ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

【映画】ウォーター・ホース…2008年度末鑑賞報告残り(2)

2009-01-04 21:53:43 | 映画・DVD
さて明日からは本格的にお仕事な私。
例年なら「あ~休み終わった~仕事したくない~~
ってなテンションと戦っている最中ですが…
まぁ昨日ちょびっとお仕事したからねぇ…
現在そういうネガティブなテンションで無いのは幸い

今度のお正月は風邪もひかなかったし、胃腸が不調になることも無く…まぁ良い感じだったんじゃないですかねぇ…ただその分、正月気分は薄いですが


で、正月っぽいお休みの最後だった本日は小倉までお買い物に行きました。

行ったのは小倉井筒屋とリバーウォーク北九州。
小倉井筒屋さんでは
「親子で遊ぼう!夢の鉄道ジオラマ展」
 
というイベントを今日までやってまして、行きつけの模型屋さんが関係しているようなので顔を出しました(ちなみに鉄道には殆ど興味の無い私)。

…で、トミックスが当たる300円のくじを子どもたちに混ざって並び(オッサンが並んでるから苦笑してる人もいたでしょうねぇ)二度ほど引きました
が、残念ながら両方ハズレでガンダムコレクションDXを2個ゲット(中身はキハールとキュベレイMk.IIプル専用機でした)…鉄道模型のイベントなのにハズレがガンダム関係とはこれ如何に…

その後、リバーウォーク北九州に行ったのですが、丁度バーゲンのタイムセール(各店舗バーゲンより更に値下げ)っていう時間帯だったり、欲しいタイプの靴が激安だったり、ティンバーランドの直営店が閉店セールしていたりと…兎に角無駄遣いの誘惑だらけだった訳ですが…何とか切り抜けました



さて、本日も昨年末鑑賞した映画の鑑賞記録記事です。



「ウォーター・ホース」
(監督:ジェイ・ラッセル、出演:アレックス・エテル、エミリー・ワトソン、ベン・チャップリン、2007年アメリカ)

TSUTAYAさんで「フィクサー」と(あと観なかったけど「4分間のピアニスト」とも)一緒にレンタル。
2008年12月28日(日曜日)…年賀状作成や大掃除を放置(現実逃避)の中鑑賞(…というかその日が返却日だったので焦っておりました…この顛末は「スパイダーウィックの謎」の記事にチョビットだけ書いております)。



ストーリー
ディック・キング=スミスの児童書「The Water Horse(邦題:おふろの中からモンスター)」の映画化。
第二次大戦中のスコットランド、ネス湖の畔の村に住む少年アンガス(アレックス・エテル)。いつも戦争に行っている父親の事を思う彼は母や姉にも打ち解けず自分の中に閉じこもっていた。ある日彼はネス湖で青く光る不思議な卵を見つける。やがて卵から生まれた見た事の無い生物にクルーソーと名付け、家族にも内緒で育て続けるのだが…。
詳しくは…http://www.so-net.ne.jp/movie/sonypictures/homevideo/waterhorse/





ピロEK的感想&点数
昨年末バタバタしながらムリヤリ鑑賞したので…
実はあんまり憶えていないのですが
頑張って思い出して記事にしてみます。

「ネッシーは、いてる!」
という、たむけんのおなかに書かれた文字の如き内容のこの作品

そして…
誤解を恐れず(?)「これは真実の物語である」的なテロップからスタートする勇気も持ち合わせた作品でもありました。

このネッシーらしき存在がまた恐竜の生き残りだ…なんてチンケ(?)な存在でなく、世界に一匹づつしか存在せず、雌雄同体(しかも単体で繁殖可能)という夢の生物
…でもまぁ真実だというのだから真実なのでしょう

