夕陽亭にら屋

愛犬と安穏な生活

にら桜

2018-04-06 18:01:37 | 散歩道




ソメイヨシノが満開になった日曜日、通りすがりの蕨市民公園でお花見を楽しみました

バーベキューを楽しむ人々で大賑わいでした




「ボクもモデルさんやるよりお肉を食べたい」


何の用意もない我々は、屋台のたこ焼きと焼きそばをいただきました
市民価格でお安かった!




10年も前に商店街でもらったソメイヨシノの苗木
ずっとよそに預けていましたが、
今年は我が家の軒先に里帰りして立派な花を咲かせました

にら桜と呼んで愛でていますが
実は移動のために枝をたくさん伐ってしまったのでとても貧相です

来年はもっとたくさん咲いてくれると良いなぁ




「桜伐るバカ」


バカは承知の上です
仕方なかったんだよ
ごめんねさくらさん


早朝の散歩も公園でお花見

朝は比較的軽やかに歩きますが、
近頃は昼間はぐっすりお休みタイムで
外に出してもあまり歩きたがらないので
公園までたどりつきません

すっかりおじいさんが板についたにらです




「じいさん扱いはやめてください」


嫌なら若々しくすたすた歩いてください




「それはできない相談よ」


まぁいいよ、じいさんでもかまわないよ

らーちゃんでいてくれれば、それでいいよ




「ボクはボクで、がんばっているのだ」


今年もお花見が出来て良かったね~


この記事をはてなブックマークに追加

ひなまつり2018

2018-03-03 18:14:16 | お友達




3月3日のひなまつりは、ジジ家にお邪魔しました

お昼をいただいてから、各自手芸部の活動をいたしました

私はキルトフェスティバルで購入したピンクッションのキットを持参
せっせと作成いたしました
完成にはいたらなかったけど、その後ちゃんと仕上げましたよ

おやつにはさくらもちをいただきました!




「ねえさんのおひなさまよ」


ジジさんおひさしぶり~
おひなさま、とってもきれいね!

あいかわらず優雅なお嬢様です




「女の子のお節句なのよ」


うんうん、そうだね
こう見えて、私も実は女の子だったんだよ~

みにぃちゃんは、ますます女っぷりが上がったね!




「ボクは今日は右大臣ですが、左大臣じいさんはやる気が無さすぎです」


まぁ、気持ちだけ参加させてやってよ
ご飯タイムには活躍するから

私の中では若手筆頭のバジル君ですが、
いつの間にか立派な紳士になりました




「いつまでも子供のままじゃぁいられないんだよ」


そーかそーか、そんならこれからは大人の付き合いをしようじゃないか!

というわけで、夕方にはモンキチまでやってきて
夜の宴に参加させてもらいました

お料理の写真がありませんが、すごいご馳走でした!

遅くまでにぎやかに、とても楽しい時間をありがとうございました!





この記事をはてなブックマークに追加

いつの間に大晦日!?

2017-12-31 13:57:29 | つれづれ




「にらですよ、半年に一度のご来店、毎度あり~!」


月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり
と暗記させられたのも
はるか過去の事となりました。

あの頃の私は自分がこんな年齢になる日が来るなんて
露ほども思っていませんでした。
今振り返ればあっという間でした。

ご苦労様、自分!

うん十年があっという間なんだから
半年なんてへのかっぱです。

連日の猛暑にへこたれていたのがつい昨日のことのようなのに
今日は初雪におののいています。

SNS流行りで放置されているブログが多くなりましたが
根がしつこい性格なので
にら屋は細々と続けていくつもりです。

にらは9月に14歳になりました。

目は白くなりつつありますが、まだ見えているみたい。
耳はすっかり遠くなりました。

後ろ足も弱くなり、散歩に出てもすぐ帰りたがるけれど
食欲旺盛、元気いっぱいです。

今年は予防接種とフィラリアのとき以外医者にもかかりませんでした。
ありがたいことです。

普段は寝てばかりいて
性格は頑固になり
わがまま放題になってきましたが(これは飼い主が悪いんだけど)
老いてなおさら愛しさがつのるばかりです。

明日からの平成の終焉の年をにらと共に満喫し
やがて来る新しい御代を
にらと共に迎えられるようにと
ついでに欲張って、
東京でのオリンピックもにらと一緒に楽しみたいと
願いはどんどんふくらみますが、
何はともあれ、
この一年無事に過ごせたことを感謝して
今年を終えたいと思います。



「どちらさまもおすこやかに、よいお年をおむかえください!」




この記事をはてなブックマークに追加

送り盆に

2017-08-16 10:20:25 | つれづれ




「にらですよ。皆様お久しゅうございます。
毎度毎度同じごあいさつですね。
ボクは元気ですよ」




「今日はこんな景色のところに来ています。」




「ここがどこかって言うと、、、どこでしたっけ?」




「思い出せないくらい過ぎた昔に撮ったお写真なわけよ」


いえいえ、そんな昔ではありません。
ちょっと前、春先に高速道路のSAで撮った写真ですね。

思い出せないのは
にらさんがお呆けになったからじゃありませんか?




