アンナdiary~Part2

日々のこと。拓哉のこと。

男性版美魔女

2018年02月21日 17時41分04秒 | diary

今、発売してる美STを見た。

最近ホントに渋いよね。
カッコイイ

年相応のカッコ良さ。
腰の細さは、年相応じゃない異次元さだけど

でもね、中性的なアンニュイな木村さんも
好きなので、最近そこの部分満たされてないので
いつか.....と、淡い期待をしてる

ずっと職業もので来てるから、そろそろ溶けるような
恋愛ものカモーンって感じもある

贅沢だよね。
でも、そうやってこれからのあれこれを妄想したり
過去の作品を見ながら、次はこんなのがいいなって想像したり
そんな時間が楽しみだったりする。


え~って言われちゃうかもですが
私が求めているのは「カワイイ」と「エロい」だから

歳を重ねていけばいくほど渋くなるのは当たり前だし
男らしいのも、大人の優しさも当たり前。
当たり前じゃつまらない。
もっとワガママな感じも見たいし、人格者みたいな感じではなく
どうしようもなく、イっちゃってるような感じも見たい。

歳重ねて「カワイイ」ってなかなか出会えないし
だから「カワイイ」って思える拓哉に出会えると興奮するw

そして「エロい」拓哉は最強だと思う。
彼には生まれ持った「品」があるから、いやらしくならないのよね。


インタビューの内容もいい。

まだ見てない人もいるから詳しくは書けないけど

運は引き寄せるものではなく、平等だ。
だからついてないって時もある。

ただ思い続けてると、自然とその方向へ行く。

うん、逆を言えばダメな自分だ、不可能だと否定的な人は
いい方向へは行かないよね。

友がインタの分量は想像より少なかったけど、今の木村を知ることが出来て
木村らしい言葉が並んでた。
今まであまり口にしてこなかった思いも語ってたりして
お高いけど満足しますた(≧∇≦)って言うてて、実は見せてもらった


その後、通販でポチしたんだ。


嫌なことはゼロにするんじゃなくて、逆に明日への踏み台にするって
すごくないですか?

木村さんの尊敬するところは、嫌なことから逃げないの。
一度受け止めるの、ちゃんと受け止めたうえでその事柄を
肥やしにして前に進むパワーに変えるんだよね。


いつかやりたい役とか、読書してるとか
他のインタビューで日焼けを気にしたりとか
以前はそんな話したことなかったし。

やっと自分らしい日々を取り戻し、納得のいくマネージメントで
仕事に取り組めているんだなっていう、充実感を感じられる。

いつかやりたい役.....実現するといいね






ザ・テレビジョンの記事↓

上川隆也、“座長”木村拓哉は「まさしく、正しく『スター』なんです」

https://thetv.jp/news/detail/137913/


上川さんから見た木村さん

「いついかなる時でも、実に自然な形で輪の中心にいるのが木村さんです。
 それは恐らく、持って生まれた星がなさしめるものなのだろう
 としか思えません。

例えば制作発表の時「木村さんから会場の皆さんへのプレゼントがあります」
と発表されたとたん客席から巻き起こった、その嬌声のデシベルや圧の高さは
僕の人生で目の当たりにする機会のないものでした。

それは長年にわたって、多くの視線や歓声を一身に浴びて来た方だからこそ
できることでしょうし、そうした方だからこそ、この座組に入られても
特に気構えるでも、取り繕うでもなく、何げなく自然に輪の中心にいて
耳目を集めて、それでちゃんと皆にその場の“饗”を振る舞う事が出来る。

まさに「スター」というのはこういう人のことなんだと
つくづく感じ入るばかりです」


BGでは木村さんの上司課長・村田役を演じてる上川さんだけど
上川さんがとても言葉遣いが丁寧で、礼儀正しくて素敵な人だと
番宣とか見て知りました(遅っ)
帰れま10で、木村さんと顔見合わせて笑ってたのが
最大の萌えだす

柔和な感じが上司役にピッタリ。

村田も、落合(江口洋介)との過去とか色々ありそうだし
まだまだ楽しみだな~とりわけ6話と7話!
特に7話は最大の山場になりそうな予感がする。

 

明日は2月22日で22年ぶりの共演をするロンバケコンビw
ぞろ目じゃん、22222
さてさて、どんな話になるんだろうか?