まぁ映像的にもお話的にも破綻の無い良質な作品ではありましたが…

クルーソー(ネッシー)のCGキャラの可愛く無さ(かつ擬人化してあるからチョイキモ)に馴染めず

TVドラマのような安っぽい感じも受けるオープニング(現代シーン)に戸惑いながら

女優さんたちは…美人居ないし…っていうか何故、お母さんもお姉さんも奥目なのか

…等々、気になることも多々(これらは全て作品自体に直接響くマイナス要素ではないですけどね)。


他では…

山場である湖からの脱出シーンでもハラハラさせられることも逆にガッカリさせられることも無く

兵隊さんたちも犬もそれなりに凶悪(?)かつ、かといって無難な描かれかた

人間関係でも…嫌な事件は…例えばルイスさんスパイと疑われて捕まっちゃったりなんてシーン…は、微妙に匂わせながらも、結局何も起こらないという、意図してかせずか(?)子供にもストレスを与えない安心設計

なわけで、この映画って基本的にはお子様向けなお話なんだけど…
1点だけ…

あの奥目のお母さんが…何だかルイスさんやら大尉さんに色目使って無かったですか
…このまま恋愛関係に発展して、お父さんっ子の主人公がグレたりするんじゃないかとハラハラしましたよ

そんな風に思うのって…私が下衆な中年男性だからなのでしょうか


まぁ兎に角、最後に書いた部分以外は、
可も不可も無いといった感じの作品かナァ


点数は3点弱(5点満点中)
ちょびっと退屈方向だったかな。
予告からは、もう少し感動することを期待してたんですけどねぇ
最近の鑑賞作品とバランスとれば3点に“弱”が付いちゃう感じですかね。

これも含め、最近観た映画は3点ばかりです。
単に私のテンションが低いのか、本当に3点レベルの作品ばかりを鑑賞しているのか…どうなんだろう



補足・蛇足
私が子どもの頃に、クッシーだかイッシーだかツッキーだかが登場する「恐竜・怪鳥の伝説」というクソ映画(主演:ズラ俳優渡瀬恒彦、同時上映「ドカベン」)があって、映画館に観に行ったのを思い出しました。
そっちは子供向けとは言えない怖いシーンもあったけど、大人向けって言うほど立派な作品でもなかったですねぇ



では、今日はこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (9)   トラックバック (46)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【映画】フィクサー…2008年度... | トップ | とりあえず更新 1月5日 »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (KGR)
2009-01-04 23:15:44
中途半端なファンタジーと言うか、変なリアルさで、
大人になったクルーソーはちょっと怖かったです。

スコットランドのネス湖辺りは、かなり北(北緯57度)で、
日本近くでいえば樺太北端よりさらに北、
カムチャッカ半島中部くらいになりますので、
いくら夏でも湖の中は相当冷たいだろうと思います。
それでも3点ですね (takbout)
2009-01-05 15:02:11
TB&コメントありがとうございました。

この作品。
あまり好きになれなかったご様子。
それでも3点下さって、ありがとうございます。
個人的には好きな作品なので、感想読んで、そういう見方もあるのかあ~と勉強になりました。
(お母さん、色目使ってたかな?)

今年もどうか宜しくお願いいたします。

TBさせて頂きます!
TB有難う御座いました♪ (Aki.)
2009-01-06 03:26:04
こんばんは~♪
同じく、可もなく不可もない何となぁ~~く物足りなさだけが残る作品でした^^;
個人的には『のび太の恐竜』>>>>>『ウォーター・ホース』ですね(^^ゞ
てか、『恐竜・怪鳥の伝説』って!?
めっちゃ惹かれるものが・・・
にしても、ハズレと言いつつガンダム関係をゲットするなんてガノタの鏡で御座いますw

ではでは~、これからもよろしくお願いします♪
TBありがとうございました (HIROMI)
2009-01-06 21:38:53
私はこの映画好きなんですが、母親とルイスさんとか、大人の微妙な感情を描いていたところもいいなと思いました。
遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。
Unknown (masala)
2009-01-06 22:55:59
東映「恐竜・怪鳥の伝説」と「ドカベン」って、私が
初めて一人で見に行った映画です。

