心の環境をデザインする K-happiness

未来を担う子どもたちが、いきいきと生きられるための人づくり・地域づくりの活動を紹介するブログ

心理学やカウンセリングを学びたい方へ(2021年10月3日開講 ZOOMにて)

2021年09月20日 | チームカウンセラー

2019年4月から始ったチームカウンセラー養成講座の第4期が、

2021年10月3日(日)に開講します。

 

突然訪れたコロナの時代に、

自分の心をどのようにコントロールしていったら良いか

悩まれている方も多いのではないでしょうか。

 

心理学やカウンセリングの手法を学ぶことで、

自分や自分の周りの人たちの心を支えていく『アイテム』を手にすることができます。

 

講座はいつもは対面で行なってきましたが、

今回は、全5回を全てをZOOMで行ないます。

視聴できないときは、録画視聴も可能です。

 

この機会に、ぜひ心理学やカウンセリングを学んでみてください。

詳細、申込みはホームページより。→ チームカウンセラー養成講座ホームページへ

申込み締め切り 2021年9月28日(火)です。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

小学6年生へのストレスマネジメントの授業

2021年02月17日 | 心理教育

1~3月にかけて、毎年訪問している小学校の6年生に

中学に向けての『ストレスマネジメント』の授業を行っています。

初めにどんなことがストレス(困りごと)になるか、

ストレスを感じた時にどんな症状が出るか(心のサイン、ストレス反応)についての説明をします。

その後、対処法についてお話をします。

対処法は、大きく分けて3つです。

リラックス法を取り入れる中に、ゲームやYouTubeの活用の仕方の説明もします。

リラックスするためにやることは良いが、

やりすぎると逆にストレスを生み出してしまう話をします。

そして、上記のような「心のサイン」が出た時には大人に相談することが大切だと話をします。

とはいえ、どのように相談を切り出したらいいのか。

講話をしていると、親には相談できないと言う子どもたちもいます。

そこで、みんなでどうやって切り出したらいいかを一緒に考えます。

また、SNSで知らない大人に相談してはいけないこと。

身近に相談できる大人がいない場合は、

電話相談や

ラインでの相談もあることを伝えます。

また、友だちから相談を受けたら、

話を丁寧に聞いてあげるようにアドバイスをします。

講話の目的は、

子どもたちが中学に入ってから、

困ったことやつらいことがあった時に、

自分一人で解決しようとせず、相談してもいいんだと思える柔軟な心を育てることです。

 

みなさんも、身近な子どもたちの良き相談相手になってあげてくださいね。

 

今、最も必要とされている心のスペシャリスト

『チームカウンセラー』養成講座(2021年4月開講)の案内は→こちらから

 

子どもたちとの日々の様子をつづったブログ

『かっぱらぱ編集室つれづれ』は→こちらから

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

心理学・カウンセリングを学びたい人へ 2021年4月から『チームカウンセラー養成講座』が始まります

2021年01月10日 | チームカウンセラー

2021年4月から『チームカウンセラー養成講座』が始まります。

講座は1日5時間、全5日間。

「ZOOMコース」

「実践コース(会場にて受講)」

の2コースを用意しています。

 

『チームカウンセラー養成講座』の詳細は→こちらから

 

5日間の講座終了後には、

①チームカウンセラーの資格

②人間を見る広い視野

③その中で自分自身をコントロールしていく力

④自分が所属している環境(家庭、職場、地域)をより良いものに変化させていく力

が身に付いています。

 

受講内容は、

・「認知」のメソッド

・「行動」のメソッド

・「感情」のメソッド

・「身体」のメソッド

・「環境」のメソッド

の大きく5つの分野に分けており、それぞれの分野で必要な心理学を学んでいきます。

 

初めて心理学に触れた方は、わからないことも多いかもしれませんが、

学びが進むにつれて、理解が進んでいくので大丈夫です。

 

時間は、

午前、午後にそれぞれ2時間30分

途中、ワークなど実践を交えながら、学びを深めていきます。

 

受講料は、

1セッション(2時間30分)5,000円×10セッション

 

全日程(試験、認定料も含めて) 50,000円(一括払い)

 

いっぺんに支払うのは大変という方には、分割払いも用意しています。

1日12,000円×5日(各回受講日の前日までにお支払いください。)

 

詳細は、『チームカウンセラー養成講座』のホームページをご覧ください。

ホームページは→こちらから

ZOOMコース    募集人数10名(先着順)

実践コース(会場) 募集人数15名(先着順)

 

定員になり次第、募集を締め切りますので、お早めにお申込みください。

皆さまにお会いできるを楽しみにしています。

 

主催:チームカウンセラー資格認定協会

   心の環境をデザインする K-happiness

   K-happinessのホームページは→こちらから

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

なぜ、子育てが難しくなったのか?