 

 

昨夜は私のツイのTLが荒れてたなぁ....

嘘と捏造のツイートに木村さんファンが反論してた。

思うけど、悪意のスマオタにとってはそのことに対しての真偽なんて
どうでもいいんだと思う。

木村さんの蜷川さんへの想いを悪意のスマオタにぶつけても無意味で
その木村の想いさえ泥の中に放り込まれるようで
何ともいえない気分になると友と言うてた。


木村さん落とせれば印象悪くすればそれでいいのだと思う。
サイゾーや週女のこじつけ記事と同じ。

もうさ、嘘だの捏造だの誹謗中傷だのあっても

結果が全てだからね。

それでも残る人は残るし、とことん上げてもらってもダメなヤツはダメだし。

明日はいよいよ6話です!
来週のテレビ誌、ジョンとガイドはBGの面々が表紙なのよね
絶対買わなくちゃ~~~~!!!!!
今週はUOMOも発売だし、ワッツもあるし、楽しみ楽しみ

 

で.....今日のタイトルは唐突ですが....

木村さんも十分男性版美魔女だと思うけどなぁwww
なんのことだかわからない人は、美ST買って下さい

TOP写真
火曜日のお弁当


この記事をはてなブックマークに追加

22年前の自分

2018年02月20日 12時27分48秒 | diary

ロンバケの余韻半端なくて

22年前の自分に思い切りタイムスリップしてしまった。


22年前.....

社会人で、今の会社ではなく東京で働いていた。



親しかった同僚が木村さんと同い年の1972年生まれで
彼女が良く言ってたのが「私なんかの年で拓哉って名前つけるってすごいよ」って。

何がすごいのかわからないけど


 

彼女は大の木村ファンで、当時私に「アイドルなのに彼女いますとか
堂々と言っちゃうんだよ」とか彼のすごいところを私に毎日言ってた気がする。

どんなに素晴らしい話を並べても、興味のない人にはどうしようもなく。

ヨン様がこんなに素敵で、こんなに素晴らしいのと何べん言われても
「へぇ~そうなんだ~」で終わってしまうのと同じwww

私が木村さんに心動かされることはなかった。

それがロンバケの1話見ただけで、落ちてしまうって....
人生何が起きるかわからない。


「今度ドラマやるから絶対!見てね!」と言ったこの同僚に感謝しかない。
ロンバケ見てなかったら、今の私はいなかったかも。

 

主人公の瀬名秀俊演じる木村拓哉の自然な演技にやられたよ。

瀬戸内寂聴さんじゃないけど、恋愛は雷に打たれるようなもので
ある日突然落ちるんですwww
思い切り落ちました

瀬名の「なんで男に逃げられた30女と一緒に暮らさなきゃいけないのか
わかんねーよ」と吐き捨てるまでの、ふたりのやり取り。
その後、南がその日誕生日だと知りピアノを弾き始めたところで
ノックアウト。

音楽も良かったし、演出もセリフも良かった。

何よりも、自分が木村拓哉のファンとして見ていなかったのが
良かったのかも、思い切りハマった。
この作品以降は、木村拓哉のファンとして作品を見てしまうので
思い切り構えてしまうし、雑念も入ってしまうのが辛いところかも。



ロンバケ見て、瀬名君を演じてる木村拓哉って、どんな人?から始まり
ああ、smapの一員なんだ....ってなってから、smapも追いかけるようになり
瀬名くんのイメージと、smapにいる時の木村くんのイメージが違ってて
ちょっと戸惑ったのを覚えてる。

それからは追いかけた。
ホント追いかけた。

あらゆる雑誌・新聞を見て、テレビ見て、そのうち会いたくなり
ライブに行くようになって、出待ちもしたこともあった。
....そして22年後の今です


あの時の同僚は、木村くんが結婚してから
追いかけるのが苦しくなったので、ファンをやめ〇〇のファンになった。

私はこれがとても信じられなくて、好きだから辛いから他に行くって
出来るものなのか?あなたにとって木村くんって何だったんだろ?
まあ、その後どうしたかは音信不通になり付き合ってないからわからないけど
風の噂で木村くんが結婚した1年後に結婚して子供が出来たのは聞いた。


