ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ダ・ヴィンチ・コード…劇場鑑賞

2006-06-28 16:33:44 | 映画・DVD
本日(6/28)会社をサボって(ちゃんと有給休暇届けを出してですよ)「ダ・ヴィンチ・コード」を観てまいりました

上司には「ちょっとした用事があります」って、言って休んだんですが、
キリスト教の秘密に迫りに行ってたのは秘密

で、早速感想です



「ダ・ヴィンチ・コード」
(監督:ロン・ハワード、出演:トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イアン・マッケラン、2006年アメリカ)

上記のとおり、6月28日(水曜日)劇場鑑賞(Tジョイリバーウォーク北九州にて)。
そういえば、前も同じ映画館に平日行ったとき、系列会社の上司に見つかったなぁ


ストーリー
パリ、深夜のルーブル美術館で殺人事件が起こる。被害者はジャック・ソニエール館長。彼は奇妙な形でダイイング・メッセージを残していた。このメッセージに残されていた象徴を解き明かすべく、公演でパリに滞在していたアメリカ人象徴学者のロバート・ラングドン(トム・ハンクス)は捜査現場に呼ばれるが…
ダン・ブラウンのベストセラー小説を映画化。
詳しくは…http://www.sonypictures.jp/movies/thedavincicode/


ピロEK的感想&点数
どこから、どう感想述べてもネタバレ必至な感じですネェ

未鑑賞(原作小説も読んでいなくて、楽しみにしてる)という方は、私の拙い記事とはいえ、読まないほうが良いと思われます。

普段の映画感想の記事ではネタバレなんて気にしないのですが、こういうタイプの作品では流石にネェ。







さて、画面スクロール分ぐらい改行出来たかな…


私は原作小説を半分超えたくらいまで読んでおります。
前半部分は、映画は時間の尺があるからか、かなり急いでストーリー展開するような感じ。
(前半部分は何て書き方していますが…後半は、まだ読んでいないから小説と映画の対比は出来ないんですけどね
端折られるところは端折っておけぇ!!みたいな

だから、初期の謎解きはサクサク進んじゃって、ロバート&ソフィーは天才的に推理を展開するから共感できない登場人物になっています。
銀行の暗証番号とか、原作では一度、間違うんだけど、そういう部分が端折られてます。

銀行員の人は、バックグラウンドの説明が無いから、急にキマグレで悪くなっちゃったみたいだし…

リー・ティービング卿の変人っぷりも説明不足感ありかな。
原作にあった「爵位を持つ人間に見えないことにかけては、サー・エルトン・ジョンにも負けない」っていう説明も無かったしね

でも、後半はまだ読んでいなかったので、ストーリーも含め結構楽しんで鑑賞致しました。

何回もドンデン返しあるしね。

知らなかったから、
黒幕である「導師」の正体にもビックリさせられましたしね
(予告編をキッチリ観てたら、わかる感じでしたが…)

映画の描写だと、一時は「導師ってジャン・レノ!!?」
何ていうふうにも思わされますしね。
…結局は脇役だったんだけどね(ジャン・レノ)。

…ところで、あんなに周り中、誰も彼もが敵だらけだったのに、最後に集まってくるシオン修道会の人たちをどこまで信頼出来たんですかネェ。主人公たち…


私が注目したのは…
シラス役のポール・ベタニー。
原作では(私には)キ○ガイにしか思えないシラスの、悲哀というか、感情的な部分を上手く演じれていたように思えて高評価
変わった役の多い役者さんですが、この役が今のところ一番かな。
彼の演技を確認するために(?)
「マスター・アンド・コマンダー」と「ロック・ユー」を観直そうかとまで思っている次第です。


ということで、点数は5点(5点満点中)
少し甘い配点かもしれませんが、映画の尺の中では上手くまとまってると思いますし、私は結構ドキドキしながら観ました。
そんなに悪い点も見当たらないしね。
「四捨五入で5点」で良いんじゃないかな。
予備知識はあった方が判りやすいけど、
無い方が展開にハラハラ感は多い(先がわかり易い展開でもあるけど)。
どちらの観方したかって言うのでも評価は分かれるかもですね。


補足・蛇足
2点ほど。

原作だと
「この小説における芸術作品、文書、秘密儀式に関する記述は、全て事実に基づいている」…と、強気。
でも映画の最後には
「劇中に登場する、個人名、団体名はフィクションであり…」
と小説に比較してトーンダウン
全く反対の意味ではないですが、ほんの少しですがこの部分で白けました

あと、
「シオン」っていう言葉。
日本でも教会の名前とかに良く使われていますが(多分)、「シオン修道会」と関係あるんですかね??
どうなんだろう。



と、今日の記事はこんなところで。
では





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (29)   トラックバック (71)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 遠吠えは落日に染まった | トップ | 軌道上に幻影は疾る »
最近の画像もっと見る

29 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やはり観ましたか! (トニ=ハンクス)
2006-06-28 21:58:08
こんばんは、萩です。ピロさんがダヴィンチ観てる時、私は下の大道りを自転車で営業してましたよ!!昼飯おごって貰えばよかった…

ところで私は小説は見て最後はワォとなりましたが、映像でしかもテンポのよい流れで見せられると驚きも倍増でしょうなぁ~シラスがハマリ役とは嬉しくないですが。では

ポール・ベタニー! (ルーピーQ)
2006-06-28 22:41:45
ピロEKさん、今晩は☆

おぉ!満点ですね!

