個別指導塾 ONE-S(ワンズ)のブログ

堺市上野芝にある個別指導塾です。進学から補習、不登校の子どもの学習サポートなど、さまざまな子どものニーズにこたえます

それは絶対に老化じゃないよ

2021-04-15 22:07:28 | 教室から
こんばんは。堺市西区の上野芝にある個別指導の学習塾ONE-S(ワンズ)の塾長の松下です。

3月末からポスティングを始めて2週間以上が経ちました。たくさんの方に塾のチラシを読んでいただいただけでなく、多くのお問い合わせもいただき、さらに入塾もしてくださり感謝の気持ちでいっぱいです。「この塾を選んでよかった」と思ってもらえるよう、一生懸命頑張ります。

ところで私は今年で50歳になるのですが、年齢による衰えを感じることが増えてきました。体力面では、20代の頃からほとんど運動らしきものはしていなくて、さらに車移動が基本ですので歩くこともほとんどなく(あれほど頑張ろうと決意したウォーキングもまったくしなくなり)、足腰は相当弱っていますし、たまに歩くとすぐに息切れします。前述のように先月末から塾のチラシのポスティングを始めて2週間ほど経ちましたが、初めの1週間は筋肉痛が酷く、全身湿布だらけでした。ポスティングで足腰だけではなく、上半身も筋肉痛になるなんてあまり聞いたことないですよね(笑) 30ほど年上の父よりおそらく体力はないかもしれません。

体力面ではこのように衰えの激しい私ですが、塾の講師たるもの、頭脳はいつまで経っても若いはず!と思っていました(無理やり言い聞かせていたのかもしれませんが)。しかしここ数年、物忘れがひどい!「玄関のドアのカギを締めたかな?」「毎朝飲んでる血圧の薬、今日はもう飲んだかな?」「車の中に財布置き忘れてしまった!」など。以前は「スケジュールなんて、すべて頭に入っているから大丈夫」などと余裕をかましていたのですが、現在は手帳を肌身離さず持っている状態で、手帳の中身も文字でぎっしり埋まっているほど書き込んでいます。毎晩寝る前と、毎朝起きたときに手帳のチェックが必須となりました。ドアのカギを締めるときには「はい、締めた!」と声に出しています。これが老化というものなのか……。

生徒の中にも「最近全然覚えられへんねん」「小学校のときは大丈夫やったのに、記憶力が低下してるんかなあ」という子は毎年一定の割合でいます。

もしやすでに私のように老化が始まっているのでは?ってそんなわけありませんよね。答えは簡単。気持ちの問題です。

小学生の頃は勉強が楽しく、あるいは楽しくなくて義務感であったとしても「頑張って覚える!」という気持ちで勉強に取り組んでいたのでしょう。それが中学生くらいになると、たとえば親や先生の言うことをあまり聞かなくなる、いわゆる反抗期に入ります。「勉強しなさい!」と言えば言うほど「やる気」をなくして勉強から遠ざかります。また、スマホなど新しい娯楽に触れる機会が増え、そのことばかり考えるようになります。あるいは、思春期を迎え様々な悩みが次から次へと出てきて勉強に集中できないこともあるでしょう。そしてなにより、中学校の勉強の方が小学校の勉強よりはるかに難易度が高くなるので、集中して勉強しないと理解できないし暗記もできません。

私がこれまで教えてきた子のほぼ全員、高校受験あるいは大学受験の直前になると最も高いパフォーマンスを発揮します。「合格したい!」という強い気持ちを持って勉強と向き合った結果、驚くべきスピードで吸収していくのです。いやあ、若いって素晴らしいですよね。

受験前でなくても、明確な目標、たとえば高校や大学や就きたい職業などを持っている子は効率のいい勉強ができます。あるいは明確な目標はないけれども、負けず嫌いであったり、プライドを維持するためであったり、どんな理由であっても勉強するためのモチベーションが高い子は、「頑張ろう!」という気持が強いためどんどん学力は上がります。

