岐阜/医大生が指導する明光義塾長良教室&芥見教室

医大生が個別指導する全国でも珍しい塾が明光義塾長良教室、芥見教室に登場しました。

★うっかりミスをチャンスに

2020年02月16日 16時50分47秒 | 学習塾

★ブラックホール
 

 高校入試も後三週間ほどになりました。3月1日は高校の卒業式、3月6日は中学の卒業式です。この25日には大学受験の二次試験、3月10日には高校入試と大事な試験が続きます。  この時期に来て分からない難問を解くよりも自信をつけることが大事です。生徒の皆さんはもっともっとと思うのは自然の成り行きです。でも今更難問に取り組んでもある意味仕方がないのです。今までにきちんと整理をしている方はそれを整理確認して下さい。今は兎に角自信をつける時期です。  
 
 色々な行事が続くでしょう。しかし、それは誰もが通りすぎてきた道です。獣道も誰かが通れば道になる。だが難問に取りくみブラックホールに入る事だけは避けたいです。 ブラックホールは星には恒星、惑星、衛星があることはご存じでしょうか。先日私は時間があったので岐阜天文台に行ってきました。聖徳学園の隣にあって将に田園の中に天文台はありました。入り口は門が閉め切られてその日は見れませんでしたが入り口に有名な矢橋式日時計がありました。私はこの天文台に資料の収集で立ち寄ったのですがその時このブラックホールを思い浮かべました。恒星は光を自ら出すことはできますが惑星や衛星は恒星の光の反射でしか光りません。ですが恒星は水素で出来ていますがそれが枯渇する一方外層は元サイズの100倍になる。動から解放されたガスが急速に質量を失いその質量から爆発が起こりブラックホールになってしまう。ブラックホールは光も通さない星だ。昼も夜も恒星でありながら闇の中に存在感を出して位置するのです。わたしが言いたいことはこのブラックホールを難問、あるいは自分の精神力に置き換えて欲しいのです。
 

 今更ここで頑張っても仕方がないことはありませんがそれよりも確実に点数を稼ぐことに力を入れましょう。それにはノートつくりはできているという前提で進みますが点数を上げることはうっかりミスをなくすことです。私は本当はこのぐらい取れていたのだけどもうっかりミスで失敗しましたというものです。最たることでは私立高校の滑り止めで三人落ちたことがあります。基本的に共通していたのは受験番号を書いていなかったことです。そのうち一人はシャープペンシルに英語の文字がいっぱい書いているのを使用していてそれがカンニングと批判されて落とされたことがあります。これも試験管に問題があると思うのですが注意するなら最初に言えばいいのに試験が終わってから注意したという誠に不親切と言うか適切な試験管でなかったと今でも思っています。その生徒は心配しましたが公立に合格しましたのでよかったですがもしも駄目だった時彼の人生が狂ってきます。ですから疑わしいシャーペン、消しゴムなどは注意ください。鉛筆も何本か用意し、消しゴムにしても下に転げて落ちた場合拾うこともできません。二個は揃えておくべきです。  そうしますと点数を上げるにはうっかりミスを直すこと。誰しも同じことを考えていますがうっかりミスはチャンスととらえてください。誰でもあります。それは高校入試は問題が易しいです。昨年の5科目合計点は先週書きましたが320点でした。この点数はうっかりミスをして損をした人、拾った人様々だと思います。ですからみんなうっかりミスをしますからその1点2点が大きく変動するのです。特に上位校に挑戦される方はその1点、2点に泣きます。逆に1点、2点に喜びます。あなたはどちらになるでしょうか・・・。  

 ミスについては理由があります。特に大学受験の場合は数学や英語、国語の場合時間がありませんからどの問題にしろどの公式を優先するか決めたら一直線です。とにかく回答を得ればいいというのでは時間がなくなりますしそれは中学生の解き方です。まさに進歩の跡がありません。もう一度高1、高2の方は考え方から直してください。  勿論中学生は時間があるわけではありません。時間は大抵誰もが足りないはずですが普段から時間管理が出来ている方は大丈夫でしょう。私どもは確認テスト20分ですが全て10分で終わらせます。通常のテストも50分の処45分で終えます。これはこの時間を体内時計にしているのです。そうすることで余裕が出てきます。この時間帯のイメージ、訓練はすぐには出来ませんが訓練すれば大丈夫です。よく聞く言葉に「速読ってあるでしょう?あれはぱっと本を見た時に活字がいくら目に入るかっての訓練なのです。多くは入ればそれだけ早く読み切ります。遅いと気が付くと時間がないということになります。特にここ2,3年は長文が多くなってきました。また記述問題も出てきました。語句の勉強を時間を図ってしっかりしておきましょう。
 
  国語の読み書きで24%、英語のリスニングで27%と配点が高いです。此処はチャンスです。絶対に落としたくないところです。この落としたくないところをうっかりミスをしてしまう人は意外と数学であれば自信のある方にここが陥りやすいところです。つまり喜びすぎなんです。喜んで名前書くのも忘れ一気に問題に取り組んでしまう。全く試験と言うものに対する考え方を指導していなければこういうことが起こります。    

 まず問題をもらったら問題用紙を見てください。まず表、裏、何枚あるのか。そして受験番号や氏名を書いてください。そこからは体内時計が発揮をするのですが体内時計の訓練をしていない人はまず出来る問題からやってください。得てして数学は易しいのから始めるのですが他の科目は頭から始める傾向が非常に強いです。これも間違いです。国語にしては最初に文章の長文が来ます、英語もリスニングのあと長文が来ますが出来る問題から始めてください。出来そうもない問題や完璧に出来ない、自分の力では無理だと思えばもうその問題は捨ててください。他でミスを拾うようにしてください。時間のロスです。ではどうやってうっかりミスをチャンスにするのか。単純に言えばうっかりミスを拾うことです。そのためには試験問題の隅っこに小さく計算されているかと思いますがそうでなくそれも見ずにもう一度解直ししてください。同じ解答ならいいし、間違っていればどちらかが間違っています。このように一度解いた問題の後を見てみると間違っていても合っている錯覚を起こします。まさに誘導作戦に引っ掛かりますのでその解いた式を見ずにもう一度別に解いてください。一度解いた問題は最初の十分の一の速さで解くことがことができます。きっと間違った解答を発見するはずです。
 
 そうすることで光さえ通さないブラックホールからの脱出は可能になります。今年の高校の予想平均点は320点+5点と予想いたしましたがそうしますと何点あれば目標の高校に合格するのだとなりますがそれは320点を偏差値50で計算してください。320点より下がれば合格の確率は上がりますから問題はないです。逆に上がれば+5点を50として計算をしてみてください。  http://mm-homepage.com/dozan/  の『志望校判定模試』参照ください。この偏差値は80%ですからマイナス3点までは可能圏内とみていいと思います。但し、商業、工業の生徒は内申点と入試の比率が5:5ですので少しその辺が心配ですが大丈夫だと思います。
 
 兎に角、今は難しい問題には手を出さないでください。自信をつけましょう。あと残り少ない時間をどう過ごすかが問題なのです。そのためにはノートつくりが非常に大事になってきます。今までできている方は問題ないですが中学1年生や2年生、高校1年生、2年生の方はもしもできていないのでしたら今からでも遅くはありません。ノートを制する者は勝利を掴みます。  最後に、コロナウィルスが流行ってきています。感染力が強いです。手を消毒することが大事ですし、マスクをすることも大事です。今までの努力を無にしないように頑張りましょう。

<今日の言葉>
『拳闘を始めて以来、日を重ねるに従って彼はこのスポーツに熱中した。打ち合うときのあの感動に加えて、試合の時に自分が一人きりであるということが彼の気に入ったのだ。  その秋晩く行われた、ハイスクールの全国トーナメントに、比較的選手の少なかったフェザー級で、早くも竜哉は選手の一員として出場した。組み合わせの抽選で、彼は運悪く最初の試合に前年度の優勝者を引き当てた。不運に同情する僚友に彼は笑って言った。 「相手が強ければなお良いじゃないか。十中八九はかなわねえ奴でも、万が一二にはチャンスが有るんだからね。見ている方にはつまんなくたって、やる方にとったらこんな面白い試合はないさ、やってみなくちゃわからねえよ。やってみなけりゃ』                      石原慎太郎「太陽の季節」

<今週のYouTube>
 
フランク・シナトラの『マイウェイ My Way』

「マイウェイ My Way」フランク・シナトラ、Frank Sinatra live

新年度生募集中!
春期講習入会特典 8コマ1000円~1100円(税別)

<詳細>
http://mm-homepage.com/dozan/

長良教室 058-210-1730
芥見教室 058-244-0170

 


★高校入試予想

2020年02月09日 16時51分48秒 | 学習塾

★入試の平均点

 高校入試まであと僅かです。今や目の色を変えて必死に頑張っています。中学生1年生や、2年生はそういう姿を肌で感じて期末末のテストをピリピリとして受け止めているようです。また高校生も大学受験の高校3年生の気迫を感じて今一度奮い立っている気がいたします。
 今年の岐阜新聞テストの最後第4回目のテストが返ってきました。受験者数は10298人でした。ほぼ受験されていると考えてもい今と思います。4回の岐阜新聞テストや実力テストを考えてみますと今年は平均点が少し上がるかもしれません。昨年の平均点は320点でした。30年度は305点と言う風になっています。各教科や分布表は公開されていますので貼り付けておきます。 https://www.pref.gifu.lg.jp/kyoiku/gakko-kyoiku/gakko-nyushi/17782/H31kekka-joho.data/7-12.pdf
 
