ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

【映画】シルク…コリンズ監督も観たのかなぁ?コレ??

2008-09-27 10:51:21 | 映画・DVD

タイトルはコリンズ監督ですが、ソフトバンクの王監督も辞任表明しましたねぇ。
野球が好きな訳ではないのですが、福岡県の経済への影響が心配なピロEKです

昨日今季初めて長袖シャツを着ました。
私の住む北部九州地方、随分涼しくなってきましたよ。9月も終盤にきてやっと秋の雰囲気に…

涼しいので(久しぶりに)自転車にでも乗って買い物に行こうと思ったのですが、後ろのタイヤがパンクしていました。先日、前輪のチューブがダメになったばかりなのに今度は後輪。パンクっていうよりもチューブ自体が劣化しちゃってるんでしょうねぇ多分…時期的にも多分…交換の手間が面倒なので自動車にします(不健康判断)。



さて、今日は映画鑑賞記録。



「シルク」
(監督:フランソワ・ジラール、出演:マイケル・ピット、キーラ・ナイトレイ、芦名星、2007年日本/カナダ/イタリア)

TSUTAYAさんでレンタル(今回はコレ単独でレンタル)。
2008年9月15日(月曜日)に鑑賞しました。



ストーリー
アレッサンドロ・バリッコの小説「絹/SETA」を映画化。
1860年代のフランス。養蚕が主な産業の町に住むエルヴェ(マイケル・ピット)は、蚕の疫病発生の発生により、良質な蚕の卵を求め美しい妻エレーヌ(キーラ・ナイトレイ)を残して日本へ向かう。そこで出会った蚕産業者の原十兵衛(役所広司)の元にいる少女(芦名星)…フランスに帰国後もその少女を忘れられないエルヴェは、在仏日本人マダム・ブランシュ(中谷美紀)に協力を求め日本への旅を重ねていく。
詳しくは…http://www.silk-movie.com/





ピロEK的感想&点数
奥さんには仕事と偽って内緒でキャバクラに通うも、お目当てのキャバ嬢といえば好いてくれているような反応はされつつ、とはいえ簡単には靡いてくれない…キャバ嬢的には見事なプロ的仕業。
その後、キャバ嬢からかなり好感触な(っていうか告白)感じのメールが届くも…実はそのメールは奥さんが書いていました…みたいな内容のこの映画。

…あると思います(天津木村調)

…ただ、このキャバクラは遠い

…しかも治安が悪い地域ときた始末

私のような妻子持ちサラリーマンの場合、お小遣いには限度がありますから、そう頻繁にそういった女性がいるお店に通う訳にもいきません(というか急に使うと多分バレます。嫁に牛耳られています)。
反面、エルヴェの場合にはお金は多分自由になるでしょうし、奥様も陰でお泣きにはなっているけども表立ってトヤカク言うタイプでも無さそう…でもお店が遠い。ユーラシア大陸を横断して海まで渡って行かないと到着しません。…かつ1860年代の日本といえば“生麦事件”とか外人さんからすれば聞くも恐ろしい事件が起こった時期

…金持ってるからって、やすやすと通い続ける訳にも行かなかったでしょうねぇ

しかも嫁さんにバレてるし


…えーソロソロくだらない事を書くの止めます


この映画は女優さんの趣味が良いですねぇ。

ヨーロッパ系人種の貧乳に限定すると世界で一番好きな女性キーラ・ナイトレイ。
彼女にはこのようなコスプレ劇が似合います。そして今回はそのキーラが惜しげもなく胸(貧乳)を

方や、
「仮面ライダー響鬼」の妖怪役(?…魔化魍だったっけ?)だった芦名星。
たちばなの兄弟も良いけど、この妖怪の方が随分良いなぁ…綺麗な妖怪だなぁこんな妖怪なら騙されたいなぁと思いながら「響鬼」を観ていた私にとって、彼女の出世は嬉しい限り。こちらも貧乳気味



ついでに言えば“音楽、坂本龍一”との抱き合わせ出演中谷美紀もかつて(音楽活動時代)好きだった女性芸能人

キャスティングした人の趣味が実に宜しい…よろしいのですが…

…今回、彼女達があんまり綺麗じゃなく見えたのは私だけでしょうか
撮影が問題なのか、角度なのか、あえてキレイばっかりじゃないように映してるのか
似たようなコスプレ劇である「プライドと偏見」ではあんなに美しく見えたキーラ・ナイトレイなのに、同じような格好してても今回はイマイチ感が
芦名星さんにしても騙されたいと思う程でもなく…
中谷美紀も少し老けちゃったしなぁ(これは映画とは関係ないことですけど)…