ある拓友さんが「アイドルは夢を見させなきゃいけないのよ!」って
結婚の時怒ってた。


そうなのかな?
私は木村くんをアイドルだと思って見たことは一度もなく
そもそもアイドルが何なのかが良くわかってない。
そして、子供が出来ての結婚がいい悪いで語りたくはないし
自然な流れで、結婚になった彼の人生を私は見ていることが出来た。
私は彼に夢を見ているわけじゃない。
ただただ彼の生き様が私の人生に彩を与えてくれてる、そんな存在。

彼の表現する世界が大好き。
それだけのこと

 

木村くんは、私たちのものじゃないし恋人でもないし
ましてや息子じゃないし。


いつまでも、いつまでも彼の表現者としての色々を
見続けることが出来たら、最高に幸せだなって思う。


あっ、そうだ!
22年ぶりの共演で、忘れてた。

伊南さんのBG5話の感想置いておきます。

『BG~身辺警護人~』、第5話を観ました。

今回も目からウロコでございます。


6話がますます楽しみです

 


TOP写真
母の書きかけの絵

意味はないです。

母作のステンドグラスの壁掛け

意味はないです。

写真がないので置いておきますw

ではでは。


この記事をはてなブックマークに追加

語り継がれるドラマ

2018年02月19日 12時39分50秒 | diary

朝、グッモニでBGでの木村さんと山口智子さんの
メイキングとインタビューを見てきた。

22年ぶりだから「ふうふ」って山口さんが言ったシャレに
受ける木村さん

WS見る感じでは、山口さんがはしゃいでいて木村さんは
どういうリアクションを取っていいのか戸惑ってる感じ?

いやいや、照れてるだけだと思うけど
素直じゃないからと自分でも言ってたし

あのね、山口智子さんの魅力をいい感じで引き出せる相手は
木村拓哉だけだと私は思ってるんだけどね

この22年間の智子さん見てきて
思ったんだ。
ロンバケ後、あまりドラマに出てないけど
やっぱり智子さんの自由奔放なサバサバした魅力は
木村さんが受け止めるからものすごく際立つんだなって。

木村さんね~年上でも年下でも、自由奔放で気の強そうな女性が
合うんだよ。


ギフトの桃井かおりさんとか、空星の柴咲コウちゃんとか
女性に振り回されてるようで実はものすごい広い心で
受け止めてるあの感じにキュンとくる

それにしても昨日は私のツイはロンバケ一色でした。
ファンはともかく、一般の人たちもロンバケ世代は
とても喜んでいたし、海外の人も喜んでて
あぁ....ロンバケという作品は永遠に語り継がれる作品で
瀬名と南はみんなの永遠の恋人なんだなって思ったよ。
アジアで木村人気に火がついたのロンバケだしね。

男女問わずみんなの心に残ってる。
だからスタッフが二人の共演をのぞき見するわけだよ。

北川悦吏子さんがツイで、現場にお邪魔しますと
言ってたな。

あすなろ会じゃないけど、ロンバケ会?


 




今回山口智子さんが元妻役で出ることに
私は全然OK!

これがグループ時代だったら、大切な思い出を開けられた気持ちになり
複雑だったかもしれない。

なんだろなぁ....ちょうどいいタイミングなのかも。
新人・木村拓哉として歩き始めて1年過ぎた今だからこその
共演なのかもなぁ....。

ロンバケのイメージを壊すことなく
このふたりなら、またあらたな伝説作れるような気がするの。
BGのメイキングをちらっと見たけど....離婚した夫婦の感じを
醸し出してていい感じじゃない?
楽しみで仕方ない。
6話より、7話の方ががっつりみたいだよね。

そもそも、木村さんって過去の名作どれをとっても
被らないのですよ。それって、すごくないですか?

何をやってもキムタクだと言われ続けているのに
どの役にも被らない木村さんすごいと思う。


グループ解散して色々ありましたけど
恐ろしく叩かれましたが、言われなき誹謗中傷されましたが
彼が生きた数々の作品は、人々の心の中に生き続けています。

俳優冥利に尽きるんじゃない?