 このようになっています。これに岐阜新聞テストを重ねてみますと色々見えてきます。岐阜新聞の第4回テストの平均点は下記のようになっています。
国58.9 数64.3 英60.8 理57.6 社53.8 合計295.4
 
 このようになっています。ちなみに岐阜高校の定員内平均点は453.5点、岐阜北高校は418.8点、関高校は380.8点でした。これを見てみますと岐阜新聞テストは非常に平均点が60点前後で落ち着いていますが昨年の入試で結果を見ますと国語が77点と突出しています。昨年の30年度は66点でしたから11点も上がっています。また数学の点数が54点でかなり難易度が低かったこともあったのでしょうか。これが305点から320点に押し上げた一番の結果だと思います。国語は非常に読解を要する傾向が強くなっています。従って時間が足りなかったという方もかなり見えますがそれは問題をもっと要領よく普段から解いていく速読力を強化する必要があると思います。英語の4技能ばかりに力を注いでいますと基本的な母国語が理解できなくなってしまいます。今日本語を見直す時が来ているのかもしれません。と同時にグローバルに世界に飛び出して国際人を多く作っていくということもあるかもしれませんが、ともあれこの調子でいきますと今年の入試の平均点は少し易しめの感じがします。それだけに数学、英語で調整をしてくるでしょう。結果的には320点が平均点だとみています。+5点の325点がMAXと思います。  

 中学受験も終わり私立高校の入試も終わり大学の二次試験がもうすぐ始まりますが最後は高校入試となります。今年は2020年度問題で揺れましたが新課程に入る最後の年ですから過去のデーターから逸脱してテスト的な冒険はしないと思われます。従って一般的な今までの方法でいいかと思います。簡単にまとめてみます。

<数学>

式の計算、平方根は出る。一次方程式または二次方程式がここ3年間出ていないのでどちらかは出る。因数分解、不等式は出ない。方程式の応用は出る。 関数と図形は必須。合同と相似、角度、三平方の定理は確率が高い。その図形では平面図形は出るが空間図形はほぼ出ないのが一般的。22年、28年に空間図形は各1問だけでています。面積、体積の計量問題を含め証明は出る。あと10年間で8回出た確率は今年も要注意。

<英語>

絵や図、グラフなどを用いてリスニング問題が出ますが比較的難しくはない。此処は配点は100点中27点で大きかったので是非稼いでもらいたい。あと長文の読解問題に慣れておく必要がある。こういった問題は日頃からやっておく必要がありますが明光義塾長良教室&芥見教室ではリスニング、長文は英語の時間には必須にしています。従ってここは稼ぎどころです。ただ文法問題も短文に合わせて出ますので語句の並び替え、英作などは落ち着いて何を聞いているのかしっかり見極めてください。

<理科>

基本的には中学で第一分野、第二分野と勉強したところの範囲内です。従って物理的領域、化学的領域、生物的領域、地学的領域が問われます。今年は物質の成り立ち、力の気息性、植物の体のつくりと働き、天気の変化が大問でした。特に実験については記述問題が出ています。昨年は化学で炭酸水素ナトリュウムの熱分解で実験方法の記述問題が出ています。記述はシンプルにまとめて書けるようにしておくといいです。今年も実験、観察や図、表などを用いた問題が出題されそうです。化学変化はここ2年間出ていませんが今年は出る気がします。この学年は化学式に弱点がある気がします。岐阜新聞テストからの感じです。仕事とエネルギーは大問として10年間に2度、26年、28年とでて3年間出ていませんので不気味です。あと太陽系と恒星は1年おきに出ていますが昨年は出ていませんので今年は順番から言えば出る番です。

<社会>

出題は大問3題、小問36題で小問数は3分野とも同数出題されています。記述問題数が多くなっています。資料、地図帳や年表などは時代の流れポイントをチェックする必要があります。 政治的、経済的な問題は特殊な問題は出ないと考えて差支えはない。教科書レベルで十分対応ができます。気候、風土。鎌倉室町時代、政治法律など国際社会とのかかわりも例年出ていますが今年は入試の問題作成が年の後半ぐらいには出来ているでしょうからあまり国際的な問題は出ないように思います。

<国語>
漢字の読み書きの比重が大きい。漢字3級程度で紛らわしい言葉がよく出ているがサービス問題として満点を狙うよう今からでも間に合いますから寝る前に10分間ぐらい見直しておきましょう。論説文が出たが論説文は一番点数が取りよい読解です。ただ独特の言葉を使うので難しいように思いますが一番稼げる問題です。嫌なのは小説の読解は難しいです。一昨年あたりから国語の読解の問題が長文化の傾向があります。これは過去問題で練習して下さい。私どもの教室でも過去問題は10年前からやってもらっています。昨年は昨年の問題で傾向となりますと4,5年前からが対象となります。古文は必須です。現文、古文は記述が出ます。また課題作文は今年も出ると思います。120字から150字でまとめる練習をしておきましょう。そして時間が厳しいですから最初からするのではなく出来る問題から手を付けていきましょう。詩、短歌、俳句などは出ません。2年前から対象になりましたので断定はできませんが10年間出たことはないですが対象になってから一度もありませんので抑えておく程度でいいかと思います。
 
 以上が私の感想ですが色々塾様の考え方指導の仕方は様々だと思いますが実際に受験される方は生徒の皆さまです。精いっぱい物おじせず頑張ってほしいと思います。そしてこの時期難問は避けてください。もう難しい問題に取り組む時期は過ぎました。今は自信をつけるときです。自信をつけるのであって自信を失うようなことをしてはいけません。仮に難しい問題に遭遇したなら必ず解決することです。引っかかる問題は即座に解決してください。そしてここで来年受験される方に伝えておきたいことがあります。それはノートづくりです。試験直前にどの様にしたらいいのか考えている方は自分のノートがないのです。これは大学受験の高校生も同じです。最終的には物事は要領よくシンプルにまとめ上げたあなただけのノートづくりが左右するのです。そのことをよく覚えておいてください。

<今日の言葉>

『あなたにとっての最も大きな冒険は、あなたの夢に生きること』                   オプラ・ウィンフリー

<今週のYouTube>

森田童子 - 『チィチィよ ハァハァよ

新年度生募集!
無料体験実施中!
<詳細>
http://mm-homepage.com/dozan/

長良教室 058-210-1730
芥見教室 058-244-0170

 


★新年度生&春期講習生募集

2020年02月02日 16時31分14秒 | 春期講習

 

★私立高校入学試験
 

 好天に恵まれた今日は私立高校のテストです。入試直前には過去問題をかなりしましたので大丈夫と思います。塾の方では2月1日(土)、2日(日)と全国高校共通テストを実施していますがこのテストは十数年前から実施しています。元々はシニア模試と言っていましたが共通テストが近づいてきましたので二年ほど前から名称が変更になりました。志望校が6校判定できます。明光義塾長良教室&芥見教室は志望校判定模試で小学4年生から実施しています。従って志望校は小学4年生から5年、6年、中学1年、2年、3年高校1年生、2年、3年生と全学年実施しています。何故こういうことを始めたのかと言いますと個別指導で完全に5科目受講される生徒はほとんど見えませんでした。しかし、指導する側は受講をしていない成績が気になりますしなかなか本音の部分は見えない状況が続いてきたのです。そういう中でこのテストをすることで全科目の中身を把握することが出来たのです。しかし、受験しない生徒が出てくることも予想されますので受験料は『志望校判定模試』『全国高校共通テスト』の費用を半額DOZANgroupで負担をしています。そうすることで全員受験をしてもらうことになって十数年が経過しましたが本部も同じようなものを利用するようになったそうですが費用等については異なると思いますが私どもはそれなりの歴史があり理由があって現在まで来ましたので今更という感じであります。従って他の明光義塾の教室とは費用は違いますが私どもはそういう理由からで今更同じ金額にはできないです。何故なら費用は半額負担をしているからです。
 

 次に新年度生&春期講習についてお話していきたいと思います。講習に関しましては塾内生と講習のみの塾外生では金額は異なりますが塾外生、つまり講習のみの場合は教室長までお問い合わせください。  新年度生に関しましてはお月謝は明確に掲示してあります。http://mm-homepage.com/dozan/ 『料金システム』の欄を見てください。ここに計上をしています。講習費につきましても最初のトップ画面をクリックしていただければ出てまいりますがこの部分については説明が必要となりますのでお話を致します。

★新年度生&春期講習生徒募集開始

*春期講習
<期間> 3/10~4/6 但し、日曜日と3/29,30,31はお休み
<入会特典>
*入会金無料
*志望校判定模試無料 4/12実施 *全国高校生共通テスト無料
*特別講習費<下記掲載>(税別)

