紫の物語的解釈

漫画・ゲーム・アニメ等、さまざまなメディアにひそむ「物語」を抽出して解釈を加えてみようというブログです。

【師匠キャラの言葉】~アバン先生編

2010-08-28 22:51:47 | 師匠キャラの言葉
最近、「超訳 ニーチェの言葉」という本がベストセラーとなりました。 19世紀ドイツの哲学者・ニーチェの残した言葉をまとめたこの本は、 私たち現代人が生活にふと疲れたり行き詰ったりしたときに、 その言葉のひとつひとつに励まされたり、力付けられたりしてください、 というコンセプトの本なんだと思います。 とは言え、偉い哲学者といえども、ニーチェのことなんてよく知りません。 よく知らない人の言葉をつらつ . . . 本文を読む
コメント

ニコニコ動画に動画をアップするの巻【初音ミク Project DIVA 2nd】

2010-08-26 00:35:19 | ゲーム全般
「ニコニコ動画」が登場して、もう何年も経つけどもっぱら「観る」専門で 動画を投稿するなんて発想がみじんもなかった今日この頃でしたが、 あるゲームの存在が、僕を動画投稿の道へ駆り立ててしまいました・・・。   【初音ミク Project DIVA 2nd】 初音ミク -Project DIVA- 2nd価格:5,177円(税込、送料別) あるゲームとは、PSP用ソフト【初音ミク Projec . . . 本文を読む
コメント (1)

【るろうに剣心】瀬田宗次郎の思想の変遷を追う

2010-08-19 23:00:02 | ○○の物語を追う
僕は、【るろうに剣心】は思想と思想のぶつかり合いの物語だと思っている。 るろ剣の主要な登場人物は、全員それぞれの信念や思想を持っていて、 それがお互い似ていたり、共感できる場合は、その者たちは同志になる。 しかし、それが決定的に対立する場合は、その者たちによる戦闘になってしまうのである。 るろうに剣心におけるバトルは、表面上は刀や拳を使った直接的戦闘だが、 その水面下ではお互いの思想が激しく対 . . . 本文を読む
コメント (6)

【ゼロ年代 珠玉のアニメソングスペシャル】にみる畑亜貴の創作の秘密

2010-08-16 22:47:03 | その他
先日、NHK-BS2で興味深い番組がやっていました。 【ゼロ年代 珠玉のアニメソングスペシャル】という、アニソン特番です。 2000年~2010年までのアニソンを、「萌える」「泣ける」「燃える」という 観点から分類し、それぞれ10曲ずつ紹介するのをメインの流れに据えて、 田中公平、畑亜貴などのアニソンクリエイターたちの楽曲解説や 創作秘話などを間に差し挟む形式で番組は展開して行ったんですが、 内 . . . 本文を読む
コメント

【借りぐらしのアリエッティ】をレビューしてみる

2010-08-14 23:49:31 | その他
スタジオジブリ最新作【借りぐらしのアリエッティ】を観てきました。 結論から言うと、すごく良かったです。 正直、「千と千尋の神隠し」の頃からのジブリ作品は、宮崎監督の思想めいた部分 (地球環境や現代社会の問題への警鐘や、物語としての解釈の多様性) が強調され過ぎてるような感じがして、イマイチ楽しめなかったんですが、 今回の「アリエッティ」は思想めいた部分が少なく、単純にアニメーション作品 として楽 . . . 本文を読む
コメント

【幽遊白書】蔵馬の物語を追う[人間として生きる]

2010-08-10 22:06:31 | ○○の物語を追う
前回からの続き   黄泉からの誘い 魔界の穴騒動からしばらくして、蔵馬のもとにある妖怪からの使い魔が現れる。 使い魔をよこしたのは、1000年以上も前の盟友「黄泉」であった。 なんと、黄泉は蔵馬の差し向けた刺客によって視力を失ってから 相当妖力を向上させたようで、かつて蔵馬がその強大な力の前に 魔界から撤退せざるを得なかった雷禅・躯と肩を並べる ほどにまで力をつけたのだという。 黄泉は . . . 本文を読む
コメント (3)

【幽遊白書】蔵馬の物語を追う[魔界の門]

2010-08-08 22:36:51 | ○○の物語を追う
前回からの続き   幽助誘拐騒動 暗黒武術会も終わり、蔵馬=南野秀一は盟王高校の二年生となっていた。 そんな中、暗黒武術会を共闘した桑原から思わぬ話がもたらされる。 なんと、幽助が何者かにさらわれたというのだ。 幽助を助けるために、桑原、飛影、蔵馬の三人で四次元屋敷という場所まで 赴かなければならないという。 暗黒武術会最強の妖怪・戸愚呂を倒した幽助が、 そう簡単に捕まるとは思え . . . 本文を読む
コメント

【幽遊白書】蔵馬の物語を追う[人間界での戦い]

2010-08-05 22:45:24 | ○○の物語を追う
前回からの続き   母の病気 ある日、南野秀一の母親が病気で倒れた。 どうやら重い病気のようで、母親は日がたつにつれて着実に弱っていった。 このとき蔵馬は、自分がこの人間の母親を本当の母親として慕っている ということにあらためて気付かされるのだった。 南野秀一の父親は少し前に亡くなっていた。 蔵馬が父親に対してはどのような感情を抱いていたのかはわからないが、 母親ほどには慕ってはいなか . . . 本文を読む
コメント (1)

【幽遊白書】蔵馬の物語を追う[転生~飛影との出会い]

2010-08-04 00:04:04 | ○○の物語を追う
蔵馬(くらま)は【幽遊白書】に登場する妖怪である。 聡明な頭脳と植物を操る能力を持ち、頭脳戦から格闘戦までこなす。 普段は温厚な優男だが、時に驚くほど冷酷に徹することもある。 今回は、そんな蔵馬の物語を追う。   蔵馬と黄泉 蔵馬は、「妖狐(ようこ)」という狐の妖怪であった。 蔵馬は乱世のような魔界で、名を挙げ国を建てるために盗賊となった。 古代の宝具専門の盗賊である。 魔界の新興勢 . . . 本文を読む
コメント

聖地巡礼ヘタリア紀行[カプリ島・ローマ編]

2010-08-01 19:17:57 | その他
前回(ピサ・フィレンツェ編)からの続き 四日目はフィレンツェとオルヴィエートを観光したのですが、 フィレンツェのウフィッツィ美術館は写真撮影禁止のため あまりネタになる写真も撮れず、オルヴィエートは地味なうえ 滞在時間も短かったので、割愛します。 今回は五日目のカプリ島と、六日目のローマの記事を書き、 聖地巡礼ヘタリア紀行の記事の完結とします。 では、まずはカプリ島から。   カプリ島い . . . 本文を読む
コメント