二子玉川 de ぼちぼち絵日記

二子玉川在住主婦の好きなモノ絵日記。街歩きやスイーツ、エンタメ、昭和レトロ等 コメントお気軽に!☆

築91年の歴史的建築 KUDAN HOUSE にて「舘鼻則孝と香りの日本文化」展開催

2018-09-13 06:13:22 | レトロ絵日記 


アーティスト 舘鼻則孝氏最新個展NORITAKA TATEHANA RETHINKー舘鼻則孝と香りの日本文化ーのレセプションパーティーに伺いました。

場所は 東京・九段の旧山口萬吉邸 kudan house。
旧山口萬吉邸は 1927年に日本を代表する3人の建築家(内藤多仲氏・木子七郎氏・今井兼次氏)によって造られた歴史的建築物で2018年9月14日(金)から9月16日(日)までの3日間、一般公開されます。

最近 レトロ建築にはまっていたので、歴史的建築物での企画展、うれしいです  


地下1階、地上3階の邸宅に 舘鼻則孝氏の代表作「ヒールレスシューズ」から 「源氏香の図」をモチーフとした香炉など、新作も多数展示されています。




レディー・ガガが履いたことでも知られる代表作『ヒールレスシューズ』


香老舗 松栄堂の協力により 実際に香りを体験できるコーナー






エミール・ガレの香炉 は自分の趣味で撮影♪




屋上で 抹茶のかき氷をいただく、、


九段下駅5分。
普段は会員制クラブで非公開の邸宅が 2018年9月14日(金)から9月16日(日)までの3日間、一般公開されます(無料)

最近 再開発等で古い建物が取り壊される事例をよく聞いていたので、活用しながらの保存、ありがたいなぁと思いました。




NORITAKA TATEHANA RETHINKー舘鼻則孝と香りの日本文化ー

会場 旧山口萬吉邸(kudan house)
住所 〒1020073 東京都千代田区九段北1-15-9
日時 2018年9月14日(金)~16日(日)11時~19時(最終入場は閉館30分前)
コメント

回転レストラン 有楽町 「銀座スカイラウンジ」@東京交通会館

2018-09-10 08:58:56 | 東京 ★ 街歩き 


旧友と、有楽町駅前東京交通会館15階の回転レストラン 「銀座スカイラウンジ」に行ってきました。
自分のレトロ好きを公言してからは友達も「好きなところでいいよ~」と言ってくれてありがたい


今年2018年3月に兵庫県姫路市の 手柄山回転展望喫茶 が閉鎖になって話題になっておりましたが、現在日本で稼働している回転レストランは8つしかなく、東京では交通会館15階のギンザスカイラウンジと、ニューオータニ17階 VIEW&DAINING THE Sky だけになっています。

東京交通会館15階 銀座スカイラウンジ入口
「有楽町の空で、逢いましょう。」 のことばがかわいい。 


銀座スカイラウンジは 東京交通会館開業時(1965年)からOPEN。
席に着くときに「約80分で一周します」と説明を受けます


スタート地点辺りの読売會舘(現・ビッグカメラ)
「読売會舘は村野藤吾設計だったんだな」 
「プランタン銀座はお洒落だったけどいまは変わっちゃったなぁ」
「銀座SIX、、まだ行ってないな」等等、、 東京の風景を眺めながら頭の中でもぐるぐる考える
 ♪廻る~ 廻るよ~ 時代は廻る~ 喜び悲しみ繰り返し~♪ うんうん  




東京駅舎に新幹線が出入りするのも見降ろせます。


老舗東京會舘の カジュアルフレンチのランチ
(一度ティータイムにふらっときたら貸切で入れないことがあったので予約したほうが確実かと 












少しだけお酒を飲みつつ、回る風景を眺めながら食事をしていると 少し身体もゆらゆらする。
なにかに似ているなと思いましたが「豪華客船に乗っているみたいだ」と家具を見ながらあとで思いました。




食事はおいしく落ち着いた雰囲気で とてもよかった、大好き空間でした。
旧友に会うとほっとするように、懐かしい昔ながらの場所に癒されます。
こういう時代だからこそ 街の開発も 古いものを大切にするといいのになぁ。。
また来たいです~~