朝から空きっ腹で「恐竜・怪鳥の伝説」を見ていたら気持ち悪くなってしまった思い出深い作品です。

それにしても昔の東映は無茶苦茶な作品を作っていました。
★★コメントありがとうございます(1)★★ (ピロEK(KGRさんへ))
2009-01-10 12:39:53
★KGRさんへ★

ご挨拶が遅くなりましたが…
明けましておめでとうございます。
そして、いつもコメントありがとうございます

>日本近くでいえば樺太北端よりさらに北、
>カムチャッカ半島中部くらいになりますので、
>いくら夏でも湖の中は相当冷たいだろうと思います。

湖に潜る際、あの子供の呼吸を心配していた私ですが、心臓麻痺とかも心配した方が良かったんですね
クルーソーと背中に乗った人間には何らかの魔法的保護があるのかも知れませんけど…
そんなことも含め、ファンタジーと現実との境目の描き方があんまり上手い作品ではないようですねコレ。

では、また来てくださいね。本年も宜しくお願いいたします。
★★コメントありがとうございます(2)★★ (ピロEK(takboutさん、Aki.さんへ))
2009-01-10 12:43:13
★takboutさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>お母さん、色目使ってたかな?

色目ってなると言い過ぎですが、
今まで不自由していた“男手”や、息子の父親代わりを期待するような、そういう描写が多少あって、それを私が“あえて”穿った見方したって事なんですけど。
子供視点だと…お母さんの心理が私の言うとおりだとすれば…ちょっとイヤな方に勘違いしちゃうかも?
などと考えつつの鑑賞でありました。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。




★Aki.さんへ★

いつもコメントありがとうございます

>個人的には『のび太の恐竜』>>>>>『ウォーター・ホース』ですね(^^ゞ

個人的には
「のび太の恐竜」>「ウォーター・ホース」>「のび太の恐竜2006」
ですね。ちなみに「恐竜・怪鳥の伝説」は「2006」よりも下かも

>にしても、ハズレと言いつつガンダム関係をゲットするなんてガノタの鏡で御座いますw

実はくじ引きの際、そのデパートイベント会場には行きつけの模型屋さん(某出版社直営)の偉い方(知り合い)がいて、
娘にくじ引きさせている後ろで「はずれてもガンダムだからお父さん喜ぶよ~」などと言われていました。
公衆の面前で何を言われているんでしょうなぁ私は。
…あ、公衆って言ってもテッチャンですけど。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。
★★コメントありがとうございます(3)★★ (ピロEK(HIROMIさんへ))
2009-01-10 12:46:37
★HIROMIさんへ★

ご挨拶が遅くなりましたが…
あけましておめでとうございます。
&コメントありがとうございました。

>母親とルイスさんとか、大人の微妙な感情を描いていたところもいいなと思いました。

それは私が「色目」と評した部分も含めてですよね
大人の感情部分ばかりを掘り下げる訳にもいかないのでしょうが、私としてはこのあたりがどうも中途半端にも感じられてしまって…
…否、全く描かないよりは物語に深みがでたのだとも思うのですが…
これは高度な要求だと思うので、映画自体にケチつけたい訳では無いんですけど…惜しいって感じかな。

では、また来てくださいね。本年も宜しくお願いいたします。
★★コメントありがとうございます(4)★★ (ピロEK(masalaさんへ))
2009-01-10 12:49:34
★masalaさんへ★

ご挨拶が遅くなりましたが…
あけましておめでとうございます。
&コメントありがとうございました。

>東映「恐竜・怪鳥の伝説」と「ドカベン」って、私が
>初めて一人で見に行った映画です。

私は保護者付きで行った記憶があるので…masalaさんよりも少し年下なんですかねぇ(?)
あの映画は、子供向きな怪獣映画っぽく、しかもコミック原作映画と同時上映…当然子供な観客が多かったと思うのですが、ナカナカにグロ描写もあったような。R指定とかがハッキリしていなかった時代なんですねぇ多分。

