プチ熟年OL憂さ晴らし記

嗚呼、すまじきものは・・・
憂さを晴らして明日を生き出づプチ熟の情熱駄文。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

失恋休暇

2005年10月31日 | 戯れ言
yahooの新語探検を見ていたら、「失恋休暇」制度がある会社があるらしい。
羨ましい~ような、んなアホな!って感じのような休暇制度だ。

なんでも、女性社員の失恋のダメージを考慮して、女性からの自己申告で失恋の傷をいやすための休暇を認めてくれるらしいのだ。

で、笑ってしまったのが、この休暇制度、年に1回取得でき、20代前前半は1日、20代後半は2日、30代は3日と年齢に応じて取得日数を増やしているのだ。

年をくうと、立ち直りが遅い?

って、こと?

わー、はっはっはっ!!

私が、ここの社員だったら、しょっちゅう嘘の失恋申告をしてるところだ。
そのくらい30代女性は、図太く生きているのだ。
失恋くらいじゃ、簡単にへこたれん!

のは、私だけか。(笑)


新語探検詳細はこちら → http://dic.yahoo.co.jp/tribute/2005/08/06/2.html
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

熟女の妄想

2005年10月19日 | 戯れ言
先日、こんな統計を見つけた。

警視庁のHPに、電車内での強制猥褻・卑猥行為に関するデータが載っている。
お暇な方は、ちょいと ↓ 見てほしい。

警視庁 電車内における痴漢犯罪の実態
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kouhoushi/no1/koramu/koramu7.htm

で、
読み進むと、中ほどに「被害者の年齢層」をグラフで表したものがあったかと思う。

ふむ、やはり二十歳前の若い女性被害者は多いな。
要因は様々あるのだろうが、何の落ち度がなくとも「若い」というだけで狙われている可能性もある。
なんとも理不尽な話だ。

薹が立つにしたがい、被害者数は徐々に減っている。
女性側に防御の知恵がついたか、それとも「若さ」には勝てぬのか、そのあたりは不明だが、まあ、減ることは良いことだ、と思う。

注目して頂きたいのは、38歳からの被害者数だ。
17歳をピークに減少している数が、ここにきて微々たるものだが増加している。
いったい、これはどういうことなのだろう?

好き者現る?
密かなブーム?
中年脚光?

あたしゃ、何故か興奮して友人・知人、皆にこの事実を言って歩いた。

しかし、返ってきた言葉は、

「世に忘れ去られた女の妄想」 あるいは 「色ボケ」 

なる言葉だった。

え゛!!

とほほ・・・
世間ってきびしーーーぃっすね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

秘書プチ熟、嗚呼、華麗なる日々 ~ 其の2

2005年10月11日 | 戯れ言
ところで、私が秘書だと言うと・・・

 え~っ、じゃあ、社長とかにお触りされちゃったりすることもあるの~? とか、

 エッチなお付き合いもあったりするんでしょ~~? とか、

 お手当て貰ったりするんでしょ~?(いったい何の手当てだよ)

などと、AVの「奴隷秘書シリーズ」ばっかり観てるんじゃねーよ的言葉を頂くことがある。
言うまでもなく、ない。
ちゅーか、私は、ない。
他社の秘書はどうなのかは知らないが、弊社はない。
しかし、秘書というとどうもこういうイメージが付いて回るようだ。(笑)

面白い経験をしたことがある。
数年前、まだ「出会い系」などという言葉が氾濫していなかった頃、私はメル友を
求める掲示板というものに投稿したことがあった。
真面目に出会いを求めている方には申し訳なかったのだが、いったいメル友っていうものはどういうものなのかなぁ?と、興味があったのだ。

別に色気言葉をふんだんにちりばめた文章を書いたつもりはないのだが、秘書という言葉を使っただけで、一晩のうちに100通以上の返事が届いた。
いやぁ・・・マジ、驚いたね。
「秘書」魔力を見たりって感じだ。
世の中秘書というものに、よからぬ妄想や必要以上の才色兼備を思い描く人が多いのかもしれぬな。(笑)

ところで、

私は普段「今時の若い子は、モノを知らない」などと、踏ん反り返って言ってしまうことがあるのだが、己が今時の若い子だった頃、やはり同じようにモノを知らないどころか常識なぞ全く知らなかった。
(勿論、今も変わらず常識知らずではあるが、そこはどうかひとつお許しを)

