶりにはあの鬼軍曹上原コーチもニンマリ。投打ががっちり噛み合い上原JAPANの初陣を勝利で飾った。
コメント (5)

リーグ戦結果報告

2016年04月18日 | 日記
平成28年4月18日(月)
対 大阪商業大学 2回戦
わかさスタジアム京都
1.(8)堀口(近江・2)
2.(6)梅田(龍谷大付属平安・4)
3.(4)田頭(今治西・2)
 (H・4)諸岡(福岡大大濠・2)
 (H)目賀田(龍谷大付属平安・4)
 (4)上辻(龍谷大付属平安・2)
4.(7)中村(崇)(北陸・4)
 (R)石濱(報徳学園・2)
5.(D)北尾(鳴門・2)
 (H・D)吉田(夏)(東海大仰星・3)
6.(9)山口(近江・4)
7.(2)宮崎(敦賀気比・3)
8.(5)橋爪(興國・4)
9.(3)桑山(東邦・4)
  
 
P 浜村(出雲西・3)
  村上(大)(乙訓・4)
  大符(興譲館・4)
瀧中(高島・4)

浜村 3 1/3
村上(大)0
大符 0
瀧中 4 2/3

龍 谷 大 031 003 000= 7
大 商 大 101 601 00x=9

総評
初回に先制されるも、2回に橋爪、桑山、3回に宮崎のタイムリーヒットが出て4対1と逆転する。しかし、4回裏に打者1巡の猛攻に遭い相手にペースをつかまれるとそのまま逆転できず
大商大戦2連敗となった。
コメント (7)

リーグ戦結果報告

2016年04月15日 | 日記
平成28年4月15日(金)
対 大阪商業大学
わかさスタジアム
1.(8)堀口(近江・2)
2.(9・7)石井(玉野光南・2)
  (H)諸岡(福岡大大濠・2)
3.(6)梅田(龍谷大付属平安・4)
4.(7)中村(崇)(北陸・4)
  (9)石濱(報徳学園・2)
5.(D)目賀田(龍谷大附属平安・4)
6.(2)宮崎(敦賀気比・3)
7.(5)橋爪(興國・4)
8.(3)桑山(東邦・4)
9.(4)上辻(龍谷大付属平安・2)
  
 
P 瀧中

瀧中(高島・4)

大 商 大 100 000 002=3
龍 谷 大 001 010 000=2

総評
序盤にペースを握り試合を優位に進めるも最終回、絵に描いたような逆転劇で敗戦。
コメント (2)

リーグ戦結果報告

2016年04月10日 | 日記
平成28年4月10日(日)
対 大阪学院大学
明石トーカロ球場

1.(8)堀口(近江・2)
2.(6)梅田(龍谷大付属平安・4)
3.(9・7)石井(玉野光南・2)
  (H)山口(近江・4)
   (9)石濱(報徳学園・2)
4.(7)中村(崇)(北陸・4)
  (7)吉田(夏)(東海大仰星・3)
5.(D)目賀田(龍谷大附属平安・4)
  (H・D)北尾(鳴門・2)
6.(2)宮崎(敦賀気比・3)
7.(3)桑山(東邦・4)
8.(5)橋爪(興國・4)
9.(4)上辻(龍谷大付属平安・2)
  
 
P 大符(興譲館・4)
  赤田(阪南大・4)
  村上(大)(乙訓・4)
  石田(東邦・3)
 
大符 6
  赤田 1
  村上(大) 1
  石田 1

 

龍 谷 大 102 004 000=7
大 院 大 030 000 000=3

総評
今日も堀口の勢いが留まることはなかった。初回、四球で出塁するといきなり快足を飛ばし二盗、すかさず三塁を陥れパスボールで先制と龍大の超変革を象徴する切り込み隊長堀口が脚で観客を魅了し2戦目は幕を開けた。3回には2死1・2塁の好機で関六を代表する主砲中村(崇)が遊撃手の頭上に火の出るような当たりを放ち同点に追い付く。6回には中村(崇)から宮崎・橋爪・上辻と長短打を含む4安打でダメ押しに成功。投げては先発大符が粘りの投球を見せると公式戦初登板の赤田・村上(大)が躍動、最後は守護神石田が危なげなく試合を締め2連勝に花を添えた。 (内村)
コメント (2)

リーグ戦結果報告

2016年04月09日 | 日記
平成28年4月9日(土)
対 大阪学院大学

1.(8)堀口(近江・2)
2.(6)梅田(龍谷大付属平安・4)
3.(9・7)石井(玉野光南・2)
4.(7)中村(崇)(北陸・4)
  (R・9)石濱(報徳学園・2)
5.(D)目賀田(龍谷大附属平安・4)
6.(2)宮崎(敦賀気比・3)
7.(3)桑山(東邦・4)
8.(5)橋爪(興國・4)
9.(4)上辻(龍谷大付属平安・2)
  
 
P 瀧中(高島・4)
 

 

大 院 大 000 100 000=1
龍 谷 大 002 100 01X=4

総評
龍大は1節遅れての開幕。注目が集まるのは関六屈指の好投手瀧中と堀田の投げ合い。予想通り、両投手要所を締めるピッチングで序盤を終えるかに思われた3回、四球とエラーで迎えた好機に7番主将桑山が前進守備の遊撃手後方にしぶとく落とし先制。4回にも脅威の1・2番堀口・梅田の鬼の2連打で追加点を奪い、8回には今年の龍大は一味違うと言わんばかりのまさかまさかの3番石井がセーフティスクイズで中押しに成功。終始ペースを掴み主導権を渡さない首脳陣の采配・新戦力堀口5安打の大大大活躍、大黒柱エース瀧中のきらりと光る投球で大事な初戦を飾った。明日の2戦目にも期待が高まる。
コメント (3)