ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

【映画】ある公爵夫人の生涯…まだまだ昨年の残務整理6

2010-02-07 11:06:35 | 映画・DVD
本日も快晴の北部九州地方。
こんな日は撮影にでも行きたい気持ちですが、どこに行ったらいいのか分かりません

…あと、関係無いですが、新しいプリキュアは、なんかおじゃ魔女みたいです


今年に入って、はや1ヶ月以上が経過
もう2月も中旬に差し掛かろうとしていますが…ブログの更新ペースがゆったり過ぎると自覚してはいるピロEKです
お仕事が忙しいなんてのも、その理由の一つではありますが(昨日2010年2月6日・土曜日もお仕事でした)、私よりもっと忙しいはずのjazzmenKAOさんの方がちゃんと更新しているしねぇ。忙しいなんて言ってる割にはモンハンには時間を割いている訳で

ちなみに…
昨日2月6日のモンハンP2G成果
・リオレイア退治×2回(娘の依頼で同行)…一回は捕獲したんだったかな?
・ショウグンギザミ退治×2回(鋏が欲しい
・ガノトトス退治(面倒くさい相手なので無理やり息子を召喚
・ゲリョス退治
・他、採集クエスト関連数回
・ティガレックスには勝てず(村クエ)
…今の目標は、青い蟹の鋏を採って武器を強化することと、雪山にいる早くてデカイやつを倒す事です。

…ってな感じ。結構長い時間遊んでたみたいね…こうやって羅列すると
そりゃあ時間もなくなるはずです



さて、以下は映画観賞記録(昨年の
映画といえば、最近ちょいショックな情報が…
ご近所(といっても4キロ先)のTSUTAYAが閉店しちゃうみたいです
…困りました。今後の私は、どこでDVDレンタルしたらいいものか路頭に迷う事になります。TSUTAYA DISCASも検討中ですが、丁度私にピッタリのプランなんてものも無い訳で…とりあえずお試し登録でもしてみましょうかねぇ。

…閉店の原因は近くに出来たゲオだったりするんですかねぇ



「ある公爵夫人の生涯」
(監督:ソウル・ディブ、出演:キーラ・ナイトレイ、レイフ・ファインズ、シャーロット・ランプリング、2008年イギリス)

というわけで件のTSUATYAさんで「フェイク シティ ある男のルール」「バンコック・デンジャラス」と一緒にレンタル。昨年2009年11月15日(日曜日)に鑑賞しました。
これも2ヶ月以上前に鑑賞したもの…流石に2ヶ月前…しかもこのように派手さの少ない(?)映画の感想となると…憶えていないですねぇ殆ど
私の映画記事の目的は「何時何時にこういう映画を観た」という記録が本来の目的なので、内容に触れなくても自分としては問題ないのですが…それではちと寂しい気も…まぁ頑張って“憶えていない”って記事にでもしてみます



ストーリー
18世紀後半のイギリス。貴族の家に生まれたジョージアナ・スペンサー(キーラ・ナイトレイ)は裕福な貴族の一人、デヴォンシャー公爵(レイフ・ファインズ)のもとに嫁ぐ。しかし公爵は彼女に対して愛情を示すこともなく、男子の後継者を生むことだけを彼女に望む。公爵は愛人が産んだ幼い娘の世話をジョージアナに押し付け、更に彼女に庇護を求めてきた友人とも愛人関係を持つ。
詳しくは…http://www.theduchessmovie.com/





ピロEK的感想&点数
故ダイアナ妃の親戚筋で、その生い立ちもダイアナ妃と比較される人物の伝記との事。
伝記といっても、それほどの偉業を成した方でもなさそうで、あくまでも彼女の人生を紹介しただけ。
正直、大したことは起こりません。浮気というか、愛人関係云々が伯爵と夫人双方にあって、かといってさほどの修羅場もないという、状況報告だけでストーリーが完結。そんな淡々としたお話でした

旦那の浮気…っていってもそれらが容認されていた時代&お立場的にはそれも重要な時代のお話。主人公の夫人が本当はどの程度憤っていたかというと…そうでもないんじゃないかなぁ…現に伝わってこなかったし会社で頑張っているのに出世できない人程度なんじゃないかなもしかして
映画を観る限りはドラマチックでもなければ、登場人物に同情も出来ない。そんな感じです