そうでない子たちをどうやって受験直前のような状態に近づけていくか、これが難しいんですよね。高校受験や大学受験、ましてや社会人になってからのことを話したところでピンとこない子が多いでしょうし、効果は薄いでしょう。そしてそういう子たちの多くは勉強に対する自信を失っています。なんとなく勉強した方がいいんだろうなということはわかっていても、「どうせ勉強してもできないし」という気持ちが大きいので、ますます勉強しなくなり学力が上がらないという悪循環に陥ってしまいます。

いくつか方法はありますが、やはり「成功体験」をしてもらうことが大きな変化に繋がることが多いですね。いきなり受験前のように1日何時間も勉強するなんてできないでしょうから、大きな成功ではなく、「頑張ってよかった」と少しでも思ってもらえるような小さなものでいいんです。具体的にはテストの点数が何点上がったなどでもいいのですが、「授業がいつもより理解できた!」「テストで練習した問題が出題されたから解くことができた!」など。いきなり全教科何点upではなく、得意な科目、あるいは点が伸びやすそうな科目をこちらで判断し、まずは1教科からこのような成功体験をしてもらうことで、気持ちが前向きになりやすく、その積み重ねによって、自信がつき、目標が生まれ自己肯定感が高まります。

もちろん、これは理想的な形であって、現実はなかなかうまくいかないことも多くあります。「うちの塾に来ればどんな子でもすぐに成績がグングン上がるよ!任せといて!」などそこまで強気な発言ができませんが(^^;)。ですがだからといって何のプランもなく指導していくのではなく、どれだけ理想に近づいた指導ができるかが塾の講師の腕の見せ所ですし、講師としての楽しみでもあります。

私もこれ以上老化が進まないように、毎日しっかりと頭を使うだけではなく、運動もしていこうと思います。歩数計を持ち歩いていますが、酷いときには1日に800歩というときもありますので(笑)、まずは私の小さな目標として1日2000歩を目標に続け、「俺だってやればできるんだ。いつもいつも三日坊主で終わらないぞ!」という成功体験をしたいと思います。

ONE-SのHP
コメント

あっという間の5年間

2021-04-02 18:20:44 | 教室から
こんにちは。堺市西区の上野芝にある個別指導の学習塾ONE-S(ワンズ)の塾長の松下です。

私はもともと大阪の高石市というところで「松下塾」という塾を経営していました。27歳からスタートし、塾の経営はもちろん、勉強の教え方など、まだまだ未熟な状態でしたが、たくさんの方々に支えられ17年間続けることができました。もっとそこで続けたかったのですが、塾の建物が老朽化し、立ち退きを余儀なくされました。

教育という分野に携わった仕事を続けたかった私の選択肢は2つで、別の場所を見つけて学習塾を続けるか、他の塾に講師として雇ってもらうかでした。ただ、私は組織の中でうまくやっていけるような性格ではないことを、さすがに40歳を過ぎれば自分でも気づいていましたし、やはり自分の理想の形の塾を開いて、子どもたちと関わっていきたいという想いが強かったので、迷うことなく前者を選びました。

ですが、1つ問題がありました。もとの塾の周辺で場所を探していたのですが、いい物件が見つからなかったのです。そうなるとまったく別の場所で塾を開かないといけないのですが、45歳になって新しい場所で塾を開くというチャレンジは無謀なような気もしましたし、周りでも「リスクが大きい」と反対する人が多かったです。正直不安な気持ちになったこともありましたが、勇気とヤル気が上回り、2016年ここ上野芝にONE-Sという塾を開校しました。

それがもう今年は2021年です。あっという間に5年が経ちました。この間にもたくさんの生徒のみんなが来てくれました。無名の個人塾ですし、大規模な宣伝活動もしていないので、「どんな塾なのか」ということが伝わらなかったり、そもそも塾の存在が知られていなかったりしている中にもかかわらず、地元の小学生・中学生・高校生が来てくれています。おそらく私の塾に「問い合わせをする」というだけでもハードルは高いでしょうが、それを乗り越えてみんな来てくれました。そして、もともと塾をしていた高石市の方からも、私が上野芝で塾をしているということをお聞きになられて、わざわざ電車や車で送り迎えをして塾に来てくれています。また、他の地域、一番遠くて電車で1時間ほどかかる所からも通ってくれている生徒もいます。

