プチ熟年OL憂さ晴らし記

嗚呼、すまじきものは・・・
憂さを晴らして明日を生き出づプチ熟の情熱駄文。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

熟女の妄想

2005年10月19日 | 戯れ言
先日、こんな統計を見つけた。

警視庁のHPに、電車内での強制猥褻・卑猥行為に関するデータが載っている。
お暇な方は、ちょいと ↓ 見てほしい。

警視庁 電車内における痴漢犯罪の実態
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kouhoushi/no1/koramu/koramu7.htm

で、
読み進むと、中ほどに「被害者の年齢層」をグラフで表したものがあったかと思う。

ふむ、やはり二十歳前の若い女性被害者は多いな。
要因は様々あるのだろうが、何の落ち度がなくとも「若い」というだけで狙われている可能性もある。
なんとも理不尽な話だ。

薹が立つにしたがい、被害者数は徐々に減っている。
女性側に防御の知恵がついたか、それとも「若さ」には勝てぬのか、そのあたりは不明だが、まあ、減ることは良いことだ、と思う。

注目して頂きたいのは、38歳からの被害者数だ。
17歳をピークに減少している数が、ここにきて微々たるものだが増加している。
いったい、これはどういうことなのだろう?

好き者現る?
密かなブーム?
中年脚光?

あたしゃ、何故か興奮して友人・知人、皆にこの事実を言って歩いた。

しかし、返ってきた言葉は、

「世に忘れ去られた女の妄想」 あるいは 「色ボケ」 

なる言葉だった。

え゛!!

とほほ・・・
世間ってきびしーーーぃっすね。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 秘書プチ熟、嗚呼、華麗なる... | トップ | 失恋休暇 »

コメントを投稿

戯れ言」カテゴリの最新記事