SOUTHRIDE (サウスライド)

マウンテンバイクと日常とたまにレースのブログ

サウスライド

熱海ミュールと十国デュエズ、あと道志みちはオリンピックで熱いな

2018年08月09日 | MTB

先日走りに行った熱海。
熱海といえば温泉、海水浴、花火大会(砂浜に寝転んで真上で上がる花火は最高です)。とまあ海側が完全にメインではあるんですが、今回裏側といいますか、山側の熱海に初めて行きまして、これってアリなんじゃね?と思ったのが、ヒルクライムやレースもこの裏山の道を通ったらいいんじゃないか、という事。(MOA美術館方面の事ですね)

駅前からぐいぐい登る激しい九十九折れはラルプ・デュエズ(L'Alpe-d'Huez)かカペルミュールかといった具合で、軽トラがシフトダウンしながらエンジンを唸らせて登っていくという具合です。ワタクシも駅から数分ですっかり汗だくになってしまい、野球の練習帰りの中学生に「しんどそ~」と同情される有様。おっちゃんまだ漕げるんやで、力を温存してるんやで。

山側から見ると海がほとんど見えず、熱海感は全くございません。ていうか、あのデカいビル何?あんなのあったっけ?

スタート地点を江の島にして、モン=サン=ミシェル的に背後に映しながら、134号線から小田原~石橋山(一夜城)の激坂を超えて根府川に下り、湯河原、熱海の海岸から山側へ入り、この熱海駅裏の激坂である熱海ミュールから20号線の十国デュエズを超えて頂上の湯河原峠ゴールでどうだ!・・・などと妄想していたら、20号線を使うレースはいくつかあるみたいですね。でも、この駅からの裏道のほうが細くクネクネとしているので、観客は選手との距離が近くて盛り上がりそうです。で、ゴールの緑の山々を眺めながら、日本はええなあ、としみじみ思うわけですね。

あと、熱海とは関係ないんですが、オリンピックのロードレースのコースが、あの道志みち経由で富士山までに決まったそうですね。実際に走った事のある道を各国の代表選手が走るとなると、見ててより楽しめそうです。オリンピック前後はたくさんのローディーが走るんだろうなあと思います。湯川屋や両国屋の前から笹久根トンネルあたりまではなかなかハードですので、山伏峠同様見どころになりそうです。ガーミンで走行ログを取って世界のトップとの圧倒的な差を実感するのも楽しみの一つかも。ああ、サガンの走り見たい。

ローディーの皆様に混じって、ひとりマウンテンがいたら生暖かい目で見守ってください。
道志みちは帰り(相模原方面)が下り基調になるので、後半の道のりが最っ高に気持ちいいんですよね。

 

【国内正規代理店商品】GARMIN ガーミン Edge エッジ 1030セット
 
ガーミン

 

コメント