おだわら子ども防災

活動内容の紹介とお役立ち情報を中心にお知らせします。

無事終了「保存食を考える会 味噌つくり」

2024-02-19 | 保存食を考える会
昨年は、味噌を仕込むだけの会を開催しましたが
今回は、やっとコロナ前2019年と同じ形で
実施することが出来ました。

会場は、いつもお世話になっている
やちよ助産院さんで行いました。
https://www.yachiyo-jyosanin.com/

今回は、ベテランママが中心のメンバーだったため
参加してくれたちびっこは大人気!
ほんと、やっぱり
一緒に作業してくれると癒されるな~と思ってしまいました。










一緒に食べた
カップちらし寿司の美味しかった~



次回は6月中旬頃に
「保存食を考える会 梅干し」を予定しています。
今年は梅干しに限らず
梅味噌・梅シロップ・梅酒など
各自楽しみたい梅仕事をするのもいいかも~と言う声もありました。

まずは、仕込んだ味噌の成長を
ゆっくり見守って、楽しんでもらえると嬉しいです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ママズハグさんにお邪魔しました。

2024-02-19 | だっことおんぶの体験会
本当に久しぶりに
だっことおんぶの講座について
ご報告です。

今回初めてお邪魔したのは
小田原の子育て支援活動をず~っと続け
それも、ず~っと高い熱量で精力的に活動を
拡大されている「ママズハグ」さんにお邪魔しました。

様々なプログラムがある中で
私がお邪魔したのは
予約不要でママ達がゆっくりおしゃべりを楽しむ
「お堀端ランチルーム」
https://www.mamashug.net/blog/20240214_lunchroom.html

14組ほどの方が集い
本当ににぎやかで温かい雰囲気の中
すっかり癒されてしまいました。

スリング、おんぶ紐、兵児帯の体験
現在お使いの抱っこ紐の調整など
日々の赤ちゃんとの生活で
少しでも楽になり、くっついていることが楽しいと
感じて貰えるといいな~と願いながら
お手伝いさせて頂きました。

なかなか至らない点もあったかとは思いますが・・・
本当に、ママ・パパ・赤ちゃん
そしてスタッフの方々のおかげで
私自身が一番楽しんでしまった気がします。
皆さま、本当に素敵な時間をありがとうございました。

またのチャンスがありましたら
是非ともよろしくお願いします。

以前行っていた出張レッスンや、体験会も
再開したいな~と夢が膨らんだ一日でした。

あと
2か月に1回
いずみ子育て支援センターで開催させて頂いている
「防災座談会」の時にも
現在お使いになっている
抱っこ紐の調整などご相談を承っております。
どうぞ、気軽に声をかけてくださいませ~

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

地震10秒診断

2024-01-22 | 備える情報
「地震10秒診断 もしもあなたの街で地震がおこると・・・?」
https://nied-weblabo.bosai.go.jp/10sec-sim/

2021年に発表された
防災科研と損害保険協会コラボによるコンテンツです。

位置情報をオンにした状態か
知りたい場所の郵便番号を入力すると
30年以内に起こる地震の確立を算出してくれます。

それと同時に
電気、ガス、水道の復旧日数
住宅損壊状況の
予測を算出してくれます。

今住んでいる場所
通勤・通学の場所
是非、診断して備えに役立ててください。

ただ、日本全国
予測値が「0」はないと思います。
自分にできる備えを心がけたいものです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

リニューアル:東京防災

2024-01-22 | 備える情報
平成27年に発行された「東京防災」
黄色い表紙で、全国の書店でも販売されていました。
https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/1002147/index.html

また、女性視点の防災ブックとして
「東京くらし防災」が発行、配布されていました。
https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/1005427/index.html


その2冊が令和5年9月に
「東京くらし防災」
「東京防災」
https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/1028036/1028051/index.html

リニューアル発行されました。

東京都内のご家庭には、冊子が配布されているようですが
書店での一般販売等はないようです。

東京都のホームページより
デジタル版にて閲覧、ご活用ください。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

備蓄のお悩みに答えます

2024-01-22 | 備える情報
非常時に備えましょう!と言われても・・・
いったい
何を
どのぐらい
用意すればよいのやら・・・と
考えているうちに月日は過ぎて行くものですよね~

そんな私とあなたに
すごい見方が出来ました!

東京備蓄ナビ
https://www.bichiku.metro.tokyo.lg.jp/

家族の人数と年齢層を入力するだけで
おおよその備蓄量がすぐに算出されます。

そして!
ネットショップのHPもすぐに開けるので
そのままお買い物も可能!

もう、備えていないとは
言えなくなる時代になりつつある予感です。

この「東京備蓄ナビ」は
アプリもあります。

備蓄に限らず、防災情報を幅広く抑えることが出来るので
全国どこにいても大活躍しそうなHP&アプリです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

様々な寄付金(支援金、義援金、ふるさと納税)

2024-01-15 | 備える情報
被災地を思い、何かできることをと考え
募金活動に参加する方がたくさんいらっしゃると思います。

その寄付したお金が「支援金」なのか「義援金」なのかで
使われ方が大きく違うことをご存知ですか?

