ひこにゃん×ひこにゃん ブログ 彦根にひとつだけの花

ひこにゃん それは古城に住まう心清きみんなのねこ

いちファンの綴るレポート&おとぎばなしのブログです☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ひこにゃん 似て非なるモノ(笑)

2009-08-25 22:14:38 | 彦根にひとつだけの花
今回もちさんが手にしているのは”だんご剣”ですが、
ご紹介するエピソードは”だんご剣”が主役ではありません。

もちさんが”だんご剣”を忘れるほどの興味を引くモノが
出現したからです

それは一体・・・



2009年8月15日
彦根城 天守前広場
第壱陣 其之参
母をたずねて三千里(笑)編



入れ替わった人々に対して小刻みに向きを変えつつ
新たに挨拶とお見合いのため、もちさんが頑張って回ります









囲んだギャラリーに漏れなく披露される”ひこにゃんスマイル”!
もちさんに表情が見えるのは、勿論もちさんの類まれな技倆のお陰なのですが
見ている方の愛情も不可欠で、両想いでなければ成立しませんよね





上の画像とこの画像の間に再度の入れ替えがあり、
ようやくもちさんを肉眼で目視出来る位置に近づけました





そんな刹那、もちさんがあるモノを発見します!





「?」




「こりは一体・・・・??」




 つん!つん!




)) ささっ!




「危険なものではないみたいでしゅね・・・」

もちさんが警戒しているのは一体???




角度を変えたら見えました!
ゴマフアザラシのぬいぐるみみたいですね。
ひこちゃんみたい!(笑)
(一昨年までひこにゃんプリンとして四番町ダイニングで売られていた周知のプリン)
もちさんとゴマフアザラシってアップで見ると似てますもんね!
これが今回の主題です





再度、 つん!つん!




安全が確認されるまでは決して素手で触れません(含笑)





「噛みちゅかれる心配はなさそうでしゅね」




「そりじゃあ・・・」






 むんず!




 ひょい!








 ぱっ、ぱっ!








地面に転がっていた為、土埃にまみれていたのを払うもちさん







「こりを落とした人いましぇんか?」




「だりかいましぇんか?だりか!」




「このごまちゃんの落とし主の方いましぇんか?」




この持ち主を探す献身的なもちさんは、
”マッチ売りの少女”か”母をたずねて三千里”のようでもあり、
微笑ましくもいじらしいです










持ち主が見つかったようです!

「あなたのでしゅか!」




「ではこりを!もう落とさないでくだしゃいね」






もちさんから返されたお相手は、お母さんに抱かれていた
ちっちゃいちっちゃいお友達でした





喋れないちっちゃいお友達には大抵号泣される事の多いもちさんですが、
私の位置からは逆なので見えていませんでしたが、
今回はぬいぐるみが返されて喜ばれたのでしょう!

そのリアクションを見たもちさんが、何度も何度も飛び跳ねて喜びを
表していましたから!





「よかったでしゅね」

この場で一部始終が見れて私も良かったです(笑)















コメント (10)

ひこにゃん スタンダップ!

2009-08-20 21:32:04 | 彦根にひとつだけの花
2009年8月15日
彦根城 天守前広場
第壱陣 其之弐
「ダラけてるんじゃありましぇん、
       こりは立派なパフォでしゅ」編





真夏の真っ只中の天守に現れたもちさん!
出だし囲まれたもちさんは、もはや肉眼では視認出来ない状態です。

かつて見た事のない人垣が形成されています、
1・・2・・・多分五重六重くらいありますね・・・
登場シーン撮影のために、この場にいなかった訳ですから致し方なし!

何度かの入れ替えがあるようなので、それまではバンザイしてモニターに
収まっているのだけが頼りです。





万遍なく周囲に気を配った後に、最初のアイテムが登場します
 



 
この辺り、ホントに肉眼で一切見てません(苦笑)





「じゃ~~ん




「こりがひこにゃんの秘密兵器でしゅ




夏を迎え始めた頃から、もちさんのフェイバリットになった
サンスクリーンですね!

もちさんの美白が保たれているのは、このプレゼント(おそらく)のお陰なのでしょうね(笑)





忙しい披露の間にも、時折ギャラリーの声に耳を傾けるもちさん

どこまでいっても(人気が出ても)ギャラリーとの距離を大事にして、
置いてけぼりにしない姿勢には感服します





左右への気配りも忘れません!