素晴らしいよね

昨日から私の頭の中、メリーゴーランドがまわりっぱなしw
めずらしくyahooニュースのコメが悪口じゃなかった。

すごい、ロンバケの威力!


だけど、一部の媒体はいまだに「元SMAP」と付けてる。
いい加減やめてもらえませんかね。

解散して1年も過ぎてるのに、元SMAPの肩書ないと
木村拓哉だとわかりませんかね?

ジャニーズの写真解禁になってからのニュースで良かったよね!

木村さんと山口智子さんのツーショットがネットニュースに
流れて本当に昨日は良かったなぁって。

この伝説のカップル、解禁になる前なら山口智子さんの
写真だけになってたと思うと、ホント事務所ありがとう


昨日からこの話題ばかりでごめん。

なんせロンバケで木村に落ちた私なので 


語り継がれるドラマを持ってるって、デカイなぁとしみじみ思った。
木村さん、沢山持ってるからね。

やっぱ、すごいや。

ひとりになって、急にではなく
薄紙をはがすように、少しずつ、少しずつ、色々なことが良くなってきている。
着実に地に足をつけ、一生懸命目の前の仕事に全力で取り組む彼に
いつも感動をもらってる。


BG後半戦、楽しみに受け取ります


TOP写真
昨日の昼ご飯。
最近忙しくて料理しないからガス代が普段の半分でビックリ
作るとしたら電子レンジでチンするものか、カレーのレトルトか
出来たお寿司とかまずい、野菜不足だ。


この記事をはてなブックマークに追加

心の恋人

2018年02月18日 08時57分44秒 | diary

先週は今年に入って一番忙しかった

トラブル続きで、明日からまた大変だなって
少しユーツだけど、ワッツの感想でもアップしようかと
ネットにアクセスしたら.....

きゃ~~~~~~~~~!きゃ~~~~~~!

うっそーん!!!!!!

キムタク×山口智子22年ぶり
報知のデカデカとした文字を見て目が覚めた!!!!!

うわぁぁぁぁぁぁ!

BG身辺警護人で共演!!!!!
島崎の元妻役「仁美さん」

ロンバケで落ちた私にとっては、まさに夢の再会です
嬉しいです

神様がくれた最高のご褒美です!

 

6.7話に登場だそうですが.....
贅沢言ってしまえば、違う番組でまたガッツリ共演して
欲しいなぁ....。

少し前に銀座のとあるダイニングフロアの方が
「先日のドラマ撮影は・・・なんとっ!?
 木村拓哉さん主演『BG~身辺警護人~』の撮影でした。
 木村さんご本人と、そして、まさかっ?!あの女優 ◯◯さんがーーーっ!!!」

ってツイしてて、誰だ?元奥さん役?誰だ?と気には
なっていたけど、そりゃ驚くよねwww

 

モデルプレスさんのBG現場レポ読んだら
当時が蘇ってきました

https://mdpr.jp/news/detail/1746607

 

『撮影日の少し前、山口が衣装合わせのためにテレビ朝日を訪れた際
スタジオで撮影をしていた木村の元を訪問したそう。
久々の再会に戸惑ったのか、山口の姿を見たときもすぐにはその場を動けなかった
という木村は「まだまだ自分は素直じゃないな、と思いました(笑)」と照れ笑い。

しかしその後、山口が大きく手を広げると、木村が山口を力強くハグし
そのまま抱き上げたのだという。
『ロングバケーション』最終回での瀬名&南の名シーンさながらの行動に
山口が「『うわ~ありがと~』って言っちゃいました」と喜びと感動を伝えると
木村は照れくさそうな表情で「僕らふたりの間で再会の喜びを感じていたんですけど
その0.5秒後にスタジオや廊下からドラマのスタッフのみなさんが覗き見しているのに
気がついて、一気に現実に戻っちゃいました(笑)
思わず『見せモノじゃねーぞー!』って叫んじゃいましたよ(笑)」

