ひこにゃん×ひこにゃん ブログ 彦根にひとつだけの花

ひこにゃん それは古城に住まう心清きみんなのねこ

いちファンの綴るレポート&おとぎばなしのブログです☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ひこにゃん  感情を揺さぶるタペストリー

2008-05-11 12:03:24 | 彦根にひとつだけの花
2008年3月29日
彦根城 博物館玄関前
第参陣 其之弐



お腹の中のモノを出し切って(笑)もちさんの足取りもすっかり元通り
この回のパフォもいよいよ佳境に入り、もちさんとのお別れが近づきます





もちさんの”ひ”印の酒甕にも鈴が付いていて
鈴の音が響くように激しく腕をブルンブルン振って
ギャラリーに披露してくれるもちさんです





メインの大鈴も忘れません、空いてる腕で鈴叩きです



チリンチリン



チリリリン




もちさん一人ですが(笑)、華麗な二重奏を奏でてくれました
長大な広場を右へ左へと、底なしのパフォを繰り広げてくれるその姿には
別れの近づいている心境も手伝って、感動せずにはいられません





とまぁ、そんな湿っぽいが考えが一瞬頭を横切ったりもしましたが
彦根のお屋形様(笑)は感傷に浸ってるヒマなど与えてくれません(笑)





この堂々としたお姿(笑)




決して偉そうにだけは見えず、背伸びした感じが良いですね(笑)




立派なお腹をポフポフ(笑)






ちょっと引きで見てみると・・




足元では足を組み変えたりもしています
全身休まず芸が細かいっ






しゃなりと場所場所のギャラリーにご挨拶です




脇息代わりに使っていた縁台を離れ、まだまだ何かやってくれそうな
雰囲気のオーラがもちさんから見て取れます
でもそれも実は広場に射す夕陽のせいだったりして(笑)




もちさんが自分の身体を波立たせ(笑)、トコトコと
ウォーキングを














身体をプヨプヨするパフォは見た事はあったんですが
これは初めてでした(笑)
か、可愛いぃ・・
どなたかこのパフォの名前知ってたら教えてください




もちさんが正面で立ち止まってくれましたが私目当てではありません(笑)
小さい女の子がいらっしゃって、「ひこにゃんお酒忘れてんで
と何度ももちさんに呼びかけていたので






もちさんが兜のしころを両手で持ち上げます
好きなポーズです





このポーズでのご挨拶も初めてです
ヤバいです





しころをパタパタ(笑)



スッ・・・


ファッサ~~(笑)



左もファッサ~~(笑)
”ティモテ”ってパフォですよね






頭のてっぺんから爪先まで、もちさんで満ち足りた一日でした
持ち帰る想い出と記録が溢れてこぼれそうです








いよいよ退陣となり、ギャラリーの皆さんに腕が千切れんばかりに
手を振り応えてるもちさんを尻目に、スタッフの皆さんがそそくさと
城門の中へはけて行きます(笑)
クスクス
無常にも(笑)重たい城門が閉ざされ、もちさんも気付きます(笑)
ショックで凍りついて微動だに出来ないもちさんを見て皆爆笑です




命の次に大事なお土産さえも思わず落としてしまい、さらに爆笑




緊急事態と確認し合うかのように皆の方を一瞥します(笑)




玉砂利を鳴らしながら見たことないスピードの
全力疾走で駆けて行きます
なんて後姿でしょう




自分がまだ門外に取り残されている事を必死に訴えます(笑)






堅く重たい門が僅かですが開けられます




命令か懇願か(笑)そのやり取りは聞こえませんが
交渉が続きます




交渉決裂です(爆笑)



座り込んで途方に暮れるもちさん




さっきまで天真爛漫にギャラリーを沸かせていたかと思えば
次の瞬間にはこんな心に訴える切ない表情や物語で
交互に襲ってくるのがもちさんの真骨頂です
笑いと哀愁が丁寧に織り込まれたタペストリーのようです




ようやっとお赦しが出たみたいです(笑)
もちさんの背中から光が射します




善かったです
皆胸を撫で下ろした瞬間です





もちさんのご帰城です




今日も贅沢に3連続のもちさん見物でした
こんな調子で4月の毎日の出陣に臨まれるもちさんが心配ですが
今日はゆっくり休んで下さい



さようならさようなら




御脚キターーーーー(^o^)WWWW


城門が閉ざされました。
ご城主様の足音が遠ざかります




この日の人出は新宿同様に、ため息のでる程の混雑でしたが
スタッフの皆さんが常に眼を配って、ギャラリーに注意を促して
いらしたので、これだけの画像をブログに反映する事が出来ました