…なんでしょうねぇ
どうしてそう思っちゃったんだろう、兎に角素材を生かせなかったように私には思えて。


…え~、女優さんのことはこのあたりにして、映画自体のことですけど

女優さんもそうでしたが、映像全般にも綺麗なものを映しているのに何となくそう思わせない感じで…
…なんでしょうねぇ

あと出演者全員が映画の雰囲気にあわせてのことなのか(?)白けた演技をしているようにも思えて、白けたテンションに付いていけない部分も…あの人…「ダ・ヴィンチ・コード」「スパイダーマン2」に出てたあの人だけは普通に演技してくれてましたけどね



さて今日はやけにダラダラ書いちゃいましたが、このあたりで点数を…。
点数は3点(5点満点中)
色々書いたけど結局普通。退屈はしなかったけど面白いとも思わなかったって感じでしょうか。
前述したキーラと芦名星の貧乳が拝めるこの映画ですが、実はそのこともあんまり嬉しくも感じなかったりして…必要なシーンにも思えなかったしねぇ…。
とはいえ、同じ訪日モノでは「ラスト・サムライ」よりも好きです。

…日本のシーンで唐突にある濡れ場…あれって芦名星じゃないんですよね(?)
幻想的なシーンということで、役所広司の奥さんとは別人だけど演じてるのは芦名星なのとか思ったんですけど…暗くて横顔しか映らないからよく分かりませんでした。詳しい方教えてくださいませ。



補足・蛇足
「シルク」といって最初に思い出したのはシルク姉さん
Yahoo!で“シルク”と検索して一番上に出てくるお姉さん(?)なので、割と一般的な反応といえるかもしれませんが、関東の人には伝わっていないかもですね。
…逆に関西の人は同感してくれまくったりしてくれていることでしょう。
アンチエイジングの超人(?)シルク姉さん。
自費でセクシーカレンダーを制作して上方の師匠たちに配っているシルク姉さん。
多分50歳前ぐらいの年齢なのに水着になれるシルク姉さん。先日は「あらびき団」でセクシーダンスを踊っていました
…チョイ怖いです
…っていうか、関西の人なら主人公とコリンズ監督をダブらせて映画「シルク」を鑑賞!?…ってところですかね。



本当は…「絹を吐き出す蚕って家畜専用の虫で自然の中では生きられない。あの庭の中で夫の帰りを待つエレーヌと、十兵衛の元からは離れられない少女を重ねて描いている」云々…的な事(根拠のない解説)を書こうと思いましたが、間違っているかもしれない&柄じゃないので止めてダラダラと下らない事を書く事にシフト。
…この選択が間違っていないと良いなぁ…では今日はこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画

コメント (6)   トラックバック (44)   この記事についてブログを書く
« とりあえず更新 | トップ | 鼻水止まりません »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
シルク姐さん (kimion20002000)
2008-09-27 11:19:13
TBありがとう。

僕も、関西出だけど、「シルク姐さん」なんて知らなかったなあ。
研究しましょう(笑)
こんにちは♪ (ミチ)
2008-09-27 19:25:11
えーー?
「ラストサムライ」よりお好きなんですかー?
うーん。
好みも色々ですねぇ。

それにしても黄金と生糸の国ジパングをキャバクラに例えるとは、そんな感想初めて見ました!!
芦名星さん、同性からはあまり好かれないタイプかも~。
ジパングを代表するにはイマイチ魅力に乏しく感じました。
Unknown (moriyuh)
2008-09-28 17:30:43
ピロEKさま

こんにちは。
TBありがとうございました。

>ヨーロッパ系人種の貧乳に限定すると世界で一番好きな女性キーラ・ナイトレイ

大笑いいたしましたよ~。たしかにそうなんですが、美乳だと思われませんか?