と22年ぶりの再会の瞬間を振り返った』


好きなのに素直じゃないところとか、両手を広げて拓哉を待ってるところとか
まんま瀬名と南だよね


あぁ......神様ふたりの共演を実現していただき
ありがとうございます。


山口智子さんが拓哉のこと「心の恋人」と言って下さってる。

私にとっても、このふたりは永遠の心の恋人なんです

感激、感涙、溜息。

ワッツでいきなり斎藤工が「ロンバケ会」してるって話。
今まで聞いたことがなかったので、突然感があったんだけど
なるほどね~山口智子さんが来たなら、そんな会話にもなるよね。

拓哉のある意味ポロリだったのかな。


同じ拓哉ファンの方が
「私のメリーゴーランドまわりっぱなし」と
ツイしてて笑ってしまった

同じく同じく!
久保田アニキのララララブソングの音楽がエンドレスで
流れてるwww


今日ロンバケひっぱりだして見てしまうかも。

もう何年も恋愛ものやっていないので
飢えてたから尚更変な火がついてしまった


やっぱり木村拓哉の恋愛ものが見たい。
ロンバケのような自然な恋愛もの。

 

あぁぁぁああああああああ
これから出かけるのに、顔がニヨニヨして困る。
頭の中メリーゴーランドで困る。

アハハハハハハハ。

 

では、また


TOP写真
昨日のお弁当
土曜日でも仕事でしたのぉぉぉぉぉ。
今日も少しだけ仕事ですのぉぉぉぉ。
毎度のことですがこの時期忙しいのだわ。
決算近くなると殺人的に忙しい
なので、智子さんとの共演話は癒される。


この記事をはてなブックマークに追加

人に夢を与えてきた人間は、どんなことがあっても逃げちゃいけない。

2018年02月17日 12時03分09秒 | diary

BGで島崎が純也に言った言葉。

長いけど、今回のタイトルにしてみた

 

トレンドニュースにもなった。

https://trendnews.yahoo.co.jp/archives/541505/

 

「話題となっているのは、章が純也に向けて言った
「人に夢を与えてきた人間は、どんなことがあっても逃げちゃいけないと思うんです」
 というセリフだ。
 国民的スターとして、ときには大きな壁にぶち当たってきた木村の立場と
 シンクロして、多くの視聴者の胸を打ったらしい。
 Twitter上では、「木村拓哉が言うと説得力がある」という声が上がった。
 また、木村の"泣きの演技"も絶賛されており、第5話は「神回」と評判になっている」


昨日はTwitter上で5話のこのセリフと木村さんの泣きの演技に
もらい泣きした人のつぶやきが多かったなぁ
私も泣いてしまったよ。

最後の純也とのやり取りで、島崎の中で止まってた時間が
やっと動き出したと思う。
子供を優先したことは間違いではないにしよ
クライアントを「守れなかった」ことで自分をずっと
責めてたのだろうなぁ....。

なんだか5話が木村拓哉と被ってしまって....
だから余計にグッときたのかも。
最終回でもいいくらいの回だった。

そうそう、5話は監督が違ったのよね。
七高監督ではなく、常廣監督だったのよね。
やっぱり監督が違うと、カラーが変わる気がする。


今回「逃げちゃいけない」のワードで地図を思い出した人も
少なからずいたと思う。
それに対して3人は逃げたんじゃないよ、場所を移しただけ。
5人でもう一度揃える場所を作って2人が来るのを待ってるって
ツイが流れてきて、まだまだ現実を受け入れられなくて
妄想の世界の中でこじつけて生きてるスマオタが結構いるんだな。

フォロワーさんが
「私は3人が逃げたとは思っていない。3人は飯島さんを選んだ。
 それも人生の選択。残った人も人生の選択をした。
 ただ、出る事が結果SMAP解散に繋がる選択であった事に
 誰も向き合わないから逃げてると思われても仕方がないよね。
「逃げよう」なんて、元居た場所に砂かけたから
 共感が得られなかったんだよ」

うんうん、私もそう思う。


逃げるって、その場から立ち去り逃げるっていう意味だけじゃなく
そのことに対して真正面から向き合うこともせず、ぶつかることもなく
通り過ぎることも「逃げる」って言うんだよ。

「解散」することに向き合わなかったことは
そのことに対して逃げたと言われても仕方ないと思う。

2人が来るのを待ってるって、本人が言ったのか?
本人が言ってもいないことを、さも言ったかのようにツイして
そのファボ数が3桁になってるの見るにつけ、こわくなる。
こんなに現実を受け入れられないファンがいるんだと。


ちゃんと言わなきゃ前に進まないと思う。

ザッキーありがとな!じゃないけど
ちゃんと気持ちを伝えないと、止まったものは動き出さないよね。


逃げない男、木村拓哉で思い出した。
もう8年前になるかな?