2月、3月入会の場合 定員各教室30名
小学生 1000円 8コマ
中学生 1000円 8コマ
高校生 1100円 8コマ


 4月6日までに入会の場合はいずれの学年も4コマとなります。
 但し、教育維持費、教材費は必要となります。教材費は通年用と講習教材が必要となります。また注意が必要なのは小学生、高校生は週1回から長良教室&芥見教室では受け付けていますが週1回の場合は4コマになります。  中学生の場合週2回以上となりますので基本的に1か月分が通常コマ数になりますから通常月謝+講習=16コマになります。これに4月度は土曜講座が始まりますから第一週の2コマが加算されますと18コマになります。1コマは90分、指導形態は通常通りとなります。 ここで注意をして欲しいのは上記コマ数は講習期間内に受講をするという事になります。従って曜日によってコマ時間は変化していますので調整をしてください。部活などまた不意に急用で受講が出来ない場合は『振替』を使ってください。前日までなら理由なく変更可能です。 このように春期講習は致しましたが飽くまで本部との統一ではありませんのでご注意ください。特にブログgooや楽天を見ている方は全国の方が見られていますし高校受験/大学受験の人気ランキングに参加をしていますので私どもの構成が明光義塾の構成とは必ず一致は致しません。これは他の教室の於いても同じかと思いますのでご確認ください。
 
 
 オンライン授業としてはZ会アオイゼミやBit・campus、 Quipper英語リスニング、予備校講師のMEIKO MUSE などがありますまた『特待生制度』も設置いたしています。  
 この特待制度は岐阜高校、岐阜北高校以上を目指される方で将来次代のエースとして役立っていただける方を応援いたしています。偏差値63以上が対象となります。特待生に関しましては直接教室長とお話しください。実力テストや学校の成績など持参のうえでお話が出来れば幸いです。基本的には私どもの志望校判定模試で63以上を確保されている方を応援しています。
 
 また先ほども出てきました『土曜講座』についても若干お話しますと個別指導で最近は5科目指導という事がよく見受けられるようになりましたが私どもは十年以上前から実施しています。そういう意味では早くからやっているのですがこのことであまりご理解されていない方もお見えになるかと思いますので再度お話したいと思います。  土曜講座は生徒のアンケートから生まれました。つまり自習室で勉強するのはいいが指導して欲しいというものです。好きな時に来て好きな時に帰る自習はかなり難しいです。友人と一緒に来て一緒に帰るというどちらかと言いますとおてて繋いでという感じになってしまうのです。
 従って指導をして欲しい、その代わりきちんと勉強をするという事で始まったのが土曜講座です。通常は講師に対し1:2,3人ですが土曜講座は1:4,5人になります。振替など学習プログラムはありません。一か月の土曜講座の費用は小学生週1回は4400円、週2回の場合は2200円です。中学生は4400円、高校生は5500円となります。いずれも税込みです。高校生の土曜講座は週2回以上からが対象となります。従って週1回1科目が現実に出来ました。例えば中学生で月、水と見えてる場合土曜日のC・Dコマで理科・(社会国語は隔週)となります。週3回見えている方は完全に5科目毎週1科目徹底してできます。一方仮に中学3年生が2年生の復習をしたいと言えばそうすればいいのです。すべてのコマ数を数学をしたいというなら全て数学でも構いません。基本的に解答があれば教材は何でも構わないようにしています。但し、少々長良教室と芥見教室では異なる点もありますがその辺は根っこの部分は同じですので問題はありません。河合塾の全統模試、駿台模試、岐阜新聞テスト、実力テストの問題解説など構いません。
 
 もう一つこの土曜講座には特典があります。それは兄弟姉妹が土曜講座を受講する場合一番高い金額を支払っている方、高校生ですと5500円、中学生ならば4400円となりますが高い方が一人払えば残りのご兄弟姉妹の方は土曜講座の費用は無料となります。これは一番明光義塾をご理解していただいているのは実際に教室に来ていただいている皆さんでありますのでそのご家族のご兄弟姉妹の方がお見えになるのでしたら実質1か月C・Dコマ週2回分ですから8コマありますが無料にしても何も問題はありません。私どもは金額は触ることはできませんが土曜講座は長良教室&芥見教室のオリジナル講座ですので可能になります。十数年実施してきましたがこの兄弟姉妹無料は二年前から実施をはじめ今やご兄弟姉妹の方はかなり多く有難いことに参加していただいています。集団塾が月謝半額という事を数年前から打ち出していたのですが悔しい思いをしていましたが今は解決いたしました。
 このようにかなり各明光義塾と言えども違っています。少なくとも私どもは前向きに少子化の中でも頑張っていくには質的なことはもとより企画的なことにおいてもしっかりと同じ土俵に上がるのでなく他塾が出来ないことを実現していきたいと考えています
<今日の言葉>
『「万年補欠で3年間ボール拾っていました」。と胸を張って言えるような子供を作りたい』               広陵高校 中井哲之監督

<今週のYouTube>
芹 洋子の『坊がつる賛歌』

坊がつる讃歌  芹洋子

新年度生募集!
春期講習生募集!
<詳細>
http://mm-homepage.com/dozan/

長良教室 058-210-1730
芥見教室 058-244-0170

 


★入試直前講習

2020年01月26日 10時53分30秒 | 学習塾

 

★高校入試まで50日を切る
 

 どんよりとしたお天気です。それでも今年は暖冬で野菜が安いとのこと。そういう意味では新鮮な野菜を食べて心新たに入試の日を迎えたいと思います。野菜と言えば私は大の野菜嫌いでした。50歳近くまでほとんど食べずに無理無理食べていたのですが最近といいますか10年ほど前から妙に触感が変わり野菜の美味しさが分かるようになりました。それまでは肉食系で毎日食卓に肉がないと憮然としていたのですが食べ過ぎて高脂血症になってしまい心筋梗塞で倒れるという不規則な生活、食生活から当然のようになってしまいました。今でもステーキなら300gは食べることはできる。それぐらい肉、肉の日々でしたが倒れてからは一日4箱吸っていました煙草も止め20年ほどが経ちました。お酒も毎日学生時代から切らすことなく飲み続け彦根に転勤するまでは日本酒一辺倒でした。冬も夏も日本酒でしたが体をアルカリ性に変えるためにもっぱら酒は焼酎の甲種、ワインはイタリア、フランス、カルフォルニア産を飲むようになりました。それにしても野菜が美味しいと初めて思ったのは何とお漬物でした。私は人参がとても嫌いでしたがある日彦根の毎日行っていました居酒屋の女将が出してくれたのが人参のお漬物でした。人参は焼き飯やお寿司などでも小さくても除いていましたがこれが絶品なのです。以後野菜に対する考え方が変わってしまいました。しかしながら今でも煮物や丼物は嫌いで魚にしても野菜にしても全く手に付ける気にはならない。瑞々しい野菜の香りがするような食卓に並ぶのは最早私の食生活に於いては欠かすことはできないものです。ちょっとした角度からの見方を変えれば変わる。実は生徒の皆さんにも一人ひとり物差しを変えて見ていっていますがどうしても自分の物差しで測ってしまいがちですが十人十色で物差しもその通りです。ですから見方、考え方を少し変化をつけてみることによって随分と子供たちも変わってきます。そう感じたのは学習塾を始めて10年ほどでしょうか。それまではがんがん攻めることしか考えなかったです。
 

 そういう中で成績は比較的に上昇していきましたがこれは間違いだと気が付いたのはその後でした。個別指導塾が多くの保護者の方、生徒の皆さんに受け入れられるようになってからでした。それまでは集団塾が個別指導を始めようが新しい個別指導塾が出来ようが全く気にも留めませんでしたが気が付くと右も左も個別指導、そしてやっていることはほぼ同じようなことをしていることに気が付きました。  

しかし、そんな塾にはなっていなかった。素晴らしい講師の皆さんのお陰でそのことが分からなかったのです。今はそういう時期も野菜嫌いの私が新たな挑戦に進んでいくことが楽しくてたまらない。そういう時期に来ました。どんな新しい子供が見えるのだろうか、そしてこの子の高校、大学はどこへ行くのか・・・、そんなことを考える日々です。
 
 今日は毎年厄払いに行きます岐阜市の通称かさ神さん、延算寺に厄払いに行きます。毎年恒例でして家族一同でお祓いをしてもらっています。物事を期待するのではなく単に気持ちの問題ですが兎に角我が家の伝統行事は続けるということで有難いことにご住職とも親しくさせていただいています。  私は四国の山村の生まれですが転勤族でしたので岐阜に居を構えるとは思いませんでしたが気が付けばここに住み親戚も出来いつしか岐阜の仲間入りをしていました。しかし、四国から墓地を移転することについて母親が土葬でしたので大変でした。実家のご住職が私の後輩ということや父親が熱心な檀家であったということもあって高野山で修業をした同級生をご紹介しますと言ってして頂いたのが延算寺のご住職でした。そこでご相談をして墓地の移転を数年前に致しました。このことは「僕が故郷を捨てた日」というブログのタイトルで書いています。  そんな理由で始まった厄払い、今年も全員が揃うのは今日しかなくこの日に行くことになっています。
 