こんなことがあった。
入社したての年(当時社長秘書)、三時のお茶の時間に、頂いた梨をむいて社長に出したことがあった。
その梨は小ぶりであった。
皮をむき切り分けた梨を、皿に2切れ盛ってみたが、どうもバランスが宜しくない。
皿ばかり大きく、なんだか梨がとてつもなく貧相に見えた。
だから、私は皿に3切れの梨を盛って出した。
常識がなかったのだねぇ・・・言うまでもなく、叱られた。
職場の先輩でなく、社長にだ。(笑)

私と同じように「なんで?」と思われた方に、ちょいと説明致しましょう。

1つ・・・「人を切る」 3つ・・・「(己の)身を切る」 4つ・・・「死」

と、言われ、切って出すものには数に気をつけて出さないといけないらしい。(笑)
だから、2切れ出すべきだったんだよね、この場合。(2は、いいんだとさ)
さすがに、4つは出さないけれど、知らなかったー。

他にも知らなくて注意されたことなど、山ほどある。
贈り物をする際、身に付けるものは(例えばワイシャツなど)、目下のものが目上に贈るのことは失礼にあたるとか、さくらんぼやぶどうなどといった、口をすぼめて食べる果物ははしたない食べ物であるから贈り物にしてはならないとか・・・いろいろ。
でも、この辺は時代によって変わるものだと思うから、今に当てはめることは出来ぬであろうね。
しかし、当方、未だ忠実に守っておる非・臨機応変秘書である。(笑)

そうそう、不思議と言葉遣いを叱られることはなかったなぁ。
幼き頃から、体育会系・軍隊生活の如く育った賜物であろうか。
嬉しいやら、悲しいやら、少し複雑である。

さて、本題。(って、おいおい、これから始まるのかよって感じっすね^^; )

入社して社内教育を受けた後、上司達は何をどう間違えたのか、この私をいきなり会長秘書にした。
だが、出来るわけがない。
方々からクレームが来て(爆)、担当を変わることとなる。(そりゃ当然だよ)
一年後、再びこの会長を担当するのだが・・・現在に至る、である。(現在は名誉会長だ)
で、御年、88歳。

あーーーーー、ここからは愚痴である。
88歳だよ! 日常のことを自分でするのだって大変な年齢なんだ、私がどんなに大変な思いをしているか上司達よ、わかっているのかっっ!!

5分おきに、呼び鈴が鳴る。
部屋に行けば「今日は何曜日だい?」と一日に何度も何度も何度も何度も何度も訊かれる。
しばらく経つと「お昼食べたっけ?」と何度も何度も何度も何度も・・・訊かれる。
入れ歯がなくなれば「君が捨てた」と言われ、財布を忘れれば「君に預けただろう」と言われる。
周りはわかってくれてはいるものの、こんな風に言われるのはイヤじゃーーーっ!(怒)

おまけに、このおじじ、最近は屈むと立てなくなる。(当然だ)
無論、呼ばれる。
で、抱えて立たせる。
介護の経験がある方ならおわかりであろうが、後ろから抱えて立たせることは出来ない。って言うか、非常に難しい。
と、言うことはだ、前から抱えて立たせることになる。
こう、向き合って、抱き合って、かかえるような形だ。
・・・まっ、朝青龍と琴欧州の取り組みでも思い出して頂ければ、どんな格好であるかすぐに想像出来ると思う。

現在、社長も担当しているため、このおじじにかかりきりになるわけにはいかず・・・
でも、面倒をみるのは私の仕事でもあるため、ストレスが溜まる一方なのだ。
だからこうして、日々、酒量が増えていくのである。
だからこうして、太るのである。(えっ?ちょっと違う?いいじゃんこれくらい言ったって。ふん。( ̄‥ ̄)=3)

おっ、皆よ、ごめんごめん、記事のタイトルを間違えておったよ。

秘書プチ熟、嗚呼、加齢 なる日々

お後が宜しいようで。。。 <(_ _)>


最後に・・・
アシストする、これが私の仕事だが、私は決して能力の高い秘書ではない。
ひとつの所での経験ではなく、いろいろな場所で経験を積まねば、能力の向上は難しいものと考えるからだ。
しかし、今は、自分が在る場所で全力をつくすことしか私には出来ない。