昨晩、「プライドと偏見」を観たのですが、なかなかですね。キーラはこのての作品はバッチリですね。
嵌まりすぎ?の傾向も否めません。

私は個人的には「ドミノ」が好みだったりします。

最後の最後 (sakurai)
2008-09-30 08:19:21
ただひたすら、最後の最後のために、2時間弱、つまんねー映像を我慢させられた・・・という印象でしたわ。
女性から見たら、主人公の兄ちゃんもあんまりいい男じゃないし、目の保養にならなかったなあ。
貧乳じゃかわいそうなので、微乳でいかがでしょう。
あれだけの女優になっても、おしげもなく見せてくれるキーラはすごいと思います。
TBありがとうございました (HIROMI)
2008-09-30 20:46:56
キーラ・ナイトレイ、地味でいつものきらめきがありませんでしたね。もっと強い性格の役の方が合ってると思います。
キャバ嬢云々・・は思わず吹き出しました。でも、大真面目に見えて、結局このたとえがぴったりな内容だったと思います。
★★コメントありがとうございます★★ (ピロEK(kimion20002000さん、ミチさん、moriyuhさん、sakuraiさん、HIROMIさんへ))
2008-10-18 22:00:55
★kimion20002000さんへ★

いつもコメントありがとうございます
随分反応が遅くなってしまいまして申し訳ありません

>僕も、関西出だけど、「シルク姐さん」なんて知らなかったなあ。

私はもちろん関西じゃないのですが、最近深夜番組なんかで結構出てきてますよ。
吉本の方らしいけど、関西じゃないのかな?もしかして???
あと“姐さん”の方が正しい漢字っぽいですね。勉強になりました。

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。




★ミチさんへ★

いつもコメントありがとうございます
毎度のことですが、随分反応が遅くなってしまいまして申し訳ありません

>「ラストサムライ」よりお好きなんですかー?

え?変です???
「ラストサムライ」はこの「シルク」よりも更に変な日本描写を見せられただけの映画という印象で。
…同じストーリーでも、できれば別の国での話が見たかったというか…ともかくあんまり楽しんだ記憶はない作品です。
…冒頭のアメリカに居る部分が一番良かったシーンかな

>芦名星さん、同性からはあまり好かれないタイプかも~。

そうなんですか。私としては小雪よりも芦名星の方が随分好きなんですけどね。

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。




★moriyuhさんへ★

いつもコメントありがとうございます
随分反応が遅くなってしまいまして申し訳ありません

>大笑いいたしましたよ~。たしかにそうなんですが、美乳だと思われませんか?

