心の環境をデザインする K-happiness

カウンセリングを学びたい人のためのブログ

小学校の教員研修 子どもや保護者と関わるポイント(1)

2020年09月16日 | 講演・講話

先日、小学校の先生を対象にした教員研修を行いました。

予め先生方に聞きたいことをうかがっておき、

それにこたえる形で説明をしていきました。

 

色々な子どもや保護者がいます。

どうしても先生たちは今までの経験から

「この子はこういうタイプだ」と決めつけてしまいがちですが、

問題行動を解決するためには、

その子自身の特性、家庭環境、今までの関わり、現在の環境等を

ていねいに見ていって、問題行動の原因を特定していく必要があります。

 

本人を理解するためには、

「教室を出ていって困るんです」などもやもやっとしたイメージではなく、

「算数の時間になると教室を出ていく行動がみられる」など、

どんな時にどんな行動をしているのかを注意深く見て理解していくことが大切です。

 

昔は、もっと地域が豊かで、子どもも家庭も学校も、その地域に守られていました。

子どもたちは小学校に入る前に、地域で「しつけ」をされ、

集団生活ができるようになって新一年生になっていました。

 

学校は学ぶところとして位置づけされ、

保護者は「先生の言うことは聞きなさい」と子どもを指導していました。

だから、先生は教育者として子どもたちに勉強を教えてあげるだけで良かったのです。

 

ところが、時代が進むにつれて地域はなくなり、

それぞれの家庭が個々の価値観で子どもを育て、その子がそのまま小学校にあがってきます。

そして今では、今まで地域が担ってきた子どものしつけや子どもの居場所を

全て学校に求めるようになってきています。

 

先生たちは、保護者の役割、地域のおじさんやおばさんの役割を担わされています。

おまけに保護者の愚痴や不安を聞いたり、時には攻撃対象にされたりなど

子どもの対応に加えて保護者の対応にも苦慮する例が増えてきています。

 

スクールカウンセラーとして、そんな先生たちを支えるとともに、

心理学の知識をお伝えすることで、少しでも楽になってくれたらいいなと感じています。(つづく)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チームカウンセラー養成講座の第3期が終了しました。

2020年09月07日 | チームカウンセラー

昨日、チームカウンセラー養成講座の第3期が終了しました。

遠く長野県から通ってきてくれた若い方もいました。

その方は、毎回、前日から静岡入りをして近くのホテルで一泊し

講座を受講されていました。

最後までよくがんばったな~と思います。

 

講座は、4月から始まる予定でしたが、

新型コロナによる緊急事態宣言で延期に。

5月を初回にしましたが、大事をとってZOOMにて開催。

 

6月からは普通に会場で行いましたが、

8月は会場が使えないとのことで急遽清水区の清水市民活動センターに変更。

 

そして、本来8月で終わるところでしたが、

1カ月遅れの昨日9月6日に最終日を迎えました。

 

講座開催の日程等がいろいろ変わる中で、

みなさん本当に臨機応変に対応していただいて

感謝するばかりです。

これもカウンセリングマインドですね。

 

現在は、ご家庭で認定試験に取り組んでいただいています。

新しいチームカウンセラーの誕生は、10月初旬になります。

 

10月から『チームカウンセラー養成講座』の第4期が始まります。

心理学に興味のある方、現在の人間関係をより良くしたいと考えている方は

この機会にぜひご参加ください。

『チームカウンセラー養成講座』10月開講→詳しくはこちらから

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

電話でのカウンセリングを行っています。

専門家としてチームボイスマルシェに参加しています!匿名相談受付中! 電話カウンセリング ボイスマルシェ