こうして来てくださっている生徒たちに対して私は何ができるのか。

以前の「松下塾」ではできなかったことをONE-Sではしていきたいと思っています。いくつかありますが、ここでは2つ紹介させていただきます。1つ目は生徒の勉強を責任を持って私が卒業まで教えることです。松下塾では1クラス10人ほどの生徒に対して講師は私とアルバイトの大学生2人の合計3人で指導していました。もちろんアルバイトの大学生たちも一生懸命頑張ってくれていましたが、やはり教え方に少しは差があることや、大学を卒業するとアルバイトに来れないので、途中で講師が変わって生徒が戸惑うことがありました。それらの経験から現在は、基本的1クラス2人までで私が1人で生徒の指導をしています。難易度の高い英語の勉強のときだけ助っ人の講師に来てもらっていますが、彼は大学生ではなくONE-Sの専任の講師です。

2つ目はそれぞれの生徒に対して、それぞれのニーズに合った指導をすることです。進学校を目指す子に対してはハイレベルな授業や受験テクニックを教えていき、学校の授業がわからず苦しんでいる子に対しては、そのつまずいている原因をしっかり見つけ、ありきたりの問題集を使うのではなく、その生徒に合ったオリジナルの問題を作成してより効果的な勉強をします。また不登校の子に対しても、みんなと同じ時間帯に来にくい場合は午前中や昼の時間に来てもらったり、気持ちがしんどいときには勉強するのではなく、ゆっくり話だけをしに来てもらったり。生徒が何を求めているのかを敏感にキャッチしようとしています。

これまで教えてきた生徒は約400人になります。そのすべての生徒との出会いは私にとって大きな宝になっています。勉強は私が教えているのですが、勉強以外のことは生徒たちからたくさん教えてもらっています。

いろんなタイプの子がいること、いろんな悩みを持った子がいること、いろんな夢を持った子がいることを知りました。それらが私の塾の講師としてさらに成長させてくれています。

卒業生がいろんな道を進んでいます。就職や結婚の報告、あるいは相談など卒業しても連絡くれる子はたくさんいます。彼らの成長は自分のことのように嬉しいですし、年は親子ほど離れていますが友達のような感覚ですね。このような嬉しい縁を大事にしていきたいと思っていますし、こうした縁をもらえたこの仕事を選んで本当によかったです。

3月末頃から、日ごろの運動不足の解消もかねて、塾のチラシのポスティングをしています。毎回1時間ほどですが、足と腰が筋肉痛でヤバい状態です(笑) 普段からもっと運動しないと(^^;)

塾のチラシを見てくださり、ONE-Sにご興味を持ってくださいましたら、お気軽にご連絡くださいね。

ONE-SのHP
コメント

改善されるまで何度でも書くし何度でも抗議する!

2021-03-29 20:14:41 | 教室から
こんばんは。堺市西区の上野芝にある個別指導の学習塾ONE-S(ワンズ)の塾長の松下です。

この1年間はコロナウイルスの影響だと声もありますが、小中高生の自殺者が過去最多となりました。大人だから自殺してもいいなんてことは絶対にありませんが、これほど多くの若い子たちが自殺するほど苦しい状況に追い込まれていたのかと考えると心が痛みます。

小中高生の自殺の原因として「いじめ」から目をそらすことはできません。今月ニュースになっているだけでも数件ありました。その学校の校長や市や県の教育委員会の人たちが頭を下げていました。何度も見てきた光景です。ですが私には強烈な違和感があります。確かに「いじめ」を発見できなかった学校には責任はあるだろうし、ましてや子どもから相談を受けていたにもかかわらずそれを放置しているなんて言語道断です。ですが、すべてを学校や教育委員会の責任にしてしまっていいのでしょうか?「いじめていた」加害者の責任は?その子たちは罰を受けなくてもいいのでしょうか?