…このあたり史実も本当にこんな感じだったのか、作り手の描き方不足なのかはしりませんが…率直に言ってイマイチだと思った記憶が(なにせ鑑賞は2カ月前…恐らくそんな感じを受けたと思います)。

結局、アレですかね
コスプレ劇で映えるキーラ・ナイトレイの人気に乗じて題材を無理に探した作品っすかコレ
そんなビジュアルのみが重視の映画だと想定しても…キーラを綺麗に見せる事については過去の作品に比較すれば劣ってるんじゃないの…って感じ。


点数は3点弱(5点満点中)
まとめると…
コスプレとしては(過去のキーラコスプレと比較すれば)イマイチ
個人的にゴシップにはあんまり興味無いので入り込めず。で、そのゴシップもなんかイマイチ
映画の評価というのは個人差もあるだろうし、好みもあるんでしょうが…
「つぐない」「プライドと偏見」あたりでイギリス映画とキーラコスプレの相性の良さを知り、そこを期待して観ちゃうと…まぁこんな風な残念な感想になっちゃいますかね



補足・蛇足
あんな美人なキーラ・ナイトレイにあんまりご執心で無い公爵のお話。

故ダイ○ナ妃にイマイチご執心で無かった某皇太子は、熟女芸人だったことがその原因。
年齢が上の女性が好きな彼にしてダイ○ナ妃は若すぎたのかもしれませんね(※あくまでも個人的な見解。あと不敬にあたるようなら、後で反省しますのでご容赦を)。

で、このデヴォンシャー公爵が何故あんな綺麗な夫人にこなかったかというと…

こちらはオバコンの某皇太子と違って、一般男性にも分かりやすい理由なんじゃないの

…多分、もうちょいおっきい方が良かったんですよね…多分。
(本物のデヴォンシャー公爵夫人がそのあたりどうだったのかは不明



では、今日はこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画

コメント (6)   トラックバック (43)   この記事についてブログを書く
« 結婚記念日 | トップ | 【コミック】鉄腕バーディー ... »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うわーー (sakurai)
2010-02-08 13:31:48
言っちゃいましたね。それはきっと言ってはいけない言葉なんですよ・・・・。ちっちゃい!てのは。
前評判の割には、やっぱり地味でしたかね。
でも、アタシはなかなか興味深く見させていただきました。
ダイアナ妃よりは、マリー・アントワネットに通ずるものの方が多いなあとも感じましたね。
ま、こういう物言う女性は嫌われると。
★★コメントありがとうございます★★ (ピロEK(sakuraiさんへ))
2010-03-14 03:11:22
★sakuraiさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>それはきっと言ってはいけない言葉なんですよ・・・・。ちっちゃい!てのは。

ちっちゃい…なんて言っていませんよ
公爵が“もうちょいおっきい方が良かった”んじゃないかと言っただけですから
で、キーラご本人はそのことを気になさっているんでしょうかねぇ(?)割と堂々と脱ぎますし、気にしていない気もするんだけどどうなんだろう(?)

>ま、こういう物言う女性は嫌われると。

私、個人的には物言おうと言うまいとビジュアルで許しちゃうタイプなので、まぁ美人なら割と嫌いになりません。
なので蓮○議員なんかも許容範疇です。

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。
TBありがとうございます。 (KGR)
2010-03-17 22:33:46
自分のブログでも

物語は淡々と進む。
多少の起伏はあるものの決定的なクライマックスと言うほどではない。

と書いてますから、あまり劇的な印象のない映画だったんでしょう。
(自分でも忘れちゃってる)

キーラ・ナイトレイはやせぎすですが確かにきれいです。
このときはそれに比べて、ベス・フォスター(ヘイレイ・アトウェル)はいまいちだと思いましたが、
「ウディ・アレンの夢と犯罪」ではセクシーな美女に見えました。
キーラ・ナイトレイ (ひらりん)
2010-03-17 23:22:48
でこっぱち系で、
あごばってて、
ちっちゃくて・・・
そんな彼女が、ひらりんは好みです!!
Unknown (maki)
2010-03-18 22:43:10
こんばんは!
こちらにもトラックバック感謝です♪

