面白く、そして下らない

今の停滞した日本には何が必要なのか。政治・経済を中心に語ります。
ツイッターは凍結されたので、新しいのに変えました。

健康麻雀

2021-04-16 21:24:06 | 日本人への呼びかけ
「健康麻雀」をご存じだろうか。(金を)賭けない、(煙草を)吸わない、(酒を)呑まない、でやる麻雀のことだ。

男性の高齢者は定年退職後することがなくテレビを見るだけの生活に陥ってしまう人が少なくない。それは不健康だし、何より不幸だ。

テレビだけを見て過ごす老後は切ない - 面白く、そして下らない

そこで「健康麻雀」だ。もちろん私が独自に考えたことではない。巷でじわり浸透している高齢者のための「健康麻雀」を微力ながら私も紹介したいし、自分なりの麻雀、健康麻雀への見解を書いてみたいと考えたから今回記事のネタにしたのだ。

麻雀というものは頭を使う遊戯だ。麻雀をやることで脳が活性化することがわかってきた。牌を洗牌(シーパイ)することで指先が刺激されることも健康に良い。洗牌(シーパイ)は手動でやるより自動麻雀卓で洗牌(シーパイ)しない方が多く打てるのでどちらが良いのかはわからないが。

仲間と会話しながら麻雀を打って脳に刺激を与える。認知症予防にもなるし何より愉しい。高齢者は社会人時代に先輩に連れられて雀荘で麻雀を打ったという人は多いはずだ。先輩ではなく同僚と打った。接待麻雀ばかりだったなどという人もいるかもしれない。いずれにしろ若い頃は打っていたという人は多い。

もちろん全く打ったことがないという人が薦められて打ってみたいと考えても何も悪くない。何を隠そう私も麻雀のルールがよくわからないのだ。友達と何回か見よう見まねで打ってみたがよくわからなかった。麻雀を打ちたいという興味はあるのだが、ルールを覚えようとすると途端に集中力がなくなってしまい頭に入らなくなってしまうのである。困ったものだ。

雀荘でも良いし、麻雀教室でも良いし、自治会の公民館でも良い。高齢者の男性に「健康麻雀」を薦めたいのだ。仲間と会話しながら打つ麻雀は愉しいはずだし、繰り返すが麻雀は脳を活性化するので認知症の予防になる。生活にも減り張りがつく。家に籠っている生活を変えることになるはずだ。

自治体の関係者がこの記事を読んでいれば高齢者福祉として健康麻雀を役場や公民館で開いて欲しいのだ。自治体ではなく「自治会」でも良い。麻雀の牌と卓は地域住民の押し入れに眠っているものを引っ張り出して寄付か貸与して貰えば揃えられよう。新しく買う必要はないはずで、予算は必要ない。

その際「健康麻雀」なので金を賭けてはいけない。酒も煙草も御法度だ。少し五月蝿いと思うかもしれないが、黒川弘務のようなことにはなりたくないだろうし、酒と煙草で健康を害してはやる意味がない。

もっとも新型コロナウイルスが落ち着くまでは健康麻雀でも集まってやって良いのかはわからない。マスクしながらなら大丈夫だろうか。

もちろん健康麻雀は高齢者に限定されるものではないし、女性も歓迎だ。女性は高齢者でもそれなりに器用に、少なくとも男性高齢者より、生きて麻雀以外に老後の楽しみがある人が多いように思えるので男性高齢者に健康麻雀を薦めたいと書いてきただけだ。

高齢者ではなく中年や若者でも健康麻雀をやってみたいという人はやると良い。引きこもりの人が一歩外に出る、他人と交わることになれば幸いだ。

また麻雀は政治家や官僚、自衛官にも薦めたいのだ。とくに外交や安全保障担当の政治家や官僚、自衛官に。麻雀で一番重要なのは振り込まないことだ。国家の舵取りで一番重要なのは致命的な失敗をしないことだ。たとえば大東亜戦争に惨敗して國を占領されるような。ベトナム戦争のような敗戦も問題なのだが、致命傷ではない。

多人数で運の要素も含む麻雀は頭を使った訓練に持って来いだと考える。金を賭けた方が緊張感がより増しそうだが、そこは政治家や官僚が法を破ってはいけない。五月蝿いかもしれないが、賭けない、吸わない、呑まない、だ。

その前に官僚は休んだ方が良いのだが。

疲弊する官僚 - 面白く、そして下らない

高齢者が家に籠っている生活を変えることになるなら健康麻雀ではなくとも将棋や囲碁、合唱、自治会活動で子供と掃除や祭りなどでも良い。多人数でできて脳を活性化する手軽な遊戯が麻雀だというだけのことだ。

新型コロナウイルスが落ち着くまでは駄目かもしれないが、「健康麻雀」、どうだろう。やりたいと思っても一人でできるものではないが。自治会が公民館で開催してくれれば良いのだが、少しネットで調べれば健康麻雀ができる雀荘や教室が見つかるかもしれない。

健康麻雀を薦めたい。

コメント   この記事についてブログを書く
« 障害者の話 | トップ | トータル訪問者数50万突破 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日本人への呼びかけ」カテゴリの最新記事