美乳の基準というのはわかりませんが、キライではない代物ではあります

>昨晩、「プライドと偏見」を観たのですが、なかなかですね。キーラはこのての作品はバッチリですね。
>嵌まりすぎ?の傾向も否めません。

今まで見たキーラ作品の中では「プライドと偏見」のキーラが一番美しいと思います。
逆は「ジャケット」かな。

>私は個人的には「ドミノ」が好みだったりします。

「ドミノ」のキーラはカッコイイですね。ただ映画はイマイチですけど…目がチカチカするし。

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。




★sakuraiさんへ★

いつもコメントありがとうございます
随分反応が遅くなってしまいまして申し訳ありません

>女性から見たら、主人公の兄ちゃんもあんまりいい男じゃないし、目の保養にならなかったなあ。

あの主人公は男性からみても特にカッコよくないですわ。なんとなく“もっさり”しててねぇ。

>あれだけの女優になっても、おしげもなく見せてくれるキーラはすごいと思います。

ちょこちょこ胸出しますねぇキーラは。
“微乳”が幸いしてか(?)いやらしくならないのは彼女にとっての利点かもしれません。

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。




★HIROMIさんへ★

コメントありがとうございます
随分反応が遅くなってしまいまして申し訳ありません

>もっと強い性格の役の方が合ってると思います。

確かに、ここまで受身な役ってあんまりない気がしますね。
この映画のキャラはキーラに限らず、俳優の魅力が出づらい演出だった気がします。

>キャバ嬢云々・・は思わず吹き出しました。でも、大真面目に見えて、結局このたとえがぴったりな内容だったと思います。

芦名星演じる日本人少女の気持ちがどうなのかはわかりませんが、男性側からすればキャバクラに入れ込むのと何ら変わらない感情だと思うんですよね。まぁ気持ちは分かります

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

映画・DVD」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

44 トラックバック

mini review 08311「シルク」★★★☆☆☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
19世紀のフランスを舞台に、美しい妻と日本で出会った少女との間で純愛を紡ぐ軍人の心の旅を描くラブロマン。『海の上のピアニスト』の原作者アレッサンドロ・バリッコの同名傑作小説を、『レッド・バイオリン』のフランソワ・ジラール監督が映像化した。マイケル・ピット...
シルク (★YUKAの気ままな有閑日記★)
イマイチ主役に興味をそそられないが・・・まぁ~観てみようかな【story】1860年代のフランス。蚕の疫病が発生したため、軍人のエルヴェ(マイケル・ピット)は、美しい妻エレーヌ(キーラ・ナイトレイ)を残して日本へと旅立つ。幕末の日本に到着したエルヴェは、蚕業者の原(...
シルク (Akira's VOICE)
滑り落ちた余韻は,絹の肌触りのよう・・・。
「シルク」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
19世紀のフランス。戦争帰りの青年エルヴェ(マイケル・ピット)はエレーヌ(キーラ・ナイトレイ)と 結婚し、幸せの只中にいた。彼の住む村では製糸工場が稼働するが、蚕の疫病が発生してしまう。 そこでエルヴェは、世界で最も美しい絹糸を吐く蚕の卵を求め極東の国、日...
映画 【シルク】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「シルク」 『海の上のピアニスト』の原作者アレッサンドロ・バリッコの同名小説を映画化。 おはなし:1860年代のフランス。蚕の疫病が発生したため、軍人のエルヴェ(マイケル・ピット)は美しい妻エレーヌ(キーラ・ナイトレイ)を残して、日本へと旅立つ。幕...
シルク (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
シルク スペシャル・エディション ¥3,580 Amazon.co.jp 19世紀のフランスが舞台。戦地から休暇で故郷に戻った青年、エルヴェは、製糸業を営むヴェルダヴューから、カイコの卵を入手するため、アフリカに行くよう依頼されます。エルヴェは、想いを寄せて...
シルク (こんな映画見ました~)
『シルク』 ---SILK --- 2007年(日本/カナダ/イタリア ) 監督:フランソワ・ジラール 出演: マイケル・ピット、キーラ・ナイトレイ、役所広司、芦名星 、中谷美紀 19世紀のフランス。 戦争帰りの青年エルヴェ(マイケル・ピット )は美しいエレーヌ(キーラ・ナ...
シルク (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛は運命に紡がれ、そして永遠となる』  コチラの「シルク」は、アレッサンドロ・バリッコの叙事詩的小説「絹」を国際色豊かに映画化したPG-12指定のエピック・ラブ・ロマンで、1/19公開となったので、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  昨日の「スウィーニー・ト...
『シルク』 (Sweet*Days**)