私はちょっと点数厳しくなってしまいました(汗)

原作が未読での感想だったのですが、謎解きがサクサク進んでしまったのと、ダヴィンチの絵があんまり関係なかったのでガッカリ感が…。^^:

そんな中でも、ポール・ベタニー演じるシラスの存在に目をひかれました。

原作を読んで、?なところを補完したいです。^^

TBありがとうございました♪ (ミチ)
2006-06-29 09:14:35
こんにちは♪

四捨五入で5点というのが雰囲気出ていていいですね~。

あの膨大な原作を良くまとめたなと感心しました。

この映画での収穫はポール・ベタニーでしょうね。

誰もが「もっとも印象に残った人物」としてあげているみたい。

悪役のイメージがついちゃうかもしれませんが、今後の活躍が楽しみになってきました。
★★トニ=ハンクスさんへ★★ (ピロEK(トニ=ハンクスさんへ))
2006-06-29 21:35:18
>ピロさんがダヴィンチ観てる時、私は下の大道りを自転車で営業してましたよ!!



あの映画館(大規模商業施設)あたりは営業テリトリーなんですねぇ。

暑い中ご苦労様です。頑張ってください。



>昼飯おごって貰えばよかった…



映画は12時すぎに終わったので、時間的にはジャストフィットだったかも知れませんねぇ。

ちなみにその日のお昼ご飯は、同施設内のお豆腐料理屋さんの定食食べましたよ。

お客さんは女性ばかりで、恐縮しながら食べましたけどね。



>ところで私は小説は見て最後はワォとなりましたが、映像でしかもテンポのよい流れで見せられると驚きも倍増でしょうなぁ~シラスがハマリ役とは嬉しくないですが。では



黒幕の正体はビックリですよねぇ。

かの役者さんは、灰色→白→今回は黒幕。

…あんまり上手いこと言ってませんね私。

萩トニさんも是非映画観てください(営業サボって観たりして^^;)。

では、またきてくださいね。
★★ルーピーQさんへ★★ (ピロEK(ルーピーQさんへ))
2006-06-29 21:39:27


毎度コメントありがとうございます。



>おぉ!満点ですね!

>私はちょっと点数厳しくなってしまいました(汗)



原作読んでないとドンドン話進んじゃいますよね。

でも、読んでるとネタバレだし。

映画の後、原作で補完っていうのも良いかもしれません。



>ポール・ベタニー演じるシラスの存在に目をひかれました。



シラスは原作だと感情移入しづらいキャラですが、映画ではポール・ベタニーの演技で重みのあるキャラになってるような気がします。

では、またきてくださいね。
★★ミチさんへ★★ (ピロEK(ミチさんへ))
2006-06-29 21:58:45


毎度コメントありがとうございます。



>四捨五入で5点というのが雰囲気出ていていいですね~。



…そんな感じでしょ(?)

諸手をあげて満点ではないんですよね。かといって私の今まで付けて来た映画の点数と比較したら4点じゃ少ないような。



> あの膨大な原作を良くまとめたなと感心しました。



急いでる感はありますが、原作の情報量を上手く収めてるように私も感じました。



>この映画での収穫はポール・ベタニーでしょうね。



やはり、みなさんポール・ベタニーを高評価してるみたいですね。

いつもは癖のある演技が多い方ですが、この映画のシラスっていう狂人(?)が一番普通にも思えたりして…。

今後の出演作も楽しみですね。

では、またきてくださいね。
こんばんは (maximum)
2006-06-29 22:44:10
TBありがとうございました^^

いろんな人の感想も読みましたが

ポール・ベタニーブーム到来ですね。

私も彼は気になる俳優の一人です。



おじゃましま~す (kobitopenguin)
2006-06-30 09:58:40
ミケもコレ観ましたよ~(まだ記事には出来ていませんが^^;)

ミケはイアン・マッケランさんが何か笑えてしょうがなかったです。

記事アップしたらTBさせて下さい(^^)

ではまた…。
こんばんわ (PINOKIO)
2006-07-01 21:15:44
失笑を受けた、と厳しい意見が多かったのですが、こういう話は好きです♪

でも彼の髪型は違和感ありまくりですけどねw

私は映画を観てから原作読んでおります

謎解きは映画であっさりしすぎて あらら? だったので、その分小説でたのしんでまっす

★★maximumさんへ★★ (ピロEK(maximumさんへ))
2006-07-01 23:50:29


コメントありがとうございます。



>ポール・ベタニーブーム到来ですね。



ほんと、どなたのブログを覗かせて頂いても、ポール・ベタニー褒めまくっていますね。

まさにブーム到来と言う感じですね。

ちなみに同じ悪役でも、アンガリーサ司教役のアルフレッド・モリーナは、スパイディ2に続き眉が気になって演技には気が行きませんでした。

では、またきてくださいね。
★★kobitopenguinさんへ★★ (ピロEK(kobitopenguinさんへ))
2006-07-02 00:07:24


コメントありがとうございます。



>ミケはイアン・マッケランさんが何か笑えてしょうがなかったです。



ああいうタイプのキャラクター(面白い世捨て人)がラスボスなお話って珍しいですよねぇ。小説の後半部分は読んでいなかったので、実にビックリしました。



記事出来上がったら、是非読ませていただきます。

楽しみです。

では、またきてくださいね。
★★PINOKIOさんへ★★ (ピロEK(PINOKIOさんへ))
2006-07-02 00:32:24


毎度コメントありがとうございます。



>失笑を受けた、と厳しい意見が多かったのですが



どういった部分が失笑なのか詳しくは判りませんが、私も楽しめましたよ。

原作を上手く映画にしてると思いますしね(本来はTVシリーズとかのほうが向いてるのかなぁなんて思いもしましたが)

小説と同時に楽しむのがやはり正解でしょうね。

では、またきてください。
お邪魔しまっす (shiro_taka)
2006-07-03 10:56:28
ポール・ベタニーは主役を食っちゃう名脇役さんだと思いますが

はまり役でしたよね、まさに!!

私も近いうちに「マスター・アンド・コマンダー」と「ロック・ユー」、観たいです。
★★shiro_takaさんへ★★ (ピロEK(shiro_takaさんへ))
2006-07-08 01:45:30


コメントありがとうございます。



>ポール・ベタニーは主役を食っちゃう名脇役さんだと思いますが

>はまり役でしたよね、まさに!!