ちょっとズームを止めて見てもらえると、実際に見ていた場所と人出が
伝わるでしょうね。
もちろんバンザイしております(笑)

そして案外遠い!




後ろ姿での”ドリブル”

辺り一帯に響き渡っている蝉の鳴き声が掻き消されるほどに
笑いが沸き起こります









アイテムチェンジに
 
 



手にしていた日焼け止めを、さりげなく置いたもちさんですが
これが次に繋がる布石になっていると誰が気付いていたでしょう!





ピコピコしつつ次のアイテムを考え中!(笑)









もちさんの”3種の猫器”に数えられる”だんご剣”を持ってきました






そしてここで前列の方が入れ替えでハケていかれました

入れ替えで空いたスペースに詰めて行きつつ、再び撮影を始めたんですが、
まだまだもちさんを肉眼で観るのは無理だったので、頭上に掲げた
カメラのモニター越しにもちさんを・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プププーーーーッ








だっ”だらにゃん”

あれっ?意外と生で観るのは初めてに近いかも?





「怠けてる訳じゃありましぇん!こりはひこにゃんの
   立派なパフォでしゅ!」

実は入れ替えが完了するまでのもちさんのパフォでした!(爆)
わっ!しかも日焼け止めを枕代わりにしてる~(笑)





でも衆人環視の中心で寝そべってて成立するんだからスゴッ(笑)


入れ替えが完了したので、眠れるぬこが起き上がります!





ここから先、結構ツボなポーズが続いて・・(笑)















待望の前列に陣取った新たな方々の為に、もちさんがリスタートを切ります!









コメント (11)

彦根で一番熱い夏

2009-08-16 03:43:28 | 彦根にひとつだけの花
・・・・・・・・8月のとある日、彦根とは関係ない行楽のため山あいの渓谷へ出掛けました



清流の流れに漂って、水浴を楽しむのが目的です







源流に近い処まで足を伸ばしたので、期待を裏切らない透明度と
マイナスイオン全開のスポットだったので、少々水温の低いのを除けば(苦笑)
こんな贅沢な日はありませんでした





そして川の流れに乗って、しばし漂っていました。










漂っては下流から上流へ戻ってを繰り返していた時、
水中に潜って水音と水沫だけの世界になって、
ふと水中から真上に照りつける太陽を見た時に
沢山の風景がフラッシュバックしてきました。
(溺れて記憶が走馬灯で蘇えったんじゃないですよ・笑)



















そしてフラッシュバックと共に聞きなれた”JR東海”の
”そうだ 京都、行こう。”のBGMと長塚京三さんの声での
ナレーションまで空耳で聴こえてくる始末!(笑)


ここから先の吹き出しは、俳優の長塚京三さんの声を思い浮かべて
読んでみて下さい(頼)









『お盆だから、人が多いに決まっている。』




『そんな理由で行くのを迷っていた事を、』




『忘れさせてくれる城と猫が此処にはいます。』




『そうだ 彦根、行こう。』



『JR東海!』


自分の脳内で勝手に作られたパロディーCMに突き動かされ、

『そうだ 彦根、行こう。』とこの場で決めました!








ひこにゃん 八月のワルツ

2009年8月15日
彦根城 天守前広場
第壱陣 其之壱
真夏の昼の夢編



ややこしい前置きで実現した今回の訪彦!
1週間後には横濱遠征もあるのですが、待てませんでした!(苦笑)





真夏のもちさんのスケジュールですね





いつもの要領で10時過ぎにゆっくり登城しようとしていたら、
お盆だからでしょう、団体さんや多くの家族連れの方々に阻まれ
思うように進めません!
リピーターの悪いクセが出てしまいました


ま、まじゅい!表坂でこんな時間に









ななななんとか5分前に到着!


表坂の石段を一段一段上がるごとに、太陽に近づいていく思いでした(苦笑)
そのせいで中々アセがひきません


到着した時には家宰のお兄さんの注意事項の説明が始まった時で、
広場にいた人々が琵琶湖側の木蔭に吸い寄せられていきます




最近の訪彦ではお目にかかった事がない人数です

一年ぶりかも・・・

それにしてもこの陽射しと暑さ・・・

もちさんのことだけが気懸かりです・・・・・
みんなが心配するただ一点です





時間のようです!




































暑さと夢の中の出来事のように、もちさんの登場を惚けて眺めてしまいました

現実に戻って次回より新たな報告を始めたいと思います。










彦根に行って参りました。

とにかく1分でも早く完成にこぎつけようと、他の何よりも優先して
編集作業に当たりました!