では、また来てくださいね。本年もよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

映画・DVD」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

46 トラックバック

試写会「ウォーター・ホース」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
1/15、よみうりホールでの開催。 伝説の生物「ウォーター・ホース」と、 はからずもそれを飼うこととなった少年の物語。 アレックス・エテル、プリヤンカ・クシー、 エミリー・ワトソン(「ミス・ポター」では、ユアン・マグレガーの姉) ブライアン・コックス(「ボ...
ウォーター・ホース◎ケルト民族の伝説の生き物 (銅版画制作の日々)
 世界に一匹しか存在しない?本当なのか・・・・・。   2月5日、「ヒトラーの贋札」鑑賞後、東宝シネマズ二条にて、この映画を鑑賞した。この日は連続鑑賞だったことをうっかり忘れていた。   ネッシー、ネス湖の謎の生き物は世界的にも有名なお話だが。ネ...
「ウォーター・ホース」 (てんびんthe LIFE)
「ウォーター・ホース」試写会 よみうりホールで鑑賞 ネス湖のネッシーがさきなのか、このウォーターホースの話がさきなのか知らないけど、妙にリアル感があるファンタジー。 どんな状況にあっても欧米の木々や森、そして空と水が美しいです。 時は戦争中、その状況...
ウォーター・ホース (2007)  112分 (極私的映画論+α)
原題はTHE WATER HORSE: LEGEND OF THE DEEP です。 「のび太の恐竜」と基本は同じかも(笑)
ウォーター・ホース (Akira's VOICE)
映像が良かった! それだけ。
「ウォーター・ホース」 (マニアの戯言)
The Water Horse (ウォーター・ホース) 2007年 アメリカ・イギリス映画  監督 ジェイ・ラッセル出演 アレックス・エテル エミリー・ワトソン ベン・チャップリン ブライアン・コックス デヴィッド・モリッシー 勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー...
「ウォーター・ホース」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
第二次大戦下のスコットランド。母(エミリー・ワトソン)と姉との3人で暮らしながら、戦地へ 赴いた父の帰りを待つ少年アンガス(アレックス・エテル)。ある日、住まいのそばにあるネス湖で 青く光る不思議な卵を発見、こっそり持ち帰るとやがて初めて目にする生き物が生ま...
ウォーター・ホース (そよかぜから-映画)
■2007年 アメリカ 112分 ■原題「THE WATER HORSE: LEGEND OF THE DEEP」 ■2008.11.15 DVD ■監督 ジェイ・ラッセル ■出演    アレックス・エテル(アンガス・マクマロウ)    エミリー・ワトソン(アン・マクマロウ)    ベン・チャップリン(ルイス・モ...
ウォーター・ホース (映画鑑賞★日記・・・)
【THE WATER HORSE: LEGEND OF THE DEEP】2008/02/01公開製作国:アメリカ監督:ジェイ・ラッセル出演:アレックス・エテル、エミリー・ワトソン、ベン・チャップリン、デヴィッド・モリッシーネス湖に眠った、ひとりぼっちの二人の想い“一枚の写真”に隠され...
ウォーター・ホース (りらの感想日記♪)
【ウォーター・ホース】 ★★★ DVD(106)ストーリー 第二次大戦下のスコットランド。母と姉との3人で暮らしながら、戦地へ赴いた父の帰り
ウォーター・ホース (ぶっちゃけ…独り言?)
5.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) これなんて『のび太の恐竜』? こー思ったのはワタクシだけではないでしょう。 ぶっちゃけ基本は全く同じで御座います。 なのに! あぁ、それなのに・・・ どーも何か足りないんですよね~。 いやまぁ...
