いつか風がみていた・・・(フレディ・Mの日記)

自転車とオートバイで遠くへ・・・。

春なのに・・・。

2018年04月01日 21時00分00秒 | 日記
桜真っ盛りの春ならば気分も浮かれて華やぐはずなのに、
なんだかやる気も起きなくて。。。


2月に火災に遭われた二軒隣の御近所さん、
家を建て替えるまで暫く我が家所有の空き家を貸して欲しいと。
確かに空いている家なんだが、
娘が結婚して新居として住むはずだったので、畳も新しく入れ替え台所も壁紙張り替えて綺麗にリフォームした家、
若夫婦が入居する事は叶わずそのまんまになっていたのをたくさんの嫁入り道具を運び出し掃除して貸せるようにと。


だがなんだか気持ちが前に向かない。
彼氏と娘が塗った漆喰や娘が選んだ壁紙や真新しい畳を触っているうちに涙が止まらず、
そうだよね、この畳の縁柄も娘が選んだんだよね。


介護ベッドを入れて入院中に一時帰宅が許された時、
ほんの3回だけ使った家なんだけどやっぱり思い入れはある。
我が家ではなかったが自分たちの新居を見れてとても喜んでいたのがまだ去年の事。
家を貸す事で火災に遭われた御近所さんを助けてあげたい気持ちもあるが、
せっかく娘の為に綺麗にしたのにと言う気持ちも打ち消せない。






春なのに、

桜が咲く春なのに、

気持ちはとても暗く寂しい・・・。








娘なら、どう言うかな?
きっと使っていない家なんだから、
私もう使わないから貸してあげれば?
春の午後の日差しがそう言っているような・・・。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加