そろそろ「いじめ」という言葉を使うのはやめた方がいいと思います。法律のことはよくわからないので間違っているかもしれませんが、「いじめ」は犯罪ではないでしょうか。傷害・暴行・名誉棄損・自殺関与などに当たることもあるのではないでしょうか。おそらく学校以外の場所で同じようなことをすれば罪に問われるはずです。それがどうして学校内のことであれば「いじめていた」子は罪に問われないのでしょう。それどころか「いじめられて」学校に来れなくなった子のことをバカにしたりするケースもあります。どうして学校はそういう子に対して何もできないのでしょうか。「いじめは犯罪である。罪を犯したのなら、それを償わないといけない」それを明確に教えてあげることが学校の教育に必要なのではないでしょうか。証拠がないから「いじめ」と認定できない?じゃあ現状でいいんですか?形だけの「いじめアンケート」などしたところで減るはずなんてないですよね。本気で学校はこのままでいいと考えているのならこの国の未来は真っ暗です。マイナーチェンジを繰り返したところで何も変わらないんです。

こういった「いじめ」と同様に「学級崩壊」も深刻な問題です。

おそらく文科省や教育委員会の上層部の人たちは、どのような状態なのかまったくわかっていないと思います。一度「学級崩壊」を起こしている学校に抜き打ちで見に来てほしいですね。どれだけ酷いかを自分の目で見ていただき、そうすればもっと危機感を持った対策・政策を打ち出すことができると思うのです。

授業中にペチャクチャしゃべるのは当たり前。それも隣り同士で話しているのではなく、何人かを間に挟んで大声で話します。これって生徒が受動的ではなく能動的に学ぶことができるような授業であるアクティブラーニングでは決してありませんからね。授業中に先生をからかうような発言を繰り返したり、ボールや筆記用具を投げあったり、スマホで遊んだり。ここはいったいどこなんでしょうか?はたして学校と呼べるでしょうか?

「授業がつまらなくて勉強もやる気がなくて」そんなもん言い訳になりません。いいんだよ、やる気がなかったって。ただ言いたいのは周りの邪魔をするなってこと。そこまで授業を受けたくないんだったら出ていけばいい。ほんの数人のそういった子のせいで、きちんと授業を受けて勉強したい子ができなくなって、すっごく迷惑をかけているんだということがわからないんだよなあ。

私はこれまでのブログでも書いてある通り、真面目にしている子が損をする、被害を受けるということは間違っているという考えです。ですから、授業を邪魔し続ける生徒は教室から出ていかせるべきだと思います。ただ今のシステムではそれができないそうです。「授業を受ける気がない子どもの学ぶ権利を守るために、授業を真面目に受けて勉強したい子どもの学ぶ権利を犠牲にしている」
実際、そういったクラスにいる子どもの「もう学校に行きたくない。授業を受けても、ただうるさいだけで勉強にならないし」と声はあちこちで聞きます。この子たちが不登校になったとしても、現在の制度なら授業を受けていないという理由で成績を下げるんですよね?1人の子どもの人生を大きく狂わせておいて、それでも現状でしかたないと言えますか?

「いじめ」にしても「学級崩壊」にしてもとにかく後手後手で、しかも弱腰の対策ばかりで学校環境はますます悪化しています。教育というのは国の柱です。そこにメスを入れずに、学習する科目、たとえば英語教育を大幅に変更したりしたとしても、それはあくまで表面的な部分であり、根本的に学校は良くなりません。

先生と生徒たちだけで話し合ったとしても、その解決は難しいでしょうから、その保護者を交えて、じっくり話し合って改善しなければならない問題です。しかしこれ以上先生の負担を増やすことはできないでしょう。だからこそ制度の改革も必要なんです。現在の制度ではもう限界なんです「いじめ」=「犯罪」であるということを早い段階で教えていったり、どうしても授業を邪魔しかしない生徒は強制的に別室に行かせたり、もっと言えば、小学校や中学校でも停学あるいは退学があっても私はいいと思っています。