ウォーター・ホース 60点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
「おれ、初めからいないと思ってた」 公式サイト イギリスの作家ディック・キング=スミスの同名児童文学(邦題は『おふろのなかからモンスター』)を、『炎のメモリアル』のジェイ・ラッセル監督により映画化。 少年が首長龍を育てて大騒ぎになる物語、といえば、...
劇場鑑賞「ウォーター・ホース」 (日々“是”精進!)
「ウォーター・ホース」を鑑賞してきました英国ネス湖の巨大生物ネッシー伝説をヒントに得たファンタジー。「ベイブ」のD・K・スミスの原作を、「ナルニア国物語」のウォルデン・メディアと、「ロード・オブ・ザ・リング」のWETAスタジオが映画化。「有名なネッシー...
ウォーター・ホース (シネマ大好き)
試写会に誘って頂いて「ウォーター・ホース」を観た。 お子様向けのたわいないお話かもと思っていたが、予想はいい方に裏切られ、ケルトの神話と戦争と子どもの成長物語を重ねた設定。映像もストーリーもとてもよかった。 第二次世界大戦のただ中、戦地に行ったまま帰...
『ウォーター・ホース』(2007) (【徒然なるままに・・・】)
ディック・キング=スミスの『おふろのなかからモンスター』を映画化した作品で、製作は『ナルニア国物語』のヴォルデン・メディア、特殊効果は『ナルニア』の他に『ロード・オブ・ザ・リング』なども手掛けたWETA社である。 原作ではウォーター・ホース(水馬)の...
ウォーター・ホース/アレックス・エテル (カノンな日々)
私が子供の頃はスコットランドのネス湖にはネッシーという巨大生物が確かにいたんですよ、ホントにッ。大人になった今でも信じてたわけじゃないけど、せちがない世の中だけにそんな夢があってもいいんじゃないかなと思ってたから、あの有名な写真の真実が明らかになった時...
ウォーター・ホース (そーれりぽーと)
のび太の恐竜、じゃなくて『ウォーター・ホース』を観てきました。 ★★★ のび太の恐竜でした。 ネタバレ 未知のものに対する恐怖、狩りを楽しむ者、売名に必死な者、嫉妬に燃える者。 いやーな存在を全部登場させて、最後にスッキリさせる、“泣かせる”映画なところ...
ウォーター・ホース (Memoirs_of_dai)
リアルなのび太の恐竜 【Story】 父親を亡くした孤独な少年アンガス(アレックス・エテル)は、ネス湖のほとりで青く光る不思議な卵を見つ...
ウォーター・ホース (腹黒い白猫は見た!!)
2008年43本目映画「ウォーター・ホース」僕は、たった一人の親友を守れるのだろうか―。ストーリー第二次世界大戦真っ只中、戦地に赴いたまま音信不通の父を待ちわびる少年アンガスは、ネス湖で青く光る不思議な卵を見つける。そこから生まれたのは、世界中にたった一匹し...
ウォーター・ホース・・・いまさんのファンタジー (あーうぃ だにぇっと)
監督:ジェイ・ラッセル キャスト アンガス☆アレックス・エテル アン☆エミリー・ワトソン ルイス・モーブリー☆ベン・チャップリン ハミルトン大尉☆デヴィッド・モリッシー 老アンガス☆ブライアン・コックス 他
映画「ウォーター・ホース」を試写会にて鑑賞。 (masalaの辛口映画館)
 18日、日本教育会館一ツ橋ホールにて「ウォーター・ホース」を鑑賞した。 客層は小さなお子さんから年配の方まで様々で、客入りは7~8割くらい、主権はJ-WAVE。 DVDウォーター・ホースコレクターズ・エディション【BESTCOLLECTION1980LIMITED】(2009年2月2...
ウォーター・ホース・・・・・評価額1400円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ネッシー・オウチ・デンワ・・・・ ネッシー版の「E.T」?それとも「のび太の恐竜」?軍隊が絡んでくるあたりは故・影山民夫の「遠い海から...
『ウォーター・ホース』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