季節が変わり、彦根城がまた違う表情を見せてくれる頃に
また行ってみたいと思います
ブログでの2回目の訪彦の報告でした






コメント

ひこにゃん 功夫を積む

2008-05-04 23:58:18 | 彦根にひとつだけの花
2008年3月29日
彦根城 博物館玄関前
第参陣 其之壱




2時の回のもちさんの退陣を太鼓門櫓の下から見送った後
そのまま博物館まで下りてきました
もちさんの登場も残すところラスト1回

前にも軽く触れましたが、初めてもちさんを見る事が
叶ったのが400年祭の終わり間際の11月
次はもちさんの1月のお江戸出陣の新宿が2度目
3度目はこのブログにもある2月、今回の3月が4度目となります
その間にもちさんの元に訪れる人は日を重ねる毎に
増える一方で、従来の博物館内での出陣から
博物館前の広場に場所も変わりましたね。
今日最後の楽しみは未だ足を踏み入れた事のない博物館前広場に
来ることでした
ネットでもちさんの活躍を見る事がほぼ可能な毎日
場所の様子は知り得てましたが、思っていた通りのこの広さ

端から端まで余す事なく横断を繰り返さなければいけない
もちさんの苦労は並大抵ではないでしょうね
さぁ、もちさんの今日最後の活躍を眼に焼き付けましょう



疲れた様子など露ほども感じさせず、もちさんの登場です
礼儀正しく優雅な挨拶は欠かしません




もちさんが移動しながら皆の声援に応えます
場所柄、城内の観覧を終えたお客さん達が、たまたまこの
もちさんの出陣に出くわすと必ず立ち寄られていきます
当然ですよね
そんな状況ですから今日最大の人出の中の出陣となりました
人垣は3重ほどになり、もちさんが動けば最後尾の人達が
それに併せて移動するというような感じでした
でもそこはスタッフの皆さんが注意を促し、混乱を招かぬように
必死に動かれていたのが印象に残ってます




元気ハツラツ得意のポーズ




場所により撮影が困難だったため、もちさんが遠いんです(苦笑)




もちさんがバナナぬいをお客さんに差し出します




寸前でぬいを引き戻しちゃいます






もちさん堪え切れず口元を押さえてケタケタ笑います(笑)






お客さんから再度の懇願があった様子
(じつは遠くてやり取りが聞き取りずらくて




流石もちさん、やりっぱなしではありませんよね




て、あら(笑)




ピョンピョン跳ねて笑いが止まらないご様子
今回はかなりのやんちゃっぷりですね








とうとうバナナぬいを視線の届かない後ろにお隠しです






もう抱きかかえてしまって、お客さんからのぬい希望に
イヤイヤと聞く耳持ちません(笑)
これはもうお客さんともちさんの呼吸の合ったパフォと
言ってイイですよね(笑)




バナナ公演終了(笑)




もちさんがバナナを置く一部始終をご覧下さい






もちさんにとってこの高さは勢いなくして
越えられるものではありません




はたして次は何でしょう   




仕事ももうじき終わりですもんね一献やりましょう








酒甕から直かですか豪快ですね






もちさん悪酔いしないように・・




口を拭います(笑)行儀は忘れません
良かった酔っ払ってはいないみたいですね



ちゃんと歩けているみた・・いです・・・ね・・




あらら・・




完璧千鳥足じゃないですか(笑)




酒甕ブンブン回してるし




まだ呑みますか(笑)




とうとう呑み干してしまったもちさんです(笑)




歌舞伎町か新橋でよく見る光景ですね(苦笑)
関西の方にはわかりづらい例えですね






ここからもちさんの様相が一変します

千鳥足は変わりませんが、隙がなくなってきたような・・




こ、これは酔拳では




それに中国拳法の五獣の拳にある鷹拳か鶴拳の構えじゃ
ないでしょうか(笑)





切り返すたびに繰り出される拳からはボッボッ
空を切り裂く音が聞こえてくるようです(笑)






これならジャッキー・チェンやジェット・リー、キアヌ・リーブスとだって
互角に戦えそうですね(笑)




一体もちさんはどこで功夫の修行を積んだんでしょう(笑)
底なしですもちさんの引き出しは




もちさんの演武が落ち着いたようです




流石にお疲れのご様子で・・す・・




もちさんそれはもしかして




お口を拭う姿に貫禄を感じずにはいられませんね(笑)
もちさん、暴飲暴食にはくれぐれもお気を付け下さいね








コメント

ひこにゃんの引き出し

2008-05-04 02:46:36 | 彦根にひとつだけの花
2008年3月29日
彦根城 天守前広場
第弐陣



前回の訪彦の時は雪のために閑散としていたキャッスルロードも
この日は賑やかに沸き、活気ある町並みで見違えるようでした
前回はなかった千成亭の近江牛コロッケのブースが営業していて
揚げ立ての匂いに抵抗出来ず、すかさず購入
彦根に来ると楽しい事ばかりですね