ポール・ベタニー評価ってみなさんの中でもやはり高いですネェ。



>私も近いうちに「マスター・アンド・コマンダー」と「ロック・ユー」、観たいです。



(ロック・ユー)

http://blog.goo.ne.jp/piro-ek0324/e/a40e3add880319cdab55d6fcfa1e82f8



(マスター・アンド・コマンダー)

http://blog.goo.ne.jp/piro-ek0324/e/40175a8d88f16b29991fbdbfeca4ae9c



私のブログではあんまり高い点数付けていないのですが(結構前の記事なので今と評価基準がちがうのかも)、両方ともまぁまぁオススメです。

では、またきてくださいね。
TBありがとうございます。 (まり)
2006-07-09 21:44:53
こんにちは。TBありがとうございました。

私は映画を先に見たんですが、やはり途中、ジャン・レノが導師?!って思ってしまいました。

結局、映画では彼の役回りがはっきりしなかったのが残念です。

せっかく、ジャン・レノを使うんだから…と思ってしまいました。
★★まりさんへ★★ (ピロEK(まりさんへ))
2006-07-11 22:57:39


コメントありがとうございます



>やはり途中、ジャン・レノが導師?!って思ってしまいました。



小説ではそういう描写ではないんですけどね。

映画なりの演出なのでしょうね。そういった意味では上手くダマされました。

(小説を丁度その寸前までしか読んでいなかったので)

では、またきてくださいね。
おじゃましま~すっ (kobitopenguin)
2006-07-20 13:58:02
TBありがとうございましたぁ

ピロEKさんのおっしゃる通り、初期段階の謎解きがタンタンと進みすぎて…感情移入できにゃかったです

ミケは予備知識ない状態で観に行ったので所どころ?マークが浮かんじゃいました…でも小説を先に読んでいたらそれはそれで楽しめなかったんじゃないかとも思えるので…どっちにしてもミケの評価は変わらなかったかもです。

何週間後かにはやっと小説版を読み始めれそうです。
★★kobitopenguinさんへ★★ (ピロEK(kobitopenguinさんへ))
2006-07-22 20:52:57


いつもコメントありがとうございます



>ピロEKさんのおっしゃる通り、初期段階の謎解きがタンタンと進みすぎて…感情移入できにゃかったです

>ミケは予備知識ない状態で観に行ったので所どころ?マークが浮かんじゃいました…でも小説を先に読んでいたらそれはそれで楽しめなかったんじゃないかとも思えるので…どっちにしてもミケの評価は変わらなかったかもです。



原作小説を読んでいないと最初の謎解きが????

ですよね。

私は途中まで読んでいたので、予備知識ありのオチ知らないという幸せな状態でした。

これから観る方にはこの方法を薦めといて下さい。

では、また来てくださいね。
Unknown (ジュン)
2006-07-23 21:08:54
私は原作を読み終えてからの劇場鑑賞だったので

流れはとてもつかみやすかったです。

暗号解読もスイスイ進んじゃったのは

面白みなかったけれど時間内におさめるには

仕方ないことですよね。



パイレーツの方でいただいたレスに

5点満点中7点の作品もあると書かれていたので

それはどれなのかなぁ~と大変興味がわきました。

いろいろ読ませてもらいますね
まぁよし (にら)
2006-07-25 10:19:07
原作は、すぐ回想の独白に逃げるズルイ作りになってますけど、それを極力排してスピード感を持続した映画は、よくがんばったと思います。



なのに「カンヌで失笑」なんて記事を鵜呑みにした一部の心無い人にボロカスに言われてたようですけど(笑)。



てなわけで、TBありがとうございました。
★★コメントありがとうございます★★ (ピロEK(ジュンさん、にらさんへ))
2006-07-26 23:02:43
★ジュンさんへ★



コメントありがとうございます



>私は原作を読み終えてからの劇場鑑賞だったので

>流れはとてもつかみやすかったです。



原作読んで予備知識つけていくのか、

話知らないで楽しむのか、

どうオススメしたら良いのか悩む映画ですねコレ。



>パイレーツの方でいただいたレスに

>5点満点中7点の作品もあると書かれていたので

>それはどれなのかなぁ~と大変興味がわきました。

>いろいろ読ませてもらいますね



発見できました?7点作品。

大変ベタな映画なので、よかったらそちらも読んでやってください。

では、またきてくださいね。









★にらさんへ★



コメントありがとうございます



>原作は、すぐ回想の独白に逃げるズルイ作りになってますけど、それを極力排してスピード感を持続した映画は、よくがんばったと思います。

>なのに「カンヌで失笑」なんて記事を鵜呑みにした一部の心無い人にボロカスに言われてたようですけど(笑)。



「カンヌで失笑」って、いうのは映画のつくりじゃなくて、尤もらしい描き方の宗教論に対してだと私は思ったのですが、ちがったんですかね???

原作の映画化という意味では実に頑張っていると私も思います。

昔の角川映画(小説原作付きの邦画)なんかに比べちゃうと、上手すぎるぐらいのまとめようですよね。

では、またきてくださいね。
Unknown (NAO)
2006-09-25 14:01:02
TB有難う御座います~♪

私のブログは淡白なコメントしか書いてなかったですが、

私は5点中だったら4点かな。

ハラハラ感はあったけど、やっぱり小説とか読んでた方が面白いでしょうねえ。

ピロEKさんは、沢山映画みてますなあ
★★コメント感謝★★ (ピロEK(NAOさんへ))
2006-09-30 15:06:47
★NAOさんへ★



コメントありがとうございます

お久しぶりですねぇ。



>私のブログは淡白なコメントしか書いてなかったですが、



淡白なコメントであることは美点ですよ。

私などクドクド書かないと説明できないタイプ。羨ましい部分もあります。



>やっぱり小説とか読んでた方が面白いでしょうねえ。



小説の方が細かな描写があって面白かったですよ。

でも、映画は時間内で上手く纏められていて、嫌いじゃないです。



>ピロEKさんは、沢山映画みてますなあ



結構、普通に話題作しか観ていなかったりするミーハー鑑賞ですよ…

しかもDVD鑑賞メインですしね。



では、また来てくださいね。
TB、感謝します♪ (カゴメ)
2006-12-06 14:25:22
>銀行員の人は、バックグラウンドの説明が無いから、急にキマグレで悪くなっちゃったみたいだし…

Uボートの艦長さんは、見た目が結構凶悪なので(苦笑)、
およそ悪役だろうと予想付くですが、
それにしても説明抜きであれは驚いたですね(笑)。

>「爵位を持つ人間に見えないことにかけては、サー・エルトン・ジョンにも負けない」

性癖にかけてもご両所は負けず劣らず、だし(笑)。

>「シオン修道会」と関係あるんですかね??