 さて、岐阜新聞テストも第4回の返却が始まりましたが如何でしたでしょうか・・・。今年の学年の皆さんは確かによくできます。平均点が300点で4回とも確保できるのは問題にもよるでしょうが出来る生徒が多いということでしょう。二極化されていますので上位が点数を引き上げていることは間違いないです。しかし、偏差値は変わりません。あくまで総合点でいきますと誤りますので偏差値でお考え下さい。 http://mm-homepage.com/dozan/  の『志望校判定模試』の欄に偏差値を書いてありますのでそこに当てはめれば大丈夫です。この偏差値はMAXですからマイナス3点は許容範囲と考えてもいいと思います。但し、内申点も絡んできますのでブログの中の人気記事に内申点と入試の点数比率の考え方を参照していただければ幸いです。
 

 4回のテストを通じて飽くまで点数のみで考えるとすれば10点ほど通年より高いです。偏差値はわかるが点数が気になるとお考えの方は10点プラスしてお考え下さい。岐阜高校は100人もオーバーはしませんが今年は高校の無償化で補助金が出ますので思い切って受験される方も多いかもしれません。そのあおりを受けるのが岐阜北高校や加納高校に皺寄せが来ることになります。しかし、これも例年通りですので焦らず自分のペースで進めてください。
 
 ご父兄の方もご心配でしょうがお子様が落ち着かないようでしたらワンランク下げた方がいいかもしれません。どうしてもそこでないといけないという選択肢はありません。大学にしてもそうだと思いますが決めつけることも大事ですがそのことで体調を崩したりするとそれこそ大変です。まずはお子さんの気持ち優先に考えていって欲しいです。
 
 ここからは新しい生徒募集についてお話を進めていきます。  学習塾に初めて行かれる方もお見えですが習い事の多いこの時代、体験にしても従来のような必死感、緊張感はあまり最近は感じません。ある意味体験慣れをしているのですが体験のどこを見ているのでしょうか・・・。無料体験などについては色々書いていますのでその都度見てくれればいいです。ブログはこのライブドアだけでなくgooや楽天にも書いていますのですべての中心はこのブログになっていますのでこのブログのURLを入れておきます。http://blog.livedoor.jp/o_dozan/
 

 私ども明光義塾長良教室&芥見教室は独自の考えを沢山いれています。それは先ほども言いましたが物差しなのです。実は私にも物差しはありますが生徒の皆さんにも物差しがあることはご理解できると思います。その中でこうして欲しい、ああして欲しいということは必然的に出てきます。ブログと言えば写真を載せてワンポイントをかいておく、最近ではinstagramに載せることが主流になってきていますがもともと『まぐまぐ』に書いていたこともあって私のブログはどちらかと言うとブログではなくコラムになります。言いたいこと皆さんに伝えたいことは一つの考え方に対してへの伝言で評価は結果であり口コミであり第三者の方が物差しで測られていくわけです。それを私どもは待っているのです。そこにアイディアが生まれてきますし、実際土曜講座』などは昔から今まで続いている人気講座になっています。他の明光義塾の土曜講座はどのようなものかは知りませんし飽くまで私どもの塾は家庭学習の充実、全科目の拘り、講師の質、教材の適正化などまた土曜講座では兄弟姉妹の方の金額は誰か一番上の方が支払えばあとは何人でも無料に適用となります。またオンライン授業も活発に実施しています。Z会アオイゼミの動画配信、Bit・campus の塾用教材など小学4年生から中学生、高校生と全てに対応をしていっています。現在は英語の授業はリスニングクイパーも実施しています。
 
 講師陣は元教職の先生や予備校の講師の社会人や医大生や薬大生、名大生などセンター90%以上の方が学生と言えど指導いたしています。従って高校生も全科目対応ができるのです。この中身については2月、3月のブログ毎週日曜日更新でお話を進めていきます。
 昨日は岐阜市でもかなり私立大学の受験がありました。2月2日は私立高校の受験です。そして3月の卒業の後に公立高校の入試があります。順追ってご説明していきたいと思います。
 
 最後に長良教室、芥見教室では『入試直前講習』の募集をしています。長良教室と芥見教室では受講日は異なりますので教室長までお問い合わせください。午後2:00から夜の10:00まで休憩、食事タイムを挟んで特訓をいたします。塾外生の方も参加することはできます。締め切りは2月1日(土)となっています。
<今日の言葉>
『発見との旅とは、新しい景色を探すことではない。新しい目で見ることだ』                      吉川英治

♪ツヨク想う 絢香 (Live)

入試直前講習募集中!
新入生大募集!
無料体験実施中!

<詳細>
http://mm-homepage.com/dozan/

長良教室 058-210-1730
芥見教室 058-244-0170

 


★次は高校受験

2020年01月19日 16時46分57秒 | 学習塾

 ★センター試験
 

 昨日18日、今日19日はセンター試験でした。三年間の夢をつなぎながらの試験はどうだったでしょうか。皆さんの健闘に心から拍手を送ります。ただこれからが本番ですので志望校が絞れるというだけで目的は二次試験に向かっていきます。    
 今年のセンター試験は最後の最後まで利権が絡み多くの問題を残しました。結果的にセンター試験は今年が最後で来年度からは共通テスト』になります。今までのセンター試験に戻るということではありませんので来年受験の高校二年生の方は誤解のないようにしてください。センター試験についてはオトナンサーの記事が面白いことを書いていますのでここに貼っておきます。 「センター試験30年の功罪」 https://otonanswer.jp/post/57338/
 

 さて、次は高校受験に入ります。先週12日は岐阜新聞テスト第4回でした。ある入会の方からのご質問に某塾では岐阜県模試のみで岐阜新聞テストは受験させないのですがそちらの方がレベルが高いというか正確ではないのでしょうか。また本当に某塾の生徒は岐阜新聞テストを受験しないのでしょうかというご質問をいただきましたがまだこういうことがまかり通っているのかと少々驚きましたがお答えしておきたいと思います。    
 昨年の高校受験をされた方は約13000人です。それ以外の方は就職されたと考えてもいいのですがほぼ高校に進学されています。今回岐阜新聞テストの受験者は先般岐阜新聞報道によりますと11000人が受験されたそうです。そうしますと某塾の生徒は昨年の生徒数をMAXとしましても2000人が自分の塾生ということになります。現実には相当の優秀な方は受験されていない方が見えます。私どもで岐阜高校に受験し合格した人でも岐阜新聞テストは一度も受験していないし塾も行ってはいない人が多くいると言っています。つまり心配で内緒で受験しているということになります。誰だって心配なわけですから多くの受験を受けたらいいと思います。
 もとより岐阜新聞テストは6月の末の日曜日が定番でした。それが県模試に押し切られ岐阜新聞テストは8月の第3日曜になりました。結果県模試の受験者はあまり宣伝もなく受験をしています。それも某塾中心にして。此処にもセンター試験の記述模試のような利権が絡んでいるような匂いがします。もともとこの試験を昔受験させたこともありますがどちらにしましても分母の数は岐阜県の生徒数で全部が某塾の生徒ではないのですから言う方も言う方ですが守る方も守る方です。如何に子供たちが落ちないように正確な偏差値を http://mm-homepage.com/dozan/ の『志望校判定模試』参照 出してあげるのが大事かと思います。生徒の人生がかかっているということをもう一度考える必要があるのではないでしょうか。
 

 私どもは学習塾ですが全国区の塾です。東証一部上場『コード番号 4668』の塾であります。従って株主の皆さんがお見えになります。IRで正確な情報を出す必要があります。まさに寄り添うであります。口だけでなく心から寄り添うことが必要になります。生徒を利権の対象にしては可哀想です。指導と経営は別物です。
 

 公立高校受験の前には2月2日の日曜日には粗方市内の私立高校が試験を実施いたします。今年は単願の生徒が非常に多く、反面上位校を目標とする生徒も多いです。二極化は生徒が少子化の中で大きく割れてしまったわけです。ですから『勉強を教えない塾』という塾もいいキャッチスローガンだと思いますがそれはそれで特徴があるのでしょう。
 明光義塾は勉強について基本的なことは勿論ですが一番大きなことは小・中・高の一貫校であるということです。今や岐阜高校、岐阜北高校、関高校、各務原西高校など単位制の学校が増えてきています。これは2020年の共通テストに合わせて3年生で受験体制に入るということが歴然としているわけです。科目も5教科7科目でなく全科目評定の対象となっていきます。推薦があっても推薦はしない。つまり合格した者が緊張感を壊すわけです。岐阜高校では伝統行事20年の水をかぶりエールを送る『水垢離(みずごり)』がありました。一年生の応援団員が頭から水を被りセンター試験に送り出すのですが気合であります。
 