言っちゃいましたか(笑)
みんなそこで反応してたのもまた可笑しい。
実際の絵画でみると当時としてはけっこう美人さんでお洒落さんだったみたいですが…確かにキーラはコスもの似合うんですよねぇ~

当時は愛とかの前に家柄と世継ぎ、それだけですからね。ある意味、美人でも不美人でもある意味どちらでも良かったのかもしれません(そりゃ美人のほういいでしょうけど)
お母さんでしたっけ、若いし娘は子を産めますと公爵にアピールしていたのは。

それでも、色々な関係で悩み苦しみ、最後に夫婦がそっと寄り添う手をつなぐ姿には、ぐっときてしまいました。無慈悲にみえた公爵自身にも、立場上などでもいえないことも、苦しむことも悩むこともある。それが一瞬で理解できたラストは秀逸だったと思います
★★コメントありがとうございます(2)★★ (ピロEK(KGRさん、ひらりんさん、makiさんへ))
2010-07-28 04:33:20
★KGRさんへ★

いつもコメントありがとうございます
そしてお返事が大変遅れて申し訳ありません

>と書いてますから、あまり劇的な印象のない映画だったんでしょう。

私としても、割と最近(といっても去年)に観たはずなのに記憶に残りづらい映画でした。
あれ?公爵夫人側も不倫してたんだっけ??…てな感じです。

>ヘイレイ・アトウェル

他では観た事無い女優さんかもしれないです。
で魅力的に描かれているのがウディ・アレン作品ですか…ミーハーな映画(?)が基本の私にはチョット敷居が高いかも

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。




★ひらりんさんへ★

コメントありがとうございます
反応が遅れてしまい申し訳ありません

>でこっぱち系で、
>あごばってて、
>ちっちゃくて・・・
>そんな彼女が、ひらりんは好みです!!

