プチ熟年OL憂さ晴らし記

嗚呼、すまじきものは・・・
憂さを晴らして明日を生き出づプチ熟の情熱駄文。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

夏休み中に思う・・・有終の美とは、これ如何に 2

2006年08月30日 | 戯れ言
まだ気持ちがおさまらない。
書けば書くほど、愚痴と言うか、批判と言うか、さもしい自分を曝しているいようで気分が萎えるのだが、今ここで終わりにすると妙に中途半端になり、更に不平不満が募りそうだ。

念の為に申し添える。
いつの日か来るであろう己の老いや家族の老い、認知症への理解、介護、その他これらに関する諸々の問題をどうこう言おうとしている訳でも、笑い種にしようとしている訳でもない。
あくまでも、仕事に対する私の愚痴である。

さて、どこまで綴ったのだっけ?
ああ、そうか。
会社が、じーさんに引導を渡そうとしているところまで話したのであったな。
正確に言えば、渡そうとしているのではなく、既に渡した、である。

会社は、次のことをじーさんに言い渡した。

6月の総会後から、送り迎えには、会社の車を使えない。
(出社したいなら、タクシーを使って自分で来いと、会社はじーさんに言った)

今まで「体調の宜しい日にご出社下さい」と申し上げていたが(って言っても毎日いらしていたが)、今後は出社に及ばず(出社したいならば、月1日程度で)。

給与を大幅にカット。(今じゃ、私より少ない)

今使っている部屋を引き渡すこと。(只今、だだっ広い部屋を独り占め)

大まかに言えば、この4つを会社はじーさんに言い渡した。

いやぁ、じーさん、荒れたねぇ。(笑)
怒鳴り散らして、手が付けられなかった。
昔のように、書類をブンブン投げつけてくるようなことはなかったから良かったけど。(爆)

おまけに、家でも荒れたらしい。
深夜、上司のところに家族から電話が入り「オヤジに何を言ってくれたのだ」と叱られたらしい。
で、すぐさま私のところに「君はいったい、何を言ってくれたのだ」と上司から詰問電話が入った。

戯け

私が何を言うというのだ。
お前らが、昼間言ったことで荒れたんだろーが。

この日から、苦悩の日々を送っている。
上司は、私にじーさんの対応を全て投げてよこした。
つまり、会社に来なくていいこと、車は使えないこと、部屋を出ることを納得させろと言うのだ。

これには参った。
何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も説明はするのだが、じーさんが納得するはずがない。
って言うか、言った側から話の内容を忘れていくのだから、納得させることなど無理な話なのだ。
第一、一女子社員が進める話でもないと思うのだが・・・。

そう言えば、お金に対する執着も凄かった。
当然、お金に不自由はしていないのに「この給料じゃ少ない」と、私にしつこく文句を言ってきた。
私に言われてもねぇ・・・会社が決めたことだし。
タクシーで出社することに関しても、お金はびた一文たりと出さないと言ってきた。
「ワシは、会社の用で出社するのだから、自分で金を出す必要はない」そうだ。(笑)
会社の用っていったいなんだよ。(爆)
そんなもん、ねーだろうが。

今現在、どういう状態になっているかと言うと、約2ヶ月の説得も空しく、毎日ご出社されている。
毎日、毎日「会社の」ご用があるそうだ。
出社時は、タクシーで来られている。
無論、自分でタクシーを手配し、来ることなど出来ない。
私が手配をしている。(まあ、たいした手間ではないのだが)
車から降りる時、足腰が弱っているため、ひとりでは降りることが出来ない。
今までは、会社の運転手が乗り降りを手伝っていたため問題はなかったのだが、これからはそうはいかなくなった。
しかし、タクシーの乗務員は、客の体に触れてはいけないという決まりがあるから、降車の手伝いはしてもらえない。(例外もあるようだが)

