門前の小僧になりたいくらげ

学究的な空気に憧れて専門家の周りに出没しては雑感を綴るブログ。化石鉱物系がやや多し、の予定。

御手洗層の化石〜2018.08.18岐阜県高山市手取層群〜

2018年08月19日 | 古生物学・地学

 高山市荘川町にはジュラ紀から白亜紀にかけて堆積した動植物化石を含む地層(1億6千万年前から1億2千万年前)の露頭があります。恐竜が発見されたことで有名な”手取層群”の一部です。荘川町牛丸にはジュラ紀の大露頭がありますが、ここは岐阜県の天然記念物に指定されているので化石のお持ち帰りはできません。では、この写真の化石はどこから?某河原です。まちづくり協議会さんのHPを頼りに行ってみたらドンピシャで転石を拾うことができました。いろんな意味でびっくりです。ほんとうにほんとうに拾っていいの?「HP掲載後に保護区になったから今はダメなんですよ〜」とかないよね!?と少々不安でもあるのですが、、、。自力で見つけた恐竜時代の化石に息子その1は目がキラキラ。ここに通いたいと息巻いております。福井の恐竜博物館に行くのとどっちが行きやすいんだろうか。。。

参考:ひだ荘川 荘川町まちづくり協議会

 

追伸:高山市さんがネット上に公開されている天然記念物一覧には載ってないところです。念のため。

『岐阜県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 岐阜県博物館の恐竜が出張中... | トップ | 鯛の鯛シリーズ5〜イボダイ20... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

古生物学・地学」カテゴリの最新記事