シオンとは一般的にエルサレムを指す一種の雅語で、
それ以上の深い意味合いはなさそうです。
修道会としては56年にフランスで発足してるようですが、
半年未満で解散しちゃったみたい(笑)。
★★コメントありがとうごあいます~その12ぐらい~★★ (ピロEK(カゴメさんへ))
2006-12-10 09:20:14
★カゴメさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>およそ悪役だろうと予想付くですが、
>それにしても説明抜きであれは驚いたですね(笑)。

あの人物は、原作では悪人じゃなくて、シオン修道会の秘密を守るため頑張ってるわけなのですが、映画では説明が一切合財省かれちゃって、「急に切れた悪人」みたいになってます。
そういうシーンはこの映画には満載なので、原作を読んでる場合と、読んでいない場合には見えるストーリーが違いますね。多分確信犯なのではないでしょうか(?)
Uボート(?)は観ていないのですが、艦長が悪人なんですか??

>性癖にかけてもご両所は負けず劣らず、だし(笑)。

リー・ティービング卿の変人っぷりではなくて、マッケランの変人っぷりの事ですね。
あ、時代的に“変人”という表現はまずかったでしょうか

>シオン

カゴメさんは何故にそんなに物知りなのでしょうか??
いつも感心させられまくります。
頑張ったら、普通にライターの仕事とかできそうなぐらいの文章力&知識量なので羨ましいです。

では、また来てくださいね。
Unknown (奈緒子)
2007-01-31 14:38:42
>映画の描写だと、一時は「導師ってジャン・レノ!!?」

私は、原作の方が、よりジャン・レノが怪しく描いていると感じました。
映画だと、「もっとジャン・レノの怪しさを出したいんだけど
時間がないからあまりジャンレノ・シーンに割けないの(*_*)」
っていう製作サイドの嘆きが聞こえたような…。
たしか、ピロEKさんが読んでいない後半で特にそうなったんだと思いますよ~。
★★コメントありがとうごあいます~その13~★★ (ピロEK(奈緒子さんへ))
2007-02-04 21:50:18
★奈緒子さんへ★

エクステンデッドバージョン(DVD版)の記事に引き続き、こちらの記事にもコメントいただいてありがとうございます。
いつも遅れがちな返事でスイマセン

>原作の方が、よりジャン・レノが怪しく描いていると感じました。

原作も全部読んだのですが、実はあんまり憶えていないです。
映画の方は、あえて導師かと思わせるように誘導する感じでしたけどね。

では、また来てくださいね。
今後とも宜しく御願い致します。
TBありがとうございました (can)
2007-04-01 01:44:43
私も"上手くまとめたなぁ"というのが、第1の感想です
(二人の推理があまりにもトントン拍子で進んで行くのはちょっと興醒めしちゃいましたが)

ポール・ベタニーよかったですね~
★★コメントありがとうございます~その14~★★ (ピロEK(canさんへ))
2007-04-01 08:40:09
★canさんへ★

