FF12連載「回顧録」第13章:か弱き者たちを越えて

大灯台には灯台タイガー。 まさかホントにいるとは。 . . . 本文を読む
コメント ( 1 ) | Trackback ( 1 )

ドミノ@アンダーワールド:エボリューション

無茶を承知で「大傑作」と断言してしまう。 観る前は、『イーオン・フラックス』よりもおもしろればいいなあ、とか、前作が良かったのでガッカリするような映画じゃなきゃいいなあ、とか、そんなありふれたことを考えていたのだが、実際観たらそれどころじゃなかった。 . . . 本文を読む
コメント ( 6 ) | Trackback ( 34 )

FF12連載「回顧録」第12章:とてもスメル

すっかり後半の趣き。 幻妖の森でベヒーモスとエンゲージ。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )

インサイド・マン@ブロークバック・マウンテン

逆『セカチュー』である。 よろめき西部劇である。 . . . 本文を読む
コメント ( 14 ) | Trackback ( 47 )

イン・ザ・「CUT」

しばらく映画雑誌がつまらなくてつまらなくて仕方がないという状況が続いていた(「秘宝」は除く)のだが、今月号の「CUT」は傑作である。 「続・世界の映画オタクが選んだ史上最高の映画ベスト150!」という特集がとにかくおもしろい。 . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

FF12連載「回顧録」第11章:故郷はいずこ

話が一気に進んで申し訳ないが、シド博士と対決しました。 . . . 本文を読む
コメント ( 1 ) | Trackback ( 1 )

サウンド・オブ・サイレンス@キング・オブ・デストロイヤー コナンPART2

すこし前のことになってしまうが、リチャード・フライシャーが亡くなった。 「誰それ?」と言われても驚かないが、まあ聞いてくれ。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

FF12連載「回顧録」第10章:財布は軽く、想いは重い

これまで何度も書いてきたように、とにかく金がない。 普通に進んでれば自然とお金が貯まるようなゲームではない。 というわけでギルガメと、森のウサギを狩ることにする。 . . . 本文を読む
コメント ( 8 ) | Trackback ( 1 )

FF12連載「回顧録」第9章:コールド・マウンテン

神の都にて神の鳥の情報あり。 Aランクということで絶対勝てないような気はしたのだが、金もないし久々にバイトでもすっか!ということでバード・ハンティング。 . . . 本文を読む
コメント ( 15 ) | Trackback ( 2 )

バッド・テイスト@プロデューサーズ

なんだか、おもしろいんだかつまらないんだかよく分からない映画である。 思い切って「つまんねー」と言ってしまっていい気もしないでもない。 ただこれだけは断言しよう。 『プロデューサーズ』はゲテモノである、間違いなく。 . . . 本文を読む
コメント ( 10 ) | Trackback ( 34 )

FF12連載「回顧録」第8章:カメラ・アイ

森に里。 里にヴィエラ。 フランのお話が初めて展開される。 . . . 本文を読む
コメント ( 4 ) | Trackback ( 1 )

FF12連載「回顧録」第7章:さらに倍!いずれ3倍!

デカブツを誘い出すには周りの鳥人族を全滅させよ、って言うからのんびりやってたら、格上げされたズーが出てきてさあ大変。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

考えるな、感じるんだ!@SPIRIT & RIZE

『エミリー・ローズ』が「究極の恐怖」を目指した映画ではないように、『SPIRIT』は、純粋なアクション映画ではない。 . . . 本文を読む
コメント ( 7 ) | Trackback ( 29 )

『純情きらり』報告書:第1週

第1回から第6回まで。 5回目にあおいちゃんが初登場したときは(心の中で)小踊りしてたが、実は幼少期の桜子ちゃんもかわいかったりして。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )

FF12連載「回顧録」第6章:Ghost in the Memories

仮面戦士の集落に到着。 さんざん『スターウォーズ』って言ってきたが、こういう雰囲気の場所は『スターウォーズ』本編には登場しないな。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )
« 前ページ