ポコアポコヤ

食べ物、お菓子、旅行、小説、漫画、映画、音楽など色々気軽にお話したいです(^○^)

鰐(ワニ)と、野生動物保護区域 Wild Animals キム・ギドク 感想

2006-09-26 | 映画感想 他

キム・ギドク監督の初作品「鰐」(Crocodile 악어)1996を見ました。いつものように、韓国版と韓国版のシナリオを見ながらでした。これで、あとキムギドク監督作品で未見なのは、「Real Fiction」の1つだけになりました。 今まで色々後の作品を見た後、やっと今日になって第一作「鰐」を見たのですが、いつものキドク監督の作る映画の雰囲気が、第一作目から出ているな~という印象。

 続きを、もっと読んでやろうと思って下さった方、本文は以下より。
「鰐」キム・ギドク感想と、ラストのシナリオ部分と、チョ・ジェヒョンについて

・・・・・・・・・・・

キム・ギドク2作目(1997年映画)の「野生動物保護区域」 Wild Animalsを見ました。
なんか、今まで見たキム・ギドク監督の作品の中で、一つだけ違った雰囲気を感じました。舞台がパリだからかな?そのせいか、どこか何か、一昔前のフランス映画っぽい雰囲気がありました。「ドニ・ラヴァン」(ポンヌフの恋人など、レオス・カラックス作品には欠かせない人だった)が出てるのには、ビックリ!!

 続きを、もっと読んでやろうと思って下さった方は、本文は以下より。
野生動物保護区域 Wild Animals キム・ギドク★ネタバレ内容 全あらすじ

もし、これらの記事に、コメント、TBしてやってもいいか~と思われた方がいらっしゃったらば、お手数ですが、それぞれの本文(リンク先)にお願いします
 

コメント   この記事についてブログを書く
« 茅ヶ崎「GOOD EAT DOLCE」満... | トップ | 「誰がために」浅野忠信・小... »

映画感想 他」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事