私自身が「ありがとう」と言われたり、表舞台に立つようなことはない仕事に就いているわけだが、トップがどこかの誰かに感謝されている姿を見ると、仕事のやりがいと達成感を感じる。
そんな時は、ホンの一瞬だけおじじのお守りの疲れも吹っ飛ぶ。
先の先を読まねばならぬ、まるで将棋のような仕事であるが、とても楽しい。
いつまで続くかわからぬが、続けるかぎり前を向き、自分の力を注ぎたいと思っている。

またね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

秘書プチ熟、嗚呼、華麗なる日々 ~ 其の1

2005年10月09日 | 戯れ言
05:30

 柔らかな朝の光が、レースとリボンに溢れた可愛いお部屋で歌いだす。
 優しさに包まれて、私はゆっくりと目を覚ます。
 愛犬クリスティーヌが私の目覚めに気が付いて、嬉しそうに頬寄せる。
 嗚呼、美しい朝・一日の始まりなのね。

07:30

 誰よりも早く、私は出社。
 今日は、8時から会議があるの。
 会議の準備は私の仕事。
 誰かに褒められるわけではないけれど、皆が気持ちよく仕事が出来るように場を整える。
 これって、秘書の仕事でもあると私は思うの。

12:00

 男性同僚と打ち合わせを兼ねて、今日は人気のお店でランチなの。
 彼は、とっても仕事が出来る男性。
 時々私を見つめる優しく甘い視線が気になるけど・・・彼との仕事は楽しいわ。

15:00

 今日は変なお客さまが来社されたの。
 訳のわからないことを言ってきて・・・クスン、叱られちゃった。
 なんとかお帰り頂いたけれど、あーあ、プチ、涙が出ちゃう。

17:30

 帰り間際に、上司の部長からメールが届いたの。
 今日の一件で話があるみたい・・・叱られるのかな?
 それで、部長とお食事に行くことになっちゃった。
 場所は銀座、有名な料亭。
 叱られるのかとちょっぴりドキドキしてたけど、励ましのお言葉を頂いちゃった。
 プチ、嬉しい☆

 いつも部長は私に優しいの。
 だけど、今日はいつもよりもっと優しいわ。
 この後、もう一軒行くことになっちゃった♪
 部長が気に入っている素敵なお店があるんですって。
 そこで、今日一緒にランチをとった男性の同僚と鉢合わせ!
 部長と彼、なんだかとっても険悪な雰囲気。
 お願い、喧嘩はやめて。

って、そんなこと、あるわけねーだろっ!!
と、のっけからくだらんモノを書き綴り、いやはや申し訳ない。

最近、糞だの、尻だの、痔だのと、少々・・・いや、かなりお下劣な記事を綴ってしまった。
ここらでちょいと、皆に真面目な姿を見せておかねばならぬと思い、今日は、私の仕事の話なぞしてみよう
と思ったのだが、思わず妄想を綴ってしまった。

入社以来・約17年(年齢の計算するなよ!)、私は一度も異動することなく秘書室で勤務している。
普通の会社では考えられないような勤務状況であるが、弊社は”普通”ではないから致し方ない。
よって、現在、私はすっかり大お局と化し、まさに「君臨」という表現がピッタリの位置に在している。

定期的に異動願いを出しているのだが、毎回却下。
新鮮度に欠ける人材・使いようのない人材・扱い方が難しい人材は、引き取り手がないということが、最近、やっと最近、わかった。(笑)
まあ・・・「私を引き取った部門は、さぞかし大変であろうなぁ」っと、当の本人も哀れみを覚えるくらいだ。
なかなか実現しないことも、僅かながらではあるが納得している。

他社からのお誘い、転職の機会は幾度かあった。
その度にタイミングが合わなかったり、踏ん切りがつかず、今に至っている。
就職にも「縁」というものがあるとしたならば、縁を持った会社に出会ったわけではないのだろうと自分を慰めてはいるが、生活が「変わらない」ことに安堵している私も存在している。

そんなこんなで秘書でいるわけだが、今尚、多くのことを学んでいる。
未だ失敗することもあるが、知らないことを知ることは面白い。

ところで、私が秘書だと言うと・・・

 え~っ、じゃあ、社長とかにお触りされちゃったりすることもあるの~? とか、

 エッチなお付き合いもあったりするんでしょ~~? とか、

 お手当て貰ったりするんでしょ~?(いったい何の手当てだよ)