私も彼女は大変好みなのですが、やっぱ適度な方が良いですね。

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。




★makiさんへ★

いつもコメントありがとうございます
そしてお返事が大変遅れて申し訳ありません

>言っちゃいましたか(笑)
>みんなそこで反応してたのもまた可笑しい。

一応濁して書いたつもりだったんですけど…
言っちゃったってことになるんですね

>それが一瞬で理解できたラストは秀逸だったと思います

もう全然内容を覚えていないのですが、自分の記事を読む限り全然理解できていない様子。お恥ずかしい。

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

映画・DVD」カテゴリの最新記事

43 トラックバック

ある公爵夫人の生涯☆★THE DUCHESS (銅版画制作の日々)
 18世紀にも、スキャンダル。 4月17日、東宝シネマズ二条にて鑑賞 イギリス元皇太子妃ダイアナの生家であるスペンサー家の実話です。時は18世紀後半にその名門家に生まれたジョージアナ・スペンサー(キーラ・ナイトレイ )は17歳という若さで、名門貴族デボン...
ある公爵夫人の生涯 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
レンタルで鑑賞―【story】最も裕福な公爵の一人、デヴォンシャー公爵(レイフ・ファインズ)に嫁いだ17歳のジョージアナ・スペンサー(キーラ・ナイトレイ)。聡明で美しい彼女は公爵夫人としてイギリス中の人々に愛されるが、夫のデヴォンシャー公爵はジョージアナに男...
ある公爵夫人の生涯 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『18世紀にも、スキャンダル。』  コチラの「ある公爵夫人の生涯」は、ダイアナ元妃の生家スペンサー家に生まれ、17歳で公爵夫人となったジョージアナのダイアナ元妃と酷似した愛と葛藤の人生を描いた4/11公開のヒストリカル・ロマンスなのですが、観て来ちゃいまし...
ある公爵夫人の生涯 (LOVE Cinemas 調布)
あのダイアナ妃の生家であるスペンサー家、その先祖にあたるジョージアナを演じるのはキーラ・ナイトレイ。そして嫁ぎ先のデヴォンジャー公爵を『ハリーポッター』シリーズでヴォルデモートを演じたレイフ・ファインズが演じています。西洋史モノ大好きな私にとっては楽し...
ある公爵夫人の生涯 (迷宮映画館)
子はかすがい・・・・or・・子は三界のくびっかせ・・・か。
「ある公爵夫人の生涯」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
アカデミー賞受賞の衣装とノミネートの美術はさすがに素晴らしかったです
ある公爵夫人の生涯 (Blossom)
ある公爵夫人の生涯 THE DUCHESS 監督 ソウル・ディブ 出演 キーラ・ナイトレイ レイフ・ファインズ     シャーロット・ランプリング...
「ある公爵夫人の生涯」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
アカデミー賞受賞の衣装とノミネートの美術はさすがに素晴らしかったです
09-112「ある公爵夫人の生涯」(イギリス・フランス・イタリア) (CINECHANの映画感想)
社交界の華の人生における決断  18世紀後半のイギリス。スペンサー家の令嬢ジョージアナは、世界有数の名門貴族であるデヴォンシャー公爵との結婚が決まる。美しく聡明なジョージアナはたちまちロンドン中の注目の的に。  ところが結婚してすぐに、彼女はデヴォンシャ...
『ある公爵夫人の生涯』 (kuemama's_webryblog)
【THE DUCHESS】 2008年/英・伊・仏/パラマウント/110分 【オフィシャルサイト】 監督:ソウル・ディブ 出演:キーラ・ナイトレイ、レイフ・ファインズ、シャーロット・ランプリング、ヘイレイ・アトウェル、ドミニク・クーパー
キーラ・ナイトレイの「ある公爵夫人の生涯」を観た! (とんとん・にっき)
Bunkamuraル・シネマで、キーラ・ナイトレイの「ある公爵夫人の生涯」を観てきました。キーラ・ナイトレイの作品は「つぐない」を観ました。その前の「プライドと偏見」も、ブログには書いていませんが「つぐない」を観た後、すぐにDVDを借りて観ました。前の二つとは毛色
ある公爵夫人の生涯 (シネマ大好き)
昨夜、試写会で「ある公爵夫人の生涯」を観た。 17歳で世界で最も裕福な公爵の一人デヴォンシャー家にとついだジョージアナ(キーラ・ナイトレイ)。だが、公爵(レイフ・ファインズ)は世継ぎを産むことを要求するばかりで彼女を愛さず、他の女と浮気を繰り返すばか...
「ある公爵夫人の生涯」(THE DUCHESS) (シネマ・ワンダーランド)
18世紀後半、英国名門貴族に生まれ、17歳でデヴォンジャー公爵夫人となった実在の女性、ジョージアナの華やかでスキャンダラスな結婚生活を描いた歴史ドラマ「ある公爵夫人の生涯」(2008年、英伊仏、ソウル・デイブ監督脚本、110分、パラマウント映画配給)。...