 この大学受験はこれからセンター試験の解説やボーダーラインなどが開示されてくると思いますが分析力は絞り込みですからある意味高校受験も同じかもしれません。問題は今できることです。今大学受験生にしろ高校受験生にしろできることはまとめの確認しかありません。つまりノートの整理をどのようにしているかで決まるのです。黒板に書かれた文字を写す作業に終始された方は多いのではないでしょうか。先生の話を聞いてるだけであまりノートも取らない、しかし成績は素晴らしい点を取るという生徒が皆さんの周りにいませんか?そういう方は特殊能力を持っている、優性遺伝だから仕方がないと思っていませんか?あの人は別格の人です。とてもかなう相手ではないですと思っている方がもしもいましたら大きな考え違いをされていると思います。勿論1+1=2ということはわかりますが(これがわからない人が多いのも事実です)答えは2ではなく3または4なのです。そういう訓練を日ごろからしている方としていない方の違いをお考え下さい。勉強は手品ではないのです。勉強の仕方がよく分からないということを聞きますし事実勉強の仕方教えますってうちの塾も言ってるかもしれませんがそんなものはありません。勉強ができないことに対して責任転嫁をしているだけ、もしくはそういう風に考え自分自身を慰めているだけです。勉強はやらないとできません。ただ基本形は指導いたしますが応用は自分で考えていただきます。小学生から勉強しているのですから・・・。もっと一般的なお話をしますと野球で素晴らしいピッチャーがいたとしましょうか。それがプロに行ってコーチにどこが悪いここが悪いと指摘をされて結局はものにならず潰されたということをスポーツの好きな方ならお分かりになると思います。つまり自分の持ち味まで殺したのでは何も残らないし考える思考回路がショートしてしまうのです。結局は基本は教えてもそのことを如何にこなしていくかは生徒自身の問題です。昨今はノートに問題を書いていくのはいいのですが答えの〇付けすら生徒自身がするというのがほとんどです。集団塾では全くその通りで個別指導にまで転嫁されています。私ども明光義塾の他の教室は知りませんが長良教室&芥見教室では答え合わせ答えの間違いの解説を要するために〇付けは先生がいたします。答えを見て答えを写して時間が経って終わりではなんと悲しいことでしょうか・・・。勉強はある程度量をこなすことも大事ですが出来ない問題を出来るようにすることが大事です。そこに感動や喜び、意欲が出てくるのです。いくらできる問題を何ページもやっても意味がないとは言いませんがそれはそれでいいとは思いますが勉強のレベルということになればそれは少々お粗末だと思います。
 

 できる方は完全に自分のノートが作られています。ですから授業中は先生の顔を見ていればいいのです。中には予習中心にさせてくださいという方も見えます。偏差値60以上の方ならそれもいいかもしれませんがそれ以下の場合復習に力を入れてください。敢えて予習をするならば英語の単語を覚えておけばいいでしょう。あとは深く深く復習、類似問題これをしていきましょう。予習をしていれば先生の話がよく解るからいい点数が取れるというのは真っ赤な誤解です。私は平均点の生徒に予習をしなさいとは言ったことはないです。ワークをしてするところがなくなったというならもう一段ギアを上げてください。その生徒が偏差値50であるなら55の問題、60の問題をしてあげてください。

「できただろう?これがこの問題のポイントなのだよ」
 

 これが基本的な勉強だと思っています。半面60以上の方は予習どころかもっと先を言ってください。私どもの生徒に夏休みが明けた9月には中学で学ぶ問題は全て終えてしまった生徒がいます。テスト対策もしません。そういうものは全て超越しているわけです。ですから一概に勉強と言っても色々なわけです。その生徒に合った勉強法を取り入れてあげる必要があります。
 

 高校入試まであと50日、何としても目標は決まっている以上頑張りましょう。また高校生は大学受験について必死に没頭してください。「目から血が出るぐらい」頑張れ受験生! 

<今日の言葉>
『今はないものについて考える時ではない。いまあるもので、何ができるかを考えるときである』                
                ヘミングウェイ

 

斉藤和義 ずっと好きだった

新年度生募集中!
無料体験実施中!

<詳細>
http://mm-homepage.com/dozan/

長良教室 058-210-1730
芥見教室 058-244-0170


★塾と予備校

2020年01月12日 21時42分29秒 | 高校生の個別指導

 

★成人式と第4回岐阜新聞テスト
 

 今日は曇天でしたが雨も降らず成人式も無事に終わりよかったです。まずはおめでとうございます。私どもの講師の方も10数名成人式を迎えました。何故か静岡県は早く5日の日に実施されています。それぞれに理由があるのでしょう。厳密にいえば成人式は岐阜市の場合明日ですが今日実施しています。色々祝日が並びますが昨年の十連休のように休みが多くて休むために伝統行事が変更されていく。これは私個人としては反対です。伝統行事は伝統を守ってこそ伝統があるわけで連休の狭間に入れるなんてのは正直反対です。ともあれ成人式を迎えた方はこれからは大人として何事も要求されます。大人になったから何もかも自由だということではありません。勘違いをなさらないでください。
 今日はまた岐阜新聞テストの第4回最終回でした。ボーダーラインの方は気が気でないと思いますが腹をくくって頑張るしかないです。多くの問題を解くよりも正答率を上げてください。偏差値のボーダーラインは http://mm-homepage.com/dozan/ 『志望校判定模試』の欄参照 もう無茶苦茶にいくらでも来いってもんで問題に取り組んでいる方が見えますがそれはそれで大事なことですがある程度のレベルが来れば今度は時間と正答率を高めましょう。ここがポイントです。そういう方はかなり高得点を取っている方に多いのですが1点に泣くということがあります。1点に笑いましょう。そして必ず合格するという意思を持ちましょう。まずは気持ちです。
 また塾の方では小学生・中学1年生・2年生対象の志望校判定模試を実施いたしました。中学1年生で今ならどこの高校に行ける、しかし希望した高校には行けない。この点数の差は何を克服するのが手っ取り早いのか。それが子の志望校判定模試の基準です。このテストは全国模試ですから相当数の方が受験されます。ですが受検はするが塾によっては志望校を判定するには至っていないようです。私どもは10数年この志望校に拘ってきました。第一目標に行くために、それが塾としては当然のことではないでしょうか。  では本題の『塾と予備校』についてお話を進めたいと思います。今まで共通一次、センター試験と大学受験は予備校が全てでした。しかし、ここに来て様子が変わっています。この記事を紹介します。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200106-00010002-cancam-life
 

 塾と予備校では何が違うのということですが今やほとんどの方が大学進学されます。その時予備校の内部はどうでしょうか・・・。つまりどのような分析をされているかということです。今までは猫も杓子も予備校でした。しかし、予備校に行っても分からない。それはある程度の水準のある子はいいかもしれませんが。学力的にどのコースを志望するかでクラス替えをインストラクターと相談して区別するわけです。でもよく考えてください。自分の能力はそのコースでいいのですか?学力的にいいのですか?テストはどのコースも分け隔てなく受験できるのです。そうすると問題はできない生徒の場合何を基準にするのかということが大事になります。
 得意科目は予備校でいいでしょう。でも苦手科目はどうでしょうか。苦手は特別に指導していただかなくてはいけないのではないでしょうか。そうです個別指導しかないのです。個別に勝るものはありません。敢えて言いますと従来の個別指導塾はできない生徒が対象というイメージでした。しかし、私が個別指導を始めて20数年、個別指導はできる子も個別指導じゃないかということです。私どもの教室でも過去の実績を見ていただければわかります。 http://mm-homepage.com/dozan/  岐阜高校、岐阜北高校に毎年生徒を送り出しています。つまり個別はもう昔のようにできない子が行くという時代ではなくなったということです。その変化が今予備校に移動しているということです。ですから併塾が多くなってきました。苦手は個別の方がいいです。また予備校に行ってもついていけない方は個別の方がいいに決まっています。また推薦入試、AO入試などを目標にされている方は最初から個別の方がいいです。
 

 私個人としては高校生を指導する塾は医学部、薬大生、名大生やその他センター90%確保の講師陣、また元教師の方など色々と専門的に関わっています。その分テストはありませんから個別がいいのはわかります。テストは何故集団塾にはあるのでしょうか?そして個別にはないのでしょうか?この答えはものすごく簡単なのですが半面凄く誤解されている方が多いのも事実です。つまりテストがあるからその塾は優秀な塾かと言いますとそうではありません。授業をするにおいて頭を揃える必要があるわけです。遅れている子がいれば邪魔になるし面倒を見れないということです。昔子供が多い時は集団塾も3クラス、4クラスと学校並みにありましたが今やよくて2クラスです。中にはクラス分けすると経費が掛かるので1クラスの場合もあります。そうなると集団塾の良さはありません。個別は一人一人がクラス分けです。ですからテストは必要がないのです。この点の誤解を解いてください。
 

 学校も集団携帯から個別に変わっています子供の個性を生かしてのびのびと大きく羽ばたかせてあげたいと思います。それにしても国語の高校の指導要領が変わるようなのですが小説文が変わってきそうです。まずはその記事を読んででみてください。https://dot.asahi.com/aera/2020010800015.html
 

 このようになっています。時代が変わる今学力をつけるのは結局は自分との戦いです。本日岐阜新聞テストでうまくいかなかった人は諦めて希望の高校を下げるかもしれません。また手ごたえを感じた方は行け行けどんどんであるかもしれませんがどちらのしろ慎重に進めてください。特に勉強以外のインフルエンザも流行しています。体力を温存しセンター試験まで1週間を切りました。此処でグダグダ言っても仕方がありません。自習室を大いに利用しましょう。やるだけやってそのうえで駄目なら仕方がないがやらずに駄目なのはレッドカードです。頑張れ受験生!

