ひこにゃん×ひこにゃん ブログ 彦根にひとつだけの花

ひこにゃん それは古城に住まう心清きみんなのねこ

いちファンの綴るレポート&おとぎばなしのブログです☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ひこにゃん 掟破りの“返し刀”

2012-08-17 07:28:42 | 彦根にひとつだけの花



ガタッ!ゴトゴト!

?何の音かしら???




前回の最後で聞いた物音、本来なら静寂を取り戻す太鼓門櫓に不可思議な音が響きます。




ガラッ!

「ええっ?????」





ゴトゴト…




「な、なんでまた????




「そそそそそそんな、な、ななんで??????




「よいちょ」




再び櫓から出て来たもちさん!
状況が呑み込めずに私はただ狼狽えるばかりです!





「そんな!? 今30分戦ったばっかりじゃないですか!
 これ以上出るなんて、いくらもちさんだって自殺行為ですってば!!」


「・・・・・」










「や、やめて!戻って!
 もちさーーーーーーん!!!!




そんなこちらの雑音にももちさんはどこ吹く風で、まるで今日初めて登場したかのように軽やかな足取りで櫓を出ようとします!










「よち!」






「しゃあ、行きましゅよ!」






こんなシチュエーションに遭遇したのは初めてなので、どう対応したらわからないうちに、もちさんはいつもの調子で木陰に向かって去っていきました!








「もちさん、いったい今日はどうしたんですか!?
 なにより身体は大丈夫なんですか???」




もちさんは一切聞く耳をもちません。






叫び続ける私を憐れむように時々チラ見する程度です。




「ふーーーー




「さっきから何を言ってるんでしゅかね、この管理人しゃんは??」




「今日が8月16日だってことに気付いてないんでしゅかね?
 いちゅまで7月24日のつもりでいるのやら・・・

 やりやり




「・・・・・・・・・・え?」


あわてて携帯のカレンダーを確認してみると、今日の日付は確かにその通りでした!(笑)


「は、恥ずかしーっ!





2012年8月16日
彦根城 天守前広場横 木陰





昨日(8月16日)の彦根は本当に暑かったので、私記憶が飛んでしまったみたいです(苦笑)







おことわり )


 ひこにゃんは言葉をしゃべりません。
 このブログの中でひこにゃんに付けている激しいセリフの数々は
 管理人の空耳です。

コメント (4)

ひこにゃん 唸れ!タンバリン

2012-08-16 19:04:29 | 彦根にひとつだけの花
2012年7月24日
彦根城 天守前広場横 木陰~太鼓門櫓
第壱陣 其之漆(ラスト)
オヤツの詩編






見ているこっちが暑さで朦朧としそうな猛暑の中、30分堂々とパフォをやり遂げたもちさん、残すは最後の大仕事、“カウントダウン”です!

カウントダウン用のアイテムをお姉さんが用意する間、ボデーをプヨッて場を沸かします(笑)




もちさんに手渡されたのは“タンバリン”☆
最初の試し打ちは自らのボデーで一発!(笑)

シャンッ




「オッケーでしゅ☆」




「それでは10秒カウントダウンを始めたいと思います」


もちさんのこのポーズは開始前の気をつけへの予備動作です☆




シュタッ!

もちさんが最もスマートになる一瞬ですね(笑)








「せ~~・・・」

お兄さんの掛け声と同時に両手を羽ばたかせるもちさん!




「のっ!」

そして人知れず両方のつま先もピョコンと上がっていたのに気付いたのは、不覚にも更新記事の編集中でした!




軽快に鳴らされて天守前広場に響くタンバリン♪
もちろんカウントダウンの大合唱もお供しています☆







カウントダウン中、1秒毎にポーズを目まぐるしく変えていくもちさん☆
今回もワザと動いてる最中のものばかり並べてみました(笑)











「あい!」

拍手をせずにはいられません☆








太鼓門櫓に戻って来たもちさん。
もうひと頑張りです、頑張って!





「どもでしゅ!」




おおーーーっ!




カーテシーを後ろから見るとこんな感じなんですね☆




「オヤちゅ♪オヤちゅ♪オッヤッちゅ♪」




そんな逸る気持ちを詩に乗せていこうとも、最後の行程を端折るもちさんではありません。




「お見送り、どもでしゅ!」




そして階段を昇る前に気合を注入☆





「しぇーーーー・・・」




「のっ!」




グッ☆






ピコピコ☆





久しぶりにナマの太鼓門櫓を堪能しました♪






ガタッ!ゴトゴト!

?何の音かしら???




        



おことわり )


 ひこにゃんは言葉をしゃべりません。
 このブログの中でひこにゃんに付けている激しいセリフの数々は
 管理人の空耳です。

コメント (2)

ひこにゃん 傘と格闘す!

2012-08-14 01:25:23 | 彦根にひとつだけの花
今回は画像の枚数が少し多めです☆
思いのほかもちさんのアップが撮れていたもので“ガンシャリ”するのがもったいなくて載せてます(苦笑)




2012年7月24日
彦根城 天守前広場横 木陰
第壱陣 其之陸
終わり良ければ・・・編





いくら渾身のスイングでチャレンジしても、なかなか傘が開けないもちさん。
そうとなれば小細工を捨てて素直に開く決心をします☆





傘が開きかけるとつられて動くツマ先が“イヤーッ”って感じです!











もちさんにはちょっと小さいサイズの傘ですから、操作が簡単な訳がありません。









「ひこにゃん、やりました!」




苦労の賜物ですから、そりゃあ踊りもしますよね(笑)

















「ハッ




思わず我を忘れて喜んだ自分を恥じるもちさん(笑)









それでも“魅せる”行為を優先するため、私(わたくし)の感情は置き去りにします!





自分は彦根のイメージキャラクターなんだという使命を片時も忘れない立派なもちさん!













パッと見ゆるそうなイメージですけど、その実おさない年齢に似合わない責任感の強いぬこです☆















扱いづらそうなサイズの傘を実に器用に回します。
その秘密は繊細なおテテの動きなんでしょうね





















これだけ似たようなアップを並べても、飽きずに見続けていられる常用性の高さは異常です☆(笑)





「しょろしょろ片付けましぇんとね」








ギュッギュッ!




「あい」




クルッ、パサッ!(笑)




「~♪」




「!」




「・・・???」




「ひこにゃん閉じましぇんでしたっけ???」




「まぁいいでしゅ」




クルクル!




「よち!」






「今度は間違いないでしゅね」




ブン!パサッ!




「あ・・・




「いけにゃい、いけにゃい」




「今のはひこにゃんのミスでしゅ」




クルクル




ぎゅ~~っ!




「ふんふん!」




「こりで大丈夫でしゅね」




グッ!




クルッ






「・・・・・」




「マジでしゅか!?」




「もう




「今度こしょ!」




トントン!




ぎゅぎゅ~っ!!




そ~~~

ぷはは、し、忍び足!(爆)
















パサ…






「ふーー




「“終わり良ければスベって良し”でしゅ!」





それって・・・ま、いっか!(笑)





        





おことわり )


 ひこにゃんは言葉をしゃべりません。
 このブログの中でひこにゃんに付けている激しいセリフの数々は
 管理人の空耳です。


コメント (4)

ひこにゃん 無言の圧力

2012-08-12 00:22:49 | 彦根にひとつだけの花
今週末もちさんは、彦根の親善都市である下野ノ国(しもつけのくに=栃木県)・佐野市で行われた“さの秀郷まつり”への出陣ですね。

彦根市との親善関係は古く、その始まりは実に1969年まで遡るそうです☆







2012年7月24日
彦根城 天守前広場横 木陰
第壱陣 其之伍
“くの字”は緊急事態のサイン編






「よち!(良し)」




御付きのお姉さんから手渡された最後のアイテムは、これまたフェイバリット“和傘”です☆

支度を整えてくれたお姉さんにキチンと頭を下げて謙虚さを見せるもちさん(笑)


「ど~もでしゅ」

「ど、どーいたしまて!」




「あい!」




アイテムをチェンジして変わらぬ元気で再び踏み出したもちさんでしたが、家宰のお兄さんからいよいよ終わりが間近に迫った事が告げられます。



「あの…皆さん、ちょっとすみません、ひこにゃんそろそろ疲れの方が見えてきたんで、あと3~4分ほどしたらオヤツを食べに帰りたいと思います。」


「!」




それまで一所懸命パフォに打ち込んでいたもちさんでしたが、お兄さんの一言で自らの空腹を気付かされて、みるみるやる気がしぼんできてしまいます(笑)


「しょーいえば・・・」




その様子を見ないようにして(笑)お兄さんは続けます。


「それまでひこにゃん、精一杯頑張りますんで!」


「・・・・・」




お兄さんを凝視して空腹のためにお腹を必死にさすって訴えるもちさん(笑)


「ひこにゃん、もう少し頑張れる?」




プイ…

途端にそっぽを向いてしまうもちさん!(笑)




身体がくの字に折れてしまった状態を見て、お兄さんが小声で囁きます。




「・・・これはマズイ!




この先の会話はハッキリと聞き取れませんでしたが、その内容はだいたい予想出来きますよね(笑)
ここからしばらくは想像の会話です。




「ひこにゃん、ひこにゃん、頑張ったらオヤツ何割りか増しにするから…」」


「…何割ってどれくらいでしゅか?」




「・・・1割」


「・・・・・・」




「・・・しょーがないなぁ、じゃあ2割」


「・・・・・・・・」




「えーい、3割でどうだ!」


「あい!」




「商談成立でしゅ!






「いえっしゅ!」




「それじゃあ、ひこにゃん頑張りますよって!(やれやれ…)」




この後はとっても素早くて(笑)小走りで定位置まで急ぎます!





「よいちょ、よいちょ!






「しょれ!」

片足立ちで動きの精彩さに変わりがない事をアピール!
むしろさっきより元気(笑)




「(ここでしゃっそうと(颯爽と)傘を開いて、ひこにゃんの食いしん坊を帳消しでしゅ)」




グイグイッ




シ~ン…




「しょ~」




「れっ!」




「お~にょ~れ~






「えいっ!」






「しょれっ!」




「はぁ、はぁ




「…にゃんで???」




小首を傾げたしぐさに打ち抜かれ、一所懸命開こうと四苦八苦する姿に萌えます!
もちさんの掌で転がされる事の何と気持ちの良い事か!な瞬間でした(笑)






        





おことわり )


 ひこにゃんは言葉をしゃべりません。
 このブログの中でひこにゃんに付けている激しいセリフの数々は
 管理人の空耳です。


コメント (2)

ひこにゃん 「ギャフンっ!」

2012-08-05 22:50:31 | 彦根にひとつだけの花
聖地・彦根ではいよいよ“2012・夏の陣”が開幕しましたね。
彦根の熱い夏が今年もやってきました☆





2012年7月24日
彦根城 天守前広場横 木陰
第壱陣 其之肆
正しい“ギャフン”の使い方編(笑)





次にもちさんがめくったページから飛び出してきたのは、赤地に白の丸の井伊家らしいカラーの“白玉キノコ”☆





もちさんには実に丁度良い大きさだと思います☆






「でしゅ♪」




「・・・あの~すごく言い辛いんですけど、ひこにゃんこの後も
  この雰囲気で続いていきますんで、それでもいいっていう方は、この後も見て上げて下さい」




「ギャフンッ!」 ガクッ(笑)




「お、お兄しゃん!




「まぁ間違ってはいましぇんけどね(苦笑)」





「ひこにゃん、そういえば先程おミヤゲ頂いたよ!




「あっ、ホントでしゅ




「やった、やった♪」









「イエイ!」




「こりは気合入りましゅね!」






「ふんっ!

鼻息が荒くなったように見えるのは気のせいでしょうか(笑)




「そりじゃあ再びアイテムチェンジでしゅ」










「白玉キにょコ、お役目どもでしゅ!」




「あい!」




「実はちゅぎは決めてるんでしゅ!」




「あり?」




迷わず次のアイテムを選んだもちさんでしたが、見事に引っ掛かっちゃってます(笑)




もちさんを心配そうに見守るお姉さん。
“たしゅけてビーム”がちょっとでも漏れれば、すぐさま動く姿勢です。





「大丈夫でしゅよ、お姉しゃん!」








「ね」

「うん」




「しょうしょう助けらりてばかりじゃありましぇん♪」




「ジャン!」

この季節にはたまらない冷たそうなアイスキャンディーでした☆
もちさんの喜びが次の画像で伝わってきますよ!




(笑)




この日はなかなかの暑さでしたから当然です(笑)







そして何度も口元に運んで渇きを潤すもちさん!








「ぷはーっ!



「ひゃっこいでしゅ♪」




「ほっぺが落ちましゅね(喜)」






そんなもちさんの全身を写すとこんな感じです☆
       

       


「殿、いよいよラストのお召しでございます(笑)」


「あいあい(笑)」





途中の家宰のお兄さんのセルフは本物ですけど、最後のお姉さんのセリフは空耳です!





        





おことわり )


 ひこにゃんは言葉をしゃべりません。
 このブログの中でひこにゃんに付けている激しいセリフの数々は
 管理人の空耳です。


コメント (6)