試写会「ある公爵夫人の生涯」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2009/3/30 文京区役所の1階、文京シビックホールでの開催。 東京メトロの試写会はいつもここなのか。 いつもより遅い18:45の開場。 地下鉄からの連絡口である地下2階から列ができていた。 たまたま私の後ろの女性連れが立ち見になるかずいぶん心配していたので...
【ある公爵夫人の生涯】★キーラ・ナイトレイ★レイフ・ファインズ (猫とHidamariで)
イギリス中に愛されても、ただひとり夫に愛されなかったひと、美貌の公爵夫人の結婚とその秘められた愛。ダイアナ元王太子妃の先祖--18世紀の元祖セレブリティの知られざる実話。200年の時を経て、その血は、受け継がれる。ある公爵夫人の生涯 HPある公爵夫人の生涯 ....
ある公爵夫人の生涯 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
実話を元にした作品とのこと。 18世紀後半のイギリス。貴族の家に生まれたジョージアナは、世界的にも最も裕福な大貴族の1人、デヴォンシャー公爵と結婚することになりました。ジョージアナは、新婚生活に夢を抱きながら嫁いで行きますが、公爵は、彼女が望むような愛...
ある公爵夫人の生涯 (to Heart)
原題 THE DUCHESS 製作年度 2008年 製作国・地域 イギリス/イタリア/フランス 上映時間 110分 原作 アマンダ・フォアマン 脚本 ソウル・ディブ/ジェフリー・ハッチャー/アナス・トーマス・イェンセン 監督 ソウル・ディブ 音楽 レイチェル・ポートマン 出演 キーラ...
ある公爵夫人の生涯 (こんな映画見ました~)
『ある公爵夫人の生涯』 ---THE DUCHESS --- 2008年(イギリス/イタリア/フランス) 監督:ソウル・ディブ 出演: キーラ・ナイトレイ 、レイフ・ファインズ 、シャーロット・ランプリング、ドミニク・クーパー、ヘイリー・アトウェル イギリスの元王...
ある公爵夫人の生涯 (菫色映画)
ある公爵夫人の生涯 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]2008年 イギリス・フランス・イタリア 監督:ソウル・ディブ 出演:キーラ・ナイトレイ    レイフ・ファインズ    シャーロット・ランプリング    ヘイレイ・アトウェル    ドミニ...
ある公爵夫人の生涯 (あーうぃ だにぇっと)
監督・脚本: ソウル・ディブ キャスト ジョージアナ☆キーラ・ナイトレイ 公爵☆レイフ・ファインズ レディー・スペンサー☆シャーロット・ランプリング ベス・フォスター☆ヘイレイ・アトウェル チャールズ・グレイ☆ドミニク・クーパー 他 【ストーリー】...
★「ある公爵夫人の生涯」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、14日という事で1本1000円で見られる「TOHOシネマズ」で3本まとめ観っ。 中国もの・イギリスもの・フランスものの3本立てでしたよーーー。
「ある公爵夫人の生涯」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  イギリスが舞台のコスチュームものといえば、昨年に観た「ブーリン家の姉妹」が記憶に新しく、身分の高い男女の愛憎劇という点で共通しているようにも思え、ドロドロした悲劇を想像していました。“壮絶”ではありましたが、ドロドロ…と...
ある公爵夫人の生涯 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
ある公爵夫人の生涯 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]雰囲気は優雅だが人物に魅力が乏しい。18世紀の英国でジョージアナは大貴族デヴォンシャー公爵に嫁ぐが、夫の無関心や不実に悩まされ、自らも不倫に走る。実情は不道徳でも表面上は世間体を取り繕う様が...
「ある公爵夫人の生涯」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Duchess」2008 UK/イタリア/フランス デヴォンジャー公爵夫人(ジョージアナ)に「プライドと偏見/2005」「つぐない/2007」のキーラ・ナイトレイ。 デヴォンジャー公爵に「上海の伯爵夫人/2005」「ナイロビの蜂/2005」のレイフ・ファインズ。 レディ・ス...
「ある公爵夫人の生涯」 (古今東西座)
伯爵家の娘ジョージアナ(キーラ・ナイトレイ)が侯爵(レイフ・ファインズ)の目に留まり、めでたく結婚したまでは良かったけど、愛情のない侯爵の浮気に苦しみ、世継ぎの男の子は生まれず、ついに幼馴染である政治活動家(ドミニク・クーパー)と浮気しちゃうってお話。...
「ある公爵夫人の生涯」 (てんびんthe LIFE)
「ある公爵夫人の生涯」女性限定試写会 パラマウント試写室 今夜の試写会のアンケートのテーマは不倫でした。 男性がいたら、アンケートも考えちゃう問題でした。 ということで、内容は実話らしいけれどもみんなの大好きな不倫ものでした。 意外にもレイフ・ファイ...
ある公爵夫人の生涯 (Recommend Movies)