これで眠れます~ おやすみなさい


コメント (10)

ひこにゃん 過去の記憶、現在の標

2009-08-16 03:43:12 | 彦根にひとつだけの花
2009年6月27日
彦根城 博物館前広場
第参陣 其之弐
最終回
感謝と別れ編



もちさんと”ハートぬい”、最強の組み合わせです!
 




端まで回って来た時に、ご自分よりも小さい乳児と遭遇(笑)

「こりはこりは」




チリンチリンチリン




「はじめまして、ひこにゃんでしゅ」




残りはカウントダウンのみとなりました。
この時間の宰領を担うお姉さんからのお達しです





カウントダウンにはしっかりソレ用のアイテムに
チェンジしてくるもちさんです





カウントダウン、スタート





魅惑の後ろ姿!




そしてこのポーズも(笑)




そして終了間際に恒例の”もち独楽”!





「ゼロー!」
この日全てのパフォが終了した証です





ではもちさんよりも一足先に玄関前に移動して、
出て来られるのをお待ちしています







クスクス




多くの方々と共に広場からの帰還です
 




近づいてくるもちさんをズームで撮影すると
こんな迫力の画像に!(笑)





攻勢です!もちさんの手に次々と!


「しゅみましぇんね




「そりじゃあ、お言葉に甘えて」




「ありがとさんでしゅ」



「ひこにゃんからの気持ちです」




「しょれ!

のお礼に”投げキッス”のお返しです!
羨ましいですね







振り返りポイントです。





今日もあなたには沢山の忘れられない想い出と、
微笑ましい時間を提供して貰いました。





ペコリ、「おしょまつ」




全ての人に届くであろう空耳が!

「また来てくだしゃいね」




クルッ! ダダッ!






「そりじゃあ皆しゃん!」




最初のお別れです(笑)





重そうな木戸が閉じられます、が!




再びこじ開けられ・・・





もちさんがピョン!と再び飛び出してきました


「ぷぷ、しゃぷら~いず!」(笑)




そして正真正銘のお別れがやってきました





「ひこにゃんはここにいましゅ!じゅっ~~と!」

願望混じりの空耳でラストです。



そしてこの日はもう木戸が開く事はありませんでした。
でももちさんの足がまだ見えていてますね





そしてとうとう、そのもちさんの足も向きを変え見えなくなり、
玉砂利を踏む足音も遠ざかっていきました。

これが6月の訪彦の全貌です




また一つ増えた宝石を心の箱に大事にしまい、
気配の消えた木戸に向かって心の中で感謝を捧げ、この地に別れを告げました。

またいつか訪ねる日を祈ると共に・・・






コメント (1)

ひこにゃん あなたは今

2009-08-13 14:01:41 | 彦根にひとつだけの花
2009年6月27日
彦根城 天守前広場~博物館前広場
第参陣 其之壱
最終回への前哨編



芸人さんが羨むような数々の笑いを取ったもちさんが
太鼓門櫓に戻ります
 




流石に午後の天守前です、終了間際でも賑わいっぷりはハンパないです!
ご家中の皆さんの手際の良さが無ければ収拾がつかない所ですね







「しょれ」




「そりじゃあ

もちさんがオヤツを食べに戻ります。
普段の運動量と照りつける日差しで奪われていく貴重な体力、
そして時には列島を瞬間移動で飛び回るため、
その消耗を補うためには栄養の摂取は必須です!

もちさんの食欲を良い方にフォローしてみました(笑)





最後の博物館を前に一旦城外に出ました

もちさんの周り以外は(笑)本当に穏やかで時間が止まったかのような
風情と歴史を感じさせる場所です。
小鳥のさえずりが心地良く、耳からゆっくりと侵されていきます





15時5分前に博物館前広場に。
うんうん、尤もな人入りです





まだまだ見物の方々は止みません




このシチュエーション!もうお分かりですね
心の準備を!







慎重なカニ歩きで接近してきます










無数の心地よい矢が一斉に放たれ刺さりました(爆)
いつもながら太鼓門櫓とは違った趣向です







これが6月の終わりのもちさん!

