神戸ボートクラブ

兵庫運河浜山レガッタコースにて活動しているボートチームです。主に中学生を中心に競技性を追求しています。コメント欄必見!

合同練習会

2016年05月30日 18時04分46秒 | 練習

5/28~5/29

メダルポテンシャルアスリート・タレント育成選手として認定された松田選手(中3)が、福岡から練習に参加してくれました。

神戸ボートクラブのいつもの練習をしてもらいました。腹筋、背筋から‥

そして、ダッシュ!!

エルゴで漕ぎのチェックをして

乗艇です

 

身長170cmの恵まれた体格で、長い手足をいかして、力強く水中を漕いでいました。

ボートをはじめて半年余りとは思えない漕ぎです。

まだまだこれからですが、自分に厳しく日頃の練習を頑張って欲しいものです。

全中が楽しみです!

最近思うことですが、スマートな練習もいいですが、泥くさい追い込んだ練習をしないとダメだと思います。

コメント (2)

2016 Holland Beker(その3)

2016年05月30日 17時53分47秒 | レース&レガッタ

レースに向けての練習を実施しています。

M2x(OB古米選手日本大学3年・B)

食事はどうなんでしょう!?

コメント

2016 Holland Beker(その2)

2016年05月27日 18時17分10秒 | レース&レガッタ

25日アムステルダムに無事に到着しました。

翌日、リギングも無事に終わり(桝田コーチ)

午後よりトレーニングを実施(OB古米選手)

コメント

2016 Holland Beker(その1)

2016年05月25日 18時40分33秒 | レース&レガッタ

本日、U23日本代表選手団はオランダ・アムステルダム遠征に出発しました。

OBの古米選手(日本大学3年)が出場します。

コメント

緑の街道

2016年05月24日 08時43分46秒 | 練習

桜も散り、今は緑の街道の中ダッシュです。

小見山選手は追い込んだ練習ができました。

コメント

取材

2016年05月24日 08時36分26秒 | 日記

先日、神戸新聞社の取材を受けました。

小見山正敬選手の選抜大会2連覇、神戸ボートクラブとしての男子4連覇を記事にして頂けるそうです。

また、掲載されましたら報告させて頂きます。

コメント

強化合宿in福井

2016年05月22日 11時00分48秒 | 合宿

ゴールデンウィークに、小見山正敬選手は福井県(若狭東高校)で強化合宿でした。

新入部員がたくさん入ってます。

新1年生が入部してきたため、兄弟で4xに乗艇しお手伝い!!

大変お世話になりました。

ありがとうございました。

コメント (1)

ドイツ国際ジュニアレガッタレポート(その4)

2016年05月22日 10時10分28秒 | レース&レガッタ

このコースは、現在はレースでしか使用しないようで、日本チームが来た時もほとんど練習をしているチームはいませんでした。

レーンも9レーンあり、戸田のコースとほぼ同じです。

ドイツでは長い距離を取れるコースはたくさんあるらしいです。うらやましい限りです。

 

 

 

コメント

ドイツ国際ジュニアレガッタレポート(その3)

2016年05月20日 08時00分13秒 | レース&レガッタ

艇庫

木製の艇がたくさんありました。

 レースでも使用しています。

レースになると立てていきます。

なかなか考えていると思いました。

今回お世話になりましたアンドレアス氏。

トラブルがあると、伊澤スタッフと相談し、解決してくれました。

トレーナーも貸して頂きました。

自転車の手配も、

エルゴの手配もありがとうございました。

子どもたちがナックルクォードに乗艇していました。

学生がカヌーにも乗りに来ていました。

パドルボードも

ボートチームも学校のクラブと言うより、ほとんどがクラブチームに所属しているようです。

車にも選手募集も兼ねて、電話番号やアドレスを書いて宣伝しています。

このクラブチームからはオリンピック選手を輩出しています。

コメント

ドイツ国際ジュニアレガッタレポート(その2)

2016年05月20日 07時42分25秒 | レース&レガッタ

コース

思う存分伴走ができます。

水が美しい!!

湧き水のようです!

スタート

ゴール

コース準備

小さい台船に船外機を取り付けて‥安定してなかなかいいかも!?

 

 

コメント

ドイツ国際ジュニアレガッタレポート(その1)

2016年05月19日 07時27分29秒 | レース&レガッタ

フランクフルトに到着

フランクフルト空港でホットドッグを食べましたが、なぜかウインナーが2本!!

