元気になあれ

治療終了後8年を経過、大学を卒業して社会人へ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

発病診断から4年

2012-12-19 08:05:12 | 寛解導入療法
数日前に投稿しましたが、やはり今日アップします。今日は12月19日。 4年前まさかの白血病診断。 家族がインフルエンザになっても感染せず小学校6年生の12月まで学校を休んだことはなく丈夫で活動的で明るく前向きな娘が突然入院しました。本人の前ではあまり泣かないようにしていた母ですが、面会の行き帰りの電車でクリスマス年末年始もなく突然変わった生活に辛くマスクで顔を隠しながら泣きながら通う日々でした . . . 本文を読む
コメント (5)

2009年1月26日 寛解導入療法35日目(骨髄検査、髄注)

2009-01-26 23:20:53 | 寛解導入療法
2009年1月26日月曜 晴れ、とっても寒い朝、地元では霜が降りていた。 9時過ぎ病院へ。肩こりからくるひどい頭痛だったが病院近くの乗り換え駅で頭痛薬を買えてほっ。 9時半~10時半 順番はよくわからないけれど髄注と骨髄検査を行う。「12/23~day35」と当時のノートにメモが書かれていました。 12時半安静解除。昼ご飯、待望の加熱食解除! ごはん、魚の立田揚げ、サラダ(久々にレタス、キュ . . . 本文を読む
コメント

2009年1月25日 寛解導入療法34日目(小学校の先生がお見舞いに)

2009-01-25 23:26:44 | 寛解導入療法
2009年1月25日日曜 晴れ 10時過ぎに病院へ。流星の絆をDVDに焼いてきたがうまく再生できず。不機嫌になってしまう。この頃はポータブルDVDは持っていなくって病院のDVD付のテレビ(DVDがついているのは無菌室(個室)のみ2009年当時)を利用してめちゃくちゃテレビカード代がかかっていました。前夜37.5度の発熱で当時白血球が低かったので採血など夜にしたらしいが、問題なかったと娘本人からか . . . 本文を読む
コメント

2009年1月24日 寛解導入療法33日目(ロイナーゼ、メソトレキセート)

2009-01-24 23:30:30 | 寛解導入療法
2009年1月24日土曜 くもり、地元ではちらほら雪 休診日ではない土曜。ロイナーゼとメソトレキセートの点滴があるので早めに家を出て10時頃病院へ。 点滴が終わって昼過ぎにボス先生と立ち話。小児慢性特定疾患、娘のプロコトルのリスクは中間リスクだったが、県の特定疾患では重症認定。病室では聞きにくくナースステーション近くで娘の病態について伺った。 リンパ性。前駆B型、小児に一番多いタイプ。 . . . 本文を読む
コメント

2009年1月23日 寛解導入療法32日目(訪問学級で勉強)

2009-01-23 23:20:27 | 寛解導入療法
2009年1月23日金曜 霧雨→くもり→晴れ 春のように暖かい日。 短時間勤務で仕事をして15時過ぎに病院へ。訪問学級の授業中。授業中、わたしは家族の食事ができるスペースで自宅から持参した節約弁当食べてひといき。N先生は小さな白板持参で工夫してわかりやすく教えてくださっていました。少しN先生に慣れてきたような感じ。夕方シャワー。 【採血結果】 なし (2011年12月5日) . . . 本文を読む
コメント

2009年1月22日 寛解導入療法31日目(壁面を飾る)

2009-01-22 23:30:30 | 寛解導入療法
2009年1月22日木曜 雨 短時間勤務で仕事をして15時過ぎに病院へ。午前中ノイトロジン(G-CSF)投与、リハビリをしたそう。午後ノイアート(AT3をあげる薬)を投与。病室へ行き体温を測ると37.5度もう一度計って37.2度、大丈夫そうなので17時半からシャワーへ入る。 夕方前の担当医の女医先生が来てくれる。先生が他の病棟(新生児)に替わる前に一緒に写真を撮ったので写真を渡しておしゃべりす . . . 本文を読む
コメント

2009年1月21日 寛解導入療法30日目(ロイナーゼ)

2009-01-21 23:50:50 | 寛解導入療法
2009年1月21日水曜 くもり 病院に行く前に乗り換え駅のソニプラに立ち寄り、バレンタイン用のチョコ付の紙クリップを購入。いろいろ教えてもらっているお姉ちゃん患者さんと娘の分。四つ葉のクローバーがついているてんとう虫がにっこり微笑んでいる紙クリップ。娘はとても喜んでくれた。 ロイナーゼの日。ロイナーゼの日は無菌室の前に赤い救命用キットの引き出しが置かれていてものものしい。めったには起こらない . . . 本文を読む
コメント

2009年1月20日 寛解導入療法29日目(オンコビン、ダウノマイシン)