そこで、私の出番である。
そろそろ到着するかな、という時間に会社正面玄関で待機し、じーさんが到着したら駆け寄り、丁寧な挨拶をし、王様に謁見するかの如く屈み寄り、私の肩にじーさんの手を掴ませ、私はじーさんの腰に手を回し、ベルトを引っ掴んで座席から引きずり降ろすのだ。
会社前には、いくつかの段差がある。
ひとりで歩かせるには、非常に危ない。
致し方ない、まるで二人三脚をしているような体勢で、じーさんと私、ふたり仲良く会社に入る。

上司達は、私に言う。
「タクシーを使うこと、文句を言わなくなったね」だとさ。
って、言うか、あんたらには文句を言ってねーだろうが。
5分おきに怒鳴られていたのは、この私だっただろうが!フン
コチトラ、やることやってる。
ある意味、今までの以上の親切・丁寧対応だ。
「これでもいいかな」って思い、慣れるのが早いのも、当然だと思う。<(`^´)>エッヘン

しかし、帰りはそうはいかない。
このじーさん、毎日酒を飲んで帰るため、心得ている人の手を借りねば、車に乗ることも降りることも出来ない。
何かあってからでは遅いので、渋々ではあるが、帰りは会社の車を使うことに決定された。
私的にはその方が安心だし、何よりも楽なのでこの決定を喜んでいる。
まあね、結局、会社はじーさんには甘いのよ。

私は「こういう状態(体調・状況)で出社すること、ご家族はどう思われているのだろうか?」と、上司達に質問をしてみた。
家族だって心配であろうと思ったのだ。
勿論、会社側は、既に家族にも決定事項を説明し、出社日に関することや車の件で協力を願ったようなのだが(家族との話し合いは重要であると思う。死んだ時に、会社に殺されたなんて言われちゃ困るしね)、”父親には何も言えないから会社が何とかして下さい”と言われたらしい。
追憶の日々状態である家族を、よく平気で外に出せるなぁと思う。
こうなると、家族が笑われてしまうよ。。。

(-- )ゥ~ン

家族批判発言かなぁ。
ゴメンナサイ。

細かい愚痴をうだうだと綴ったが、まだまだ色々あるのよ。(笑)
他にはね、

「プチ熟さんが、ワシの金を盗った」

「プチ熟さんが、ワシの入れ歯を捨てた」

と大騒ぎすることもあって、これはさすがに悲しくなるよ。
誰も、じーさんの言うことを本気にしないけれど、やっぱり盗人呼ばわりされるのは気分が良いものではない。
小さい小さい鬱憤が、どんどんどんどん積み重なっていく。
はぁ・・・
せめて、御不浄での諸々だけは、しっかり狙いを定めて頑張ってもらいたいなぁ。(笑)

先日、じーさんに

「会社は冷たいね」

って、しんみり言われてしまった。
じーさんの肩をポンポンと叩きながら「もういいじゃん。あんた頑張ったよ。お疲れさん」って言って
やりたかったけど、あまりにも寂しそうに仰るので、何も言えなかった。

じーさんよ・・・
会社も、人も、みんなね、いざといなったら冷たいもんなんだよ。

少し前だが、他業界の大手企業の秘書さん達と話をする機会があった。
どこも同じ問題をかかえているようだ。
お互い、詳しい症状(笑)は話さなかったが、ご苦労されていることがとてもよくわかった。
それを知っただけで、うん、なんだか頑張れる気持ちになった、かな。

近々、ホテルで大々的に、じーさんの長寿を祝うパーチーを行うことになった。
会社費用か?
ゴラ~~~ッ!
当社は、そんな余裕はねーはずだぞーーーーーーっ!!
ちゃんと、会費制にしてネ♪


では、では、またね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

夏休み中に思う・・・有終の美とは、これ如何に

2006年08月23日 | 戯れ言
毎度、毎度、愚痴のような記事を放出しているが、今回もまた、そのような内容だ。
読んで明るく・楽しくなる記事ではない。
抱腹絶倒話を(そんな話を、今までにしたことがあったかどうか疑問だが<笑>)ご期待の方は、これより先への進入を禁ずる。