<今日の言葉>
『目に見えるものが、ほんとうのものとは限らない』              
           村上春樹

<今週のTouTube>

永井龍雲・・詩集

新年度生大募集!
無料体験実施中!
<詳細>
http://mm-homepage.com/dozan/

長良教室 058-210-1730
芥見教室 058-244-0170


★途上にて

2020年01月05日 14時20分40秒 | 学習塾

 

★途上にて

 昨日4日(土)から明光義塾長良教室&芥見教室は後半戦に入りました。10日までになりますが12日日曜日には小学生・中学1年生、2年生の『志望校判定模試』を実施いたします。小学生は偏差値のみで(中学受験の方は昨年の12/7に実施済みです)中学生は5校まで判定をいたします。このテストは明光義塾の統一テストとは違いますので誤解のないようにしてください。テスト内容は http://mm-homepage.com/dozan/  に詳細に書いてありますが学年が違ってもこと偏差値は変わりません。

 このテストは15年ぐらい前から実施をいたしています。中学1年生から志望校の判定をするのですかと当時は随分批判も受けましたが今ではあまり珍しくなっていません。しかし、少ないことは事実です。私は個別指導というものは集団塾でもそうなのかもしれませんが自分の立ち位置を確認しておくということは非常に大事だと思っています。そうしないと指導ができないのではないでしょうか・・・。

 小学生の時代一般的には80点以下があればかなり中学で苦労をいたします。90点以上取っても怪しいのです。では何点取ればいいのかといいますと常に100点なのです。何を馬鹿なことをとお叱りを受ける覚悟でお話ししていますがそれだけ問題が易しいのです。そこで中学になって先生が科目の担任制に変わりますとついていける子といけない子が出てきます。今までは同じ先生が指導してくれたのですが中学では違います。このことに耐えれなく学校が面白くなって不登校や引きこもりになってしまう場合もあります。これが『中1の壁』と言われる所以であります。

 私ども個別指導に関わってきたのは個別指導は非常に珍しかったからです。端的に言えばそういうことになります。気が付くと20数年となっていました。しかし、今やどこの塾も個別ばかり。集団塾+個別指導の二本柱です。時間で安く表示したり指導内容で集団+個別で抱き合わせて安く見せたりしていますが安いことはいいことですが今やその先を目指さなくてはいけないのではないでしょうか。ただ個別に指導するということであればどこも同じ、ならば学力は別として安い塾がいいに決まっています。但し、これには成績がどうのこうのと言っても始まりません。ひたすら指導するだけです。

 最近私どもはZ会アオイゼミを導入していますがそういうオンライン授業はどうしても必要かと思います。ただここでいう小中一貫校がモデル二校が岐阜市にできますがそこに既にタブレットを無償で配布、一人一台という理由です。ある中学校にはすでに無償で配布され授業前30分ぐらい時間を取ってやっていましたがいつしかやらなくなったそうです。これは理由を聞いてみますと問題が易しい、根気が続かない、引っ張ってくれる人がいないのでいつしか誰もしなくなったというものです。そういう環境つくりにした先生たちにも問題があると思いますが無償で個人情報目的に学校に天下りの方の力で教材を売りこんでくる。教材を売るというよりか生徒のデーターが欲しいのが理由ではないかと思いますがこれも困ったものです。

 従って今後の個別指導塾はAIのようにインストラクター一人でタブレットに生徒が向かうというようになるかもしれません。また個別指導は誰でもいいような入会システムを取っていますがこれも一種の基準ができる気がいたします。そうしますとどこかの塾が求人欄で平均点以上の生徒ばかりですので呑み込みが早く仕事は楽ですと募集をしていましたが果たしてそういうのもありかなとは思いますが何か違うのじゃないかなと思うのです。確か塾経営という点で考えますとそういうやり方もありでしょう。ボランティアではありませんので利益誘導で進まなければいけないのですから致し方ないのかもしれませんね。教育、奉仕難しいところです。割り切れる方は楽でしょうが・・・。

 中学生はそういう中でも多くの方が授業参加していますが問題は高校生でしょう。明光義塾の一番の特徴は中学3年生と高校1年生のお月謝が同じ金額であるということです。私どもは土曜講座の関係上中学生は週2回以上を基本としていますが高校生は週1回から選択できます。非常に継続しよくなっています。ですから高校に入りますと夏休みが終わると理数科文系科に選択する必要があるのですがここがポイントになります。

 小学生の場合も同じですが週1回から選択はできますただ明光義塾には小学生の場合45分授業、60分授業、90分授業の3種類ありますが長良教室&芥見教室は90分授業を選択しています。従って45分授業や60分授業は致しません。かといって90分おとなしくできるかという問題になりますとまだまだ幼いですから非常に難しいです。従って90分を2科目に分けています。算数45分、国語45分という風に目先を変えています。最近は英語を取る方が多くなってきましたが芥見教室では現在の6年生は中学1年生の教材を半分以上この冬から初めて進めている方も見えます。何も驚くことはないのですが中学受験をする方は90分は1科目にしています。甘い考えでは難しいですので『土曜講座』を併用してお月謝を半額にするように仕向けています。小・中・高にしましてもご兄弟姉妹が時期が同時でなくともどちらか高い方が優先しますが一人支払えばあとの方は全て何人でも無料にしています。つまりお月謝の半額が実現した理由です

 高校生の場合は週1回から選択はできますが土曜講座に参加できるのは週2回以上ということにしています。ですから高校生の弟、妹さんが在籍中に入塾し高校生の方が土曜講座を受講する場合半額ということになります。今やどこの塾も兄弟は半額となっていますが私どもは金額は触ることはできませんので土曜講座であれば私のサイドで可能ですのでそういうことにしています。高校生は数学、英語、物理、化学の方が多いですが全科目対象で受講することができます。もしも目標の大学が明確になっているのでしたら早めに対応をされた方がいいです。3年になってからでは遅いです。科目的にも多くの科目が必要ですし推薦を受けるにしても前期までの評定を高める必要があります。

 私は個別指導であれ集団塾であれ塾の要因は成績を上げることだと考えています。もとより人格的に一番大事な傷つきよい時代の子供たちですので心の育成を見つめながら叱咤激励をして現在に至っています。

 今、個別指導の途上において今後どうしていけばいいのか分かりません。子供の出生率が下がり90万人が過去最低の86万人まで落ち込んできています。格差社会が益々酷くなり奨学金を借りても返済もできない、正規社員になれず非正規社員が70%の時代。しかし、都市部では月謝は上昇している。半面地方では下がり気味。もともとはバブル時期に集団塾は値上げ値上げラッシュできました。一時リーマンショック後下げてきましたが反発しミニバブルの時に再度上昇いたしましたが今は下げ基調です。そういう中でご兄弟姉妹の方についてはお月謝は土曜講座併用でお月謝で半割、半額、50%引きとなります。

 今後この個別指導の途上において実際にどうしていくのかと模索するについて私は他塾と同じことをするのは簡単です。しかし、そうでなく真逆のしないことして欲しいことを今後はしていきたいと考えています。果たしてそれは何なのか私にもよくわかりません。しかし、今受験シーズンを迎えその中で私たちができることはもっと大学受験に対して具体性を持たすことではないかと思っています。中学生にしましてももっと明確に志望校に対して何%の確率で入れたのかそこが大事になってくると思います。そのためにその生徒はどうしたということが個別指導の特徴ではないでしょうか。その辺を模索していきますと何か光が見えてくるような気がいたします。

河島英五:時代おくれ

<今日の言葉>
『君は山を呼び寄せる男だ。呼び寄せてこないと怒る男だ。地団太を踏んで悔しがる男だ。どうして山を悪く批判することだけを考える男だ。なぜ山の方へ歩いて行かない』

         夏目漱石

新年度生募集中!
無料体験実施中!

<詳細>
http://mm-homepage.com/dozan/

長良教室 058-210-1730
芥見教室 058-244-0170

 

 


★受験シーズン幕開け

2020年01月02日 09時07分18秒 | 受験

  謹賀新年

新春のお慶びを申し上げます。
らしい年を迎え皆さまのご健康とご多幸を
心よりお祈り申し上げます
本年もよろしくお願いします。

        令和2年元旦

 

 受験シーズンが幕開けしました。中学受験を皮切りにセンター試験、高校入試と続きます。その先には3月の卒業と4月の入学の別れと出会いの悲喜交々の日々が続きます。
 塾の方は1月4日(土)の土曜講座から始まります。基本的には10日までが講習日となっていますが受験生は試験前日までが講習日として対応をしています。詳細は http://mm-homepage.com/dozan/  期日が来たのでさようならでは無責任ですし新しい生徒は併用すればいいので切ってしまうことは明光義塾にはありません。また小・中・高一貫ですのでそのまま残る方も見えます。此処が集団塾と明光義塾の個別(他塾の個別は知りません)では根本的に違うのです。

 今、この時点で言えることは難しい問題を解く時期ではないということです。難問を解くことの時期は過ぎました。今は自信をつける時期です。最後の最後まで自信がなくそのまま会場へなんてことは少し寂しい限りですしもっと今までやってきたことに自信を持ちましょう。
沢山の問題をしました。過去問題もすべて10年ほどやりました。すべては心の持ち方ひとつです。教室の壁にも貼ってありますがアメリカンフットボールの名監督ウオルター・D・ウイントルの詩が心に響きます。

 