たくさんのコメントありがとうございます

>二人の推理があまりにもトントン拍子で進んで行くのはちょっと興醒めしちゃいましたが

置いて行かれる感は否めませんねぇ。
常に謎を解いてるし。答え出すの早いし。
原作は自分のペースで読むからそんなことはなかったんだけど。

>ポール・ベタニーよかったですね~

やはり、彼の評価は高いですねぇ。あんな顔なのに

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

71 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ダ・ヴィンチ・コード (Akira's VOICE)
爆発のない「ナショナル・トレジャー」(笑
ダ・ヴィンチ・コード(2006) (萌映画)
マスコミ大にぎわいの「ダ・ヴィンチ・コード」、 見ながら映画より小説のほうが面白そうかもと思った(^^; 原作を読んでないのにそんなことを思ったのは初めてだ。 まあ、普段アクション映画ばっかでミステリーを見てないってのもあるのかもしれないけど…。 ...
ダ・ヴィンチ・コード (ネタバレ映画館)
 本当に失笑を起こすためにはオドレイ・トトゥではなくモニカ・ベルッチを登場させるべきだ。
ダ・ヴィンチ・コード (映画鑑賞★日記・・・)
『THE DA VINCI CODE』公開:2006/05/20(05/20)監督:ロン・ハワード原作:ダン・ブラウン    『ダ・ヴィンチ・コード』(角川書店) 出演: トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イアン・マッケラン、アルフレッド・モリナ、ジャン・レノ、ポール・ベタニー ...
「ダ・ヴィンチ・コード」 (the borderland )
世界同時上映ということで、カンヌでの評判や各国での上映禁止運動が伝えられて、TV・雑誌の取り上げ方を見てると、配給会社の思う壺、まるで祭りのようですね。 「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃソンソン」 という事で、公開2日目に行ってきまし ...
ダ・ヴィンチコード (シャーロットの涙)
私は例によって無謀にも原作を読まずしてこの作品に挑んだ。 原作に忠実であるらしいとのことなんで、ある意味それなりに話を知らなくても理解は出来るようになっているとは思った。 しかし予想通り内容は濃く、サスペンス仕立てでしかも展開が早いので話について ...
ダ・ヴィンチ・コード (レンタルだけど映画好き )
ダ・ヴィンチは、その微笑みに、何を仕組んだのか。 2006年 アメリカ 監督 ロン・ハワード 出演 トム・ハンクス/オドレイ・トトゥ/イアン・マッケラン/アルフレッド・モリナ/ジャン・レノ/ポール・ベタニー/ユルゲン・プロフノウ/エチエンヌ・シコ/ジャン ...
■ダ・ヴィンチ・コード (ルーピーQの活動日記)
ルーブル美術館で館長の死体が発見され、その死体の周りには不可解な暗号が残されていた。その暗号の中には、その夜に彼が会う約束をしていた大学教授・ラングドン(トム・ハンクス)の名前があった。殺人の容疑者として現場に連れて来られたラングドンだったが ...
★「ダ・ヴィンチ・コード」 (ひらりん的映画ブログ)
2006年最大の話題作をやっと観て来ました。 世界中で賛否両論の宗教絡み映画なので・・・。 キリスト教信者じゃないから、気楽に見れるので・・・ 日本でも、ヒットは確実かなっ。
ダ・ビンチ・コード 06年105本目 (猫姫じゃ)
ダ・ビンチ・コード これって、話題の映画?ですよね。 トム・ハンクス 主演、ロン・ハワード 監督。原作はダン・ブラウン のベストセラー、、、ぁ、原作はおもしろいのね?たぶん、、、 てなわけなさそう、、、 つまらん、、、 どこがおもしろいのか、ぜんぜ ...
映画「ダ・ヴィンチ・コード」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ダ・ヴィンチ・コード」 ダン・ブラウンの同名小説の映画化。カンヌ映画祭のオープニング上映(プレス向け)で拍手がなかったなど話題をまいている大作がいよいよベールを脱いだ。 ルーブル美術館館長の死体が発見され、そこに残されていた不可解な ...
ダ・ヴィンチ・コード ~劇場にて~ (三日月のしっぽ。)
  ダ・ヴィンチ・コード・・・評価 3.5   5→かなり面白いっ   4→面白いっ   3→ふつーかな   2→まぁまぁ   1→イマイチ ■STORY■ ルーヴル美術館館長が館内で死体となって発見された。
第104回 「ダ・ヴィンチ・コード」 ★★★ (映画生活(独断と偏見))
見てまいりました{/kaeru_en4/} 朝一、映画館の会館30分前に行きましたが予想通りの混雑振り{/face_ase2/} 平日ですがレディースデイでもあったためでしょうか。 世界中でベストセラーの映画化ということで話題になっている本作。 最近TVでも関連の番組多い ...
『ダ・ヴィンチ・コード』  封印された真実・・・ベストセラー小説の映画化!! (enjoy! MOVIE☆LIFE)
サントラ, リチャードハーヴィ指揮オーケストラ, ニック・グレニー=スミス, キングス・コンソート, ハンス・ジマー 映画「ダ・ヴィンチ・コード」オリジナル・サウンドトラック (画像はサウンドトラック) 出演■トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イア ...
ダ・ヴィンチ・コード THE DA VINCI CODE (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、ジャン・レノ主演 ロバート・ラングドン博士は象徴学者で学会が開かれるパリにいます ルーブル美術館の館長であるジャック・ソニエールが殺害され 彼の周辺に謎のシンボルが描かれているので  同行して謎を解いてくれと頼 ...
ダ・ヴィンチ・コード (あくり)
放映される以前から話題となっていたダ・ヴィンチ・コード。テレビでもいろんな番組でダ・ヴィンチの謎を解き明かす番組がありました。私は小説は読んでいないので、そういった番組を見てから映画を観ましたが・・・・・映画は150分と時間はたっぷりあったもの ...
アナタ、カミヲシンジマスカ?~「ダ・ヴィンチ・コード」~ (ペパーミントの魔術師)
カンヌで不評?バチカンでスクリーン撤去? とにかく本来ならバッシングの嵐が 日本じゃ「ふ~んそんなに話題になってるんだったら行こか」 ・・実はとんでもない観客動員をたたき出しそう。 ・・・ネタバレしすぎのCMも実は自信の裏返し?? アレだけ売れた本だ ...
ダ・ヴィンチ・コード (何を書くんだろー)