いつもの事ですが、もちさんのこの出陣の合間の時間を繋ぐのに
苦労した記憶がありません(笑)
さぁ午後のもちさんの雄姿を拝みに再び登城しましょう

一日3回の出陣の中で最も人出の予想される回ですから
気合を入れなくては


もちさん午後の出陣です
やはり午前を上回る人出ですね
本日2度目ですが登場の感動はこれっぽっちも色褪せません




はちきれんばかりの荷物を持っての登場です




太鼓門櫓に集まった方々をかわしつつ広場へ向かいます






この画像はもちさんのパフォーマンスではなく
たまたま撮れたポーズです(笑)





ごそごそとバッグをまさぐる後ろ姿もたまりません




午前中も使っていたお花のぬいがバッグからこぼれてしまいました





今回は自分で拾います(笑)
かがむもちさんを後ろから見れたのはラッキーです



さぁタンバリンパフォ張り切ってどうぞ









今回初めてもちさんを見る方もいるんでしょうね
鈴の音が掻き消える程の声援です
ひと際大きかったのが子供達の力の限り
「ひーこーにゃーーーん」と叫ぶ声でした






時にはスキップ、時には立ち止まり、集まってくれた人々に
感謝するように熱のこもったパフォーマンスを披露してくれるもちさんです





もちさんが在らぬ方向に向かいます




樹の幹に隠れたと思いきや、この調子です
広場がその可愛さにどよめきます
これ本当です(笑)




次の瞬間には寸前の可愛さを捨て(笑)胸を張ったポーズを披露
もちさん緩急心得てます(笑)




次はお料理の時間です



小さい子供達にフライパンの中を見てもらったり
焼き加減に気をつけるように扱います(笑)
そして何よりも驚いたのは、オムレツを形作る時のように
フライパンの持ち手をトントンと巧みに叩く仕種をもちさんがした時です

本当にあなたってネコは・・




もちさんが招き猫のポーズを披露してくれました
日本一、人を引き寄せる本物の招き猫ですもんね
もちさんのルーツである豪徳寺の招福猫児も右招きです
本来右は金運を、左は人を招くと謂われていますが
豪徳寺の猫には独特の理由が存在します。




そしてこの日以降話題にのぼるようになった
闘牛パフォが炸裂します
(もしかしたら、この日以前に始まっていたかもしれませんけど)

さらにもちさんの芸の細かさを思い知ったのは
シートに突進する前に、本物の牛がするような
ザッザッと足を払う仕種をしっかり取り入れている事でした

もしこのパフォが今日生まれたばかりだったなら
もちさんのアドリブは初っ端から素晴らしい完成度ですね








もちさんの脇立てアタックはおねぃさんのオーレ!でかわされ、
加えてからかわれた屈辱に地団駄踏むもちさんです(笑)



執拗におねぃさんを追いかけます




おねぃさんも然る者(笑)、樹を利用して
右へ左へもちさんを翻弄します




そんな中、もちさんの追跡を嘲笑うかの如く(笑)、
シートを畳みハケて行ってしまいます
 




さっきまでの怒りはどこへやら(笑)、突然の追いかけっこの終了に
もちさんションボリ、実は楽しかったんですね





これはお客さんからの持ち込みでしょうか?
特別登録のもちさんの住民票です




そろそろ帰る頃合いなので帰る準備です




ハートぬいをしまっていたところ・・



ギュッ



ガッガッ






もしかして、さっきの仕返しなんでしょうか(笑)
でも何をやっても憎らしさの欠片もないもちさんです




帰り支度完了





帰り道に太鼓門櫓から投げキッスの大盤振る舞い




帰ると思いきや高速踏み台昇降が始まり(笑)
見ていた人達から歓声が上がります






いつまでいつまでも声援に応えてくれるもちさんです





しまいにゃ座り込んでまで(笑)




ギリギリまでそのサービスに妥協はありませんプロですね



もちさん自らの手で引き戸が閉められます



最後の最後に御足のサービスショット(笑)
これで正真正銘終了です




お腹いっぱいの回でした
本当にもちさんの引き出しの多さと、造詣の深さには
毎回毎回やられっぱなしです
午後一お疲れ様でしたもちさん






コメント