頑張る!独身女!!

“嗚呼 独身の日々”
~年食えば、大人になるとは、限らない~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

華麗なる一族 第2話

2007-01-24 | ドラばな(今ドラ、過去ドラ)


華麗なる一族

 

 

 

 

ドロドロ展開に成って来ました


初回時では登場人物の把握が大変で、ドラマ見ながらTVガイドで人間相関図をチェックしていましたが。今回はだいたいそれぞれのつながりが分かってきたので内容に集中出来ました。

 


父、大介(北大路欣也)と鉄平(木村拓哉)の関係が最悪になってきました。


高炉建設に辺り父が鉄平に下した結果は予想外の金額、そしてこの事でこれから先、親子関係にも亀裂が入りそうです。


『その日、父が下した非情な決定は、ボクと万俵家の人々の運命をおおいに狂わせた。』

 

 

従業員の前で鉄平は高炉建設の発表をする。

その発表に喜ぶ従業員達。これぞ“古き良き時代”

皆が一丸となって頑張ろうって、雰囲気になる。


この発表で四々彦(成宮寛貴)を中心に、休みを返上し仕事に取り組む従業員達。


そして、この四々彦は鉄平の妹、二子(相武沙季)の恋人でもあった。


二人が付き合ってることが分かり、鉄平は喜ぶ。


「万俵家という、歪な家庭環境で育った妹の二子が、地位や名誉に関係なく純粋に人を好きになった事が嬉しかった。」


人を好きになるだけでも嬉しく思う。兄の気持ち分かるなぁ。


父、大介の仕事ぶりは凄いが、私生活はね。かなり乱れてるから

 

 

通産省重工業局の建設許可を貰う為に東京に出掛けた鉄平だが、いい結果は貰えそうにない雰囲気。


だが、義父、大川一郎(西田敏行)と“つる乃屋”で食事を一緒に取る鉄平。

高炉建設の許可が貰えそうにない事を義父に話すと「私が力になる」と、言ってくれるが、その厚意を一度は断る鉄平、だが結局、元通産大臣だった義父の力をかり通産省からの許可を貰う事が出来る。

 

 

又、この“つる乃屋”で昔、付き合っていた鶴田芙佐子(稲森いずみ)と再会する。

そして、はじめて芙佐子が鉄平のもとを去った理由が分かるのだが。


この時の鉄平の目は凄かった。目を見てるだけでも「悲しみと怒りが」伝わってくるように思えた。


やっぱり、木村拓哉“目”の演技は凄いね 目に力があるというか!!

 

そして芙佐子が鉄平のもとを去ったのは、高須相子(鈴木京香)が手を回していたからだった。


そして、この怒り!!を、相子にぶつけ、相子を万俵家から追い出そうとするが。


鉄平の言葉くらいではビクともしない相子だ。

逆に鉄平の方が立場が悪くなってきてるし。


万俵家での相子の力は凄い。相子が言うことは絶対だし。


これから、もっと相子の絶対的な力が見せ付けられるのかなぁ???

 

 

 

そして相子を万俵家から追い出す事に失敗した鉄平。


相子に「融資の件は・・・」と言われ、慌てて父に融資の件をお願いする鉄平。


「お父さん、高炉融資は親子の感情は抜きにして、阪神銀行の頭取としてのご判断をお願いします。」


父は、高炉建設の融資を、親子の感情抜きにした結果をくだすのだが。

感情、丸出しの結果だし・・・


どうなっていくのかなぁ???

 

 

 

 


コメント (4)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
« オスカル風にチャレンジ | トップ | ハケンの品格 第3話 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
濃いドラマですよね。 (★いくちゃん★)
2007-01-24 23:35:44
>人間相関図をみて確認していました。

あははは、同じだ。
登場人物多すぎ! 第2話見てても忘れていることも多かったです。
全てにおいてスケールのでかいこのドラマですが、
果たして若い子たちはついていってるのかなぁ?

キムタクは芝居が上手くなったと正直思う。
あれだけの豪華キャストを差し置いて、
彼以外に主役をはれる者はいないんじゃないですかね。
ドロドロ感に嵌りました (aki)
2007-01-25 00:27:53
かっぱさん、こんばんは。
私も色々な意味で、2話目で少し落ち着いて見れました。
全然「華麗」じゃなく、ドロドロな感じの万俵家。
そんなドロドロドラマに、嵌りつつある私です。

日曜の夜に、重いドラマですが、頑張って見て行きます。
★いくちゃん★さん (かっぱ)
2007-01-27 22:13:47
★いくちゃん★さんも同じですか。
登場人物多いし複雑だから確認してないと分からなくなってしまいますよね

