奥様は海外添乗員

沖縄に移住した海外添乗員、留守を守る隊長(フレンチブルドッグ)と留守番隊のつれづれ日記。海外&沖縄から新鮮な情報を発信!

梅雨の晴れ間のウチカフェ

2019-05-31 | 沖縄生活
 
 
昨日今日と梅雨の晴れ間が広がる沖縄。幸いにもまだそう気温も上がらず窓を開けておけば意外なほど気持ちのいい空気が通り抜けていきます。昨年の今頃はかなり蒸し暑かった気がしますが、気のせいかな? ちなみにわが家のレモンはこの通り大きく育ってます。
 
 
 
さて。普段の生活の中では滅多にコンビニを利用することはないわが家ですが、先日久しぶりに立ち寄った際に目に留まり、お買い上げしてきたのがこちらのチーズロールケーキ。
 
 
 
ウチカフェ定番のロールケーキが、チーズタルトで知られるPABLOとコラボした商品。となれば興味津々ですよね。ふんわりロールケーキとチーズクリーム、さらに上にのったアプリコットジャムのハーモニーでお口の中はまさにチーズケーキ。個人的にはかなり好きです。
 
 
 
う〜ん。そうなると当然食べてみたくなるのがPABLOの商品!調べてみたら沖縄では国際通りにしか店舗はないんですよね。どこか本島中部の大型ショッピングモールにても出店してくれたらいいのに。チャンスは・・・次回羽田空港を利用する時か。先のことすぎて、忘れていそうですけど(笑)。
 
 
 

家族でお散歩

2019-05-28 | 沖縄生活
 
今年は梅雨入りした後もほとんど雨は降らず空梅雨か?と心配されていたようですが、私の帰宅とほぼ同時に梅雨空が戻って来たようです(汗)。
 
 
 
そんな中、毎朝毎晩お散歩に行けてる隊長はお天気男かもね。久しぶりに家族でのお散歩はやっぱり楽しい。また一段と歩みは遅くなりましたが。昔はひょいっとひとっ飛びできた排水溝のアミアミも足を引っかけながらまたいでるし。
 
 
 
まあでも本格的に暑くなったら陽のある時間にはとてもお散歩はできないし、今の季節がギリギリセーフでしょう。
 
 
 
隊長はもちろんのこと、私もまだわずかなかすれ◯◯しか出ないし会話は成り立ちませんからほとんど無口なままのお散歩です(笑)。
 
 
 
それでも綺麗な海や花たちを眺めながら一緒の時間を過ごしていられることで、ほんわかした気持ちになれる。これって家族だから、だよねぇ・・・
 
 
 

南国への旅〜機内編

2019-05-26 | プライベート旅行
羽田空港を飛び立った飛行機は飛ぶ海岸線に沿うかたちで西へ西へ。軽く真夏日になっていそうな大都会上空は空気もボヤけるほど。それでも遠目に富士山の姿が見えてくれば気分はハイテンションです。
 
仕事の時はもちろん、混雑してそうな場合は迷うことなく通路側の席を選びますが、今回はお隣が空席でありそうなことを確認の上で窓側をキープ。飛行機に乗る機会は多いとはいえ、仕事と完全に離れた帰宅の際のフライトとなると、一瞬にしてただの飛行機好きなおばさんになります。ちなみに仕事に向かう時は決してこうはなりません(笑)。
 
 
しっかし、よりによってこんな時の機内誌はイタリアはトスカーナの特集。今回の(行くはずだった)旅では珍しくフィレンツェでまとまったフリータイムがあったんですよ。だから「次の旅ではアソコでゴハン食べよ〜♪ なんて考えていたのに・・・」と。往生際が悪いというか諦めが悪いというか。んもぉ〜、考えないようにしよっ!
 
ま、こんなモヤモヤした気持ちも隊長に会ったとたん吹っ飛んでしまうことでしょう。さあ。では息子の元へ、あとひとっ走りです。
 
 
 

南国への旅〜羽田空港編

2019-05-26 | プライベート旅行
 
ゴールデンウィーク明けだし夏休み前だし、そう混雑しているはずもなく?予定の便をすんなり変更できたのは何よりでした。最近は成田に帰国後その足でまっすぐ帰宅というパターンも多く、そういった場合は成田発着のLCCを利用するケースがほとんど。実は今回もそうしたかったんですがたまたま時間が合わず、羽田からの便にしておいたことが幸いしました。だってLCCの場合、予約変更一切できないしね(っていうか、そういう条件のチケットしか買ってないし)。
 
 
 
さて、やって来た羽田空港でスタスタと向かった先はスタバ。全国の美味しいものが色々集まるといわれる羽田でスタバはないだろうって?いやいや、こんな時でないと逆にスタバなんて利用する機会がないもので、羽田空港店の利用率、かなり高いんです。
 
 
 
食べ物以外でも全国各地のものが色々と揃ってるとこはさすが東京。タンブラーも各地のものが置かれてますよ。でも地方のもの、誰が買うんでしょうね?ひょっとしてコレクター?
 