ホテル前にて

ホテルの受付にたくさん飾ってあった剥製。ホテルのご主人が、昔アフリカに行って獲ってきたものだそうです。

中でも重田コーチのお気に入りの剥製がこちら

ホテル内には暖房はありますが、冷房はありません。

ホテル内のイタリア料理店。すべて美味しかったです。

ちょうどホワイトアスパラの季節で、とても美味しかったです。

送迎バスの運転手の方に、ドイツの伝統的なパンを頂きました。美味しかったです。

朝食のパンも美味しかったです。

ドイツの美しい街並み

朝日。じゃがいも畑が広がってます。

ドイツは北海道と同じ緯度にあたるそうです。

ただピンクだったので撮りました。

コメント

ドイツ国際ジュニアレガッタ(その12)

2016年05月09日 04時17分53秒 | レース&レガッタ

レース最終日、本日も晴天に恵まれました。

艇の整備も終わりました。

午前中は風が無いのですが、お昼頃から逆風が吹き出します。

新田選手は昨日に引き続き軽量級のジュニアABに出場します。

貪欲にメダルを取りに行きたいと思います。

崎山団長が激励の言葉を頂きました。

ストレッチ等、各選手レースに向けて集中力を高めています。

11時10分 松田選手のレースから始まります。

松田選手が出ます。

昨日は大荒の中、自分の漕きが出来ませんでした。

集中して頑張って欲しいです。

松田選手スタート2分前です。

激漕する松田選手、今後の成長に期待します。

ジュニアBに出場した磴選手ゴール前、デットヒートして同時にゴール!

新田選手は本日も二時間前に計量です。

二日目のスタンプを押して貰いました。

アップしてレースに向かいます。

ジュニアA2000mです。

3位以内はメダルです!

新田選手出ました。

日本チーム最後のレースは新田選手。3時からです。

選手全員で蹴りだしを手伝ってくれました。

また、強烈な逆風です。

最後のレースです。

出し切って貰いましょう!

スタートに向かいます!

昨日に引き続き1位でした。

無事にレースも終わり全員で後片付けをしました。

ご苦労様でした。

ホテルに、戻り反省会をしました。

今後のタレント育成について位置づけ等、森山マネージャー、コーチ陣より厳しい総括がありました。

明日、早朝に日本に向けて帰国します。

全員チームに帰り、今回の経験を活かして、自分に負けず今後に繋げて欲しいものです。

コメント

ドイツ国際ジュニアレガッタ(その11)

2016年05月08日 09時53分59秒 | レース&レガッタ

2時50分ジュニアBのレースに向けて松田選手、アップです。

新田選手の計量です。レース2時間前より受け付けられます。

今回は57・5Kgがリミットですが、クリアーしました。

パスポートを見せて合格の判を押して貰いました。

松田選手出ます。

ボートを始めて5ヶ月どこまで通用するのか楽しみです。

新田選手出ました。

逆風です!

スタートに向かいます。

スタート、3分前コールです。

スタートで出られましたか1000m辺りから半艇身位まで追い上げたのですが・・・

2位でフィニッシュ、二時間後のジュニアBに出場します。

ジュニアBは1500mのタイムトライアルですが、1位で表彰されました。

コメント

ドイツ国際ジュニアレガッタ(その10)

2016年05月07日 18時55分47秒 | レース&レガッタ

伊澤スタッフが帰路につきました。

早朝、再度リギングの確認をしました。

レーンプレートは10€で借り、レース後プレートを返却の際、10€が戻ってきます。

いよいよ、1発目は9時55分 西田選手からです。 

吉田選手出ます。

磴選手

大門選手

西田選手

とても良いコンディションです。

出場国の国旗が掲揚されています。

西田選手2分前、コール!

いよいよです。

出ました。

スタートは横一線です。

1位にわずか届かず2位でゴール。

Bファイナルに進みました。

大門選手、1250mを2位で通過しました。

大門選手、吉田選手も2位でBファイナルに進みました。

磴選手は3位でCファイナルに進みました。

コメント

ドイツ国際ジュニアレガッタ(その9)

2016年05月07日 06時35分28秒 | レース&レガッタ

午後からレース前、最後の乗艇をしました。

250m×4、レースを想定してのトライアルを行いました。

組み合わせが決まり、最終の打ち合わせです。

大会パンフレットです

コースです

伊澤スタッフは明日の朝、仕事の関係で日本に帰国します。
レースを見ないまま帰国しますが、良い結果を報告が出来るよう、選手一同頑張りたいと思います。
本当にお世話になりました。
ありがとうございました。

コメント