愛に裏切られた貴族女性・ジョージアナのスキャンダラスな半生 【感想】 実話を基にして作られた作品みたいですが、 突出したリアリテ...
ある公爵夫人の生涯 (シネマ日記)
ダイアナ妃の祖先にあたるデヴォンシャー公爵夫人キーラナイトレーの生涯を描いた作品。貴族の家に生まれ、さらに位の高い公爵家に嫁いだジョージアナスペンサー。美人で機知に富み、社交界の人気者となるも、肝心の夫だけは彼女を愛してはくれなかった。200年の時を越え...
ある公爵夫人の生涯 だから大人ってやーなのよ (労組書記長社労士のブログ)
【 21 -5-】 超暑がり{/m_0162/}超汗かきな俺{/m_0162/}{/m_0162/}{/m_0162/} もう今日から夏のスーツに替えた{/m_0160/} 軽~い涼し~い楽ち~んだ~い{/whale/}  TOHOシネマズ・ディだから1000円で映画が見れる昨日は難波にて{/m_0058/}(考えたら女性は毎週水曜に1...
【ある公爵夫人の生涯】 (日々のつぶやき)
監督:ソウル・ディブ 出演:キーラ・ナイトレイ、レイフ・ファインズ、ドミニク・クーパー 18世紀にも、スキャンダル。 「18世紀のイギリス、まだ若き貴族の娘ジョージアナは裕福なデヴォンシャー公爵に嫁いだ。 しかし、結婚生活は幸せとは遠かった。 公爵
ある公爵夫人の生涯 パラマウント試写室 2009.8.26 (◆JOY◆ ~つれづれ日記~)
映画公開時、観に行こうと思ってたのに、行きそびれて見逃した作品。 9月25日にDVDの発売が決定。 そのDVDの発売を記念して開かれた試写会で観てきました 映画公開後だというのに、補助席まで必要になるくらいの超...
ある公爵夫人の生涯 (Diarydiary! )
《ある公爵夫人の生涯》 2008年 イギリス/イタリア/フランス映画 - 原題
時代の犠牲者~『ある公爵夫人の生涯』 (真紅のthinkingdays)
 THE DUCHESS  18世紀後半、英国スペンサー家の令嬢ジョージアナ(キーラ・ナイトレイ)は、 17歳で英国有数の貴族であるデヴォンシャー...
ある公爵夫人の生涯 (Memoirs_of_dai)
気持は下がるが髪上がる 【Story】 デヴォンシャー公爵(レイフ・ファインズ)に嫁いだ17歳のジョージアナ・スペンサー(キーラ・ナイトレ...
ある公爵夫人の生涯 (いやいやえん)
中世コスものといえば、やっぱりキーラ。キーラ・ナイトレイ主演。彼女が演じたジョージアナ・スペンサーという女性は勿論実在のセレブ美人なんだけど、とにかく美人で社交界の花形、そして故ダイアナ妃の祖先でもあるんですね。スキャンダルもいっぱいですが、でも自分...
『ある公爵夫人の生涯』 (Cinema + Sweets = ∞)
後楽園の文京シビックホールに『ある公爵夫人の生涯』の試写会に行ってきましたー。 文京シビックホールはたぶん、これが2度目だと思うんだけれど、試写会を観たのが。とっても観やすいホールなので結構好きです。 ******************** イギリスの元王太子妃ダイ...
「ある公爵夫人の生涯」感想  (ポコアポコヤ 映画倉庫)
先日、アカデミー賞の最優秀衣装デザイン賞に輝いた作品。 内容は、ダイアナ王妃の祖先にあたるジョージアナ・スペンサーのお話。どうしても...
ある公爵夫人の生涯 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ゴージャスで魅力的、時代の先端を翔けた素晴らしき恋人、そして、よき母。彼女の名は、ジョージアナ。宿命と言う名のもとに生きた”もうひとりのダイアナ“__。 故ダイアナ妃の祖先、デヴォンシャー公爵夫人の華麗でスキャンダラスな実話を完全映画化。 今も世界...
ある公爵夫人の生涯 (2008・イギリス/イタリア/フランス) (白ブタさん)
キーラ・ナイトレイ主演の時代もの{%王冠webry%} 早速見てきました(*^_^*)
『ある公爵夫人の生涯』 (千の天使がバスケットボールする)
18世紀後半の英国。ジョージアナ・スペンサー(キーラ・ナイトレイ)は、本来恵まれた美貌と健康に、母親(シャーロット・ランプリング)の営業トークも功を成し、英国の貴族社会のなかでも最も裕福とされるデボンシャー公爵(レイフ・ファインズ)の妻に選ばれた。とんで...
ある公爵夫人の生涯 (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2008年 製作国:イギリス/イタリア/フランス 監
『ある公爵夫人の生涯』 (2008)/イギリス・フランス・イタリア (NiceOne!!)
原題:THEDUCHESS監督・脚本:ソウル・ディブ出演:キーラ・ナイトレイ、レイフ・ファインズ、シャーロット・ランプリング、ヘイレイ・アトウェル、ドミニク・クーパー公式サイトはこちら。<Story>18世紀後半のイギリス。貴族の家に生まれたジョージアナ(キーラ・...
『ある公爵夫人の生涯』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
「薔薇使い」、かわいすぎ。 『ある公爵夫人の生涯』 "THE DUCHESS" 2008年・イギリス&イタリア&フランス・110分 監督・脚本:ソウル・ディブ ...