2009-01-20 23:50:50 | 寛解導入療法
2009年1月20日火曜 晴れ、薄ぐもり 化学療法でいろいろ薬が入る日のため朝から病院へ。 採血なし、午前中オンコビン、ダウノマイシンの化学療法オンパレードのような日。当時のノートには何もメモ(その日に思ったことなど)書かれていなかったけれどもうすぐ寛解導入療法が終わるんだなと思っていたのだろう。 ダウノマイシンが入ると尿が濃いオレンジ色になっていた。薬であると同時に毒もあるってことかなとも感 . . . 本文を読む
コメント

2009年1月19日 寛解導入療法28日目(血小板15単位輸血)

2009-01-19 23:15:55 | 寛解導入療法
2009年1月19日月曜 晴れ 暖かな日 仕事をして15時頃に病院へ。この日は値としては大丈夫だったけれど使用期限もあって血小板を15単位輸血、娘の血液型RHマイナスO型。16時シャワー浴(シャワー前に輸血は終了したのだろう…)。 黒いニット帽とCVのラインを入れるきんちゃく袋を持っていく。帽子もきんちゃく袋も気に入ってくれる。布地は高校生のお姉ちゃん患者さんのお母さんがこの布地、余裕があった . . . 本文を読む
コメント

2009年1月18日 寛解導入療法27日目(ロイナーゼ)

2009-01-18 23:55:25 | 寛解導入療法
2009年1月18日日曜 うす曇り 前夜、初めて発病以来の気持ちを吐き出してたくさん泣いた娘、急遽付き添いで泊まりました。夜は落ち着いた様子で眠ったようです。休診日の日曜でも治療は続きます。ロイナーゼ点滴が10時から。 16時からシャワー浴。熱は36.9度。 この日のノートには持ってきて欲しいものリストが書かれていました。 水、お茶、帽子(ニット帽)、CVラインを入れる袋、マスク、ウェットテ . . . 本文を読む
コメント

2009年1月17日 寛解導入療法26日目(初めて娘が泣いた日)

2009-01-17 23:30:30 | 寛解導入療法
2009年1月17日土曜 病院に行く前、午前中のうちに市内書初め展に行く。作品を出展した娘が同じ場にいないことがとてもさみしい。デジカメで娘の作品、友達の作品、他校だけど上手な子の作品をたくさん撮った。病院に行く前に地元駅のスーパーで黒のニット帽を買った。思春期女子にとって髪の毛がなくなるってこと、とても切なかった。さっそく持っていくとシンプルだけど喜んでくれた。 なかなかこういった買い物も . . . 本文を読む
コメント

2009年1月16日 寛解導入療法25日目(担当医の交替)

2009-01-16 23:50:30 | 寛解導入療法
2009年1月16日金曜 15:45頃、病室へ。採血なし、輸血なし。 訪問学級も始まった。17時過ぎにシャワーで教授回診。少し慣れてきた感じだった。夫が久しぶりに病室へ、支払関係も兼ねて立ち寄ってくれた。 前日、担当の専修医の先生が替わるとのことを聞いたのですが、一瞬ボス先生が異動??と誤解してしまって一晩心配した母です。入院生活には少し慣れてきたとはいえ、専修医(後期研修医)や研修医の先生方 . . . 本文を読む
コメント

2009年1月15日 寛解導入療法24日目(ロイナーゼ)

2009-01-15 23:50:50 | 寛解導入療法
2009年1月15日木曜 10時過ぎ病院へ。午前中ロイナーゼ点滴。少し食欲が落ちたと言っていたが…(プレドニン服用期間ですが、小さい子達とは違ってものすごい食欲ということはありませんでした)ちゃんと食べている様子。点滴が終わった頃にリハビリの技師の先生が来てくれる。腕の筋力も落ちないようにペットボトルにお水を入れて簡単ダンベルを作っての体操のことも指導される。 この日は木曜、治療からだいぶたっ . . . 本文を読む
コメント

2009年1月14日 寛解導入療法23日目(採血なし)

2009-01-14 23:50:50 | 寛解導入療法
2009年1月14日水曜 晴れ、一番の冷え込みか?! 採血なし、輸血なし、抗生剤とノイアート点滴のみ。 15時半頃、病室へ。待っていたかのように…シャワー浴。15時過ぎに病室に行く時は10時~14時で仕事をしてからで昼食抜き…娘の病室で買ったものをかっこんでました。準無菌だったので食べられました。>親  自主的にチャレンジを勉強していたと娘。 リハビリ用に足のかかとをベットでもつけておく…硬い . . . 本文を読む
コメント

2009年1月13日 寛解導入療法22日目(オンコビン、ダウノマイシン、髄注)

2009-01-13 23:15:30 | 寛解導入療法
2009年1月13日火曜 晴れ、この冬一番の寒さ。 髄注に抗がん剤2種類の日でいつも以上に早めに家を出た。9:10頃病室へ。 髄注(腰椎穿刺の検査を兼ねてメソトレキセイートを髄腔内へ注射)やマルク(骨髄検査、骨髄穿刺とも言う)は 小児は麻酔をしてなので、朝食抜き。水分も7時頃、朝のプレドニンとファンギゾンも7時頃に服用したはず。 9時半頃~髄注ナースステーション前の椅子で待ち、主治医が終わり . . . 本文を読む
コメント