ネタバレ映画館

映画ドットコムに記事を移行してます!

WALL・E   ウォーリー

2008-12-10 01:44:24 | 映画2008
 二人でプチプチ・・・

 人間の9割はアホだ!と言ったのは『ハロー・ドーリー!』に出てくるウォルター・マッソーだったのでしょうか。なぜかウォーリーが好きなミュージカル映画がジーン・ケリー監督『ハロー・ドーリー!』なのです。韻を踏んでることは確かですが、なぜこのミュージカルが・・・と、あたかも知っているかのように書いてますが、エンドクレジットを見るまで思い出せなかったです。

 地球を見捨てていった人間たちによって、残されたゴミ処理ロボットのウォーリーが一人寂しく日々のお掃除。もう少し荒涼とした世界や、彼(?)の孤独描写が欲しいと感じたのはぜいたくなのでしょうか、早速ヒロイン“イヴ”の登場です。この彼女が綾瀬はるかもチョン・ジヒョンもユマ・サーマンも真っ青になるくらい怖い、強い、ピカピカの、兵器を装備したロボットなのだ。

 環境汚染をテーマにしたかのような映画ではありましたが、SF好きの方ならば目新しいものとは思わないんじゃないでしょうか。そんなありふれたテーマよりも気になったのが、宇宙に植民地を求めて飛び立ったのは富裕層だけなんじゃないか!って所。20世紀に思い描いたのは誰もが行ける宇宙だったけど、「30億円で宇宙旅行」というトピックスが記憶に新しい現在。誰もが宇宙に逃げられるわけじゃないのです。映画に登場する人間は、不気味なくらいに皆太っていて、運動能力が低下していた。これもその富裕層の子孫だと思うと、皮肉とも受け止められる。言うだけで実行できないとか、頭は良さそうなのに“ピザは畑でとれる”ものだと思ってるところなんて、彼は麻○太○氏の子孫なのかもしれませんね・・・

 さて、ウォーリーくんはR2-D2の雰囲気があるロボットなのですが、どうもETのイメージに押されてしまった。頭の形もそうだし、指にこだわってるし、植物がキーポイントになるし、終盤には死んじゃいそうになるし・・・スピルバーグの名前がチラつきながらも、オートが暴走(?)してしまったシーンで「ツァラトゥストラかく語りき」が流れ、『2001年宇宙の旅』へのオマージュが感じられるのだ。やっぱり、こっちか・・・

 アニメーションの完成度の高さ。文句のつけようもないところですが、アメリカ発信の環境問題映画ってのはどうも信用できない。この映画の結末にしても、700年くらい待ってみれば何もしなくても緑豊かな地球に戻るさ!と言ってるだけのような気がする。

★★★★・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (43)   この記事についてブログを書く
« レッドクリフ part1 | トップ | デス・レース »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ETですか (かめ)
2008-12-10 04:35:39
こんにちは、
そう言えば、ETをダブらせていますね。
僕は、あのロボットでの豊かな表現力に感心させられました。
目と手だけの演技ですからね。
Unknown (シネマ大好き娘)
2008-12-10 05:47:10
昔この映画にクリソツなのあったの?!

ショートなんたらってゆうんやって~~

シネマ知らないけど>_<
700年 (ともや)
2008-12-10 10:02:00
こんにちは、kossyさん♪
個人的にはウォーリーの700年間の出来事を1本のえいがにしてもらってもいいくらいでしたね。
人間がいなくなったばかりの地球。
黙々と掃除を続け、次々と動けなくなっていく仲間たち。
孤独の中でのゴキちゃんとの出会いとか。
ほぼ全編台詞無しのサイレント映画。