もし負けると考えたら、負けるだろう
もし挑戦しないと考えたら、できないだろう
もし勝ちたかったなら、しかし、勝てると考えるな
求めなければ勝利は絶対につかめない

もし負けるかもしれないと考えたら、負ける
この世の中では
成功は人の意思から始まる
すべては心の持ち方次第である

1回のプレーも行わずに
沢山の試合が敗れ去った
仕事が始まる前に
沢山の臆病者が失敗した

大きく考えれば、行動も大きくなる
小さく考えれば、それを超えられない
出来るし、やれると考えろ
すべては心の持ち方次第である

もし凌げると考えれば、そうなる
目標を高く持て
栄光を得る前に
自信を持て

人生での戦いは
すべて最強最速の人が勝つのではない
しかし、遅かれ早かれ
出来ると信じている人は勝利を握る

 

やることはやった。ノートに整理したところをチェックするのは今からだ。きっとあなたの未来はそこから始まる。鼻高々だった君、挫折に打ち萎れていたあなた、もう大丈夫。此処からは自分の勝利を信じて頑張りましょう。

写真は関西では一番高い山、石鎚山1982メートルです。霊山として有名ですが私はこの山を見て高校時代学校に通いました。何年も故郷を離れ珠に帰りますと易しく迎えてくれるのはやはり自然です。私の実家は処分しましたが心はやはり自然がついてきます。そしてそれに幼馴染が重なり故郷ということになるのでしょうか。しかし、転勤族でしたから私には故郷がありますが子供達にはなかったように思います。その点寂しさは申し訳ない気がしますがこれも生きるため好きで転勤したのではありませんので難しいです。

 正月明けの1月4日から授業は始まりますが受験生には太宰府天満宮のお守りをお渡しいたします。大学受験の皆さんにはセンターの申し込みが始まってからお渡ししました。中学受験、高校受験の方にはそれぞれお渡しをいたします。受験生以外の方にはやはり太宰府天満宮の鉛筆をお渡しする予定です。楽しみにしていてください。
休み期間はBit・campusやZ会アオイゼミの動画または講習用教材の動画解説などで新たに復習をいたしましょう。勝利は目の前です。
では1月4日に再会を楽しみにしています。頑張れ受験生!

 2001陽はまた昇る 谷村新司 Shinji Tanimura

<今日の言葉>
『準備万端の人にチャンスが訪れることを幸運と呼ぶの』
      オプラ・ウインフリー(米国女性アナウンサー)

1月度生徒募集!
無料体験実施中!
<詳細>
http://mm-homepage.com/dozan/

長良教室 058-210-1730
芥見教室 058-244-0170


★good-bye2019

2019年12月29日 22時48分17秒 | 日記

 

★ラストステージ


 早いもので気が付けばもう今年は終わります。教室の方は28日の土曜日を最後に終わりました。年明けは2020年1月4日(土)土曜講座から始まります。
 振り返りますとこの2019年度は私は意地でやってきたような気がいたしています。正直もっと自分のしたいこと、やり残したことをやりたかった気がいたしますが出来ることと出来ないことがありますので正直戸惑いを隠すこともできません。

 私はサラリーマン時代は相当な短期で通っていました。鉄拳制裁など朝飯前でガンガンやっていましたが営業課長を卒業と同時にもうそういうことは我慢をするようになっていました。というよりかそこまでの話を私には持ってこなくなったという方が正しいのではないでしょうか。
 私は顔に似ず潔癖なところがあります。正義感が強く負けず嫌いで普段は温厚なのですが相手が牙をむけば必ず私は牙をむいて立ち向かいました。これがサラリーマン時代出世を妨げ体を壊した原因だと思っています。ですが後悔は微塵もありません。何故なら正義感、大義に向かって私は自分の駒を進めたからです。頭を下げることは嫌いではありません。年は関係ありません。年下であろうが年上であろうが教えを乞う場合、意見を聞く場合私は少なくとも耳を傾けます。取り入れるかどうかはその後の選択ですが聞く耳は持っています。ですから今年一年の中でも随分学生の皆さんから教えをいただいたこともありますし怒鳴りつけたことも一度や二度ではありません。でも有難いことに皆さんついてきてくれます。感謝に耐えません。

 前書きが長くなりましたが今年一年の中で何が一番気になったかといいますと平成が令和に変わったということでしょうか。個人的には休みが多かった気がします。その分正直大変でしたがここで今年の10大ニュースを載せてみたいと思います。読売新聞です。
https://www.yomiuri.co.jp/feature/top10news/20191220-OYT8T50125/

 このようにそれぞれの10大ニュースがあります。これは一般的な中から読売新聞が選択したのだろうと思いますが私個人としては昭和天皇が御崩御されたとき半旗を掲げ亡くなった小渕総理が「平成」ですと額を掲げましたがこのことがひどく印象に残っています。今年は菅官房長官が「令和」の額をもって披露いたしましたがあまり印象には残っていません。しかし、御崩御され暗い中での時代の移り変わりよりも新しくお元気なうちに代をお代わりになったことの方がよかった気がしていますが私だけでしょうか。

 塾の方では昭和が平成になろうが平成が令和になろうが普通通りに授業は致しました。新しい時代に向かうとき部屋に籠って考えることも大事かもしれませんが授業をやめる方がもっときついことに違いはないと私は思いました。そういう意味で平常通り進めさせて頂きました。

 今年一番はZ会アオイゼミの導入かと思います。全国の学習塾の中で私どもの長良教室&芥見教室が先陣を切って導入したことはかなりな冒険でした。これには私の意地、生き様があります。しかし、FCという壁が邪魔をして何ともならない状況が現在に至っています。正直時期を逸した気がしています。もっともっと大きく塾をすることができたであろうと思いますがタラレバは致し方ないです。
 
 生徒の数は例年とあまり変わりはしませんでしたがそれでも生徒数は全盛期の7掛けぐらいでしょうか・・・。私どもは100人以上いた時代もありますが当時は週1回の生徒がいましたが今は土曜講座の関係上週2回以上(但し、中学生のみです)に限定しています。ですから小学生は中学受験をする方が必然的に多くなってきました。また高校生も週1回から可能ですので多くなってきています。長良教室&芥見教室にしましても半数近くは高校生になっていますので講師の質を求めるのはここに原点があります。かといって中学生をないがしろにしているというわけではありません。基本は中学生ですのでできる子、遅れている子など様々ですが多様に見えます。
 
 芥見教室では数年前から英語の長文対策を始めていました。当初はできる生徒だけに実施していましたが昨年からは中学2年生以上は全員対象としています。本部のリスニングクイッヘパーなどもその一環行事かと思います。Z会と同じくして能力開発センターティエラコムとの繋がりも益々強固になっています。現在小学生には全員無償で使用させていますが現在でも能開ホロンでは使用していると聞きます。AIホロンと名を変えていますがこれはatama+の稲田氏によるもので私も数年前から稲田氏とはFacebookでお友達となり社員とのメールの交換やテレビ電話での会話など数年前からさせて頂いています。個別指導を模索していきますとどうしてもこの道に入ってしまいます。今後どのように進んでいくのか自分でもわかりませんが少なくともこの2019年度においては単なる通過点ではないような気がいたしています。

 もとより私はアンテナをあちこちに挙げることが好きでしたし現在も挙げています。つまり仕事は同業他社といいますように同業者はあまり参考にはなりません。何故なら都合の良いことは言わないし逆に悪い方が多いからです。私は基本的に他人の所為にすることが大嫌いです。すべては自分が受け止めます。、それで自分が潰れてしまうのであればそれだけの人間だということです。でも人にはそれぞれ使命があります。私は出来るだけ出来ることはしておこうと考えています。そのことは人間として生を受けた時から必然的に決まっているのではないだろうかとさえ思います。私の使命は「次代のエース」を作ることです。私の遺志を継いでくれたものが次の時代をリードしてくれる。そんな気持ちで指導といいますか塾の経営をいたしています。そこに本部の「自立学習」というものがあるのかどうか・・・。多分に勉強ができる出来ないは別として人間として素晴らしい生徒を一人でも二人でも育成していきたいと考えています。

 私は明光義塾の傘下に加盟して今度7回目の更新をすることになります。なるかどうか今はわかりませんが多少色々あるようです(笑)。FCというのは本部とオーナーは対等ですがいつしか優越権の乱用のように上から目線になっていることが多いです。私の心は随分早くから決まっています。本部は自分たちの会社を守るために必死になってやっていますがそれは私どもも同じことなのです。更新が駄目だというなら辞めるだけのことで単純明快です。私は十数年前から辞めたかったのですから・・・。

 私の考えは本部とは真逆の方向で進んでいます。Z会もその一つです。月謝の改定でUPすることに対して私はGDPをみても反対でした。そこにできたのが生徒に還元するということでZ会アオイゼミが導入となったのです。単純な気持ちではないです。現在FCに対する法的な規定はありません。セブンイレブンが先日謝ったのと同時に今後はFCに対する規制がもっと厳しく法制化してくるかと思います。2020年オリンピックが始まりそして終わりを告げますと世の中は不景気風が一層強くなってくると言われています。日銀により作られた株価は日経先物との乖離が相当な数字になっています。売るに売れない状況になっているのです。相場は買いだけでなく売りも利益になります。外人投資家はすでに売り越しに入っているといいますがこの先どうなるのでしょうか・・・。
 
 安部一強といわれる内閣が今後どうなっていくのか・・・。倒れるのかトランプの再選をみて4選もあるとのことですが一方野党連合政権にて政権交代になるのか非常に難しい時代になりました。子供の出生率も86万人と90万人を切り最悪になっています。フランスのシラク大統領が成功したのは子供ができても3年間は勤務先の給与を昇級する、病院や保育園、教育は当然無料、そこまでやって初めて少子化対策ができるというものです。消費税を上げてトランプの意のままに金を出し中東に自衛隊を派遣するような時代。今日本はまさに混迷の時代を進んでいます。そういう中で受験生は先般の問題もありましたが大変な時代であります。しかし、私が生きた時代もそうでした。安保70年体制の中で自分の居場所を見つけなくてはいけなかったのですから。現在では居場所はたくさんありますが当時はなかったです。しかし、戦うしかなかったのです。
 さらば2019年!