監督:フランソワ・ジラール CAST:マイケル・ピット、キーラ・ナイトレイ、役所広治 他 音楽:坂本龍一 19世紀、フランス。戦地...
シルク/ SILK (我想一個人映画美的女人blog)
日本、カナダ合作+イタリア。 トロント映画祭でも良い反応なかったようだしどうもダメそうな匂いがしてたから 全く期待せずに試写で鑑賞。 『海の上のピアニスト』を書いたアレッサンドロ・バリッコの世界26カ国で翻訳されてるという大ベストセラー小説を、 『レッド...
★「シルク」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは「チネチッタ川崎」で2本鑑賞。 その2本目。 タイトルどおり、良質の絹を作るために外国人が日本まで旅する・・ってお話は、 予告編見て知ってたよ。
『シルク』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「シルク」□監督 フランソワ・ジラール □原作 アレッサンドロ・バリッコ □脚本 フランソワ・ジラール、マイケル・ゴールディング □キャスト マイケル・ピット、キーラ・ナイトレイ、役所広司、芦名星、中谷美紀、アルフレッド・モリナ...
[Review] シルク (Diary of Cyber)
鑑賞前のこの作品に対する最初のイメージは、『触覚』。絹のような滑らかで上質な質感。確かにそこにあるのに、まるでそこに無いかのようなに感じるのは、まるで儚さ。『パフューム ある人殺しの物語』で見事なまでに表現された『香り』、つまり『嗅覚』と同じように、『...
映画「シルク」を試写会にて鑑賞。 (masalaの辛口映画館)
 23日、青山ベルコモンズ内クレイドルホールにて「シルク」を鑑賞した。 この試写会はベルコモンズの顧客を対象に定期的に行われる試写会で、ベルコモンズ会員は優先的に招待される試写会です。 フラットなスペースに椅子が並べられ、高めのスクリーンにセンターSP...
シルク (Yuhiの読書日記+α)
「シルク」の試写会に行ってきました。カナダ・イタリア・日本で製作された作品だそうです。 <あらすじ> 19世紀のフランス。戦地から戻ったばかりの若き軍人エルヴェ(マイケル・ピット)は、美しいエレーヌ(キーラ・ナイトレイ)と出会い恋に落ち、やがて二人は結...
「シルク」絶対ダメだと思った割には^^ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
評判が凄く悪かったので、ほぼ諦め状態で鑑賞。 しかし!意外と楽しめちゃった(汗)
シルク を観ました。 (My Favorite Things)
試写会のチケットがあったのに、年末忙しくて観られなかった作品です。
「シルク」:新月島公園前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}あ、風流な屋形船。これからお出かけね。 {/kaeru_en4/}外国人がこういう、いかにも日本的な風景見たら、喜ぶんだろうなあ。 {/hiyo_en2/}そういえば、試写会で外国人が喜びそうな映画を観たわね。 {/kaeru_en4/}なんだっけ? {/hiyo_en2/}マイケル・ピット...
「シルク」シルクロードを3度旅した先にみた真実の愛 (オールマイティにコメンテート)
「シルク」(PG-12指定)は19世紀後半のフランスと日本を舞台に製糸業を営む青年が上質の絹を求めて日本を3度行き来し、そこで出会う恋とフランスでの愛の結末を綴ったストーリーである。タイトル通りシルクロードを辿って日本まで危険を顧みず行き来するのだが、その旅...
【2008-11】シルク(SILK) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 海を越えてめぐり逢う、 美しく切ない純愛 愛は運命に紡がれ、そして永遠となる
シルク (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
海を越えてめぐり逢う、美しく官能に満ちた純愛。驚きの真実が語られる時、物語は涙の結末へ・・・愛は運命に紡がれ、そして永遠となる。 極東の地で、彼は何に出逢ったのか?・・・絹のように光る肌を持つ少女に魅せられた。 19世紀のフランス。若き軍人エルヴェ...
シルク (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
シルク スペシャル・エディション映像は美しく、堂々と演技する日本人俳優は頼もしいが、現実感に乏しい物語だ。綺麗な絵葉書のような印象だけでは作品として弱い。19世紀の仏を舞台に、美しい妻を愛しながら、蚕卵を求めて訪れた遠い日本で魅惑的な日本女性に恋した青年...
心を残して~『シルク』 (真紅のthinkingdays)
  SILK  軍隊から故郷の村に帰ってきた青年エルヴェ(マイケル・ピット)は、美しい女性 エレーヌ(キーラ・ナイトレイ)と出会い、...
シルク (花ごよみ)
主なキャストは、マイケル・ピット、 キーラ・ナイトレイ、 アルフレッド・モリナ。 マイケル・ピットは、 どこかで見た顔だと思っていたら 完全犯罪クラブの高校生でした。 大人になりました!! 日本からは役所広司、中谷美紀が出演。 坂本龍一が音楽を担当して...
シルク (ネタバレ映画館)
よくわかりません。
シルク (ルナのシネマ缶)
映像は美しかったです! 女優陣もきれいです! 坂本龍一の音楽も悪くないです。 でも、ストーリーは・・・ いまいちつまんないです!! ただ山形で撮影したらしいので、 一応日本だということは わかる日本の映像でした! 19世紀フランス、青年エルヴェ(マイケ...