ピクサーって「トイストーリー」以外はシリーズ物作ったこと無いから、こんなシリーズ作ってほしいかも!
3回目 (ぱたた)
2008-12-10 14:21:48
予告を観て「ショート・サーキット」「サイレント・ランニング」が
頭を過った次第です。それ以外もエッセンスとして他作品の
リスペクトorオマージュが入っているのですね。
劇場で「ファインディング・ニモ」「モンスターズ・インク」しか
観ていないんですよ。(モンス・ではえらく泣いたっけ)
イオン三川では吹替版のみ上映なのでおちびを連れて
3回目のピクサー作品鑑賞も検討中です。
プチプチ (しんちゃん)
2008-12-12 07:26:52
 「ああ!アメリカでもプチプチしてるんだぁ」って思いました・・・ってか、エア緩衝材ってあちらで作られたものなんだろうなぁ(笑)

 物語り半ばまでの「セリフなし」のほうが私も好きなんですが、今までのピクサー作品に比べて「ロボットはあくまでもロボット」といった感じにも好感が持てました。

 
ボロいけど賢い? (ルナ)
2008-12-14 00:29:49
ウォーリーって、見た目はボロいけど、
自分で部品を見つけて保存しておき、
壊れたトコをちゃんと交換していたし、
宇宙船の途中で太陽電池を充電したり、
かなりかしこいロボットでしたねぇ~。
すごい性能ですよねぇー(笑)
映像は、とてもきれいでさすがピクサーって
感じでした。
ものすごくシニカルな作品。 (Ageha)
2008-12-15 01:02:00
700年くらい待ってみれば何もしなくても緑豊かな地球に戻るさ!と言ってるだけのような気がする。

そうきましたか~。

ラクをしたい本音と
科学の最先端がコラボするとメタボになるという
かなりブラックなお話で(爆)
お金のあるひとだけが生き残ったと思うと
なんだかやりきれない気持ちになりませんか?
しかも頭使わない、コミュニケーションとらない
知能も愛も退化してた気がして
ホンマにあのあとうまくいったのか
正直なんとも言えないですね・・・。
いや、長いこと、働くとか考えるとかしなかったから
すべてが新鮮でやる気満々か?

その前に
絶対立てないだろ~~その足で!!


私は
「地球が再生するためには
人類って去るか滅びるしかなさそうだ」って
ゾ~ッとしましたよ。
キアヌの「地球が滅亡する日」の内容だって
地球を救うために人類を滅ぼしにくるって
話じゃなかったっけ?

素直にロボットのラブストーリーだと思ってみれば
その必死な姿は笑いと涙と感動をよぶんですが。

ウォーリー、ロボットだからよいけど
人間で実写だったらちょっと引く・・(え)
・・ヲタはいってるし。(笑)

私はETより先にショートサーキットが
出てきました。外観がなんか似てません?

ウォーリーを探せ (kossy)
2008-12-20 01:16:56
>かめ様
みなさん別の映画を挙げているようですけど、俺は断然ET派!(笑)
演技派であることを考えると、やっぱりどこかにモデルとなる人がいたのかもしれませんね。

>シネマ大好き娘様
「ショート・サーキット」ですよね。
たしかテレビ放映されたのは見たんですけど、あまり記憶にない・・・似てるといえば、「ニューヨーク東・・・」にだって・・・

>ともや様
それはいいシリーズ物になりそう~~ぜひシリーズ化してもらいたいですね。金がかかりそうだけど。

徐々に人間がいなくなってゆく様子。
700年もあったんだから、いろんな事件なんかも起きてそうですしね。
そう考えたら、ますます「火の鳥」の世界観に繋がっていきますね~~

>ぱたた様
やっぱりSFチックな作品ですから、今までに作ってこなかった分、先人たちにオマージュをささげているのでしょうね。
「サイレント・ランニング」って、どんな映画なのか知らないんですけど、なんだかタイトルに惹かれるなぁ・・・探してみよっかな。
ディズニーにしろピクサーにしろ、劇場で観る価値はありますよね。
プチプチ (kossy)
2008-12-20 01:39:30
>しんちゃん様
あ~~俺も思った~~てか、そう思ったから冒頭文に持ってきたんですけどね・・・
最近はプチプチしてないんですけど、大人になるとやめちゃうのかな・・・ゴミの分別のことばかり考えてしまって・・・
ロボットはロボット!
そういや、人間は人間じゃないんですよね・・・