 あの映像は、確かに可愛い。飼いたくなるよ、お風呂で。 『ウォーター・ホース』 "THE WATER HORSE:LEGEND OF THE DEEP" 2007年・アメリカ・112分 監...
『ウォーター・ホース』・・・お、大好きなジャンル♪ (SOARのパストラーレ♪)
問題:次の文章を読んで思い浮かぶ映画の作品名を答えなさい。
ウォーター・ホース (Peaceナ、ワタシ!)
- ネス湖に眠った、ひとりぼっちの二人の想い - 「映画の日」だった昨日、『ウォーター・ホース』を観てきました。今年に入って初めての映画館での鑑賞です。「ネス湖のネッシー」はあまりにも有名ですし、CMを見る限り、どことなく『のび太の恐竜』を思い起こさせる気も...
ウォーター・ホース (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
ウォーター・ホース コレクターズ・エディションウソの裏側に真実があったのでは?そんな発想のあたたかい物語だが、大人が見るには少々キビしい。ネス湖の幻の生物ネッシーは伝説の海獣“ウォーター・ホース”で、卵から育てた少年と強い絆で結ばれていたというファンタ...
『ウォーター・ホース』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
 ネス湖に眠った、ひとりぼっちのふたりの想い。世界で最も有名な“1枚の写真”に隠された、孤独なふたつの魂の出逢いと別れの物語。
ウォーター・ホース (ネタバレ映画館)
これは実話だ!誰が何と言おうと実話だ!
『ウォーター・ホース』 (ラムの大通り)
(原題:The Water Horse) -----“水道のホース”?そんなの映画になるの? 「いやいや。 これはあの有名なネス湖の怪物の写真をモチーフにした映画。 顔が馬そっくりに作ってある。」 -----あ~。あの写真なら知っているよ。 湖から恐竜が長い首を出しているヤツでしょ...
「ロード・オブ・ザ・リング」のスタッフが甦らせたスコットランドの伝説「ウォーター・ホース」試写会 (La Dolce Vita 1/2  携帯blogアドレス=http://mblog.excite.co.jp/user/takenamia/)
15日、中野サンプラザホールで、ご招待いただいた「ウォーター・ホース」試写を鑑賞した。 ネス湖の未確認恐竜ネッシーを、“「ナルニア国物語」「ロード・オブ・ザ・リング」のスタッフが甦らせたスコットランドの伝説”とキャッチに謳(うた)ったウォーター・ホースと...
ウォーター・ホース(映画館) (ひるめし。)
ネス湖に眠った、ひとりぼっちの二人の想い
ウォーター・ホース (5125年映画の旅)
第二次大戦下のスコットランド。内向的な少年アンガスは、ある日ネス湖のほとりで不思議な石を発見する。それは伝説の生物ウォーター・ホースの卵だった。卵から孵ったウォーター・ホースにクルーソーと名付けたアンガスは自分の手でクルーソーを育てようとするが・・...
『ウォーター・ホース』@サロンパスルーブル丸の内 (映画な日々。読書な日々。)
第二次大戦中のスコットランドの小さな村。少年アンガスは、母と姉の3人家族。戦地に行ったまま連絡が途絶えた父親のことがいつも頭から離れず、寂しい思いをしていた。ある日、ネス湖で青く光る不思議な卵を見つける。家に持ち帰ると、孵化して今まで見たこともない生き...
「ウォーター・ホース」試写会へ行ってきました(ネタばれあり) (コレ、いいかも☆)
スコットランドに伝わる伝説の海獣“ウォーター・ホース”と少年の心温まる友情を描いたファンタジー大作。ネス湖の幻の生物ネッシーをとらえた写真にまつわる秘話を『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズでアカデミー賞を受賞したスタッフが大胆な発想でよみがえらせた。...
★ウォーター・ホース(2007)★ (CinemaCollection)
THEWATERHORSE:LEGENDOFTHEDEEPネス湖に眠った、ひとりぼっちの二人の想い“一枚の写真”に隠された、壮大な感動秘話上映時間112分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)初公開年月2008/02/01ジャンルファンタジー/アドベンチャー/フ...
