ひこにゃん×ひこにゃん ブログ 彦根にひとつだけの花

ひこにゃん それは古城に住まう心清きみんなのねこ

いちファンの綴るレポート&おとぎばなしのブログです☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ひこにゃん 彦根を照らす一等星

2009-10-27 19:34:25 | 彦根にひとつだけの花
未だおまつりの興奮が冷めませんけど、夏の記憶の断片が2つ残っていましたね。



2009年8月15日
彦根城 博物館内 講堂
第参陣 其之壱
彦コレ(笑)編



再び博物館にやって来ました





この回も初回の入室には間に合わず、2回目以降の行列に並びました





この展開にはお気付きでしょう!(笑)
筆頭家老殿と重臣方に促されて、表御殿から主が到着します
 










ロビーの視線をひとり占めです







一部分しか写ってないのに、この破壊力(笑)




この後は初回のギャラリーの方々が、もちさんに散々蹂躙されたことでしょう(笑)
 




蹂躙されに(笑)2回目で入室しました





にも関わらずこの時間、今回ももちさんは早出残業です!





「あいあい!」




御自ら扉を開けての登場です!





ぷぷぷーっ!!










「ひこにゃんでしゅ!」

自己紹介されるまでもなく、もちろん知っていますが
省いて欲しくない大切なパートです!







入室前のロビーからの登場と、入室後の花道をスキップしつつ
センターへの到着。
そして講堂の隅々まで行き渡る存在感!その一部始終です。













フラッシュも間断なく焚かれます









ファッサァァ~




東京ガールズコレクションよりも個人的には興奮する
”彦根コレクション”です(笑)









今更ですが、よくぞ生まれてくれたものです!

138体の中でも群を抜いた美貌でしたよ!!




この日の最終アイテムを取りに
 






「こりで!」






最後は彦根の空に燦然と輝く綺羅星”ひこにゃん”に相応しい”ぬい”です!
見納めの時間が近付きます。




次回0815最終回です。






コメント (11)

インターミッション Ⅵ

2009-10-17 23:46:45 | 白いイナズマ
今回はちょっとだけ未来のお話です。

胸焦がす”【妄想】ひこにゃん”に捧げます。



2009年10月23日 
ゆるキャラまつりin彦根 2009 初日早朝

お家元の咆哮!
~大演説で鼓舞し士気上がる!!~




~稲枝商工会議所~




山ちゃん「さぁ行こうか、ひこちゅう」

ひこちゅう「はい!マネージャー、いきまちゅう」





~四番町スクエア 彦根らぼらとりぃー~

やち「これでよしっと♪」




やち「やちパパ、kaorin、やっち頑張ってくるの~ウフッ





~花しょうぶ通り 戦國丸~

キラーン




バサッ




シャッ!




ザッザッザッ!




~埋木舎~

赤備「カモン様、滋賀大の方々お待ちです。」

カモ「うむ」




カモ「皆のもの、ではゆるりと参ろうか!」




~彦根城博物館(表御殿)~

とことこ・・・

職員「お家元がいらっしゃったわ!」




職員「お家元!」
学芸員「お家元!」
ガードマン「お家元!」




ひこ「皆しゃん!いよいよ今年もゆるキャラまつりの初日がやって来たでしゅ!
   今日はきっとたくさんの人が彦根に大挙してやって来るはずでしゅ。」




ひこ「ひこにゃんも瞬間移動を駆使して、ご挨拶と稽古に頑張るつもりでしゅが、
   そりだけではとても足りましぇん!」




ひこ「来彦してくれた人達に、また彦根に来たいと思ってもらうためには
   ここにいる全員が誠心誠意サービスと対応に当たり、
   良い思い出を胸に刻んで貰わなければいけましぇん!

   いえす、うぃーにゃん!皆しゃんならば出来るはずでしゅ!

   明日の彦根のため、悔いのないよう全員一丸となって成功に導きましょ!
   伝説の第2章のはじまりでしゅ!」




一同「はいっ!!!!!!」




ひこ「秋子しゃん、”爪楊枝”を!」

秋子「はい!」

ひこ「鬨の声でしゅ!!!!」




ひこ「えい!えい!」




一同「にゃーーーーーーーーーーーーーっ!!!!!」




ワアァァァァァ--------!!!!





ひこ「さぁ、出陣でしゅ!」






”この続きは是非彦根で、あなたがその目で!”


コメント (20)

ひこにゃん 一座建立

2009-10-11 07:27:14 | 彦根にひとつだけの花
※一座建立=茶道で主と客が互いに尊重し合い、心を通じ合い、座を盛り上げようと
         協力し合う姿勢のことです。
      


午後1時半からの博物館のもちさんの登場は4分ずつの入替制でした。
博物館に到着したのは1時15分頃だったのですが、
すでに初回の入場が締め切られる寸前で、程なく扉が閉ざされました

早速2回目の行列に並びその時を待ちます


1時20分を回った頃、早くも主役がいらっしゃいました!
 