学力が高いとか低いとかはまったく関係なく、真面目に授業に取り組んでいる子やクラブ活動を楽しんでいる子が、落ち着いて通えることができる場所に学校はしなければいけません。一部のルールも何も守らない子たちが好き勝手できる場所であってはならないのです。

ONE-SのHP
コメント

賛成はしたいんだけれども・・

2021-03-22 11:54:18 | 教育問題
こんにちは。堺市西区の上野芝にある個別指導の学習塾ONE-S(ワンズ)の塾長の松下です。

2020年7月に文科省が中学生の学校へのスマホ持ち込みを条件付きで許可したことで、学校現場は大きく変わろうとしています。コロナウイルスの影響でオンライン授業の需要が高まり、大阪の高校でもオンライン授業をおこなった学校も多く、小中学校ではタブレットが配布されました。私はコロナ以前から、オプションとしてのオンライン授業の必要性や授業のデジタル化を訴えてきましたので、学校の在り方というものを考えることができたことはよかったと思っています。

文科省が中学校のスマホの持ち込みを許可したのも、東日本大震災をはじめ、近年地震だけではなく台風や大雨による自然災害が多発しており、子どもたちの安全を確保するためという理由が一番大きかったと思われます。ですから子どもたちの安全を守るためという面に関してはもちろん賛成なのですが、他に方法はなかったのか、あるいはもっと細かくルールを決めることができなかたったのかという不満は残ります。

どうしてもルールを守ることができない子がでてきます。持ち込み禁止という校則があっても持ってくる子がいるのですから、持ち込み許可した段階で、いくら「こういう時しかスマホは使ってはいけません」というルールを定めたところでみんながみんな守れるはずがありません。授業中にスマホで遊ぶ子がでてくるでしょうし、先生の負担が増えるのは間違いありません。現時点ではメリットよりもデメリットの方が多いと言わざるを得ません。

私には70歳を過ぎた母がいます。母は携帯はガラケーを使っていますが、私の兄がオーストラリアに移住していて、その兄と連絡を取りやすくする目的でタブレットをあげました。初めのうちは、兄や友だちとのLINEしか使っていなかったのですが、いろいろと使い方を覚え、今ではどっぷりYouTubeにハマっています。寝る前に見るのが日課になっているようですが、日に日にタブレットを使用する時間が増え、寝る時間も遅くなり必然的に体調を崩すことが多くなりました。「きちんと時間を決めないと健康にもよくないから使用時間を決めよう」と言っても、守っているのは数日だけでいつの間にか元通りになってしまいます。一度動画を見ながら寝てしまったことがあり、タブレットがベッドから落ちたのでしょう、液晶が割れてしまい使用不可能になったときがありました。「いい機会だから使うのをやめよう」と言ったのですが、そのときの落ち込み方がひどく、また「絶対に使用時間は守るから」ということでまたタブレットを与えてしまったところ、ほんの1週間ほどで元の状態に戻ってしまいました。立派な依存症ですね。

アルコール中毒やギャンブル中毒など、様々な依存症がありますが、これらを脱することはとても難しいと言われています。それ専用の病院や施設もあります。私も約20年間喫煙しておりましたが、やはりタバコをやめようと思って禁煙にチャレンジしても何度も失敗しました。もちろん私の意志の弱さが大きな原因でしたが、私にとってはかなりキツイことでした。海外では(日本でも少しずつ増えてきていますが)、スマホ依存やゲーム依存から脱するための病院や施設があり、特に若い年代の患者が増加しています。

大人であっても、車の運転中にスマホをさわる人がいたり、子どもを乗せているのに自転車をこぎながらスマホをさわっている人を見かけます。もう抑えることができないのでしょうね。それが子どもの場合は、さらに自制するのが難しいでしょう。もちろんメリハリをつけてスマホと共存している子もたくさんいます。でも一方で完全に依存症になっている子も増加し続けているのです。