「失礼な。ボクは全然呆けてはいませんよ」


まぁ、完全に呆けたってわけじゃあないけど、
かなり老いが進んだ感じの今日この頃です。

気難しくなって、扱いに困ります。




「ボクはボクの思う道を行くのみなのだ。」


ブログをほったらかしている間、
いろんなことがあって
めまぐるしい日々でした。

3月は甥っ子がまるまるひと月我が家に滞在していて
私は下宿のまかない叔母さん体験してました。
好き嫌いが多い!
春休みの子供が家に居るってこんな感じ?
うっとおしいー!っていう、貴重な経験でした。(^^)

帰ってしまえば、つかの間空の巣状態も味わいましたけどね。
ま、来てヨシ、帰ってヨシといったところかな。

GW前には、
長いおつきあいのレナママさん家のりりあちゃんの訃報が届きました。

実際に会ったことはないのだけど
らぶりちゃん亡き後レナ家のよきお姉さんわんこだったし
にらにとっても遠くに住んでるお姉さんって感じに思っていたので
とても淋しいことでした。

よくがんばったね。
安らかにね。




「らぶりちゃんとりりあちゃん、揃ってお盆に帰ってきたのかな?」


そうね、きっとレナ家はにぎやかだっただろうね。


GWには、私の古い友人が急逝してしまいました。
もう長いこと会ってなくて
でもとても大事な友達でした。

いわゆる突然死。
そんな年代になったのね。

悲しくて悲しくて、とても落ち込みましたが
やさしい顔で眠っていたので静かにお別れできました。

7月の東京のお盆と旧盆と、両方ちゃんと帰ってきたかな。




「そしてお空に戻るんですね」


空の上はいいところかなぁ。

こんなふうに、いつも晴れてるといいね。




「このところ、東京はずっと雨ですけどね」


ホント、びっくりするくらい毎日雨が降ってる。
先月はでっかいひょうも降りました。

窓ガラスが割れて、車もボコボコになりました。




「いろんなことがありますね」


まったくです。
自然と泣く子には勝てません。

6月は、これまたひと月の間
姉が我が家に滞在していました。

この下宿人は
甥っ子と違って勝手にご飯作ってくれるから楽でした。




「ボクと一緒にお留守番しました」


春先から義父が体調を崩し
私が出かけることが多くなりましたが
姉が家に居てくれるから
にらのことは気にせず出歩けて助かりました。

その義父は先月とうとう入院してしまい
一時は生死が危ぶまれましたが
脅威の回復力でもちなおし
今週末に退院の運びとなりました。
天晴れな生命力です。




「たいしたたまげた」


軸のある義父のことだから、リハビリに励んで
元通り歩けるようになるかもね。

乞うご期待。

そしてまた、ここにきてもうひとつ、厄介な案件が。。。
お休み明けから、忙しくなりそうな予感が。。。


まぁそれも仕方ない
自分の役目だから、精一杯がんばりましょう!




「忙しくてもボクのごはんだけは忘れないでくださいよ」


ご飯食べて、元気に過ごそうね!



この記事をはてなブックマークに追加

にらの日常

2017-05-22 13:27:07 | にら




「z~z~z」


毎日が日曜日、にらです。

このところ真夏日続きの東京ですが、
ケットをかけて寝ているのは、先月初めに撮った写真だからですよ。




「エアコンの風が直接当たらないように、とか言っとけばいいのに。。。」


嘘はいけません、嘘は。

もっとも、毎日午後はエアコンをかけているのは事実ですが。
おじいちゃんわんこには、暑いのはこたえるからね。




「暑がりはご自分でしょ」


そうねぇ、年がら年中火照ってる私ですが
更年期だからしょうがない
冷えてるよりはマシだと思ってしのびましょう

寒い季節、にらさんの寝覚め伸び伸びポーズは
いつもケットをひっかけたままです。




「100円毛布は薄っぺらで存在感がないのです」


100均shop大好きですよ
わんこにはこれくらいがちょうどいいのだ




「なんだかなぁ」


最近は耳が遠くなり、
帰宅したモンキチが部屋に姿を見せるまで気づかなくなりました。

以前は玄関の鍵を開ける前に飛び起きたものなのに。

お散歩も行きは元気よく歩きますが、
帰路は超スローペースで、
道行く人みんなに追い越されています。

ちょっと前までは、誰も追いつけない程の早足で歩いていたのに。

でも、その牛歩ぶりが愛らしくうつるようで
通行人からかわいいと声がかかることが多くなりました。

目はまだ見えているようだけど
嗅覚も衰えつつあるようで、
お散歩時のニオイ嗅ぎにも時間がかかるように。

いろいろ変化はあるけれど
老いてますます可愛く、
愛しさつのる今日この頃です。




「ひどい言われよう」


事実をたんたんと述べているだけ。

寝起きにケットを引きずったままウロウロしてる姿は
とても愛らしいですよ。




「そりゃ、たんに飼い主の贔屓目でしょう」


それでいいのだ!


この記事をはてなブックマークに追加