仕事の話だ。
私の仕事内容は、以前にも記事中で話したことがあったと思う。
まあ、聞こえの良い言い方をすれば 秘書 ってことになる。

昨年、担当替えがあり、現在は、今までついて仕事をしてきた方(元役員)+社長の秘書を務めることとなった。
元役員から離れることが出来るかと思いきや・・・そのようにはならなかった。
この元役員が、非常に高齢であり、今、私はとても大変な思いをしている。

高齢であるため、認知症もかなり進んでいるのだが、、、毎日会社に来られるのだ。

午後の2時頃出社されては、食事をしたいと仰る。
だから、食事の用意をする。
食事後、30分もしないうちに「食事をしたい」 あるいは 「食事はまだか」と仰る。

5分おきに、呼び鈴が鳴る。
行くと、その度に「今日は何曜日?」と訊かれる。
「なんで、ワシ、ここにいるの?」と訊かれる。

トイレが上手く出来なくなってきて・・・粗相を。

社内を徘徊し、接客中の部屋であろうと、会議中の部屋であろうと、そこに誰がいようといかなろうと、勝手にドアを開け「(酒を)飲みに行こう」と言い出す。

勝手に得意先に行き、自分が何をしに来たのか解らなくなり、受付で佇んでいらしたこともしばしば。

まあ、こんな細かいことを言い出したらきりがないのだが・・・。
毎日出社されるのは立派である。
だが、社有車を使い2時3時に出社し、飯を食い、昼寝をして、社有車でマッサージに行き、帰ってきては社内を徘徊し、酒を飲んで帰る姿を見ていると疑問が沸いてくる。

得意先に行かないように、会議・来客中の部屋を開けないようさせることは、私の仕事だと思って従事するが、正直、シモの世話に近いことや、金を持たずに出歩くため、その支払いに走らなければならぬようなこと等・・・極々個人的なことまでしなければならないことには納得がいかない。
うまく言えないけれど、会社の仕事ではないって思うのだ。

こういう状態だからと言って「家族」と言うものを引っ張り出すことは卑怯なのかもしれぬが、いったい家族は何を考えているのだろう?と、しばしば思う。
会社を、施設だとでも思っているのであろうか?
そうとしか思えないほど、じーさんの状態を理解していない。

このじーさんに対して、会社は特別な扱いをしてきた。
弊社を築いてきた人であり、戦後の日本を、業界を引っ張ってきたのだから当然であろう。
だが、引き際を、会社もじーさんも間違えたように思う。(以前、こんな内容の記事を綴ったかもな)

夏に入った頃から、症状が重くなってきたこともあり、会社は早急にじーさんをきちんと辞めさせようとしている。
冷たい言い方だが、仕事が出来ない人間に、高級車を独り占めさせ、高額の給与を支払ってなぞいられないといったところであろうな。
いつまでも、昔と変わらぬ扱いなぞ出来ないわけだ。

ふむ・・・

長い愚痴になりそうだなぁ。
一度ここで終わりにしておこう。
愚痴りたい気分がおさまらなかったら、続きを書こうと思う。

またね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

耳毛

2006年08月11日 | 心の叫び日記
先日、こんな記事を目にした。


厚生労働省の出先機関で臨時職員として働いていた神奈川県相模原市の30代の女性が、職場で男性職員にひげを抜くよう強いられるセクハラを受けたなどとして、男性職員と国に計500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は26日、セクハラ行為があったと認定し計55万円の支払いを命じた。
参考:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060726-00000181-kyodo-soci


ひげを抜けだなんて、あまりの愚行に呆れて物も言えぬ。
この女性、辛かっただろうなぁ。
早く立ち直ってもらいたいものだ。

この記事を読み、思い出した出来事がある。

私が入社して間もない頃のことだ。
デスクに1本の電話が入る。

「プチ熟さん、ちょっと」

専務からの電話だった。

私は、急いで専務の部屋へ行く。
部屋に入ると、専務はハサミを用意して、私の到着を待っていた。

ハサミ?