 
 
ところで今回あまり時間がなかったのでスタバではお茶することなくいつものシナモンロールをお持ち帰りに。この時はずいぶん大きな袋に入れてくれるんだなと思うくらいで気にも止めずにいたんですが、いつものラウンジでいただく段になってびっくり。なんとかなりしっかりした箱に入れてくれてました。
 
 
 
温めてその場でシロップをかけてくれたシナモンロールは型崩れすることなく、この通り箱の中にで〜んと鎮座。おっきなバック持っててもこれなら安心してテイクアウトできますね。これってどこの店舗でもあるサービスなんでしょうか。なにしろ他所ではほとんど利用しないからわかりませんが。だったら次は美味しそうなケーキもあり、だな(笑)。
 
 
 
そんなこんなで予定通り機内へ。滑走路に出たとたん、今回密かに期待していたミッキーマウススクリーンデビュー90周年を祝うスペシャルペイントの機体が目の前に。あ〜ん、残念。ぜひこの機材に乗ってみたいものだと次回(っていったいいつ?)を楽しみに、これより機上の人となります。
 
 
 
 

息子のもとへ

2019-05-25 | 隊長どんの日々
 
明日は予定より1週間ほど早く自宅に帰ります。とはいえほぼ1ヶ月ぶりの帰宅。とりあえず症状も落ち着きはじめたようなので実家療養から自宅療養に切り替えます。
 
 
 
さて。今回も留守番隊から毎日欠かさず写真を送ってもらっていましたが、やっぱりどこか不満顔。
 
 
 
幼少期から誰かしら家にいる時間が長かったせいかも知れませんね。
 
 
 
今ははひとりでお留守番の時間が長いから。ごめんね。
 
 
でも留守番隊が毎日ちゃんとお散歩に連れてってくれたでしょ。
 
 
だから不満顔とはいっても半分は甘え顔だよね。
 
 
 
ところで予定より早く会えるのは嬉しいんですが、実はちゃんと私だとわかってくれるか心配です。
 
 
 
なにしろ病状が落ち着いたとはいえ、ツアー中に失った◯◯が戻らない。そう、いまだにほとんど出せません。
 
 
 
実際これまでも同じような経験はあり、いつもほんの数日で治っていたので今回もなんとかなるかな?と思っていたんですが。どうやら相当痛めてしまったようで、完全復帰までは想像以上に時間がかかりそうです。
 
 
 
そもそも全治2週間と診断されているわけだし、たった数日であれこれ心配しても仕方ないのかも知れませんけどね。このまま◯◯が戻らなかったらどうしようぉ〜!って実は一昨日も病院で「そう焦るな」って言われて来たばかりです(汗)。
 
 
 
ただ隊長に会ったら速攻!だったりするかも知れません。そう、きっとしつこいくらいにペロペロ舐めて、あっという間に治してくれるに違いない?そう期待してます。
 
 
 

帰国してます

2019-05-22 | 添乗後記
 
アンダルシアから途絶えてしまい、ご心配をおかけしてるかと思いますが?とりあえず予定通り帰国しています。
 
 
 
実は今回も旅がはじまって間もなく体調を崩しましてね。中盤までは多少余力がありましたが、終盤に入る頃はブログどころではありませんでした(汗)。
 
 
 
それでも最後のマドリッドも、ショートトリップ先の古都トレドもなんとか無事に観光を終えられてホッとしました。初日から最終日までスペインの元気な太陽と共に旅ができたことはなによりでした。
 
 
 
ただ今回の症状は添乗員にとっては致命的なもので。持参していた常備薬を飲みきり、駆け込んだ薬局で買い込んだ薬もほとんど効果なし。4年近くも前にやっぱり現地で体調を崩し、帰国後そのまま入院騒ぎとなった時に比べれば楽なものでしたが、それでもやっぱり辛かった。
 
 
 
最後のバラハス空港。美味しそうな生ハムを肴にワインでもいただこうなんて思ってたのになぁ。買い物する時間もないツアーだったから、色んなショップの入ってる空港でのショッピングを実は楽しみにもしてました。
 
 
 
コニー : 生ハム生ハム〜❤️
添 : ごめん、全然食欲ないからまた今度ね〜💧
 
 
 
 
そんなわけで今回も帰国後は病院直行。点滴まで受けて回復を願いましたが、診断は2週間程度の自宅安静。山盛り薬を出されてただ今実家にて療養中です。ただよりによってこんな時、中3日で次の仕事が入っていまして。こんな状態でも行きたい気持ちはありましたが、業務自体を考えたらどう逆立ちしても無理なのでやむなくキャンセル。ピンチヒッターを受けていただいた方、本当にありがとうございます。これって、身体がもうそろそろ限界だよって言ってくれてるのかな?
 