<本日の言葉>
『あなたの心が正しいと思うことをしなさい。どっちにしても批判されるのだから』
                 エレノア・ルーズベルト

<今週のYouTube>
鈴木一平の『水鏡』この歌が一番今年心に残りました



新規入塾生募集中!
無料体験実施中!

<詳細>
http://mm-homepage.com/dozan/

長良教室 058-210-1730
芥見教室 058-244-0170


★塾も生徒も二極化

2019年12月22日 17時38分57秒 | 学習塾

 back namberの名曲『クリスマスソング』

★ラストスパートとクリスマス
 

 今日はクリスマスに一番近い日曜日。私も午前中は友人とお茶を飲んで午後から岐阜トヨタで車のオペレーターとの不具合による修理に行ってきました。ついでに町の中心部の学習塾を巡回してきましたがほとんどの塾はお休みになっていましたが開けて子供たちが集まっている塾も見えました。それぞれの都合で教室を開けたり閉めてしますがどちらにしてもこの冬最後の受験生は心休まらずというところでしょうか。それにしましても英語の4技能や数学・国語の記述模試について生徒は迷惑いたしました。日経新聞を紹介します。車のーターとの不具合による修理に行ってきましhttps://www.nikkei.com/article/DGKKZO53481030X11C19A2EA1000/中心部の学習塾を
 このようになっていますがやはり落ち着かないのはご父兄も同じですし我々学習塾に於きましても最大の関心事でした。しかしながら一連の流れを見てみますと非常に無理のある利益誘導型の生徒を対象とした経緯であったような気がいたします。
 そういう中で今学習塾は大きな変革を迎え再編成の動きが活発になってきています。昨年の出生数は90万人で死亡者は150万人でした。これで推移しますといずれ日本は絶滅の域に入っていくということになってしまいます。子供の出生に関しましてはある女性議員が『生産性』という言葉を使用して問題になりましたが現在は非常に選択肢の多い時代になりました。子供がどうのこうの以前に結婚する意志があるかどうか・・・。結婚ってしないといけないのか、しなくてもいいのではないだろうか・・・。そういう風な考えもあります。学校にしましても不登校の生徒に無理やり学校に連れていくという考え方はもう今の時代にはありません。行かなくてもいい選択もあるわけです。方法論はいろいろな考えの中で選択すればいいわけで結婚にしても同じことかと思います。現代の若者は車もあまり欲しがりません。免許は持っているがペーパーの方が多いのに驚きです。男女の交際にしましても必要なのか、面倒なのかそんな時代であってそのことがイコール悪という今までの考え方が否定されてきています。つまり自由にしなさいよ、それが民主主義というものか・・・。いつの時代からこうなったのかは明確には小泉内閣、竹中平蔵氏を中心としたブッシュ政権に近い親米であったことは多くの方が発表しています。しかし、今そのことは間違いでひっくり返すことは難しいと思います。流れはもう変わらないかと思います。就職にしましても正規社員が少なく非正規社員の割合が多くなって来ています。ですから時代背景がこういう中で出生率が滅茶苦茶減っている。そうしますと学習塾は増えてきます。不景気=学習塾増、好景気=学習塾減なのです。会社の不採算部のスリム化を進めるために退職金を上乗せして依願退職をしてもらう。そうしますと金はあるし時間もある。大袈裟なことはできないが仕入れがなく在庫を抱えない個別指導であれば塾経営はできるということでかなり増えてきました。2020年に東京オリンピックがありますがその後不景気が来ると言われています。2008年9月15日にアメリカ合衆国のリーマン・ブラザーズ・ホールディングが経営破綻をして負の連鎖が世界を駆け巡りました。今から10年ほど前のことです。その中で学習塾は自然と増えてきたのです。2020年のオリンピックの後には不景気が襲ってくる根拠です。米国の株価は堅調に推移し日本の株価も24000円を伺うような動きであります。しかし、日経先物は何も動いていません。つまり株価と先物は大きく現在乖離をしているわけでそれが暴落を示唆させている原因と言われています。ですから不景気=学習塾増の構図は明確に残っているのです。明光義塾に加盟して10年後にはこの試練に耐えましたが今回も襲って来そうですが根本的に違うことは子供数が全く違うということです。岐阜市でも学校の閉鎖、統合が実施され中には小中一貫校がモデルとして二校始まります。これもそういうことに対応する手段になっています。
 

 そしてこの学習塾は集団塾から圧倒的に個別指導塾に形態を変えて一気に増えてきました。集団塾が増えたということではないです。敢えて言うならば映像授業、言い換えればオンライン授業が増えたということかもしれません。オンラインは私から言えば集団塾の変形と考えています。ですから有名講師の取り合いが激しくなりユーチューバーが凌ぎを削っているのです。  ただ生徒の方からご父兄の方から学習塾を見た場合、また塾側からこの世界の体制を見た場合、塾の良しあしを見ることは非常に大事です。確かに塾に通うお子さんの数は子供の数が減っているのですから少なくなりました。従って少なくなればなったで塾側としてはコストを下げることをしていく必要に迫られます。成績を上げる塾、楽しむ塾、勉強をしない塾という塾もあります。つまり自立学習すらできていない子供が多くなっているということであります。明光義塾は自立学習です。しかし、個別指導の当初の選択は勉強ができないから、性格的に質問もできないから、隣で家庭教師のように指導してくれるからということでスタートをしてきました。そして個別指導が増えてきたのですが先ほど言った原理も重なり駅前の交差点には四つの個別指導塾が存在することは珍しくはありません。
 従って世相に合わせて塾の選択をしていくかというと実はそうではないのです。ここで問題になってくるのは個別指導の質の問題、特性の問題なのです。一番には金銭的なこともあるでしょう。しかし、安けりゃいいという考えは一部にはあるでしょうが全てではないと思います。確かにこのような時代に選択肢の比重は大きいと思います。極論を言えばお子さんの成績が悪く自立学習ができないというのであればそういう塾を選択するしかないです。個別ですから方向は同じ方向を向いています。結論から言えば同じならば安い方がいいに決まっています。でもここで考えることはそこで成績が十分上げることができるのか?友達に誘われて、友達がたくさんいるからという事実で選択を仮にしているならば大きな過ちを犯すことになるかと思います。対立軸は常に反対側に立ちます。同じことをしてどんな意味があるのでしょうか。  最近の生徒は非常にできるお子さんと遅れているお子さんに分かれます。つまりラクダ型の二極化になります。できるお子さんは1を指導すれば2,3と疑問をどんどん広げていきます。無料体験をしていましてもこの生徒は今はあまりできていないけどもかなり伸びるということはその時点で分かります。半面逆の場合もあります。ノート一つ見ればその子の性格がわかるのです。結局生徒の勉強は二極化にはなってはいますがやる気があれば成績は伸ばせるということです。それには何が大事かといいますと本人の性格が一番大事になります。  高校入試や大学受験のセンター試験が近づいてきましたが性格のいい子は吸収率が一番早く成績が上がります。では他の生徒は上がらないのかといいますとそうではないのです。ただ 体験にしろ最初の入塾の頃は燃えています。此処にポイントを置いています。鉄は熱い時に打てと言いますが将にその通りであります。分からなく次第に塾に行くのが億劫になってくるどうせ塾に行っても分からないのだからという結論に達してしまします。    現在混在する個別指導や集団塾で悩まれている方はほとんどがこういう状況です。明光義塾長良教室&芥見教室のみが違うのかといいますとそれは第三者の方がご評価することで私どもの塾が最高ですとは言えないです。単なる自惚れということしかありません。しかし、やるべきことはやります。他塾と同じことをするようでは個性はありませんので私どもは他塾がやらないことをメンタル面も含め頑張っていきます。    冬期講習も二週目に入りました。月末は29日、30日、31日、1月1日、2日、3日はお休みになっていますがお電話はいつでも通じるようになっています。教室にかけていただければ私どもに転送されることになっていますのでいつでもご連絡ください。  今日は塾と生徒の二極化について非常にシビアな問題をお話させて頂きました。
<今日の言葉> 『人より頑張りことはできない。今の自分より少し頑張ることができるだけ』                   イチロー

back numberの名曲「クリスマスソング」で涙 CM美少女・白石聖が恋する女子高生を熱演

 

新規入会生募集中!
センター試験二次試験対応!
<詳細>
http://mm-homepage.com/dozan/

長良教室 058-210-1730
芥見教室 058-244-0170