銀座スカイラウンジ

-----------------------------------------------------------------------------
 WIKIPEDIA 参照 
現在 日本で稼働している回転レストランは8店です
・スカイレストラン・ロンド(北海道札幌市) センチュリーロイヤルホテル23階。札幌唯一の回転レストラン。
・コマ展望台(茨城県つくば市、筑波山上) 筑波山ケーブルカー筑波山頂駅横にあり、2階が回転レストラン。
・VIEW&DAINING THE Sky(東京都千代田区) ホテルニューオータニのザ・メイン17階。
・回転展望レストラン 銀座スカイラウンジ(東京都千代田区有楽町) 東京交通会館15階。
・フレンチダイニング トップオブキョウト(京都市下京区) リーガロイヤルホテル京都14階。京都唯一の回転レストラン。
・神戸ポートタワー 3F展望台フロアがレストランを兼ねている。(兵庫県神戸市)
・喫茶コスモス 須磨浦展望閣3階。喫茶と軽食がある。(兵庫県神戸市)
・ひろしま国際ホテル カジュアルダイニング「空庭Bisとろ KURUKURU(クルクル)」 (広島県広島市中区) ひろしま国際ホテル14階。
コメント

有楽町 東京交通会館 ~新幹線と純喫茶と~

2018-09-09 09:07:05 | レトロ絵日記 


描いてみたかった有楽町駅前の 東京交通会館に行ってきました。
1965年開業の複合商業施設。
昭和の雰囲気が、なんとなくですが 渋谷の東急文化会館(2003年閉館。2012年跡地に「渋谷ヒカリエ」開業)に似ていて懐かしくて好きなのです  

2階に旅券発給窓口(他道府県でのパスポートセンター相当)があるので 東京都民にとってはパスポート申請でもおなじみ。
北海道の「どさんこプラザ」を始め アンテナショップや観光案内も並んでいて幅広い世代の人で賑わってます。

そして屋上には全国でも少なくなった 回転レストラン! こちらは別記事で紹介しますね~







↓ 地下1階・交通会館創業時(1965年)から営業しているお店の
甘味「おかめ」
サラリーマン向けの飲食店が多いなか、あんみつやおでん目当てに 若いとき寄っていました。(本店はいまは有楽町イトシア内に)



喫茶「ローヤル」 最近の純喫茶ブームもあって賑わってました 


初めて行った3階の 「ジュン 喫茶室」 


since 1965 こちらも創業時から50年以上営業。




窓の外には屋上庭園「有楽町コリーヌ」があり、東海道新幹線が走るのを間近に見ながら珈琲が飲めます なかなかの穴場スポットでうれしい




屋上庭園から撮った写真


15時までのランチタイムでは、スープ・ミニサラダ・コーヒー付で900円~。


そして交通会館にはこんな可愛い マスコットキャラクターも。TOKKO ちゃん 


新たな発見もあって楽しかったです~~ 

回転レストラン「銀座スカイラウンジ」につづきます♪

有楽町 東京交通会館
JR山手線・京浜東北線:有楽町駅(京橋口・中央口(銀座側)) 徒歩1分
コメント (2)

東京都交通局Facebook で紹介されました ◇都営まるごときっぷの街歩き◇

2018-09-07 08:05:40 | レトロ絵日記 


都営まるごときっぷを使って 都内街歩きをした記事が

東京都交通局 Facebook で紹介されました。
ありがとうございました。

------------------------------------------------------------------------------
【ほっこりした時の流れ・東京のレトロなまち歩き】
都営交通が一日乗り放題の「都営まるごときっぷ」を使って、個性溢れる東京巡りをレポートしていただく「ブロガー都内街歩き企画」。今回は、街歩きや育児、日々の暮らしをイラストと写真で綴るスノーパンダさんの「二子玉川 de ぼちぼち絵日記」をご紹介します。
 
スノーパンダさんがお気に入りのレトロな東京の街、スタートは戸越銀座。食べ歩きに雑貨店でお買い物、全長1.3kmという長い商店街を一通り楽しんだら、次の目的地の神保町へ。クラシックな建築の山の上ホテルで珈琲とモンブランを味わい、東京さくらトラムであらかわ遊園に向かいます。
 
ここは「都営まるごときっぷ」があれば入園無料。スノーパンダさん、上手に使いこなしていますね! 観覧車やメリーゴーラウンド、懐かしいこどもの頃を思い出させてくれます♪ そして最後は巣鴨地蔵通り商店街へ。とげぬき地蔵尊を参拝し、賑わう食堂で定食を…朝から日暮れまで、目いっぱい活動していても、ブログからはゆったりとした時の流れが感じられます。大好きなものだけをぎゅっと詰め込んだ、宝箱のような一日。みなさんはなにを詰めてみたいですか?
 