「ダ・ヴィンチ・コード」 評価 ★★★★☆ (3.9) 『あらすじ』  ルーブル美術館館長ソニエールが何者かによって殺害され、彼は息を引き取る間際に不可解な メッセージを残す。レオナルド・ダヴィンチが描いた「ウィトルウィウス的人体図」 ...
ダ・ヴィンチ・コード (色即是空日記+α)
5月20日全世界同時公開!!  大々的な宣伝に単純な私は以前からかなり踊らされておりましたw 結果、、、 かなり私が好きなタイプの映画ですね。大体は面白かったです!! だけど、、、 予告で見たときの予想通りの犯人・・・・・・_| ̄|○  まぁ、犯人探し ...
ダ・ヴィンチ・コード (奥様的部屋)
やっと観た~公式 私は公開日に間に合うように原作を読んで気合十分だったのに「俺も原作読みたい」と夫に言われ、とりあえず鑑賞を延期しかし、そういう夫は模倣犯((1)~(5))を読んでいる途中で、公開日には「まだ、模倣犯が3冊残ってるから、 それ読み終わ ...
「ダ・ヴィンチ・コード」 (不良中年・天国と地獄)
6月26日(月)新宿プラザ劇場にてこれは絶対に予備知識が必要な映画です。できれば、原作を読んでおいたほうがいいでしょう。暇がないひとは、あらすじだけでも予習しておくべきです。怠け者の小生は、もちろん予備知識なしで観ました。ただ、外野の騒ぎは知っ ...
『ダ・ヴィンチ・コード』 (京の昼寝~♪)
ダ・ヴィンチは、その微笑みに、何を仕組んだのか。 ■監督 ロン・ハワード■脚本 アキヴァ・ゴールズマン■原作 ダン・ブラウン(「ダ・ヴィンチ・コード」)■キャスト トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、ジャン・レノ、イアン・マッケラン、アルフレッ ...
ダヴィンチ・コード (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てから読もうと思っていたので、そろそろ混まなくなったかなと思い観てきました。 <池袋シネマサンシャイン> 監督 ロン・ハワード 製作総指揮 トッド・ハロウェル 、ダン・ブラウン 原作 ダン・ブラウン 脚本 アキヴァ・ゴールズマン 音楽 ハンス・ジ ...
ダヴィンチコード レビュー (タイトルが決まらないブログ        (そろそろ決まりそう))
週末は映画DAY。 おとといに続いて昨日も映画を観てきました。 はい、ダヴィンチコード。 やっと観れました。 前に観る機会を逃してから諦めかけてたのだけど行けました。嬉しい。 でも… 以下レビューです。
映画館「ダ・ヴィンチ・コード」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
この作品って、レオナル・ド・ダヴィンチの話がメインなのかと思っていた、、、モナリザもチョットしか出てこないんですねぇ。。。 原作を読んでいない私は、テレビで「本を読んでいない人は、せめて特集番組を見てからの方が楽しめる!」と言っていたので、い ...
ダ・ヴィンチ・コード (ぶっちゃけ…独り言?)
6.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 世界中で大ベストセラーとなっている原作の映画化と言う事でかなり期待して 観ました。 もっちろんワタクシは原作未読・・・ ダ・ヴィンチが残した名画にどんな謎があるのか、それこそ観る前から ...
映画 ダ・ヴィンチ・コード (よろず茶屋 )
公開初日のレイトショーを観に行ってきたのですが 記事をアップするのがすっかり遅くなってしましました。 それは何故か・・・期待度に対しての感動が薄かったことがひとつの理由。 (映画のせいにしている私がいちばんズ ...
【劇場鑑賞53】ダ・ヴィンチ・コード(THE DA VINCI CODE) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
ダ・ヴィンチは、 その微笑みに、何を仕組んだのか。 今年最大の事件が遂に始まる。
私的批評 映画「ダ・ヴィンチ・コード」 (やまたくの音吐朗々Diary)
映画「ダ・ヴィンチ・コード」を観賞。 ダン・ブラウン原作。ロン・ハワード監督、トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イアン・マッケラン、アルフレッド・モリナ、ジャン・レノほかが出演。 まだ原作を読まれてない方、映画を観られてない方、スルーしてく ...
■原作■ダ・ヴィンチ・コード:ダン・ブラウン著(越前敏弥訳) (映画とアートで☆ひとやすみひと休み)
やっと読み終わった、『ダ・ヴィンチ・コード』の原作。長かった…。映画を見た時のダ
★ダ・ヴィンチ・コード@TOHOシネマズ 六本木ヒルズ:5/27(土) (映画とアートで☆ひとやすみひと休み)
私は映画ブログをやってはいるが、映画好きか?と聞かれたら「見るのは好き」としか答
ダ・ヴィンチ・コード/THE DA VINCI CODE (我想一個人映画美的女人blog)
甘かった。。。。 これほど原作を読んでから観れば良かった~。と思った事もそうない。 いつも原作を読まずに、なるべく前知識ナシで観るワタシですが、、、、 読んだ人は皆面白いというし、 原作読まずに観ると難解と聞いてたのでちょっとは不安だったんだけど。 ...
ダ・ヴィンチ・コード(映画編) (花柄シャツ日記)
行ってきました,見て来ました。 ダ・ヴィンチ・コード 1日の映画の日に。 すごい
『ダ・ヴィンチ・コード』・試写会 (しましまシネマライフ!)
今日はたぶん某テレビ番組で当選した 『ダ・ヴィンチ・コード』の試写会に一足お先に行ってきた! 《私
ダ・ヴィンチ・コード (ミケの映画生活)
だから何? 評価:♡♡♡ 5月31日にだぁりんと観に行ってきましたぁ 内容:ルーヴル美術館でソニエール館長の他殺体がレオナルド・ダ・ヴィンチの「ウィトルウィウス的人体図」を模した形で横たわっていたのが発見された。ハーヴァード大学 ...
ダ・ヴィンチ・コード(評価:○) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ロン・ハワード 【出演】トム・ハンクス/オドレイ・トトゥ/イアン・マッケラン/ジャン・レノ/ポール・ベタニー 【公開日】2006/5.20 【製作】アメリカ 【ストーリー】 閉館後のルーヴル美術館に、ダ・
ダ・ヴィンチ・コード (Yuhiの読書日記+α)
やっとのことで「ダ・ヴィンチ・コード」を見てきました。 原作の方を読んでましたので、内容はあらかじめ知ってました。 それを踏まえての感想ということになります。 かなり長い原作を2~3時間の映画にしたわけですから、かなり端折ってるなーという感じは否 ...