シルク (pure's movie review)
2007年度 日本・カナダ・イタリア作品 109分 アスミック・エース配給 原題:Silk STAFF 監督:フランソワ・ジラール 脚本:フランソワ・ジラール マイケル・ゴールディング 原作: アレッサンドロ・バリッコ 『絹』 CAST マイケル・ピット キーラ・ナイトレイ 役所広...
戻ってきてください、さもなければ死んでしまいます (CINECHANの映画感想)
37「シルク」(イタリア・カナダ・日本)  19世紀フランス。若き軍人エルヴェは、エレーヌと出会い、恋に落ち、二人は結婚する。そんな時、村の蚕に疫病が発生し、製糸業を営むヴァルダビューからエルヴェは蚕卵を入手するためアフリカ行きを依頼される。卵を持ち帰...
シルク (5125年映画の旅)
フランスの若き軍人エルヴェは、想いを寄せる女性エリーヌと結婚した矢先に蚕の卵を求めて遠く日本に旅立つ。無事に日本に辿り着き、村の権力者である十兵衛に認められたエルヴァ。しかし彼は村に住む美しい少女に心奪われてしまう。卵を持って帰国したエルヴァだったが、...
シルク (迷宮映画館)
Mogami river!!Saka~ta!!
『シルク』2008・1・27に観ました (映画と秋葉原と日記)
『シルク』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 1860年代のフランス。蚕の疫病が発生したため、軍人のエルヴェ(マイケル・ピット)は除隊後、美しい妻エレーヌ(キーラ・ナイトレイ)を残して、蚕の疫病にも強く、より良い生糸が生産できると言う日本へと旅...
シルク 31点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
非常階段の丸顔な方 公式サイト 日本では『海の上のピアニスト』の原作者として知られるイタリアの作家、アレッサンドロ・バリッコの短編小説『絹』を、カナダ・フランス・イタリア・イギリス・日本の共同製作にて映画化。監督は『レッド・バイオリン』などで知られる...
シルク (シネマ大好き)
試写会連チャンで「シルク」を観た。 19世紀のフランスの村で蚕の病気が発生。養蚕の実業家に請われ世界一の繭を求めてはるか日本に渡った主人公は、そこで絹のように美しい肌の女に出会い、彼女に魅せられた彼は、祖国に妻を残しながら、その後も日本にやってくる。...
「シルク」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Silk」2007 カナダ/フランス/イタリア/UK/日本 19世紀、フランスから極東、日本へ渡った妻子ある男と、日本で出会った謎の美少女との運命的な純愛を描いたラヴ・ストーリー。 原作は「海の上のピアニスト/1999」のイタリア人小説家が書いた“Silk”。 主演のエ...
シルク・・・・・評価額1400円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
幻想の国ニッポン。 過去に様々な作品でモチーフとなってきた、ホワイトマン・ミーツ・サムライの一遍である。 だが、ここには「ラスト・サ...
シルク(映画館) (ひるめし。)
愛は運命に紡がれ、そして永遠となる
【シルク】 (+++ Candy Cinema +++)
【SILK/SETA/SOIE】 ※PG-12  公式サイト   監督 フランソワ・ジラール   脚本 フランソワ・ジラール / マイケル・ゴールディング     ...
映画 『シルク』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆こちらの試写会も『カリスマ映画論』の睦月さんから譲っていただきましたー。またまたありがとう!しかも私のお気に入り映画館である"ユナイテッドシネマ豊洲"での鑑賞♪19世紀のフランスを舞台に、美しい妻と日本で出会った少女との間で純愛を紡ぐ軍人...
シルク☆愛は運命に紡がれ、そして永遠となる (☆お気楽♪電影生活☆)
23日、劇場で鑑賞♪
シルク (夫婦でシネマ)
19世紀後半にヨーロッパの芸術界で起こったジャポニズムブーム。少女の幻影を追い求める青年の姿に神秘の国、日本への憧憬をだぶらせて描いた映画です。
夢の国の「シルクと幕末」 (郎女迷々日録 幕末東西)
見ようかどうしようか、相当に迷ったのですが、シルク、幕末、フランスとお題がそろいまして、この私が、見ないわけにもいかないような気になってしまい、つい、見てしまいました………。この映画。 シルク スペシャル・エディション角川エンタテインメントこのアイテム...
映画 「シルク」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
えぇ~っと、坂本龍一の音楽を聴くのが目的だったのかも…。 映像と音楽はとても綺麗で…、R-12指定でした。
『シルク』'06・日・加・伊 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1860年代のフランス。蚕の疫病が発生したためエルヴェ(マイケル・ピット)は美しい妻エレーヌ(キーラ・ナイトレイ)を残して、日本へと旅立つ。幕末の日本に到着したエルヴェは蚕業者の原(役所広司)が連れていた、“絹”のように白い肌の少女(芦名星)と出会う。以来...
映画評「シルク」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2007年日本=カナダ=イタリア映画 監督フランソワ・ジラール ネタバレあり