34「ウォーター・ホース」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
流れ着いたクルーソー  第2次大戦中のスコットランド。少年アンガスは出征した父の帰りを待ちわび、孤独に過ごしていた。そんなある日、アンガスはネス湖で青く光る不思議な卵を見つける。家に持ち帰ると卵は孵化し、今まで見たこともない生き物が殻の中から出てくる。...
ウォーター・ホース (悠雅的生活)
ロッホ・ネスを往く、伝説のウォーター・ホース
ウォーター・ホース (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
僕は、たった一人の親友を守れるだろうか__。世界で最も有名な“一枚の写真”に隠された、哀しくも壮大な感動秘話! 遥か昔から、数々の伝説が息づく森と湖の国、スコットランド。第二次世界大戦のまっただ中、戦地に赴いたまま音信不通の父を待ちわびる孤独な少年...
ウォーター・ホース (愛情いっぱい!家族ブロ!)
とにかく叫べ! クルーソーッッッッ!!!!!! 予告編でのアレックス・エテル君の「クルーソー」と叫ぶ姿にひとめぼれした映画です。 一目ぼれと書きましたが彼には「ミリオンズ」ですでに がしっとハートをつかまれておりました。 で、うちの息子...
ウォーター・ホース (まぁず、なにやってんだか)
2月1日公開の「ウォーター・ホース」の試写会に息子たちと行ってきました。 卵から産まれた謎の生物を育てるあたりは、「小さき勇者たち~ガメラ~」を思い出してしまったんですが、その後の展開は私好みでした。 ファンタジーっぽく、アンガス少年と湖でたわむれた...
映画 『ウォーター・ホース』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆スコットランドに伝わる伝説の海獣“ウォーター・ホース”と、少年の心温まる友情を描いたファンタジー大作。ネス湖の幻の生物ネッシーをとらえた写真にまつわる秘話を、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズでアカデミー賞を受賞したスタッフが大胆な...
ウォーター・ホース (ビデオ鑑賞日記)
2007年 112分 監督 ジェイ・ラッセル 出演者 アレックス・エテル、エミリー・ワトソン、ベン・チャップリン、デビッド・モリッシー 第2次大戦の頃のイギリスのスコットランド。 少年アンガスが家の近くのネス湖畔で見つけた石を持ち帰ると、それは青く...
ウォーター・ホース (観劇★感激★カンゲ記)
公式サイト→コチラ なかなか良かったんじゃないかな[:るんるん:] 最初に「真実の物語」って出てくるけど、本当に実話だったらすごい。 ま、実話かどうかは置いといて、見た後にちゃんと心温まる映画でした。 ファンタジー映画も見るくせに、私はかなりリア...
『ウォーター・ホース』 2008-No8 (映画館で観ましょ♪)
大砲の音が消えた静かな朝のネス湖が 穏やかで墨絵のようでとてもキレイだった。 ネス湖のネッシーのお話と聞いて あまり期待もせずに...
『ウォーター・ホース』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ第二次大戦中のスコットランドの小さな村。少年アンガスは、ある日、ネス湖で青く光る不思議な卵を見つける。家に持ち帰ると、孵化して今まで見たこともない生き物が殻の中から出てきた・・・。感想これは本当の物語冒頭に、そう書かれていたので最後まで真面目に...
ウォーター・ホース(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
上映時間の都合で、特に興味なかったんだけど「ウォーター・ホース」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:アレックス・エテル、エミリー・ワトソン、ベン・チャップリン、デヴィッド・モリッシー 上映時間:112分  父の帰りを待ち続ける孤独な少...