>ルナ様
生活の知恵があふれてるロボットでしたよねぇ。
ゴミを片付けるのが仕事なだけに、使える物も分別できる・・・えらいわぁ。
時折、これはアニメなんだということを忘れさせてくれるのがすごいですよね。

>Ageha様
実は皮肉にあふれた映画だったり・・・
まぁ、製作者にそんなつもりはなくても、擬人化する作品ってのは大概シニカルになるものです。
メタボになるってのは意図したものだろうけど、富裕層なんてのは考えてなかったかもしれませんね。

今日『地球が静止する日』を観てきました。
たしかに、地球を守るために地球人を滅ぼすってところはブラックなんですけど、地球の所有権ってどこに?などといった会話もあったりします(はっきりじゃないけど)。

ラブストーリーとしてもいいんだけど、アニメとなると、どうしても裏を読みたくなるkossyでした!
Unknown (アガサ)
2008-12-23 11:36:35
こんにちは。
確かにラストはちょっと楽観的すぎましたね。
そもそもゴミ問題でどうにもならなかったから逃げ出した地球ですから、そう簡単に緑が戻るとは思えませんし。
ずっとコンピューターに頼って生きてきた新人類の皆さんがどこまで出来ることやら・・・。

しかし、700年の年月で毒気を抜かれた事で、きっと純粋に生き物を守ろうとか緑を増やそうとかいう気持ちになれたのではないかと。
ウォーリーのイヴに対する無償の愛と同じ様に、人間も故郷(地球)に対する無償の愛を取り戻す事が出来たのではないかと、そういう希望を感じました。(あのエンディングで)