2020年09月16日 | 講演・講話

先日、小学校の先生を対象にした教員研修を行いました。

予め先生方に聞きたいことをうかがっておき、

それにこたえる形で説明をしていきました。

 

色々な子どもや保護者がいます。

どうしても先生たちは今までの経験から

「この子はこういうタイプだ」と決めつけてしまいがちですが、

問題行動を解決するためには、

その子自身の特性、家庭環境、今までの関わり、現在の環境等を

ていねいに見ていって、問題行動の原因を特定していく必要があります。

 

本人を理解するためには、

「教室を出ていって困るんです」などもやもやっとしたイメージではなく、

「算数の時間になると教室を出ていく行動がみられる」など、

どんな時にどんな行動をしているのかを注意深く見て理解していくことが大切です。

 

昔は、もっと地域が豊かで、子どもも家庭も学校も、その地域に守られていました。

子どもたちは小学校に入る前に、地域で「しつけ」をされ、

集団生活ができるようになって新一年生になっていました。

 

学校は学ぶところとして位置づけされ、

保護者は「先生の言うことは聞きなさい」と子どもを指導していました。

だから、先生は教育者として子どもたちに勉強を教えてあげるだけで良かったのです。

 

ところが、時代が進むにつれて地域はなくなり、

それぞれの家庭が個々の価値観で子どもを育て、その子がそのまま小学校にあがってきます。

そして今では、今まで地域が担ってきた子どものしつけや子どもの居場所を

全て学校に求めるようになってきています。

 

先生たちは、保護者の役割、地域のおじさんやおばさんの役割を担わされています。

おまけに保護者の愚痴や不安を聞いたり、時には攻撃対象にされたりなど

子どもの対応に加えて保護者の対応にも苦慮する例が増えてきています。

 

スクールカウンセラーとして、そんな先生たちを支えるとともに、

心理学の知識をお伝えすることで、少しでも楽になってくれたらいいなと感じています。(つづく)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

チームカウンセラー養成講座の第3期が終了しました。

2020年09月07日 | チームカウンセラー

昨日、チームカウンセラー養成講座の第3期が終了しました。

遠く長野県から通ってきてくれた若い方もいました。

その方は、毎回、前日から静岡入りをして近くのホテルで一泊し

講座を受講されていました。

最後までよくがんばったな~と思います。

 

講座は、4月から始まる予定でしたが、

新型コロナによる緊急事態宣言で延期に。

5月を初回にしましたが、大事をとってZOOMにて開催。

 

6月からは普通に会場で行いましたが、

8月は会場が使えないとのことで急遽清水区の清水市民活動センターに変更。

 

そして、本来8月で終わるところでしたが、

1カ月遅れの昨日9月6日に最終日を迎えました。

 

講座開催の日程等がいろいろ変わる中で、

みなさん本当に臨機応変に対応していただいて

感謝するばかりです。

これもカウンセリングマインドですね。

 

現在は、ご家庭で認定試験に取り組んでいただいています。

新しいチームカウンセラーの誕生は、10月初旬になります。

 

10月から『チームカウンセラー養成講座』の第4期が始まります。

心理学に興味のある方、現在の人間関係をより良くしたいと考えている方は

この機会にぜひご参加ください。

『チームカウンセラー養成講座』10月開講→詳しくはこちらから

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

カウンセリングマインド研修会を行いました。

2020年08月30日 | チームカウンセラー

8月30日に、チームカウンセラー資格認定協会主催で、

静岡県の中のカウンセラーの第一人者の藁科正弘先生をお招きして、

『カウンセリングマインド研修会』を行いました。

 

新型コロナウイルスがなければ、一般公開して講演会として行いたかったのですが、

会場に人数制限があるため、今回はチームカウンセラーの資格を取得した方、

また養成講座を受講されている方を対象に、

さらなる学びの場として開催することにしました。

講話は、『私のカウンセリングの歩み』と題して、

藁科先生が今までのカウンセラーとしての経験の中で

出会った人たちや向き合う姿勢、またいろいろな技法について

お話をいただきました。

 

カウンセリングの勉強をしていくと技法に偏りがちですが、

それ以上にカウンセラーとしてのマインドが大切だと考えます。

今回、参加された皆さまが藁科先生に直接お会いできたことで

そんな心(カウンセラーとしてのマインド)を感じ取っていただけたのではないかと思います。

 

学校や職場・地域で活躍できるカウンセラーを目指したい人のための
『チームカウンセラー養成講座』10月開講→詳しくはこちらから

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『しなやかな年の重ね方』の続報。さすが、年を重ねている人は違います。

2020年08月17日 | 講演・講話

先日、三保生涯学習交流館から

女性学級での講話を受講された方たちの感想が送られてきました。

皆さんのようすから、内容がすこし難しかったかなと反省していましたが、なになに。

 

・これからどのように生きればよいか考え方が分かった。

・感謝の気持ちをもらっていようと思いました。

・毎日の生活のヒントになりました。

・自分のこれからの生涯について考えさせていただきました。

・家庭の中での肯定的なストロークを意識していきたいです。

(ストロークは、声掛けや態度などです。)

 

など、講話の内容を今の自分と照らし合わせて、

生き方を再考された方が多かったようです。

さすが、いろいろな経験を積み重ねてこられた方たちなので、

ヒットする引き出しがたくさんあるのだと思います。

 

