ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

【映画】ヒューゴの不思議な発明…ヤッツケ映画観賞記録(2)

2013-07-16 12:27:47 | 映画・DVD
本日は早速、ヤッツケ映画観賞記録(2)
ヤッツケとか書きながら、意外とやっつけて行かないかもしれないなぁという懸念はさておき



「ヒューゴの不思議な発明」
(監督:マーティン・スコセッシ、出演:ベン・キングズレー、エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、2011年イギリス/アメリカ合衆国)

TSUTAYA DISCASさんから「英雄の証明」と一緒に届いた一本。2012年9月17日(月曜日・敬老の日)の午後に観賞しました(BD)。



あらすじ&概要
ブライアン・セルズニックの小説「ユゴーの不思議な発明」の映画化。
1930年代のパリ。父親を火事で失った少年ヒューゴ・カブレ(エイサ・バターフィールド)は、駅の時計台に隠れ住み、駅の時計のネジを巻いて毎日を過ごしていた。ヒューゴは、彼の手元に残った父親が残した機械人形の秘密を調べるうち、機械人形の修理に必要なハート型の鍵を持った少女イザベル(クロエ・グレース・モレッツ)と、頑固な老人ジョルジュ・メリエス(ベン・キングズレー)に出逢う。
詳しくは…http://www.hugo-movie.jp/





ピロEK的感想&点数
正直、観賞中にかなり退屈だった映画
特に前半が退屈だった気がする(※例によって細かいところは憶えておりませんが)。

こういう、美麗な美術+ファンタジー+コメディ…といったテイストの映画は既に沢山あると思うのですが、それらの中で特に飛び抜けて良く出来ているとも思えません
この映画を今更スコセッシがわざわざ作った理由・動機が
…スコセッシってもう枯れちゃったんじゃないかと思わせる要素は十分に内包

時計の中の構造も、そんなに面白味があるようにも思えず
駅でのドタバタ(鉄道公安官との追いかけっこ)も笑えるわけでも無く
頑固なベン・キングズレーには、ただ面倒だと思わされるだけ
そのベン・キングズレー=ジョルジュ・メリエスも含めたキャラクターの心理描写もイマイチ私には伝わらず

映像は凝ってるんだろうけれど、オープニングとかはモロにCGで、なんでスコセッシがロバート・ゼメキスのマネごとなんぞをしちゃうんだという感じも
あ、レンタルなので2Dにて観賞です。

基本、子供向きなんだろうけど、今の子供はこういう程度で喜ぶのかなぁ
ジジイが子供に押しつけている感じにも思えて…ジジイばっかりで作ってるからセンスの遅れに気が付いていないのかも…と言うのは言い過ぎかなぁ…ちなみに私がこの映画を鑑賞したのは敬老の日

でも評論家筋からは評判いいんですよね
なので私がズレてるだけなのかもしれません


点数は3点強(5点満点中)といったところ。
そもそも嫌いじゃないジャンルだと思うのですが、今回は合わなかったという感じ。
私が好きだと思うものには、何かが足りないんだと思います。



補足・蛇足
で、ジュード・ロウって、何故か、この手のジャンルの映画に“こっそり”出演するのが好きなんだという印象がありますね。「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」とかな。



では、今日はこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画


コメント (3)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
« 【映画】ドラゴン・タトゥー... | トップ | 【映画】英雄の証明…意気込み... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (風子)
2013-07-19 10:02:17
内容はともかく、映像がとにかくすばらしかったです。
これは映画館で3Dで見てこその映画だったので、おうち鑑賞では当然の感想だと思います。
3D (sakurai)
2013-07-25 12:01:54
が苦手なんで、どっちにしろ、あたくしもいまいちでした。
まじに3Dで酔いそうになりました。
上映作品は、できるだけ3Dでないのを選択しております。
それを抜きにしても、前半はかなりたるかったです。
★★コメントありがとうございます★★ (ピロEK(風子さん、sakuraiさんへ))
2013-07-28 00:32:00
★風子さんへ★

コメントありがとうございます

>内容はともかく、映像がとにかくすばらしかったです。
>これは映画館で3Dで見てこその映画だったので、おうち鑑賞では当然の感想だと思います。

こういうビジュアル重視の映画だと、映画館と自宅では大きな差があるでしょうね。
ただ個人的に3Dは苦手なので、私が仮に映画館で見ていたときにどう思ったかは???ですけどね。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願い致します。




★sakuraiさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>まじに3Dで酔いそうになりました

あんまり飛び出さないと「なんだ、こんなものか」と感じ、飛び出しすぎると酔いそうになる…と、難儀なものです。
私も2Dと3Dがあったら、2D選択してますね最近。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願い致します。