それにしてもピクサーは映像の完成度が高いですね!
予告編の『ティンカーベル』を観ていると、あまりの出来に頭が痛くなりました・・・orz

コメントを投稿

映画2008」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

43 トラックバック

ウォーリー/Wall・E ネタばれあり (うだるありぞな)
今回は、ディズニーの新作「Wall・E ウォーリー」。 ランキングに参加してます。     西暦2700年の地球。宇宙に逃れた人間が残したゴミを、700年もの間片付け続ける“地球型ゴミ処理型ロボット”WALL・E(ウォーリー)。ある日、地球にイヴという名のピカ...
WALL・E ウォーリー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『それは、700年の孤独が生んだ《奇跡》―』  コチラの「WALL・E ウォーリー」は、29世紀人類が見捨てたゴミだらけになってしまった地球を、700年もの間、たったひとり?で働き続けたゴミ処理ロボット”ウォーリー<WALL・E>”の冒険を描いた12/5公開のハートフル...
WALL・E/ウォーリー (ともやの映画大好きっ!)
(原題:WALL-E) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★★) 「バグズ・ライフ」と「ファインディング・ニモ」を手掛けたアンドリュー・スタントン監督の、ピクサー・アニメ最新作。 地球に取り残された掃除用ロボットの淡い夢が叶うまでを描いた、ハートウォーミン...
WALL・E/ウォーリー (ともやの映画大好きっ!)
(原題:WALL-E) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★★) 「バグズ・ライフ」と「ファインディング・ニモ」を手掛けたアンドリュー・スタントン監督の、ピクサー・アニメ最新作。 地球に取り残された掃除用ロボットの淡い夢が叶うまでを描いた、ハートウォーミン...
WALL・E / ウォーリー (Akira's VOICE)
小さなロボが人類を救う。  
「WALL・E ウォーリー」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
取り戻せ、青い地球と人間のこころ。ピクサーの最新作の舞台は、宇宙・機械・未来である。セリフは極めて少ない。ある特定の目的のために作られたロボットに、感情を伴うコミュニケーションの必要はないから。そんな制約の多い設定の中で、物語の背景やそれぞれの感情が深...
「WALL・E / ウォーリー」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2008年・ピクサー=ディズニー/監督:アンドリュー・スタントン) 3DCGアニメの草分けである、ピクサー社製作アニメの最新作は、初めてのSF。監督は「ファインディング・ニモ」の
『WALL・E/ウォーリー』・・・小さな植物に導かれた恋物語 (SOARのパストラーレ♪)
初々しい恋人たちを見守ることでこんなに心が温かくなるなんて・・・。ウォーリーとイヴ、このなんともじれったい“ふたり”のロボットが織り成すかわいくて壮大な物語は、私にとって今年一番のラブストーリーとなった。
映画『WALL・E/ウォーリー』<日本語吹替版>(お薦め度★★★) (erabu)
監督、アンドリュー=スタントン。脚本、アンドリュー=スタントン、ジム=リアドン。
WALL・E /ウォーリー (我想一個人映画美的女人blog)
ご存知、ディズニーのピクサー映画最新作{/m_0146/} 前にも言ったけど ピクサー作品では名作『トイ・ストーリー』と『モンスターズ・インク』が好き{/heart_orange/} 【ウォーリー】 ゴミを集めて積み上げていく仕事を700年間続けている最後のロボット。 気に入ったも...
ウォーリー (Blossom)
ウォーリー WALL・E 監督 アンドリュー・スタントン アメリカ 2008
WALL・E/ウォーリー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
子どもと吹き替え版で鑑賞―【story】西暦2700年の地球。宇宙に逃れた人間が残したゴミを、700年もの間片付け続ける“ゴミ処理型ロボット”WALL・E(ウォーリー)。ある日、地球にイヴという名のロボットが現れた。ずっと孤独だったウォーリーはイヴに恋をするが、イヴが...
WALL・E/ウォーリー (そーれりぽーと)
子供の頃に夢中になってた『ショート・サーキット』の“No.5”と、『E.T.』を思い出させるフォルムのロボットが主人公のピクサー映画最新作。 字幕版での上映館を探して『WALL・E/ウォーリー』を観てきました。 ★★★★★ 意思を持ったロボットの感動ものと聞くと真っ先...
ウォーリー (2008) WALL・E 106分 (極私的映画論+α)