良い年の取り方をしていきたいですね。(^^)

 

次回はもっとわかりやすくお伝えできるように

今後も内容をブラッシュアップしていきたいと思います。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

女性学級での講話『しなやかに生きる年の重ね方』を終えて

2020年08月14日 | 講演・講話

8月12日(水)三保市生涯学習交流館で、50〜80歳の女性を対象にした女性学級で、

『しなやかに生きる年の重ね方』と題して講話をさせていただきました。

私も今年で57歳になりましたが、

実際、他の50~80代の女性はどのような生活をしているのでしょう。

 

担当の方のお話では、

60代でも「私は年寄りではない」と主張され、

70代でも老人会の集まりに参加するのを嫌がる方もいるとのこと。

 

来られた方のお話を聞くと、

「定年した夫が元気をなくしている」

「両親の介護がある」

「子どもはいるが孫はいない。もう孫はあきらめている」など、

一人ひとり様々な環境で生活されていることがわかります。

 

今の若い女性たちのように主体的に生きてきたというより、

夫を支え、子どもの面倒を見ながら、自分のことは後回しにして生きてきた方も

少なくないのではないかと感じました。

 

講話を終えて、こんな話でよかったのかな~と。

 

いつも自分が行っている講話は、

学ぶことを目的に来られている方が多いのですが、

今回参加された方たちは「集うことが目的」で来られていたのかもと。

それなら、もっと楽しい内容でも良かったのかな…と。

 

長く人生を生きてきた人たちに何をお伝えできるのか、

まだまだ模索の日々ですね。

 

K-happinessのホームページは→こちらから

学校や職場・地域で活躍できるカウンセラーを目指したい人のための
『チームカウンセラー養成講座』10月開講→詳しくはこちらから

子どもたちの今を伝えるブログ
『かっぱらぱ編集室つれづれ』は→こちらから

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コロナによる自粛後のチームカウンセラーとしての活動

2020年07月05日 | チームカウンセラー

第3回 チームカウンセラーフォローアップ講座を行いました。

 

参加された皆様に、

現在私自身が小中学校のスクールカウンセラーとして行っている

小中学校でのストレスチェックとそのフィードバックについて

その内容と実施までの経緯(ここが大事でチームカウンセラーとしての力を発揮する場です)

についてお伝えした後、

 

参加された皆様に、

コロナの自粛後、それぞれの所属する組織の中で

チームカウンセラーとしてどのように活動したかを

お一人ずつ前に出て発表してもらい、全体でシェアしました。

 

どんな場においても、どんな状況においても感情に流されず、

自分自身の心や組織の状態を客観的に見つめ、

場(かかわる人たちの人間関係)を調整していくことがチームカウンセラーのミッションです。

 

それぞれが会社や病院などの職場で、学校で、地域で、家庭で、

行ってきた内容を、皆さんの前で発表することも、

意見を述べなければならない時の練習になると思います。

 

資格を取って終わりではなく、

その資格をステップにさらに先へ進んでいけるよう

これからもバックアップしていきたいと考えています。

 

『スクールカウンセラーだより』をアップしている
「かっぱらぱ編集室つれづれ」のブログは→こちらから

学校や職場・地域で活躍できる
『チームカウンセラー』の資格を取得したい方→2020年10月開講予定、詳しくはこちらから

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

学校再開 保護者・生徒へのアンケートと『スクールカウンセラーだより』

2020年06月22日 | 講演・講話

学校再開後、勉強が手につかないと感じている中学生がたくさんいます。

 

以前からスクールカウンセラーとして感じていることは、

不登校になっていく多くの子どもたちが、体調不良をきっかけに学校に行けなっているということです。

 

これは、自分が感じている気持ちや考えている想いを伝えられないまま苦しさに耐えた結果、

身体が「これ以上は無理だ」とSOSのサインを出したものです。

 

今回のコロナの自宅待機では、多くの子どもたちが今までにないストレスを抱えていたことは

誰もが知るところです。

 

しかし、学校が再開すると、遅れた学習を取り戻すためにと、今までにないスピードで

勉強が進められています。

 

そんな中で、子どもたちの疲れが徐々に溜まってきており、

多くの子どもたちが頭痛や腹痛、眠れないなどの、体調不良を感じています。

 

学校が再開したにも関わらず、不安を感じている中学生がたくさんいます。

 

スクールカウンセラーとして、

子どもや保護者にアンケートに答えてもらうことで刻々と変わっていく今の実情を把握し、

もっと子どもを注意深く見てあげてほしい。

子どもの体調管理や不安な気持ちに寄り添っていってあげてほしい

『スクールカウンセラーだより』をとおしてお伝えしています。

 

 

『スクールカウンセラーだより』をアップしている
「かっぱらぱ編集室つれづれ」のブログは→こちらから

学校や職場・地域で活躍できる
『チームカウンセラー』の資格を取得したい方→2020年10月開講予定、詳しくはこちらから

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

電話でのカウンセリングを行っています。

専門家としてチームボイスマルシェに参加しています!匿名相談受付中! 電話カウンセリング ボイスマルシェ