>彼以外に主役をはれる者はいない
本当にそうですよね。あれだけのキャストで鉄平役が出来るのは、やっぱり木村拓哉だけですね

akiさん (かっぱ)
2007-01-27 22:17:54
>2話目で少し落ち着いて見れました
1話は登場人物の把握だけで疲れちゃいました
2話目はakiさんと同じで落ち着いて見る事が出来ました。

私も、あのドロドロ具合にハマりそうです

コメントを投稿

ドラばな(今ドラ、過去ドラ)」カテゴリの最新記事

12 トラックバック

華麗なる一族 第2話 「過去の悲劇と真実」 (テレビお気楽日記)
鉄平(木村拓哉)に好きな人が出来たと相談に来ていた二子(相武紗季)。なんと目の工員の四々彦(成宮寛貴)だった。一之瀬工場長(平泉成)の息子なのね。またまた身分違いで別れさせられるんだろうな。
華麗なる一族 第2話 面白いけど、欠点も見えた。 (レベル999のマニアな講義)
内容高炉建設には通産省の許可が必要であった。帝国製鉄がウラから手を回していたために許可が下りなかった。だが、義父の力により解決する。一方、建設への融資の話は進んでいく。大同銀行からの良い答えが聞けた鉄平。そして、父の阪神銀行の出した答えは非情なものであ...
華麗なる一族 第2回 短め感想 (ぐ~たらにっき)
『過去の悲劇と真実』
華麗なる一族 第2回 (華流→韓流・・・次は何処?)
高炉建設、金融再編成などの問題に、万俵家での相子の立場、鉄平の出生の秘密(?)と父との確執など、どんどん目が離せなくなってきました。
『華麗なる一族』 第2回 「過去の悲劇と真実」 メモ (つれづれなる・・・日記?)
初回視聴率 関西では30%越えらしい。 内容がそれにともなってくるかどうかは、これからってことなんでしょう。
華麗なる一族 第2話 (ぽよ熊さんのテレビ観戦記)
予想通り、ドロドロしてきましたねー。 新たな1週間が始まる月曜を前に、明日への活力を養うどころか、どんよりクラーい気分にさせるのがこの番組だとしたら、日曜の夜にこれを見る選択って、一体? 日々勉励刻苦するしかないフツーの庶民にとってどうなんでしょう。 と...
「華麗なる一族」第2回 (日々“是”精進!)
  鉄平は、従業員たちに高炉建設の決定を告げる。喜びに沸く従業員たちに対し、経理担当常務の銭高は暗い顔をしていた。実は、阪神銀行からの融資の回答が、まだ届いていなかった・・・。入り乱れ始めましたな今回、冒頭と最後の方に少しずつ、小林隆さん、登場ー阪神銀...
華麗なる一族 第2話  過去の悲劇と真実 (レジェンド オブ ウルトラマン(*^-^)ゞドラマレジェンド(o`・ω・)ゞ)
華麗なる一族、みなさんご存知のように関西地区では初回の視聴率が30.5%獲得! 花より男子2(リターンズ)が20%いってましたので、MBSは2つで50%獲得! と凄い盛り上がっていますが、こちら関西、私のプライベートではすでに視聴率が30%超えたのは、鯉の将軍の...
「華麗なる一族」の話2 (のらさんのうだうだ日和)
日曜劇場「華麗なる一族」 [公式ウェブサイト] 第二回(視聴率21.8%、平均視聴率24.75%)オイラ、体調不良につき、極短めに…。二子(相武紗季)の好きなのが一之瀬四々彦(成宮寛貴)だと気が付いた鉄平が発した一言です。万俵鉄平(木村拓哉)「これ?」...
華麗なる一族 第2話 (塩ひとつまみ)
大蔵省による金融再編で都市銀行の縮小・合併の動きがある中 大介(北大路欣也)は娘婿の美馬(仲村トオル)を使って策略。 大きい銀行を狙って乗っ取り作戦中。 阪神特殊製鉄が高炉建設に必要な費用は250億。 そのうち200億の融資が必要
【華麗なる一族】第2話 (見取り八段・実0段)
簡単ですが。。。終盤になって、やっと面白くなってきた感じ。キャストが時代に馴染まない感があるのは相変わらずなのですが。。。結局、万俵大介と鉄平親子の確執が、全てに影響していくと言う事ですね。すでに融資を削られてしまいました。大介は言います。お前が親子で...
華麗なる一族 第二話 (ちょっと変な話)
●キャスト 万俵鉄平 (34)万俵家の長男。阪神特殊製鋼・専務。/木村拓哉 万俵早苗 (30)大川一郎の長女で鉄平の妻。/ 長谷川京子 万俵銀平 (31) 万俵家の次男。阪神銀行本店の貸付課長。/山本耕史 安田万樹子 (24) 大阪重工社長令嬢。/山田優 万俵寧子 (54) 京...