夏休みど真ん中の大入りだったので、その為の配慮と頑張りなんですね



2009年8月15日
彦根城 博物館内 講堂
第弐陣 4分間のおもてなしとその全容編



この時点ではその方向を見ていた人以外は、
もちさんの登場に全く気付いていない人もいらっしゃいます。
バナナが近付いてくるのに大変穏やかです











そしてこの辺りともなれば流石に(笑)
どっぷり浸かったファンでなければ、登場する場所も方向も
ご存知ないはずですから気付かないのも自然なことなのかも(苦笑)







入替の時の”専用通路”になるコインロッカースペースへ姿を消して行きます





私が順番を待っていた位置の真横には、まだ畳まれていない衝立があり
僅かなスペースが開いていました
 




この後の展開を期待してしまいました!

通り過ぎる横顔を一目拝見出来たらと!











横顔どころか正面でした!
流石はもちさんですね、視線の集まるポイントは熟知していて
お座成りにやり過ごしたりはしないんですね。
2回目の行列の先頭付近に並んでいた人達には嬉しい瞬間です♪
おみそれしました!


もちさんが講堂に入っていかれました






初回の人々が退室され、2回目の入室が終りかけたのが
普段もちさんが現れる時間です





そしていつものようにホワイトボードに描かれた見事な”ひこにゃん”!
迷いも淀みも書き直した様子もなく描かれた節が見て取れます。
相当な画力をお持ちな描き主さんですね
 




そして2回目の登場のため、殺傷力抜群の鋭い矢が講堂に放たれます!

































拍手と声援をその身に纏っての登場です!
 







足元だけの画像も当然のように載せますよ(笑)









左右に気を配った後、得物を取りに!
 






「4分しかありましぇん、最初から全開でいきましゅ!」




うんうん

得物の向きを確認されたようです。






 つつーーーっ




 バッ!




「よーこしょ!彦根城へ」

・・・と仰りたいのは表情からわかるんですけどね(笑)





もうこーなるとアッチャコッチャから
「逆!逆!」
と声掛けが(笑)




「・・・ちゃんと確認したんでしゅけどね




「しょれ!」




 バッ!




 バサッ




間違いを重ねたもちさんへまたまた指摘が!

「ぎくっ!




「ままじゅい!










バッ!

「3度目の正直でしゅ!」




あっという間の4分で、カウントダウンの要請がご家老から


その言葉にもちさんも思わずを落としてしまいます(笑)
でもすぐさま拾い秒読みに備えられました
 

「せ~の」

「109




「87




「65




「432




「1






 くるくる~




「ゼロ~~




ありがとうございました!

さぁ退室です。
ご家中の皆さんからは
「また最後尾に並んで頂ければ繰り返しもOKですからー!」
と退室する人々に許可を促されていましたが、
私はここで博物館から離れました。
まだ改めて拝見出来る回が1回残っていますからね



もちさんの1回の登場を1度の更新で済ます機会は久しぶりですね(笑)










おまけ)
カウントダウンを告げられて落とした旗を拾うもちさん









コメント (8)

ひこにゃん 太鼓門櫓物語

2009-10-03 12:41:03 | 彦根にひとつだけの花
2009年8月15日
彦根城 天守前広場
第壱陣 其之漆
見た感動以外にも利息付き編



ゆうべのオカズで拵えたお弁当のような前回更新の”お蔵だし”。
いつまでもトップページに晒しておくのは恥ずかしいので(苦笑)
なるべく早くこれを上げたかったです




カウントダウンが終了し、終わりが告げられた午前の回。
頭上を覆うほどに茂った緑で作られた”木蔭のドーム”から中々出てこれないようです











そしてほんの少し前まで離れた場所にあった積乱雲(笑)が瞬く間に広がって、
その真っ只中に突入です!







”気圧の中心”、もちさんが帰られます





これはフワフワの身体いっぱいに感謝を籠めたご挨拶!





これはあるケースの場合にのみ見られる両手での







もちさんが”何か”に気付いた時に示すようですね





 クルッ!




「しょれ」

框をピョコンと!








「そりじゃあ」




 ウズウズ・・




「ひこにゃん、我慢できましぇん!」




「ウニャーー!」








カリカリカリカリ・・・






”爪とぎ”です
この向きから見るのは初めてでした。




 スッキリ!(笑)






小さい”ドリブル”での帰り道。









櫓入り口から去る事が出来ない(笑)沢山の人達を忘れないもちさんです!











多くの人の想いに感無量!大きく頷くもちさん



















「そりじゃあ、こりから後ろを向けさせていただきましゅ・・・」




膝を利かせた小刻みな勢いが上がるための要ですね










最後のハードルを越えましたね
 ホッ




「うんしょ。うんしょ」






居残り組みに何度も何度もこうして・・・












「んーーーーっ!」




「ありがとさんでしゅ」




そしてアンヨからも感謝がほとばしります!





器用なアンヨ!





もう閉められても大丈夫なくらい、利息いっぱいの”もち銀行”です!(笑)





 ごとごと・・・




ガラッ 




「ぷーーーーっ」

キャッキャッと喜ぶもちさん
されて嬉しい見て楽しい大歓迎の往生際の悪さです





正真正銘のラストの姿です







ゴトン。




余韻たっぷりで天秤櫓付近を下城します

この夏、暑さで弱音を吐かなかったのは
この日だけでした(笑)


私がこの後もちさんを拝見したのは、午後の2回を合わせても
4分×2回=8分でした。









コメント (9)