コメントを投稿

映画・DVD」カテゴリの最新記事

19 トラックバック

ヒューゴの不思議な発明 (本と映画、ときどき日常)
監督 マーティン・スコセッシ 出演 エイサ・バターフィールド     クロエ・グレース・モレッツ     ベン・キングズレー 映像の美しさもさることながら、とても素敵な映画でした☆ 駅の時計台に隠れて暮らす少年。 父の形見のゼンマイ機械の人形を動かそう...
ヒューゴの不思議な発明 (いやいやえん)
思ってたよりは平凡でしたが、映画ってやっぱりいいよなぁ、と思える作品でしたね。(私はもっぱらDVD鑑賞ですけども~^;) 少年と機械人形とか、お店の中の雑然とした感じとか、素敵と思える部分もたくさんあって、楽しかった、というのが第一印象。 ただしか...
ヒューゴの不思議な発明 (Akira's VOICE)
素晴らしきかな世界。  
『ヒューゴの不思議な発明』 映画愛ではない、とスコセッシは云った (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  本作はなぜ二つの異なる要素から構成されるのだろうか。  『ヒューゴの不思議な発明』の主人公ヒューゴは孤児である。駅の時計台に隠れ住んでおり、かっぱらいをして暮らしている。...
『ヒューゴの不思議な発明(2D字幕版)』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ヒューゴの不思議な発明」□監督 マーティン・スコセッシ □脚本 ジョン・ローガン□原作 ブライアン・セルズニック □キャスト エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、ジュード・ロウ、     サシャ・バロン・...
「ヒューゴの不思議な発明」 HUGO (2011 パラマウント) (事務職員へのこの1冊)
この作品は絶対に3Dで観るぞ、と決めていた。現時点で最高の3D映像であるとみんな
ヒューゴの不思議な発明 (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 1930年代のフランスはパリ。父(ジュード・ロウ)を 火事で失ったヒューゴ(エイサ・バターフィールド)は、 駅の時計台に隠れ住み、駅の時計のネジを巻いて 毎日を過ごしていた。 独りぼっちになった彼の唯一の友だちは、父が遺し た壊れたままの“機械人...
ヒューゴの不思議な発明 (映画的・絵画的・音楽的)
 『ヒューゴの不思議な発明』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)この映画については、『サラの鍵』や『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を取り上げたエントリにおいて大いなる期待を表明していたところ、その期待以上の優れた出来栄えだと思います。  それ...
「ヒューゴの不思議な発明」 (或る日の出来事)
ヒューゴ、発明なんてしてないじゃん、と思ったけど、原作は「ユゴーの不思議な発明」なのでした。
ヒューゴの不思議な発明 (心のままに映画の風景)
1930年代のパリ。 駅の時計台にひそかに住む少年ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)は、亡き父が残した機械人形の修理を心の拠所にしながら毎日を送っていた。 壊れたままの人形の秘密を探る過程で、...
ヒューゴの不思議な発明 (銀幕大帝α)
HUGO/11年/米/126分/アドベンチャー・ファンタジー/劇場公開(2012/03/01) -監督- マーティン・スコセッシ 『シャッター アイランド』 -製作- *マーティン・スコセッシ *ジョニー・デップ -原作- ブライアン・セルズニック『ユゴーの不思議な発明』 ...
ヒューゴの不思議な発明  監督/マーティン・スコセッシ (西京極 紫の館)
【出演】  エイサ・バターフィールド  クロエ・グレース・モレッツ  サシャ・バロン・コーエン 【ストーリー】 ひとりぼっちの少年ヒューゴは、時計のネジを巻きながらモンパルナス駅に隠れ住んでいた。彼は駅の中の玩具店で玩具を盗もうとし、店主のジョルジュに見つ...
ヒューゴの不思議な発明 (だらだら無気力ブログ!)
ヒューゴって発明してたっけ?
フィルムの音 (笑う社会人の生活)
14日のことですが、映画「ヒューゴの不思議な発明」を鑑賞しました。 3Dにて見ました。 1930年代 パリ 駅の時計台の隠れて住んでいる孤児のヒューゴ 少女イザベルとの出会い、父の残した機械人形が絡み合って・・・ これはスコセッシが監督したの?と思える感じで 万人...
ヒューゴの不思議な発明 (KATHURA WEST)
ヒューゴの不思議な発明 原題:Hugo 原作:ブライアン・セルズニック 監督:マーティン・スコセッシ 2011/アメリカ オフィシャルサイト 映像、音楽が美しい、とてもファンタスティック! 《映画への情熱》を感じさせてくれます。 今回のアカデミー賞5...
ヒューゴの不思議な発明 (風に吹かれて)
映画の歴史を知りました見るなら3Dで公式サイト http://www.hugo-movie.jp原作: ユゴーの不思議な発明 (ブライアン・セルズニック著/アスペクト文庫)監督: マーティン・スコセッ
ヒューゴの不思議な発明 (rambling rose)
30年代のパリ。父を亡くし、独りで駅構内の時計台に隠れ住む少年ヒューゴは、父が大切にしていた機械人形だけを心の拠り所にしていた。
ヒューゴの不思議な発明 映画愛に溢れていて映像が素晴らしくて・・・でもしかし・・・ (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=12 -0-】 3Dと吹き替えがとにかく嫌いなので2D字幕版にて金曜日に鑑賞。 あれだけアカデミー賞にノミネートされていたというのに、受賞したカテゴリーは録音賞・音響編集賞・視覚効果賞・美術賞・撮影賞の5つ、物語には関係が無くて技術的な部門ばっかだった。(作品...
ヒューゴの不思議な発明 (迷宮映画館)
映画の持つ力、時代を映す鏡、それらが伝わる優しい映画だった。