プチ熟年OL憂さ晴らし記

嗚呼、すまじきものは・・・
憂さを晴らして明日を生き出づプチ熟の情熱駄文。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

若い男に・・・

2006年06月29日 | 戯れ言
ご無沙汰しています。
やっと、引越作業&後片付けが落ち着きました。
まだ、家PCが開通していないので頻繁更新には至りませんが、徐々に復活しますので、これからもヨロシクです☆

さて・・・ 

少々、引越の報告をばしようかと思っちょります。(くだらないんですけどね。<笑>)
当日は、引越専門業者を利用したのですが、いやぁ~、手伝ってくれた作業員(社員さんで、年の頃は20才前半くらい)・6名、みんな超可愛くて・超格好良くて・・・ あまりにも容姿レベルが高いので驚いてしまいました。
○ャニーズの男の子達なぞ、比ではないっす。

ワタクシ、すっかり彼らの可愛らしさに毒されてしまいました。(笑)
しかも、お面がいいだけでなく、元気で明るくユーモア溢れ、礼儀正しく、テキパキと完璧に仕事をこなせるデキル男の子達だったのよぉ~。

もう、引越作業どころの話ではなくなり、イヤラシイと思いながらも、私は彼らを食い入るように見てしまいました。(*μ_μ)
エロ小説風に言えば、視姦した、って感じかも。(ちょっと言い過ぎかっ。<爆>)

一見、ほそ~い体に見えるのに、実はしっかりと筋肉がついていてガッチリとした体。
腕やふくらはぎの筋肉を見ると、服で覆われた胸や腹のそれまでをも想像出来ちゃう。
それでもって、力持ちとくれば・・・

 「 この子達だったら、私の巨体も難なく扱ってくれそうだわぁ。 」

という思考が顔を出す。(笑)

私は、光り輝く彼らの姿態を見つめながら、抱きしめられたその瞬間を妄想しちゃいました。(完全に、私の頭は壊れてます。)
その姿は、ホント眩しいくらいに輝いていました。('A`)

おまけに、彼らは、と~っても良い匂いがしたのよぉ。キャピ☆
付けていた香水の銘柄なんてわからないけれど、嫌味のないほのかな甘い香りで、付け方もGOOD。
すれ違う度に、ほわ~☆と、良いかほり。
汗の臭いでなく(それはそれで、萌えるものもあるのだが<笑>)、甘い香りの男の子だなんて・・・
      
美味しそう・・・
ホント食べちゃいたい。(笑)

と、思いつつも、彼らと同じくらいの子供がいてもおかしくないワタクシ・・・
それを考えると、かなり悲しいものがある。(笑)

あー、それにしても、ホント可愛い男の子達だったなぁ。(しみじみ)

なんでも、しばらく経ってから、作業員から心のこもったお手紙が届くらしい。
ぐふふ・・・ メアド、書いておいてくれないかな。
会社のメアドでなくて、個人的なやつ。(爆)
メアドをゲットしたら、うふふふふぅー、食べちゃう。(しつこい!<笑>)
あん、あん、お葉書が届くの、とっても楽しみなのだ♪
しかし、職場の女の子達にこの願望を話したところ、それは絶対にないから心配しなくて大丈夫、と、冷たく突き放されました。とほほ
それが、現実ってものですよね。(´・ω・`)

それにしても、ホント可愛い子達だったなぁ。
やっぱり私は、若い子が好き、綺麗な子が好き。
なんと言われようが、可愛い男の子、大好きぃぃぃ!
と、陳腐な主張をしたところで、今日はお終い。

またね。


追伸 : 可愛い男の子達は、黒靴下集団でした♪(わかる方だけ、悶えて下さい。<笑>)
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 自己紹介バトン~魅惑なプチ... | トップ | ぼろ、ボロ、襤褸家を大脱出 »

コメントを投稿

戯れ言」カテゴリの最新記事