などと、AVの「奴隷秘書シリーズ」ばっかり観てるんじゃねーよ的言葉を頂くことがある。
言うまでもなく、ない。
ちゅーか、私は、ない。
他社の秘書はどうなのかは知らないが、弊社はない。
しかし、秘書というとどうもこういうイメージが付いて回るようだ。(笑)


ちょっと休憩。
これから、友のブログを巡回する。
そうしたら、続きを書くぞい。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

プチ熟、丸裸になる

2005年10月03日 | 戯れ言
オケツの穴のシワ数まで教えるつもりはない。
が、詳しく語ることで、広がる世界もあるかもしれぬ。
広がるものには、意味がある。
意味を求めて、今日は私の愛を綴ろう。

ふっ.....

題して「プチ熟、丸裸になる ~ 愛し愛され、いやん♪ラブバトン」

ラブバトンなる、ちょっとエッチな雰囲気のバトンが届いた。(笑)
またまた面白そうなので、ワタクシ風に楽しんでみようと思っている。
少々長いが、ご容赦。


① 初恋はいつですか?

 初恋かぁ・・・
 「恋」を初めてしたという意味では、高校1年の時。
 地理の先生に恋をした。
 銀縁メガネに、授業中の冷たい視線に冷たい言葉。
 勿論、頭が良かったし、チョークを持つ手は美しかった。
 もう、たまりません。はふん☆

 この時まで、男はバカな生き物だと半ば蔑んでいたのだが、先生の出現により考え方が
 変わった。
 それ以来、男大好きぃ。


② 今まで付き合った人数は?

 こりゃ、難しい質問だ。
 精神のみで数えれば、数多の男と付き合った。
 数えきれん。

 精神的&肉体的にも付き合った数ならば、両手くらい。
 多いのかな?少ないのかな?
 まあ、数を言ったところでくだらんな。
 要は、質の問題である。


③ 好きな人とデートしたい場所は?

 そうだなぁ・・・
 最近のデートで行った場所と言えば、スピーカー制作会社に訪問し、社長と彼が
 オーディオについて語る姿を7時間も傍で見ていたとか、音響施設の研究所に行
 って、所長に5時間も音響の話を聞かされたとか、木材販売会社に行って、これ
 また数時間も木材についての語りを聞かされたりとか、ブーツのオーダー専門店
 に行って、またもや数時間も話し込む彼を傍で見ていたとか、タバコ屋に行って
 世界のタバコとパイプの話を半日聞かされたとか、そんなのばかりだなぁ・・・。

 普通の場所でデートがしたい。
 私の希望も、たまには聞いて欲しい。(愚痴)
 
 ちなみに、土曜は、アキバの「そりゃ、マニアしか来んわー」って感じの店で、
 店長と彼のマニアトークを数時間も傍らで聞いていた。
 私って、バカ?
 いーや、きっとこういうのを「優しい女」「付き合いがいい」って言うんだな。(爆)
 
  
④ 好きな人とみたい映画は?

 映画?
 ああ、映画は独りで観るものだから、別になし。
 
 ちなみに、都心から外れた映画館で、公開終了間近のホラー映画を最終の回で独りで
 観るのが好きである。
 ほとんど貸切状態なので気分がいい。
 スプラッターものも大好き♪
 でも、最近面白いホラーがないから残念だ。

 
⑤ 好きな人に言われて1番うれしかった言葉は?

 「言葉」ではないが、セックス中に漏れる男の声と言うか、荒い息遣い。
 いいねー。(爆)

 それから、幾つになっても、セックス面で褒められる言葉は嬉しい。
 嬉しい言葉って言うより、相手が喜んでくれているということに心が感じるのであろう。

 と、まあ、お約束の発言(?)はこの程度にして、本当のところは、


 「俺の彼女って、カッコイイ」 かな。

 この言葉で、自分に自信がついた。


⑥ 逆に言われてショックだった言葉は?

 「病気(性病)をうつされた」 だ。

 テメー、誰にものを言っていやがる。
 さすがに、驚いて涙が溢れた。
 これについては、今は時間がないので語らないが、いずれ話そう。 


⑦ こんな人は絶対ムリって人は?