映画「ダ・ヴィンチ・コード」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:The Da Vinci Code イエス・キリストは、人間なのか神なのか、という宗教的な論争には興味もないが、この地球上で最も布教が進み最も多くの信者がいるのも事実だ。 物語は、「モナ・リザ」「岩窟の聖母」「最後の晩餐」の名画と共に、パリはルーヴ ...
『ダ・ヴィンチ・コード』を観てきた。 (映画観たよ(^^))
『ダ・ヴィンチ・コード』を観てきた。 平日の昼過ぎにもかかわらずとんでもない人出だった。 #もう~話題作なんで上映中もしゃべる輩がいてうるさかったです。 ストーリーは、、、他のサイトに任せます。(ごちゃごちゃしてて書く気力がない) 実は私、原作本 ...
「ダ・ヴィンチ・コード」万能の天才が封印したイエス血脈の秘密。 (ブログで映画の感想文。)
出演:トム・ハンクス, オドレイ・トトゥ, ジャン・レノ, イアン・マッケラン, その他監督:ロン・ハワード製作年/製作国:2005年/アメリカ ダン・ブラウンのベストセラー小説を映画化。 ダ・ヴィンチが自身の絵画に暗号を仕掛けたという発想を基に、キリスト ...
ダ・ヴィンチ・コード・・・・・評価額1400円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ダン・ブラウンの原作はだいぶ前に読んで、映画化を楽しみにしていた1本。 直前のカンヌ映画祭のプレス試写で不評だったとか、失笑されたとかの報道があったんで、ベテラン、ロン・ハワード監督をもってしても、ベストセラ
ダ・ヴィンチ・コード (BLACK&WHITE)
【THE DA VINCI CODE】2006年/アメリカ 監督:ロン・ハワード  出演:トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イアン・マッケラン、ジャン・レノ、ポール・ベタニー 私は原作をつい最近まで読んでいました。 すでにキ
超弾丸パリツアー 「ダ・ヴィンチ・コード」 (平気の平左)
評価:55点 ダ・ヴィンチ・コード 公開前に悪い噂しか聞かなかったので、かなり心配していたのですが、そこまで悪い映画でもないと思いました。 まぁ、よくもないんですけどね。 この映画は、例えるならば、「超豪華チャーター機で行く!パリ0泊2日の旅! ...
ダ・ヴィンチ・コード (シネマ日記)
読んでから観るか、観てから読むか、それが問題だ。少しだけネタバレあり。原作がベストセラーである映画の場合、どちらか迷うものだ。映画化が決定していない時点で本を手にした場合は別として、映画化か決まっている場合、観るまで待とうか、先に読んで予習しよ ...
『ダ・ヴィンチ・コード』 (ねこのひたい~絵日記室)
「ダヴィチンコード」・・・映画の中で、観客に隠されていたものは何か?
『ダ・ヴィンチ・コード』を観てきた。 (映画観たよ(^^))
『ダ・ヴィンチ・コード』を観てきた。 平日の昼過ぎにもかかわらずとんでもない人出だった。 #もう~話題作なんで上映中もしゃべる輩がいてうるさかったです。 ストーリーは、、、他のサイトに任せます。(ごちゃごちゃしてて書く気力がない) 実は私、原作本 ...
「ダ・ヴィンチ・コード」  ちょっとだけダ・ヴィンチ (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
トム・ハンクス演じるアナグラム野郎なとんでも系の学者が、何を見ても字とか図形がせまってきて日常の生活に困るけど、それを武器に難問・珍問を解決していくのかと思ったら、それは最初の方でちょっとだけでした。 カーチェイスやドンパチまで入れて、典型的なハ ...
ダ・ヴィンチ・コード (暇人のお気楽日記)
2006年(米) 監督:ロン・ハワード 出演:トム・ハンクス(ロバート・ラングドン)    オドレイ・トトゥ(ソフィー・ヌヴー)    ジャン・レノ(ベズ・ファーシュ)    イアン・マッケラン(リー・ティービング)    ポール・ベタニー  10日前に観 ...
【ダ・ヴィンチ・コード】 (ココアのお部屋)
トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、 イアン・マッケラン、ジャン・レノ、ポール・ベタニー 出演の歴史。 公開日:5月20日 ☆ストーリー☆ ダ・ヴィンチが名画に隠した暗号とは? 歴史の真実を託された2人は、謎の扉を開けることができるのか── ...
ダ・ヴィンチ・コード (きょうのできごと…。)
この作品もいつ観たんだー?って感じで、 今更ながらに感想UPです…。 記録では5月31日に観たそうです(;・∀・) (ホントに感想上げるの遅いよ…wDVDが出ちゃうよw) 上半期の米映画ではかなり期待していた作品だったので 嬉々として劇場へー! ...
ダ・ヴィンチ・コード (The Da Vinci Code) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ロン・ハワード 主演 トム・ハンクス 2006年 アメリカ映画 150分 サスペンス 採点★★★ 「うちの神さん以外は全部邪教」という一方的な理論で数多くの宗教や文化遺産を破壊してきたキリスト教。破壊するのが文化遺産だけならまだしろ、それに伴い無数の血も ...
ダ・ヴィンチ・コード (things4u)
☆人気blogランキング集☆ & ☆インテリア・雑貨ブログ集☆ ↑皆様の応援が更新の励みとなっています。今日も応援ありがとう~☆↑ 続いての映画レビューは「The Da Vinci Code」(邦題:ダ・ヴィンチ・コード)から。 講演会のためパリを訪れていたハ ...
【洋画】ダ・ヴィンチ・コード (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  A (演技4/演出5/脚本5/撮影4/音響3/音楽3/美術4/衣装4/配役4/魅力4/テンポ4/合計44) 『評論』 以前も
「ダ・ヴィンチ・コード」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:The Da Vinci Code )つまらない。原作は未読だが、まさか小説の方もこんなに低レベルではなかろうな(笑)。  ダ・ヴィンチの作品に秘められた謎か何か知らないが、観終わってみれば“ユダヤ人(ハリウッド)がローマ・カソリックをバカにした映画” ...
「ダ・ヴィンチ・コード」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
話題の映画「ダ・ヴィンチ・コード」を封切り2日目に鑑賞。この映画、公開直後の週休3日間で2億2,400万ドル(約250億円)を稼ぎ出したという事で、昨年の「スター・ウォーズ エピソードⅢ/シスの復讐」の2億5,200万ドル(約280億円)に次ぐ ...
ダ・ヴィンチ・コード (2006/アメリカ) (虫干し映画MEMO)
THE DA VINCI CODE 監督: ロン・ハワード 出演: トム・ハンクス    ロバート・ラングドン     オドレイ・トトゥ    ソフィー・ヌヴー     イアン・マッケラン    リー・ティービング     アルフレッド・モリナ    アリンガローサ司 ...
★「ダ・ヴィンチ・コード」、ソツもないけどコクもない★ (★☆カゴメのシネマ洞☆★)
「ダ・ヴィンチ・コード」(2006) 米 HE DA VINCI CODE  監督:ロン・ハワード製作:ブライアン・グレイザー ジョン・コーリー製作総指揮:トッド・ハロウェル ダン・ブラウン原作:ダン・ブラウン 『ダ・ヴィンチ・コード』脚本:アキヴァ・ゴールズマン ...
ダ・ヴィンチ・コード (映画とはずがたり)
モナ・リザ、岩窟の聖母、最後の晩餐・・・ 世紀の天才レオナルド・ダ・ヴィンチの 名画の中には、世界を揺るがす「真実」が 隠されていた!! 発売と同時に社会現象をも巻き起こした、 ダン・ブラウン原作『ダ・ヴィンチ・コード』が、 トム・ハンクス&ロ ...
P.S 聖杯の真相とその眠る場所・・・「ダ・ヴィンチ・コード 」 (取手物語~取手より愛をこめて)
ルーヴル美術館の館長ソニエールが殺された。彼はみずからをダ・ヴィンチのウィトルウィウス的人体図に模して息をひきとっており、周囲には不可解な暗号らしきものが記されていた。
「ダ・ヴィンチ・コード(EXTENDED Ver.)」…ようやく鑑賞 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
来週の「ウルトラマンメビウス」に登場の「ウルトラマン80」が楽しみなピロEKです{/up/} 今朝{/hiyoko_cloud/}は、息子を塾(日曜講習)に送っていって、 で、その後DVD観ました。 本日は、その記事です。 そういえば本日は「仮面ライダーカブト」も最終回なよ ...
ダ・ヴィンチ・コード (まるっと映画話)
早速、封切日に見てきました! 実は、「原作本を先に読んでから、映画を見た」経験は、初めてです。 よくあるパターンだと、映画は原作をはしょって作られるので 「原作には及ばない」という感想が一般的なようです。 この「ダ・ヴィンチ・コード」はどうなのかなぁと ワ...
ダ・ヴィンチ・コード (奥様的部屋)
友人からDVDを借りて鑑賞 小説を読んだ感想は、"難しいけど面白い"最初に映画館で映画を鑑賞した感想は、"かなり端折ってあってわかりにくいけどルーブル美術館の内部等の映像は凄い" で、何ヶ月ぶりかで、2度目の映画鑑賞 映画館で観た時よりずっと楽しめたような気が...
『ダ・ヴィンチ・コード』’06・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじルーヴル美術館の館長の死体が発見され周りには不可解な暗号が残されていた。暗号の中には館長がその日、会うことになっていたハーヴァード大学のラングドン(トム・ハンクス)の名前が含まれ、ラングドンは現場に呼び出され・・・。感想ダン・ブラウンの世界的ベ...
事件解決までが難しい!!ダヴィンチ・コード (日々、書く、えいが、おんがく、DTM。。。)
特に理由はないのですが、 パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズチェストが すべて借りられていたので、今回は、これを借りました↓ タイトル:ダ・ヴィンチ・コード 主演:トム・ハンクス 出演:ジャン・レノ、オドレイ・トトゥ 監督:ロン・ハワ...
事件解決までが難しい!!ダヴィンチ・コード (日々、書く、えいが、おんがく、DTM。。。)
特に理由はないのですが、 パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズチェストが すべて借りられていたので、今回は、これを借りました↓ タイトル:ダ・ヴィンチ・コード 主演:トム・ハンクス 出演:ジャン・レノ、オドレイ・トトゥ 監督:ロン・ハワ...
ダ・ヴィンチ・コード (シネマ通知表)
2006年製作のアメリカ映画。 全米初登場1位、興行成績$217,536,138のメガヒット。 ダン・ブラウンの世界的ベストセラー小説を、トム・ハンクスとオドレイ・トトゥ共演で映画化したサスペンス巨編。ルーヴル美術館長殺害の容疑を掛けられたラングドンは、館長の孫娘・ソ...
ダ・ヴィンチ・コード (平成エンタメ研究所)
 神の力の源・聖杯。  その聖杯を求めて永年人は争ってきた。  では聖杯とは何か?  聖杯を別読みすると……。  ダ・ヴィンチの絵画に隠された秘密。  ・「最後の晩餐」に描かれていない聖杯。  ・イエスの左側にいる人物。その人物をイエスの右側に持ってくると…...
『ダ・ヴィンチ・コード』 (みゆみゆの徒然日記)
 今、世界中でいろんな意味で話題の『ダ・ヴィンチ・コード』を観に行ってきました。原作を読んだのは昨年ですので、細かいところを忘れていましたが観てきました。  原作が世界的に売れ、世界同時上映ということや、ある国では上映が禁止されたり、何かと問題になって...
ダ・ヴィンチ・コード (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ダ・ヴィンチは、 その微笑みに、何を仕組んだのか。』  コチラの「ダ・ヴィンチ・コード」は、既にご覧になられた方も多いと思うのですが、原作を読み終えたので、や~っと観て来ましたぁ~♪ビミョーにカットされてたり、変えてある部分もありますが、基本的に...
『ダ・ヴィンチ・コード』 (cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー)
DVD ダ・ヴィンチ・コードデラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)【ベストコレクションLIMITED\1980第3弾】あんなに話題になった原作なのに、活字離れしてる自分は原作読んでない状態。余計にどんな話なんだろうと思ってワクワクしながら映画観ました。ちょっ....
ダ・ヴィンチ・コード (mama)
THE DA VINCI CODE 2006年:アメリカ 原作:ダン・ブラウン 監督:ロン・ハワード 出演: トム・ハンクス、イアン・マッケラン、オドレイ・トトゥ、ジャン・レノ、アルフレッド・モリナ、ジャン=ピエール・マリエール ダン・ブラウン原作の同名小説を映画化。 ...