 
 

アンダルシアに別れを@セビージャ

2019-05-18 | 添乗日記
 
小さな町や村を抜けながら、アンダルシアの州都となるセビージャまでたどり着きました。大好きな国とはいえ、さすがに連日の長い移動でクタクタです(汗)。
 
 
 
そんな朝一番やって来たのは20世紀に入ってから行われた万国博覧会の際に造られたスペイン広場。国内の主要都市を色タイルで紹介した広場を取り囲む建物はまるで宮殿のよう。セビージャを代表する観光スポットなので、次から次へと観光客がやって来ます。
 
 
 
ちなみにセビージャはスペイン国内でもたいてい最高気温になるエリア。ここ数日は35℃を超える暑さだったようですが、幸いにも昨日あたりから気温は落ち着いた模様。すでに疲労困憊の身体にも優しい爽やかな初夏の陽気でラッキーでした。さあ。ではそろそろアンダルシアに別れを告げ、最後の街マドリッドに向かいましょう。
 
 
 

白壁の街でかくれんぼ@ミハス

2019-05-17 | 添乗日記
 
糸杉だけでなくこの時季その花弁を飛ばす白ポプラから逃れ、アンダルシアのエッセンスと呼ばれるミハスまでやって来ています。
 
 
 
いつもはアジアからの観光客ばかりが目につく街もさすがにバカンスシーズン到来か?欧米人の姿もいっぱい。いつにも増して賑わっています。そんな街で今日は比較的ゆっくりフリータイム〜
 
 
 
コニー : じゃ〜かくれんぼできるね〜❤️
添 : OK。でも上手に隠れてよ〜💛
 
 
 
コニー : も〜い〜よ〜❤️
添 : 時代は変わってもコニーは変わらないね。ピンクのお耳が見えてるよ〜💧
 
 
 
添 : コニー見っけ〜💧
コニー : きゃ〜!なんで見つかったんだろ〜❤️
 
 
 
いやぁ。それにしても白壁がまぶしい季節になりました、
 
 
 

ムスリムの城はバラの園@グラナダ

2019-05-16 | 添乗日記
 
さすがにお尻がムズムズする頃、ようやく真っ白な雪を抱くシェラ・ネバダを横目にグラナダの街に到着しました。やって来たのはもちろんアルハンブラ宮殿。イベリア半島を長きに渡って支配したムスリムたちの最後の城です。
 
 
 
ちなみにこの日も朝から快晴。となれば気温もうなぎのぼりで、日差しの下では30℃をゆうに超える暑さ。お色直しされたライオンたちもあっという間に日焼けしそうです。さすが南のアンダルシア、日差しの強さが半端ないです。
 
 
 
 
 
それでも宮殿の望む丘に広がるヘネラリーフェ宮の庭園ではバラの花が満開。糸杉に囲まれたこの場所は私にとってスペインで一番恐ろしい場所でありながら、ついつい花に誘われてしまいました。
 
 
 
この時季の夏の離宮はまさにバラの園。色とりどりの花がいい香りを放っていて、まさに言葉通り宮殿観光に花を添えています。っとくれば・・・
 
 
 
コニー : かくれんぼしよ〜❤️
添 : そんな時間はありません💧
 
 
 
いつだって綺麗に整備された庭園ですが、本格的に暑くなる前のこの時季。素晴らしい宮殿と美しいお花見が一度に楽しめるスペインへ、皆さんもいらっしゃいませんか〜
 
 
 

ひと時の戯れ@ムルシア地方

2019-05-16 | 添乗日記
 
すでにバルセロナを発ちイベリア半島の南部海岸線に沿う形でひた走り、バレンシアからさらにムルシア地方へ。飛行機で飛べばあっという間の距離ですが、さすがにバス旅はキツイものがあります。ただ最近はたいていこのパターン。ま、搭乗手続きやらセキュリティーやら面倒な手続きがない分楽だという考え方もあります(笑)。さて、そんな長い長い道中に立ち寄ったドライブイン。ここを寝床にしてるニャンコとのひとコマです。
 
 
 
コニー : Hola!私はコニー。日本から来たの〜❤️
 
 
 
ニャンコ : ふっ
 
 
 
ニャンコ : あっ
 
 
 
ニャンコ : あ〜ぃ。
コニー : ・・・💧
 
間もなくアンダルシアに入り、まずはグラナダを目指します。