不思議に思ったが、私は招かれるままに専務の側に寄る。
すると専務がこう言った。

「すまんけんども、耳毛を切ってもらえないかな?」

専務の耳を見ると、耳穴から、もっさりと毛が飛び出していた。
人間の耳毛って、こんなに伸びるものなんだ・・・不思議。
妙な感動と言うべきか、妙な魅了(笑)と言うべきか、私は耳毛切りを拒否出来ず、言われるままにハサミを持ち、飛び出た耳毛をつまみ、それを切った。

あの時は何も感じなかったが、今なら、こんな呼び出しをされた日にゃぁ、罵声・罵倒の限りを尽くしたことに違いない。
今の私は、絶対に、死んでもやらない。

この専務には、その後もいろいろと頼み事をされたなぁ。
お灸をするのを手伝えと、半裸姿の専務に灸を据えたこともある。
今じゃ、あり得ん行為である。
これ、セクハラだったのかなぁ。。。
当時はそんな言葉もなかったし、のんびりした時代だったから、本人は、家族に物を頼むが如くの行為だったのだろうなぁ。
と、優しい私は寛大な心で受け止めてあげることにした。(笑)


またね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

嗚呼、怖い、怖~い勘違い

2006年08月02日 | 戯れ言
引越して、早1ヶ月を超え、ようやく自分の部屋にも慣れてきた。
本日も引越ネタで攻める予定であるが、そろそろ飽きてきたと言われてしまいそうだな。(笑)
今宵も、暫しのお付き合いを宜しくなのだ。

さて、今宵の話は・・・

私の勤め先に、50代前半の独身女性がいる。(K子と呼ぶことにしよう)
その女性の話をしたいと思う。

私は、都内を走るJR某線を利用して通勤している。
勤め先で、この路線を利用している人間は非常に少なく、本社勤務の中では私と上司、それと他部門の女性の3人だけ、と、言うような状況である。
しかし、先頃、同じ路線を使っている支店勤務の女性が、本社勤務となり異動してきた。
小柄で、躁鬱気質の雰囲気がある女性だ。(←小池真理子の表現をパクってみた。<笑>)
年の頃は・・・本人に聞いたことはないので想像であるが、40代後半か~50代前半といったところであろうか。
私にとっては、おねーさん的な存在になりそうな人であった。

そんなある日のこと、私は更衣室で、彼女と二人きりになった。
K子は、この時を待ってましたとばかりに話しかけてくる。
なんでも、彼女は、私が住む市の隣の市から通勤しているらしい。
それでもって、更に私の住む町(引っ越す前に住んでいた町)のことをよ~~くご存知のようで、あそこはどうの、ここはこうだよね、などとどうでもよいこと(おっと、失礼)を、さも事情通風に話してきた。
あまりに熱心に話してくるので、私は少々引いてしまった。
「ご近所の好」的感覚が生まれるのはわかるのだが、彼女の場合、そういった温かなものからはかけ離れており、小さな恐怖を感じる。

「なんだか、、、変わった人かもしれない」

確信ではないが、心のどこかで直感的な思いが浮かんだ。
その後、その直感は確信となるのである。

K子は私と顔を合わせる度に、私の住む町の話をする。

面倒だなぁ・・・

私は、次第にそう思うようになった。
K子は私に会う度に、そこがどんな場所であろうと、町の話をしてくる。
更衣室に始まり、エレベーターの中、トイレの中、買い物先のコンビニ・レジ前、道端。
彼女のくいだらん話は、一度口火を切るともう止まらない。