 ・頭が悪いヤツ
 ・不潔なヤツ
 ・価値観が合わないヤツ
 ・哲学を持っていないヤツ
 ・人の心を読めないヤツ
 ・冷静にものを考えられないヤツ
 
 このバトンを届けてくれた友が回答していたのだが、

 ・素人童貞

 これ、私も嫌だ。

 言っておくが、顔射、そんなものを端から望む女はいねぇぞ。
 (目に入るとイテーんだぞー!)

 それとだなぁ、陰毛の生え方、陰部をチョロっと隠す程度の細長な生え方を、女は
 みんなしていると思うな!
 あれはだな、エステに通い、パンツから毛が飛び出ないよう陰毛の脱毛をして、わ
 ざわざ整えているんだ。
 今や女優に限らず、それをしている女性も多いが、誰もが皆チョロチョロだと思う
 なってんだ!!
 (こちとらボーボーだぜぃ。ざまーみやがれ。)
 
  
⑧ 好きな人はいますか?その人の好きなところはどこ?

 好きな男?
 ああ、いるよ。好きだから、一応付き合ってる。
 でも、私と彼は、人生の歩み方が違うから結婚はしない。

 で、彼の好きなところ?
 うーん、これまた難しい質問だねぇ。
 「変わっている」ところかな。
 でも、一歩間違えれば「常識知らず」になってしまうから微妙な存在だねぇ。(笑)
 そんな微妙な存在でも、私を成長させてくれる人ではある。
 

⑨ 浮気は許せますか?

 浮気はしてはならない。
 よって、許せない。

 今までお付き合いをしてきた男の中には、既婚者もいた。
 不倫である。
 そのバカな経験から、そう思うようになった。

 決して、浮気はするべきではない。
 何かを壊して、傷つけて、得るものなど全くない。
 壊すことはいけないことだ。
 嘘をつき、誠実でないことをすることはいけない。
 誠実でない人間となんて、付き合う価値なぞない。
 結局、そういう人はそこまでの人間だ。
 そんな人間にはなりたくない。
 だから、浮気はもうしないし、いけないと思う。

 んー、なんか上手く伝えられないなぁ。

  
⑩ 同棲はしてみたい?

 別にいいや。
 特にしたいとは思わん。
 誰かと結婚することになったならば、その男と一度は生活してみた方がいいとは
 思うが、そんなことはないしね。(笑)


⑪ アナタが愛を感じる行動は?

 「コイツなら大丈夫」

 って思ってくれた時。
 


⑫ 愛と恋の違いは?

 「空気と酸素」
 その時、その状況によって言い方を変えるが、言い方は違えど同じものだ。

 「愛と恋」
 も、上記のように、同じであると考えている。
 だが、状況によって違うものであるから、それを記すと、

 愛は、相手に向けられたもの。
 自分が相手に「何かをしてあげたい」というように、気持ちが相手に向けられたもの。

 恋は、自分に向けられたもの。
 自分が相手と「こうなりたい」とか「ああして欲しい」とか、気持ちを自分に向けているもの。

 って、感じかな。
 
  

⑬ 1番長く続いた恋愛は?

 長く続いた恋愛?
 うーん、年数で言えば3年かねぇ。

 憧れなら、15年も続いているわよー。
 嗚呼、憧れのフロリダの君よ。。。
 彼は、私が本当に敬愛してやまぬ男性だ。
 彼に追いつこうとどんなに努力をしても、どんどん引き離され、日々遠い存在に
 なってしまっている。
 憧れだから、決して結ばれることはない。



⑭ お付き合いシタイ有名人・芸能人は?

 いない。

 

⑮ 究極の選択。一生人を愛せなくなる、愛されなくなる、どっちを選択?

 一生人を愛せなくなる

 を、選択す。
 
 一生、人から愛されなくなるのは嫌だな。
 愛されなくなるということは、嫌われる、無視される、そういうことだと考えると、
 それを起こす原因が私にあるわけだ。
 そんなマイナスな行動を人にとらせるような私になるなんて嫌だ。


あれ?
これで質問はお終いだ。
ちっ、あまり丸裸になれなかった。

あとは、あなたが裸にしてネ☆

って、あたしゃアホかっ。(笑)



野江子さん、感謝!

またね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする