goo

闇の子供たち

世の中は知らないことだらけだ。
私にはタイ人の友達がいます。
彼女はタイのために何かがしたいと言っています。
タイに関してはよいところもたくさん聞くけれども、最近は彼女の活動の話をよく聞くのでタイの暗い面を聞いたりすることが多かったです。
多民族のため言葉や文化が違い、中には国籍すらもらえない民族も。
差別を受け、麻薬の売人やや売春宿で働かざるを得ない状況。
助けようとしている人はたくさんいるけれど、人手や物資よりとにかくお金が欲しいそうなのです。

少し覚悟を決めて観たけど、残酷で気持ち悪い。
観ている間中、そして観おわった後に思った感想。
タイの現実。
子どもたちを取り巻く環境は言葉にできず、ただただ画面を見つめるのみしかできない。
人身売買にしても臓器売買にしても、買う人がいるから売る人がいる。
だから商売が成り立ってしまうんですよね。
じゃあそれを無くそうとするには?
正直、そんなの売るほうにだけ問題があるんじゃないから、悲しいけどなくならないかもと思ってしまう。
特に臓器売買に限ってはあの家族のように、どっちの命かなんて簡単には天秤にかけられる問題じゃないもの。
そういう仕組みを作ってしまったやつがいるから、人の命はお金で買えてしまうようになってしまった。
売春宿で働かされる子どもたちも。
児童性愛に関しては気持ち悪いとしか言葉が出てきません。
序盤で何となく最後がどうなるかわかったような気がしたので、人間の暗い部分に気付いてしまい、そこから気持ち悪いという感情しか出てこなくなりました。
友達も言っていたけど「日本人がよく買っている」らしい。
カンボジアの売春宿で働かされていた方の講演を聴いたことがあるけれども、彼女は「人権なんてない」って辛辣にはっきり言っていました。
そしてとにかく売春宿のツアーなんて止めてほしいと。
現実を知ったことで何になるでもないかもしれない。もしかしたら知りたくもないことかもしれない。
ただ善の気持ちだけ持っててもどうにもならない。
自分探しの中途半端な気持ちもいるかもしれない。
地図で東京から20センチの国。でもすごく遠くて現実に感じられないのは、日本人だからか。それでも知ることには意味があると思います。

これだけ豪華な出演者には映画ということを認識させられ、またそう考えるとテンポが悪い映画だなと思ってしまうこともありました。
しかもなんだか色々中途半端な気がしてしまって。
だから映画としての満足は低かったりもします。
でも多くの人に観てもらうにはいいかもしれないです。
コメント ( 8 ) | Trackback ( 4 )
« ベガスの恋に... デトロイト・... »
 
コメント
 
 
 
そっかぁ (miyu)
2008-08-27 10:38:57
なななさんはすごくタイの現状にお詳しいのですね。
だとすれば、これは確かに映画的に感じてしまうかも。
豪華なキャスト、だけどそれぞれがこの作品の性質に
賛同して、共感したからこそ出演を決められたのだそうです。
それは、日本人のキャストもタイ人のキャストも同じだそうです。
 
 
 
こんにちわ (睦月)
2008-08-27 15:53:37
なななちゃん、バイト頑張ってるかーい!?

バイトで貯めたお金で、タイに行こうか?
タイにっ!!
屋台のトム・ヤム・クンは美味しいよお!
ニンニクや唐辛子が効いた料理は最高!!

・・・だけどね(苦)。

やっぱりこういう作品を観るとその国の印象が
ガラリと変わっちゃうね。

なななちゃん自身も、実際にタイ人のお友達から
いろんな話を聞いているんだから、尚更たくさんの
ことを考えてしまうでしょ。

こういう作品を観ると、私はつくづく「日本に産まれて、
まともな親に育てられて良かった」って思ってしまう。

子供時代に親に売り飛ばされたうえに、こんな経験まで
させられるだなんて、とてもじゃないが考えられない。

でも、恵まれた日本でまともな親に育てられた人間が
あの子たちを買っているというのもまた事実。

なんだろーね・・・やりきれないよ、ホントに。

この作品はとても大盛況なそうです。
キャストの豪華さも手伝ってのことだと思うけれど、
それよりもやっぱりこの事実と現実をちゃんと受け止める
べきだなあとそう思う。

この映画の存在で、ほんの少しでも変化がもたらされれば
いいよね。
 
 
 
Unknown (cyaz)
2008-08-27 17:32:47
なななさん、こんにちは^^
TBありがとうございましたm(__)m
臓器売買についてはよく夜中にドキュメントをやっていて、この映画で描く以上に逼迫した状況を映し出していました。しかしながらこの映画が訴えるものは僕としては薄かったような気がします。もちろん原作はもっと深いものなのでしょうが。
タイには僕も友人が居ますが、この部分を除いては快適なところだと言う事です。但しお金が全てを優先する国で警察さえ買収できるところだそうです(笑)
原作をふまえ、阪本監督が伝えたいことは何だったのか良く理解ができない映画でした。
 
 
 
はじめまして (アフリカ象)
2008-08-27 23:40:25
いきなりコメントする無礼をお許し下さい。この映画に対してはとても胡散臭いものを感じています。専門家によると、日本人がタイで心臓移植を受けた事実はないそうです。この映画はフィクションである小説を元にしており、映画の内容は、その小説のストーリーとも同一ではありません。シネカノンという配給会社がどのような側面を持っているのか、ネットで色々検索してみると、色々分ると思いますよ。
 
 
 
こんばんは (ノラネコ)
2008-08-28 02:20:31
観ていてムカムカしてくる作品でしたが、人間が隠したい、蓋をしたいと思っている負の側面を直球で描いた力作でした。
おっしゃる様に、何かを罰したら無くなるという問題ではないですし、映画もその様なスタンスだったと思います。
人間にはこういう部分がある、という本来見たくない点を逃げずに描いたという点で、志を高く評価したい作品です。
 
 
 
コメントありがとうございます (ななな)
2008-08-31 17:50:16
miyuさん
全然でございます。何となく聞いたことあるだけですー。
でもどこかで映画的だなーって思ってしまったんですよね。
あの豪華キャストもその要因の一つなのですが・・・。
でもみなさん賛同して参加したんですね!
タイの方々もそうだなんて!
何か伝えられるからって思ってくれたのかしら?
そしたら嬉しいものです♪


睦月さん
頑張ってるー!今日まで6連勤しましたよ。
もう就職以上だよー(苦笑

タイ行きたい~!
トム・ヤム・クン好き!ニンニク最高!
ってミーハーには何となく思えなくなってしまいますよね。
ステキな国なんだろうなーって思うんだけど、やっぱりいろんなことがありそうで・・・。

同じく今の生活がいかに平和なのかを思い知らされました。
子ども時代にそんな思いをさせられて、とてもじゃないけど未来のことなんて考えられないですよね。
将来のことを嫌だーって思って考えられるだけ幸せなんでしょうね。
そう思ってしまうと、ホント私なんて申し訳なくなるんですけど・・・。

今週からさらに拡大公開が決まったみたいで。
なんかテレビでも取り上げられていましたよ。
たくさんの人が観にいってくれるといいな。
 
 
 
コメントありがとうございます (ななな)
2008-08-31 17:56:34
cyazさん
そのドキュメンタリー気になります。
そちらのほうが、もしかしたら映画以上の衝撃かもしれませんね。
私もどこかで「映画だな」って思ってしまった部分がありました。
悲惨さを見せるにはよかったかもですが、正直観ている間はぴんと来なかったです。
私も原作が気になりました。
なんだかもっとやりきれない思いになりそうなんで、あんまり手が出ないのですが・・・。

私の友達もタイはステキだといっていました。
でも男性はかっこよくないらしく、タッキーがめっちゃ人気だといっていましたよ(笑


アフリカ象さん
初めましてです。

原作とはストーリーは違うのですね。
他の方に「ほとんどが事実に基づいている」って聞いたのですが、ちょっと違うみたいですね。
全部を鵜呑みにするわけではありませんが、タイという国にこういう側面があるということを知れただけでもよかったと思いました。
映画としては少しどうかと思うところもありましたが。
とりあえず、原作の方を読んでみようと思いました。
 
 
 
コメントありがとうございます (ななな)
2008-08-31 17:58:53
ノラネコさん
人間って見た目だけで決め付けてはいけないですよね。
もちろんいい面も悪い面も含めて・・・。
それがとてもよく出ていましたよね。
ホントは知りたくない事実でしたが、知った後はやっぱり・・・とも思えてしまいました。
そういうのってホントに怖いのですが、真っ向から描かれると参ってしまいます。
でもそれも含めて興味深い作品でした。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。