そんなこんなしているうちに、私は引越すことが決定した。
運が悪いことに(笑)、K子の住む市に越すこととなる。
私は考えた。
引越した後も、毎回顔を合わす度に、今住んでいる町の話をされては面倒だ。
K子が住む市と同じになるわけだし、ここはひとつきちんとお話をしておこう、と。

そんな風に考え始めた頃、たまたま、更衣室で二人きりになる時間が出来た。
K子はいつものように「あなたの住んでいる町はねぇーーーー」と、話し始める。

またかよっ。

と、思いつつも、私は美しく優しい笑みを向けながら「あっ、私、今度ぉ、お引越しをするんですぅ」と彼女の言葉を遮る形で言った。
彼女の発した言葉が尻切れ状態となり、空を舞う。
笑顔が消える。
以下、K子と私の会話。

私 「あっ、私、今度ぉ、お引越しをするんですぅ」

K子「どこに?」

私 「K子さんと同じ市になるんですよぉ」

K子「なに町?」

私 「○○町なんです」

K子「そんなところ、知らない」

私 「△△駅に近い、国道××号線沿い辺りの町です」

K子「国道××号線沿い?そんなところに住んでどうするの?煩いだけだよ」

私 「私も初めは心配したんですけど、建物が道路に面していないので思いのほか静かで
驚きました。今住んでいるところの方が煩いくらいなんです」

K子「ふーん。でもね、あそこは◎◎祭りがあって煩いんだから」

私 「・・・・・。その◎◎祭りって、私の町とは関係ないんですけど・・・」

K子「▲▲祭りだってあるんだから。煩いんだよ」

私 「その祭り、一年中、しかも、一晩中やってる祭りなんですか?」

K子「(無言)」

私 「・・・近々、ご近所になりますので、いろいろ教えて下さいね」

K子「私の家はね、古くからある家なんだけど、駅から5分のところにあるのね。
   だから、駅から家までの間と、都心のことしか私はわからないから、何も教えて
   あげられない」

私 「(バーカ。ただの社交辞令にきまってるだろうが。しかも返答が変だし。教えろっ
て、店を教えろってことじゃねーよ、ド阿呆がっ。←心の声)
   え~、いろいろ相談しようと思ったのにぃ、、、クスン」

K子「あっ、無理」

普通、引越してくる人間にこんなことを言うかねぇ?
「非常識」この三文字の烙印を、彼女の額に押してやりたい気分に駆られた。

翌朝、私はこの話を中の良い後輩達に話して聞かせた。(私も暇人だねぇ<笑>)
K子と言葉を交わしていた時は、怒りの感情は湧かなかったのだが、その晩、フツフツとお怒りが込み上げてきて、誰かに話して聞かせなければ気がすまない状態になっていたからだ。

後輩達はこんなことを私に言った。

私が、ラブラブ新婚状態でのお引越しだと勘違いしているのだ。
新婚だろうと、そうでなかろうと、とにかく住宅購入をひがんでいるのだろう。

ほほぉ。
彼女は、あの一瞬にそんな勘違いを引き起こし感情を暴走させ、私に非常識な言葉を投げたのか。
こちらの真相を何も知らないくせに、よくも暴走できるものだ。
まぁ、勿論、想像の域を脱しないから何とも言えぬが。

私は後輩達に言った。

「じゃあ~、プチ熟さん、とっても素敵な男性と結婚したって言ってやってよ、K子に。(ニヤリ)そうだなぁ、プラチナブロンドでグリーンアイズ、頭脳明晰、容姿端麗の大金
 持ちで、モデル顔負けの超イケメン外人男性と結婚して、幸せ一杯の甘い生活満喫中だ
 と言っておくれ」

後輩達・・・ 息を呑む。

先輩、それ、ただ妄想ですから。。。(涙)だって。

勘違い女に、妄想女。
弊社は、バラエティーにとんだ人材を持っているということか。(笑)
悲しいかな、先が見えたり。(爆)


またね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする