產田ノ眞名井戶ノ神ノ末裔ヨリ

天に導かれるままに、旅紀行を綴っていきまする。

フォトはクリックすると大きくなります。

Records

2074-07-01 00:00:00 | Records
2017年の記錄

2016年の記錄

2015年の記錄

2014年の記錄

2013年の記錄

2012年の記錄 

2011年の記錄

2010年の記錄

2009年の記錄
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

2018年5月19日 スカンク出現

2018-05-24 22:21:12 | North America
 買い物に行くとき、いつものごとくEuclid Avenueを北上していると、目の片隅で、少し大きめの黒い塊が動くのが見え、ぱっと振り向くと、40センチ位のリスを巨大化させたような生き物が… もしや、スカンク?と思い、スマホで検索、スカンクだったので激写すべく、接近を試みる。ただ、向こうもこちらを意識しているのがわかるし、屁をこかれると、かなり広範囲に臭いがするのでやばいので、ここは微妙な戦い。そもそも、あまりイケてない携帯カメラなのでピントもこれが限界だった。残念だった…

 ちなみに、Mikaさんによると、やつは夜行性で、明るい時間帯に出てきてるということは狂犬病で来るってるか、死期間近で、昼夜の区別がついていない状況なのだとか。

 

  
 
  
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

2017年7月9日 美濃伊勢 20 天下一品新庄店

2018-05-24 22:10:46 | 近畿(奈良)
 松阪から、休憩なしで奈良に帰ってきて、天下一品へ。天津飯が食べたかったのである。で、思い浮かんだ店がここだった。日本にいる間しか、天下一品のこってりも食べられないので、当然の選択肢だった。ここでお腹いっぱいになり、実家へ帰還。

 

(味評価)
★★★★★★★☆☆☆ 7/10点

■天下一品 新庄店■

住所 奈良県葛城市東室119-1 

電話 0745-69-9488

営業時間 AM11:00~PM0:00(OS PM11:30)

定休日 無休

ホームページ http://www.tenkaippin.co.jp/pcindex.html 

☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻
(足蹟)
墨俣城蹟 → 源義圓墓所 → 義圓公園 → 養老寺 → 養老神社 → 養老の瀧 → ラーメン山岡家桑名店 → 結城神社 → 津八幡宮 → 津城蹟 → 松阪城蹟 → 本居宣長之宮 → 松阪神社 → 天下一品新庄店
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

2017年7月9日 美濃伊勢 19 松阪神社

2018-05-24 20:59:23 | 近畿(三重)
 たぶん、もともと居候だったはずの本居宣長ノ宮に飮み込まれそうな舊式内社。まあ、社格がこちらが鄕社なのに、向こうがなぜか縣社であったのも原因かもしれない。しかし、式内社としての社號を多數の神社を合祀したからと捨てるセンスもわからない。松阪の人間の氣質なのだろうか。ただただ幻滅する次第。

 とりあえず、これで富士山を登るために始めた旅行の歸り道の旅も終了し、ここからは雨が降ってきたがその中、國道を爆走して奈良へ歸ることになった。名阪國道ではない!

1.拜殿

  

2.本殿

 

3.末社少彥名命社

 
  

★松阪神社★ 三重県松阪市殿町1445 

・延喜式内社、伊勢國飯髙郡、意悲神社。
・舊社格は鄕社。
・祭神は譽田別命、宇迦御魂命。天照皇大神、伊邪那岐尊、伊邪那美尊、建速須佐之男尊、天御柱命、國御柱命、稚日女命、㭳幡千千姬命、豐命大神、髙木大神、天津日子根命、活津日子根命、熊野久須毘命、多紀理毘賣命、多岐都毘賣命、天棚機姬命、思兼神、天之忍穗耳命、蛭子命、大山衹命、市寸嶋姬命、天之菩卑命、少彥名命、素菟命、火靈神、金山彥命、猿田彥神、安德天皇、大國主命、事代主命、上筒男命、中筒男命、底筒男命を配祀。
・創建年代不詳。
・古くからこの地に鎭座と傳わる。
・天正十六年(1588)、蒲生飛驒守氏鄕が飯髙郡矢川庄の宵の森と呼ばれていた丘に築城した時に、城の鎭守社と定め、宵の森の南の丘に社を新たに造營したという。
・明治四十一年三月二十三日、付近の各社を合祀、意悲神社の社號を松阪神社と改稱。

☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻
(足蹟)
墨俣城蹟 → 源義圓墓所 → 義圓公園 → 養老寺 → 養老神社 → 養老の瀧 → ラーメン山岡家桑名店 → 結城神社 → 津八幡宮 → 津城蹟 → 松阪城蹟 → 本居宣長之宮 → 松阪神社 → 天下一品新庄店
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

2017年7月9日 美濃伊勢 18 本居宣長之宮

2018-05-24 20:36:26 | 近畿(三重)
 何故、名前をころころ変變えるのかわからん神社だ。正直馬鹿なんじゃないか、と思っている。本居神社で十分だろう?かつ、何故、氏神の松阪神社を喰らうような環境に神社を置くのだろうか。そもそも、ここは松阪神社の境内地であったのではないか?本居宣長という人がこのような狀況を一切、喜んでいるようには思われぬな。死後に、このような扱いで無駄に持ち上げられて、さぞ嘆かわしい、と思われていることであろ。

1.鳥居

 

2.拜殿

 

3.拜殿内部

 
 
★本居宣長之宮★ 三重県松阪市殿町1533-2 

・舊社格は縣社。
・祭神は秋津彥美豆櫻根大人(本居宣長)。神靈能眞柱大人(平田篤胤)を配祀。
・明治元年(1868)、川口常文らが本居宣長を神として祀る運動を起こし、明治八年(1875)、山室山の本居宣長の奧墓の傍に社字を建て、山室山神社と號し、創祀。
・明治二十二年(1889)、現松阪市役所所在地に遷座。
・大正四年(1915)、現社地に遷座。
・昭和六年(1931)、本居神社に改稱。
・平成七年(1995)、社號を本居宣長ノ宮に改稱。
・學問の神樣として崇敬を受ける。

☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻
(足蹟)
墨俣城蹟 → 源義圓墓所 → 義圓公園 → 養老寺 → 養老神社 → 養老の瀧 → ラーメン山岡家桑名店 → 結城神社 → 津八幡宮 → 津城蹟 → 松阪城蹟 → 本居宣長之宮 → 松阪神社 → 天下一品新庄店
Comment
この記事をはてなブックマークに追加