きっと今日もあなたはこうして頑張っているんでしょうね。
また拝見したいものです・・







ご家中の皆さんの露払いで開かれた進路を悠然と進んで行かれます





オープニングは歓迎のフラッグ




「よーこしょ彦根城へ」






そしてここでも”だんご剣”

初めて見た方はもちろん、再び観れた私のような者でも楽しめます♪
”ひこにゃんのすべらないパフォ”(笑)




誰もがもちさんに伝えずにはいられないみたいです(笑)


「おだんご外れてるー」
「あい?」




おそるおそる・・




「あわわわわわわわわわ・・




「こりまたまじゅい・・・・・うぅ背中に視線を感じましゅ!」




観念して重臣のお姉さんに外れてしまった事を曝します





でもこの回にはお姉さんの怒りも、しっかりリセットされています(笑)





なのでこの時点ではとても穏やかにもちさんを気遣われています





「まじゅはひこにゃんが・・」

このまずは自分で何とかしようという姿勢が多くの方の胸を打つのでしょう





「うーーうーー

大好きな画像なので続けての掲載です(苦笑)





「お願いしましゅ・・・」

お姉さんも快諾して修理を請け負われました





前回とちょっと違うもちさんの一瞬の表情!

「ぷぷぷ、お姉しゃんも甘いでしゅね」(爆)

いたずらっ子のもちさんを垣間見た思いです





修理が完了して”だんご剣”が戻されました

もちろん外さぬようにと諫言付きです





聞いちゃいねーし!(爆)





この回も合計3回のだんごの危機に見舞われ、再び
「しょ、しょこのあなた!」
とギャラリーに協力を呼びかけてらっしゃいました(笑)





こ、これは
”だんご剣”と”鈴自慢”のコンボです、嬉しいー♪
 




”だんご剣”が役目を終え、いよいよラストが近づきます
 




”ハートぬい”がラストアイテム
次回、0627最終回です









補足)
今回の”だんご剣”の修理中のもちさんのセリフはもちろん空耳です。

そして半月ほど更新が滞っておりましたが、彦根に行っていた訳でも
”白いイナズマ”を制作していたという訳でもありません。

ですが最終回のプロットだけは頭の中で固まりつつあるので、
まずはそちらをお届けする事に全力を注ぎたいと思います。


コメント (4)

ひこにゃん 16秒の戦い

2009-08-01 04:08:43 | 彦根にひとつだけの花
2009年6月27日
彦根城 天守前広場
第弐陣 其之伍
ドキッ!不運だらけのカウントダウン大会!
ポロリもあるよ(笑)編



絶体絶命の危機を乗り切ってカウントダウンの準備に入るもちさん
 






もちさんがカウントダウンアイテムに選んだのは”ミニ和傘”です!





「ひこにゃん、準備OKですか?」
「あい!」




「はい、それじゃあ10秒前からいきたいと思います。
   いきまーす、いっせーので!」




「10




「9




「8




「7




「6




「5




「4




「3




「2




「1






 ググッ




シュパーーッ








「ゼローーー




・・・・・・・




「ひこにゃん開いてないよ」
「あり?」




「もう1回やってみよか?」
「あい、名誉挽回でしゅ」
「じゃあもう1回3秒前からお願い出来ますか?」




「ちゅぎこそ!」
「いきまーす、いっせーので!」




「3




「2




「1






しゅ、しゅごい蹴り足!







さっきより大きいバックスイング!これなら!





バッ! やた




・・・ポロ・・




「しょしょしょんな・・・




「今日のひこにゃん、いいとこないでしゅ・・・




「イマイチ締まらないね、ひこにゃん」




「もう!」




バシン




「今日は不調やね、めずらしく!」
「あい・・・」




「ひこにゃん、どうしよ?この空気!」
「そそりは~・・・

流石は筆頭家老殿(笑)、歯に衣着せぬ物言いです!





「どうしよ、ひこにゃん?もう1回だけやってみる?」




「お願いしましゅ!ちゅぎこそは・・」




「すいません皆さん、もう1回だけお願い出来ますか?」




パッパッ
大事なアイテムの埃を払う様は、まるで成功を願う儀式のようです





パサ・・和傘が畳まれました




「オッケーでしゅ!」




「じゃあいくよ!これが最後ね」




「それじゃあもう1回だけ、3秒前からお願いしまーす、せーの!」




「3




「2




「1










「ゼローーーーーッ

3テイク目で完成をみました!
とても珍しいケースの中でのカウントダウンでした





「今夜は特訓でしゅね







「ちゅぎの時までには完璧に仕上げましゅから」




「約束でしゅ!また来てくだしゃい」




おやつを食べにもちさんが太鼓門櫓に戻られます







コメント (5)