最近増加しているのは、集中力が続かない子どもだと聞きます。勉強していても、ほんの10分ほど前に教えた英単語を覚えていなかったり、計算ができなかったりするのです。覚えていないというより、勉強しているようで実は頭の中は別のことを考えているため、初めから頭に入っていないのです。もちろん私たち大人であっても、何か作業をしているときに、ふと別のことを思い出してボーっとすることはあると思いますが、そんなレベルではなく、常に頭の中は「好きなYouTuberの動画がアップされた頃かなあ?」とか「オンラインのゲームのイベントが始まる時間やなあ」など、動画であったりゲームで会ったりSNSであったり、人間の興味を引くものがスマホには溢れかえっていますので、頭の中はそれらでいっぱいなんです。ですから授業を聞いていても頭には何も入っていない、勉強しても点数がまったく上がらないということが起きているのだそうです。さらに問題なのは、ボーっと頭の中で別のことを考えているだけで、授業はきちんと受けていて勉強も一見しているように見えますから、成績が上がらない原因が発見しにくいのです。

もしかすると成績が伸び悩んでいる子は、スマホが原因であるかもしれません。うまく使えばとても勉強にも役に立ちますし、やはり便利なものです。ですからスマホを取り上げるのではなく(取り上げても反発するだけで逆効果でしょうから)、依存症になる前にしっかりと話し合って使用時間を決めたり、ルールを決めることが大切だと思います。

こういった背景もありますので、私は中学校へのスマホの持ち込みには反対です。その前にもっと議論しなければいけないことがたくさんあります。現場の先生たちの意見を聞くことも大切ですし、医学的な立場からの意見を取り入れることも必要だと思います。with コロナもそうですが、with スマホの社会をどう生きていくかを大きなテーマとして議論をするべきです。それほどこれからの日本がどうなるかに影響を及ぼす大きな問題であると思います。ですから安易な発想で決定することだけはやめていただきたいですね。

ONE-SのHP
コメント

よく頑張ったな!おめでとう!

2021-03-18 11:44:07 | 教室から
こんにちは。堺市西区の上野芝にある個別指導の学習塾ONE-S(ワンズ)の塾長の松下です。

今日は公立高校の合格発表がありました。

塾を始めて20年以上になりますが、この日だけは初年度と変わらない緊張感です。生徒たちは全力で勉強に取り組み、もちろん私も合格のために最善を尽くし、万全の態勢で試験に臨んでいるので、ほぼ確信に近い状態ではあるのですが、やはり何が起こるかわからないという怖さもありますので、生徒たちからの連絡があるたびにドキドキします。

結果は、見事全員合格でした!

電話で報告をしてくれた生徒は、喜びと嬉しさと安堵や感動など、いろんな感情が混ざった声で「合格」を伝えてくれました。直接塾まで来てくれた生徒も、苦しい勉強を乗り越えて、いろんなプレッシャーと戦ってきてホッとしたのでしょう、涙ぐむ子や、喜びを爆発させている子もいました。

みんな本当に最後までよく頑張ったな!「おめでとう!」

生徒のみんなが「ありがとう」と言ってくれましたが、こちらこそ「最後まで私を信じてくれてありがとう」

おそらく来年も再来年も、私が塾を続けている限りこの緊張感を毎年味わうでしょう。ですがこれは嬉しい緊張感です。緊張感だけではなく同時に生徒たちが喜んでいるのを見ることができる「幸福感」と塾に来てくれてありがとうという「感謝の気持ち」で溢れるからです。
生徒たちがこんなに喜んでいるのは、力を尽くし、精一杯頑張ったからです。私も私なりに全力を尽くしたからこそ充実感を得ることができるのです。この日が「塾の仕事を選んでよかった」と一番思える日かもしれません。

みんな、本当におめでとう!そしてありがとう!
高校生になっても塾に来てくれる子は、引き続きよろしくね。
卒業する子も、いつまで経っても私の大切な教え子なんで、何かあったらどんな相談事でもいいから連絡しておいでな。
最後にもう1回。「おめでとう!」

ONE-SのHP
コメント