《二子玉川 de ぼちぼち絵日記》


1) 戸越銀座商店街 
2)山の上ホテル
3)あらかわ遊園 
4)巣鴨地蔵通り商店街

-------------------------------------------------------------------------------

Facebook お持ちの方は見てくださいませ~
東京都交通局 Facebook
コメント

ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界—1780年パリに始まるエスプリ @三菱一号館美術館

2018-08-08 06:39:51 | レトロ絵日記 



三菱一号館美術館で 2018年9月17日まで開催中の
ショーメ 時空を超える宝飾美術の世界 -1780年 パリに始まるエスプリ
ブロガー特別内覧会 に参加させていただきました。

*写真は許可を得て撮影しています。

ジョサイア・コンドル設計(再現)の三菱一号館美術館は好きで、よく来ていますが 今回の展示は本当に好み、内覧会に遅刻したのでもう一回足を運んでしまいました。
会場デザインはフランスからファッションショーのデザインチームが52人も来日し、1つ1つの展示室のテーマに沿って空間をデザインしたそうです。とにかくゴージャス、こんな宝飾美術を一度に見たことがありません。。

1780年創業したショーメ。
かの ナポレオンが1804年フランス皇帝の座についたときに、宝石のセットを担当したのが、ショーメの創業者 マリエティンヌ・二トだったとのこと。

ナポレオンのネクタイピン  ランソワ=ルニョー・ニト 1812年頃 


皇帝ナポレオン1世より贈呈された教皇ピウス7世のティアラ


ダイヤモンドとエメラルドのパリュールを着用したナポレオン1世の妻、皇妃ジョセフィーヌの肖像 
ジャン・バティスト・ルニョー 1809年頃


皇妃ジョセフィーヌのインタリオのパリュール フランソワ=ルニョー・ニト 1809年頃

とにかく豪華で、こんなお宝が日本で見られていいのかしらん、と思うほど豊富に展示されています。

女性が大好きなティアラのお部屋は写真撮影もOK 

3500点に及ぶティアラの中から、本展示では最も美しいデザインをしたティアラ20点を特別に集めています。


野バラとジャスミンのティアラ ジャン=パティスト・フォサン 1830年頃


カロリーヌ・ミュラ(ナポレオンの妹)のインタリオ・ティアラ ニト・エ・フィスに帰属 1810年頃


「ロイヒテンベルク」として知られるティアラ ジャン=パティスト・フォサン 1830-1840年頃


カーネーションのティアラ ジョセフ・ショーメ 1905年

可能なら全部を写真に収めたくなりましたが、輝きすぎてうまく撮れない!!


向かい側の壁一面に並ぶのは 
パリ ティアラのサロンに展示されているマイヨショール 19-20世紀
マイヨショールとは合成金の模型で、サロンにきた顧客は数百点余りのレプリカの中からデザインを選んで、頭の形に調整した世界に一つのティアラを作るとのこと。どれも美しくて圧巻です。

自然からデザインされたものも数多く、、

ブローチとしても着用可能な、一対のハチドリのエグレット ジョセフ・ショーメ 1890年頃

目を引くタコのネックレスは フィアンセに贈られたものとか。

タコのネックレス ロベール・モアールによるショーメ 1970年代

可愛いツバメの作品は髪飾りやドレスの装飾として着用。
つばめはアール・ヌーヴォーの時代、とりわけ天才的なデザイナー、ルネ・ラリックが好んだモティーフで この作品のアイデアにも着想を与えているとのこと。

6羽のダイヤモンドのツバメの連作 ジョゼフ・ショーメ 1890年

最後の部屋には 日本への敬意をこめた宝飾品が並びます

ジャポニズムのブローチ「雷神」 ジョセフ・ショーメ 1900年頃

宝飾品って、アートの知識がなくても一目で「綺麗~~」と楽しめて良いですね!!! 眼福・おススメです

併設のCafe1894 では 展覧会タイアップデザート を提供しているほか、アフター5女子割等もあるので 気になっているかたはぜひ~

アフター5女子割
第2水曜日17時以降/
当日券一般(女性のみ)1000円
※利用の際は「女子割」での当日券ご購入の旨お申し出下さい。


8月13日(月)は特別開館&プリンセスデー!プリンセスコスチュームでご来館の小・中学生は入館料が無料となります。

ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界—1780年パリに始まるエスプリ
会期:2018年6月28日~9月17日
会場:三菱一号館美術館
住所:東京都千代田区丸の内2-6-2
電話番号:03-5777-8600
開館時間:10:00~18:00(金、第2水、9月10日~13日 〜21:00)
休館日:月(7月16日、9月10日、17日、トークフリーデーの7月30日、8月27日は開館)
料金:一般 1700円 / 高大生 1000円 / 小中生 500円
コメント