まるまるかじつ 子猫成長記録

生後数日で拾ったにゃんぽの成長記録

ニンニク味噌

2005-07-06 | 保存食


国産にんにくがいっぱい
あったので、悪くなる前に、
みそです。
スライススライス。
二株、つかいました!



みじん、みじん。
細かく切るのです。

お味噌の用意です。
味噌 150g
お酒 大さじ2、
はちみつ 大さじ3~4
豆板醤 小さじ1
練り合わせておくのです。

フライパンにごま油をひいて、
にんにくをよく炒めるのです。
練り合わせた味噌をいれて、よく混ぜて
完成なのでした!



すぐに使えるのです。
なすを炒めてみたのです。
おいしい!
でも、早めに食べきった方が
いいかも、なのです。
一ヶ月くらい?


人気blogランキング

サルサソース

2005-06-02 | 保存食


ぺーにょ、まるごとです。
ほかに、トマト、タマネギ、
水菜をみじん切りなのです。



あとは、まぜて、保存瓶に
移すだけ、なのです。
今回は、ホールトマト(缶詰)も
一缶入れてみました。コクがでてしまうのです。
あるならば、ペーニョが漬かっていた汁、
その名もペーニョ汁を入れてもよいのです。



それなりに持つのです。

人気blogランキング

レモンのフルーツソース

2005-05-22 | 保存食


レモン15兄弟です。
うち14兄弟がソースになりました。
私は一人残されました。さみしいのです。



外側の皮を剥かれました。
少し、肌寒いようです。



おお、さらにしろわたをきれいに
剥かれました。春で良かったです。



房とタネ、実にわけられました。
房とタネは2度ほどゆでこぼし、
20分煮込まれてから漉されて、
ペクチン液になるのです。



その後、実とペクチン液とお砂糖で
30分ほど煮込まれました。
無事、レモンソースの完成です。

レモン果実 600g
グラニュー糖 150g
ペクチン液 1カップくらい

お酒と違ってお砂糖少なめなのです。
一般的にジャムなどは果実の半量
お砂糖をいれますが、ジャムが甘いのは
苦手なので、少ないのです。
レモンの酸っぱさがサイッコー!
ひゃっほう。

人気blogランキング
スッパに清き一票を。

夏みかんジャム

2005-05-21 | 保存食


今日は、マーマレードではなく、
夏みかんジャムを作ってみた。
根気がないので、さらさらした
ジャムになりました。
もくもくと作りました。

夏みかん6個
オリゴ糖 200ccくらい
ペクチン(夏みかんの実をはずした房と
種を20分ほど煮込んだもの)
まぜて40分くらい煮ました。
適当にやりました。なんとかなります。

人気blogランキング
みかんはいいにおいに清き一票を。

リンゴ茶

2005-05-02 | 保存食
りんごです。
私たちも、はちみつに漬かりました。




りんご 1個 紅玉と申します。細かく薄切りになりました。
はちみつ 1カップ 漬かるくらいです。適当です。



あたたかいお湯でどうぞ。甘くて良い香りですよ。
はちみつの濃厚さに、わたしたちも、まけそうです。

人気blogランキング
はちみつの濃い、とても濃い香りに清き一票を。

にんにくのピクルス

2005-04-26 | 保存食
わしら、剥かれにんにく。
これから白ワインビネガーでピクルスに。

にんにく 2~3かぶ
白ワインビネガー 250g
砂糖 大さじ1
つぶ黒胡椒 小さじ1
クローブ(ホール) 2個
唐辛子 1本
ローリエ 1枚

にんにく以外の材料を鍋で3分沸騰、
わしらにんにくを入れて5分沸騰、さましてビンへ。
唐辛子が1本そのまま入ってきた。



兄弟よ、お前は何になりたかったか?
いやいや、何もいいますまい。
わしらははじめからピクルスになる運命なのだから。



なかよく漬かっております。
おいしいわしらをどうぞよろしく。

人気blogランキング
潔いにんにくに清き一票を。

ピクルスなのです

2005-04-25 | 保存食
材料
きゅうり 3~5本
ペコロス  10個くらい
つけ酢 酢400ml 水180ml 砂糖70~90g
シナモンスティック1/2本
月桂樹の葉1~2枚
黒粒コショウ10~20個(すり鉢でつぶしたりも)
塩大さじ1(半分は板ずり用)
たかのつめ 1本



きゅうりたちは板ずりされたようです。
しかも、一晩重しをされておりました。ええ、確かです。
その点、われわれペコロスマンは、皮も剥かれず放置プレイでした。



きゅうりたちは、3つに切られたようですが、
われわれペコロスマンは皮をむかれたものの、またも放置でした。



つけ酢の材料が煮込まれるのを横目でみておったのです。
ずっと、放置でしたから。油断しておりました。
かれこれ、10分くらい。のんびりとした時間が流れ、気がつくと、
われわれもつけ酢の中へ投入されておりました。かれこれ、2分くらい。



火が止められた後、長い間ほおっておかれました。ずいぶんとさめてしまいました。
そのあとは、保存ビンにいれられたのでしょう。
気がついたときは既に、冷蔵庫の中でひんやりしておりました。



完成した勇姿です。ごらんあれ。

人気blogランキング
われわれにも清き一票を。添加物の助けを借りずとも、われわれだって一ヶ月はもって見せます。