日本財団
https://www.nippon-foundation.or.jp/donation/disaster_fund/infographics

また
能登半島地震に関する寄付活動で注目されているのが
「ふるさと納税」の活用です。
様々なサイトがあると思いますが
主だったところをご紹介します。

このふるさと納税に関する事務作業を支援する他の自治体があることに
さらに、様々な支援の形があることに気づきました。

・ふるなび災害支援 https://furunavi.jp/c/disaster_support
・ふるさとチョイス災害支援 https://www.furusato-tax.jp/saigai/filter?category_id[]=1303&top_ttarea
・さとふる災害支援 https://www.satofull.jp/oenkifu/oenkifu_detail.php?page_id=507
・楽天市場ふるさと納税 災害支援 https://search.rakuten.co.jp/search/event/%E7%81%BD%E5%AE%B3%E6%94%AF%E6%8F%B4/?ev=40&l-id=furusato_pc_headmenu_search



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

被災者支援サポートページ

2024-01-15 | 備える情報
静岡県弁護士会に所属されている
永野海先生

法律と防災のページ
http://naganokai.com/

その中の
被災者支援情報サポートページ 
ひさぽ http://naganokai.com/hisapo/

こちらには
生活再建に向けた情報が掲載されています。

能登半島地震に関連した支援の情報も
1月3日より掲載されています。

金沢弁護士会、富山県弁護士会による
弁護士無料相談窓口の案内もあります。

どうぞ、次の一歩になるように
知っていると知らないでは大きな違いが出てくる
情報です。
たくさんの方に届きますように。


能登半島地震に対しても、情報が掲載されています。
被災した方々の生活を少しでも助ける情報のひとつとして
知ってもらえると嬉しいです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

再掲載:被災者生活再建支援ノート

2024-01-15 | だっことおんぶの体験会
この記事は
2018年9月19日にこのブログに掲載したものです
(ページはこちら↓)
https://blog.goo.ne.jp/odawarakodomobousai/e/84dc509f9f2b37337c38fd8d97a83f4d

発行は、日本弁護士会連合会です。

様々な相談をしに行く際
相談相手が変わるたびに
また1から説明することは
よくあることです。

非常時、このようなノートがあれば
どの立場の方がみても
どこまで進んでいるのか
この先について、スムーズにつながっていくと
思いました。

多くの方に知ってもらいたいノートです。

被災者生活再建ノート(日本弁護士連合会)
https://www.nichibenren.or.jp/library/ja/publication/booklet/img/20180208_hisaishanote.pdf
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

母と子の育児支援ネットワーク

2024-01-15 | 備える情報
母と子の育児支援ネットワーク さまが
今回の能登半島地震に際し
緊急相談窓口を無料で開設されました。
https://i-hahatoko.net/?p=2240

この窓口は
赤ちゃんのママに限らず
支援する方々にの相談にも対応しています。

対応してくださるのは
対応するのは医師か助産師の資格をもつ
IBCLC(乳児栄養支援の国際資格保持者)です。

非常時こそ、本当に信頼のできる方とつながり
的確な助言を貰えることが
何より大切なことのひとつです。

必要としている方に、つながりますように。


過去の関連記事
お勧め:【緊急相談窓口】災害時の乳幼児の栄養・授乳支援(2020年)
https://blog.goo.ne.jp/odawarakodomobousai/e/2bd9e6794c5790320ce2aab675e8f499

備える:母と子の育児支援ネットワーク(2018年)
https://blog.goo.ne.jp/odawarakodomobousai/e/86876dbe9054aff48dd6ff873afdc86d
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

災害時の子どもの生活ガイド

2024-01-15 | 備える情報
2024年1月1日に発生した
能登半島地震
新年をご家族・親戚・友人知人と迎えているさなかに発生し
今もなお、たくさんの方々が大変な状況を過ごされています。
心よりお見舞い申し上げます。

発生より2週間が過ぎました。

色々な情報をお知らせしたいと思いながらも
なかなか、投稿がすすみませんでした。

私からは
被災した時に少しでも知っていおたら
今後に期待が持てるような情報をお伝えしたいと思います。

まずは
NPO法人カタリバ の活動について
「災害時の子どもの生活ガイド」
https://sonaeru-online.studio.site/

「災害子育てサポート」としてLINEでも相談ができます。
能登半島地震で大きな被害が出ている地域で実施されている
「みんなのこども部屋」は
0.歳~18歳までの子どもの遊び場と言うだけではなく
子どもの学習支援や一時預かり所としても役割を果たしています。

また
子どものケア
保護者自信のケア
生活の立てなおし
子どもと関わる大人へ
それぞれの立場で知りたい情報が掲載されています。

多くの方に知ってほしい活動です。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする