紫の物語的解釈

漫画・ゲーム・アニメ等、さまざまなメディアにひそむ「物語」を抽出して解釈を加えてみようというブログです。

元ネタから出発! 【賢者の石】編

2011-04-24 18:01:03 | 元ネタから出発
元ネタから出発して、その元ネタがいろいろな作品でどのように調理されるかを探る 「元ネタから出発」のコーナーです。 前回は「ぬらりひょん」でやりましたが、今回は「賢者の石」で記事を書いてみようと思います。   「賢者の石」から出発! 一般に、賢者の石は「錬金術」によって創り出される「卑金属を貴金属に変える力を持った奇跡の触媒」 として知られています。 「錬金術」とは、様々な物質や人間の肉体や . . . 本文を読む
コメント (8)

【師匠キャラの言葉】~マトリフ師匠編

2011-04-17 16:59:59 | 師匠キャラの言葉
さまざまな師匠キャラから実のある言葉を頂戴する「師匠キャラの言葉」のコーナーです。 今回は、【ドラゴンクエスト ダイの大冒険】より「マトリフ」師匠より言葉を賜ります。 ダイの大冒険の師匠キャラといえば、アバン先生ですが、 ポップの師として見れば、むしろマトリフの方が師匠然として見えます。 その教育方針はアバン先生とは真逆で、優しく丁寧に指導するアバン先生に対し、 マトリフの教育は苛烈を極めます . . . 本文を読む
コメント (8)

【るろうに剣心】弥彦の物語を追う[第四幕]

2011-04-10 13:13:31 | ○○の物語を追う
前回からの続き   闘いのあと 乙和瓢湖との闘いのあと気絶していた弥彦が目を覚ましたとき、 待っていたのは目をそむけたくなる現実であった。 弥彦の師である神谷薫は、剣心への復讐に燃える雪代縁の凶刃によって 命を落としていたのだった。 神谷薫(享年十七)の葬式には大勢の人が集まり涙を流した。 弥彦は薫の死にざまは目撃しておらず、見たのは清められたあとの 白装束の薫で、見たときにはまる . . . 本文を読む
コメント (1)

【るろうに剣心】弥彦の物語を追う[第三幕]

2011-04-02 18:40:35 | ○○の物語を追う
前回からの続き   東京での生活 京都での死闘を終え、東京の神谷道場に戻ってきた剣心に大きな変化があった。 京都へ行く前までは、剣心自ら弥彦に稽古をつけることは決して無かった。 しかし、京都から帰ってきてからというもの、剣心は毎日のように弥彦に稽古をつけるようになったのだ。 それは、弥彦の「神谷活心流で強くなる」という目標に、剣心なりに協力しようという意志のあらわれであった。 まるで、 . . . 本文を読む
コメント