宇宙戦艦ヤマトを実写化すると聞いた時、ヤマトのコアなファンはもちろんのこと
拓哉ファンの間でも、一部かなりブーイングで。。。ヒドかったのを思い出した。
まだ出来あがってもいないのに、何でそこまで言うかな?ってぐらいで悔しかったっけ。


あの時雑誌のインタビューで山崎監督が「ヤマトを断る人生は考えられなかった」と。
おっかなかったし、怖気づいたこともあったけど。。。やってのけた。
そして古代進を引き受けられる役者は木村拓哉しかいない。
他にいるなら連れてきてみろ!って(*^^*)

拓哉も色々言われることを承知で、古代進を引き受けた。
そしてやりきった。逃げない男・木村拓哉。だから私は22年も彼を信じて
付いてきてるんだと思います。
私が拓哉の好きなところは、どんな困難にも逃げずに前へ前へ進むこと。
木村拓哉の前に道はなく、木村拓哉の後には道が出来る。

これ、8年前の日記にも書いたけどずっと変わらない。


友が、もし拓哉が出て行った方だったらどうしてた?と聞かれて
いや、その「もし」が拓哉の辞書にはないと思うんだよね。
「解散」に向き合うこともせずに、マネに付いていくために
事務所をやめるってあり得ない。
マネのことが好きだったとしても、こんなカタチで出て行かないと思う。

本当に4人とグループやっていきたいと思うなら
全力で解散阻止しただろうし、引き留めただろうし。
解散してないと思う。

拓哉の中で「解散」は仕方がないと思ったんだと思う。
ただ、こんな形で終わらせたのは「申し訳ない」と今でも
思ってると思う。


また話がそれてしまったぁああああ、ごめん。


 テンメイさんの5話のマニアックなレビュー置いときます
いつもありがとう

捨てるな!、新たなマイウェイへの出発~『BG~身辺警護人~』第5話

 


Twitterでの5話の感想


「人に夢を与えてきた人間は、どんなことがあっても逃げちゃいけない。
これを「キムタク」であり続ける木村拓哉さんが言うすごさ。
これを「キムタク」であり続ける木村拓哉さんに言わせる
井上由美子さんのすごさ」

 

「謎めいているが、人間味に溢れている。 静かだけど激しい。
 強いけど優しさゆえの脆さもある、だけど崩れ切らない、冷静さは失わない。
  木村拓哉さんの演技は心に痛みを与え、救いを与え、最後に笑顔を与えてくれました。
  つまりは最初から最後まで魅了されていました。お見事」

 

「今日のBGも面白かった!キムタクいい演技してるよ…ザッキーだよ…
 涙する姿が少年みたいで…すげーよ彼は…」

「私がジャニーズファンでもないのに「ジャニーズの人ってすげえんだな。
 単にかっこいいだけじゃなくてかっこよくあるための生きざまが」って
 ずーっと敬意を抱くきっかけになったのは、キムタクなんだよね」

 

「人に夢を与えてきた人間は、どんなことがあっても逃げちゃいけないと思うんです。
 何だろう感慨深い。キムタクが言うからかな?」

「島崎さんの「人に夢を与えて来た人間はどんなことがあっても逃げちゃいけない」っていう
 台詞は誰が言ってもかっこいいんだけどそれをキムタクが言ったからこその重みがあって…
 表情も相まってとにかくとっても素敵だった」


キリがないので、この辺で。

ワッツの感想は次回?



TOPはずっと愛用してるBUILTのバック
同じものこれで3個目。
安いから柄違いはで5パターンぐらい購入したけど
このドットが一番好き

仕切りがないので、いつも鍵探すのに中でかき回すことになるけどw
それでもスウェットの感触が好きで普段良く使ってる。


この記事をはてなブックマークに追加