 アメリカでもプチプチつぶすのね?(笑)
WALL.E ウォーリー/吹替版(映画館) (ひるめし。)
それは、700年の孤独が生んだ≪奇跡≫
WALL・E/ウォーリー (Memoirs_of_dai)
ツンデレとダメ男ロボットを通しての人類への警告 【Story】 西暦2700年の地球。宇宙に逃れた人間が残したゴミを、700年もの間片付け続ける“...
映画鑑賞記「WALL-E/ウォーリー」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:08.12.12 鑑賞場所:シネマ・イクスピアリ ずっと「ひとりぼっち」だったから ずっと「いっしょに」いたかった <ストーリー> (Cinemacafeより引用)  29世紀。人類が逃げ去ったゴミだらけの地球で、700年もの間、気の遠くなるような孤独...
WALL・E ウォーリー (めでぃあみっくす)
まるでロボット版『小さな恋のメロディ』を見ているようでした。アナログでドジで純粋で愛くるしいウォーリーと、デジタルで優しくてしっかり者のイヴの愛に号泣しました。個人的にはこれまで見たディズニーピクサー作品の中では最高傑作と思える映画です。感動的なセリフ...
WALL・E/ウォーリー (ルナのシネマ缶)
ピクサー作品は、映像がきれいだし、 楽しいから大好きなんですよね~。 今回は、ロボットたちのお話なんだけど、 SFへのオマージュも、いっぱい盛り込まれてます。 29世紀、人間のいなくなった地球で、700年たったひとり黙々と 働き続けるゴミ処理ロボット・ウ...
「WALL・E/ウォーリー」 ビビリ屋ウォーリーとツンデレイヴ (はらやんの映画徒然草)
まさかロボットに泣かされるとは・・・。 今まで発表した作品の品質の高さから、また
猟奇的なイヴ(笑)~「WALL・E」~ (ペパーミントの魔術師)
折りしも年末でございます。 モーがほしいです。(爆) ・・・そゆこと言うてると私のポニョ化がすすむので やめときます。(泣) 一本の映画が人生を変えてしまうことがある。 ・・この場合はロボットですけどね。(笑) たくさんの映画に影響をうけて、 自分も映画を作...
猟奇的なイヴ(笑)~「WALL・E」~ (ペパーミントの魔術師)
折りしも年末でございます。 モーがほしいです。(爆) ・・・そゆこと言うてると私のポニョ化がすすむので やめときます。(泣) 一本の映画が人生を変えてしまうことがある。 ・・この場合はロボットですけどね。(笑) たくさんの映画に影響をうけて、 自分も映画を作...
ウォーリー (ももママの心のblog)
ピクサーの描く、ロボットたちの恋物語。決してお子さまだけに向けていないところが、さすがです。魅力的な造詣と動きが感情移入させてしまうのです。お見事!
WALL・E/ウォーリー (心のままに映画の風景)
西暦2700年の地球。 宇宙に逃れた人間が残したゴミを、 700年もの間片付け続ける“地球型ゴミ処理型ロボット”WALL・E(ウォーリー)。 ある日...
ウォーリー (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  前半は実写なのかアニメなのか区別がつかないほどクォリティーの高い映像だった。さすがピクサーである。 2700年の地球上には人間の姿はなく、荒れ果てたビルと砂嵐の世界なのだ。そこでは、たった一台だけ取り残されたゴミ処理ロボットのWALL・E...
WALL・E ウォーリー (なにも起こらなかった一日の終わりに。ver2.0)
ピクサーにはずれなしっっ!!!  ということであんまり興味はなかったものの、話題作ということで観に行ってまいりました。「ウォーリー」。  もともと無機質なものが主人公の作品ってそれほどノリ気にはなれないんですが、やはり渋々見た「カーズ」も割と楽しめたし、...
『ウォーリー』2008・12・7に観ました (映画と秋葉原と日記)
『ウォーリー』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 既に人類が居無く成って700年を経過する地球の29世紀のお話。 その間、一体のゴミ処理ロボット《ウォーリー》が人間たちの残したゴミを独り黙々と片付けているが。長い年月の間に、感情が芽生え、ごみ中
【WALL・E ウォーリー】 (日々のつぶやき)
甥っ子&姪っ子連れて見てきました! 「誰もいなくなった29世紀の地球にたったひとりで残されたのはゴミ処理ロボットのウォーリー。 宇宙に逃げ出していった人間たちに置き去りにされ700年もの間人恋しさでいっぱいになりながら黙々と働いていた。 唯一の友だちはゴ
「ウォーリー」 WALL・E (俺の明日はどっちだ)
ほかの国へと旅行する際に最初に体験する小さな楽しみ、それが飛行機の中で見る映画だったりする。 以前だと座席モニターがなく、何箇所かに設置されたスクリーン(もしくはモニター)に映画が映し出されていたため座る席の位置によって見にくかったりもしたけれど、とり...
「ウォーリー」 (大吉!)
<木曜日> 「人間たちが見捨てた、29世紀の地球。 700年もの間、ひとりぼっちで働き続けるゴミ処理ロボット・ウォーリーは、長い年月の中で、いつしか”感情”が芽生えていた。 ある日、ウォーリーの前に現れた、ピカピカのロボット”イヴ”。 しかし、彼女の気を惹くた...
WALL・E ウォーリー リベンジです! (銅版画制作の日々)
  WALL・E ウォーリー ウォーリー~~!というあのフレーズが忘れられません。 リベンジです。二度も鑑賞しました。実は(^_^;)最初は爆睡状態zzzzz。半分しか観れなくて。情けない話ですが・・・・・。実はアレルギーの薬を服用していたこともあってだと思いま...
『WALL・E ウォーリー』 (すきなものだけでいいです)
手を繋いだ。 世界が変わる音がした。 クラスメイトが 「『うぉーりー』おもしれえ!」と大絶賛だった為に、辛抱たまらなくなったらし...
WALL・E ★★★★★ (TRIVIAL JUNK Blog)
ロボ萌えの新たな境地 <公式サイト> 数々の傑作CGアニメを送り出すピクサーの最新作。 実はピクサーアニメをマトモに観たのは今回が初めてだったり。 <感想1> もうとにかく主人公・ウォーリーの一挙手一投足が可愛くて仕方ありません。表情もなく、台詞もほとん...
ウォーリー (映画鑑賞★日記・・・)
【WALL・E】2008/12/05公開(12/30鑑賞)製作国:アメリカ監督:アンドリュー・スタントン声の出演:ベン・バート、エリサ・ナイト、ジェフ・ガーリン、フレッド・ウィラードジョン・ラッツェンバーガー、キャシー・ナジミー、シガーニー・ウィーヴァーまるでアイ・アム・...
WALL・E ウォーリー(日本語吹き替え版) (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <新宿ピカデリー> 監督:アンドリュー・スタントン 原案:アンドリュー・スタントン、ピート・ドクター 脚本:アンドリュー・スタントン、ジム・リアドン 誰もいない都市の廃墟で、毎日黙々と瓦礫の整理をする、作業ロボットのWALL・E。ある日、...
【映画】WALL・E (新!やさぐれ日記)
▼動機 評判良さそう&「月イチゴロー」での低評価 ▼感想 これはすごいアニメだ ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 西暦2700年の地球。宇宙に逃れた人間が残したゴミを、700年もの間片付け続ける“地球型ゴミ処理型ロボット”WALL・E(ウォーリー)...
『WALL・E/ウォーリー』この映画を見て! (オン・ザ・ブリッジ)
第235回『WALL・E/ウォーリー』  今回紹介する作品はディズニー&ピクサー製作のSFラブロマンスCGアニメ『WALL・E/ウォーリー』です。ピクサーの長編CGアニメは本作品で9作目となりますが、今回は「ファインディング・ニモ」のアンドリュー・スタントンが監督を務めてい...
『ウォーリー/WALL・E』@ユナイテッドシネマとしまえん (映画な日々。読書な日々。)
29世紀の荒れ果てた地球で、たったひとり黙々と働き続けるゴミ処理ロボット、ウォーリー。宇宙へ脱出した人間たちに置き去りにされて700年、大好きなミュージカル映画『ハロー・ドーリー!』のビデオで男女が手を握るロマンチックなシーンを見ては人恋しさを募らせていた...
WALL・E/ウォーリー (to Heart)
それは、700年の孤独が生んだ《奇跡》 製作年度 2008年 上映時間 103分 声の出演 ベン・バート/エリサ・ナイト/ジェフ・ガーリン/フレッド・ウィラード/シガーニー・ウィーヴァー 西暦2700年の荒廃した地球と広大な宇宙を舞台に、独りぼっちで地球に残された“地球型ゴミ...
WALL・E (ウォーリー) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆ウォーリーとイヴ(のつもり) 『WALL・E/ウォーリー』は、ピクサー・アニメーション・スタジオとウォルト・ディズニー・ピクチャーズが製作したCGの長編アニメーション映画です。 実は先月、劇場に観に行ったんですが、記事にするのが遅れてしまいました。 ●導入部...
WALL・E (AL+ViのわんわんLIFE)
公開されてからだいぶ日にちが経ちますがWALL・E(吹き替え版)を観てきました これ、オーストラリア旅行の機内でちょっと見たのでですが、映画の日で1000円だしということで。 台詞がほとんどないのですが、設定とかが理解できちゃうんですよ。 未来の地球、見渡...
WALL・E/ウォーリー (単館系)
何らかの方法で全人類がごみだらけの地球から脱出したあとのストーリー? 意思をもつごみ掃除ロボットは毎日地球のごみ処理をしていた。 ...
WALL・E/ウォーリー (単館系)
何らかの方法で全人類がごみだらけの地球から脱出したあとのストーリー? 意思をもつごみ掃除ロボットは毎日地球のごみ処理をしていた。 ...