Keisuke Kimura 『勇気凛輪』

SHIMANO Racing  木村圭佑のブログ

JPT大田原クリテ&矢板ロード

2018-07-24 22:00:23 | 日記
前半戦の区切りである、JPT大田原クリテリウムと矢板ロードレースを無事に終えることができました。

大田原クリテリウム
レース距離が短縮されるほどの暑さの中でのレースでした。
レースは、前半から中田と僕を中心に逃げに対応し、ゴールスプリントは黒枝選手をチームでサポートし勝負するという作戦でスタート。

スタートから各チームが後手を踏まないようにアタック&チェックを行うレース展開。
暑さの影響もあり、集団から飛び出してもオーバーヒート状態になり、スピードが上がらないという感じでした。
入部さんと横山にも他チームのアタックをフォローしてもらい、その中で僕が入る逃げが決まり中盤までレースを展開しました。


Photo Satoru Kato

逃げに乗せていないチームとゴールスプリントに持ち込みたいチームの牽引により、逃げは吸収され集団は一つになりレース終盤へ。

集団に戻ってからは、スプリントに向けての位置取りと牽引を行い、ラストラップに入ったところで集団から遅れてゴール。

ゴールスプリントで黒枝が4位でゴール!!


矢板ロード
前日同様に暑さを考慮し1周回少ない8周回85キロになりました。

レースは、作戦通りに小山と中田が逃げに入り、シマノチームとして良い展開でレースを進めることができました。

メイン集団は、逃げにメンバーを乗せていない宇都宮ブリッツェンがコントロール。

レース中盤を過ぎたあたりで、ブリッツェンの2名の選手がメイン集団からアタックし、そこからレースが動き、逃げも吸収され、その中からブリッツェン岡選手が単独で逃げる展開でレース終盤に入りました。

単独で逃げる岡選手とのタイム差を、シマノ(湊、黒枝、小山、中田)とマトリックスを中心にメイン集団をコントロールしてもらい、後半勝負を狙う入部さんと僕は力を温存することができ、ラストラップの上り区間に突入。

上り区間に入ったところで入部さんがアタックし9名にまで集団は絞られました。
そこに僕も入り、その後のアップダウン区間でアタックするものの決まらず。


Photo Satoru Kato

9名の中にはスプリントで狙える、ブリッツェン鈴木龍選手、マトリックスのアイラン選手が含まれている為、各チームがゴールスプリントに向けた流れでラスト1キロへ。

入部さんと話し合い、僕の足の残り具合と少人数スプリントでの実績を考え、入部さんにスプリントをしてもらう作戦を選択。

ラストコーナーに向けて入部さんを牽引し、良い位置に入部さんが入ったところを確認し6位でゴール。

ゴール前の難しい駆け引きもあり、惜しくも入部さんは3位でゴール。

個人としては、チームメートの動きもあり、最後の勝負には残れたが、まだ自分に足りない部分が見えたレースでした。

チームとしては、修正点はありましたが、チームとして良くなったと感じた点も多く、前半戦を良い形で終えられたと思います。


自分に不足している部分をこの夏で見直して、改善する為の新しいトレーニングを取り入れシーズン後半戦での勝利を目指して頑張りたいと思います!!

暑いなかでの応援ありがとうございました😄





コメント

全日本選手権

2018-06-29 21:51:25 | 日記
全日本選手権ロードレースが終わり数日が過ぎました。

遅くなりましたが、全日本ロードに出場するにあたり、応援してくださった皆様、そしてレースに向けて万全の状態でスタートラインに並べる準備をしてくださったチームスタッフ、一緒に戦ったチームメイトを含めたシマノレーシングチームに感謝しています。
本当にありがとうございました。


レースの結果は、チームとしての目標を達成することは叶いませんでした。

個人としてもチームキャプテン、サブエースという役割を担い、レースに挑みましたが、結果を残すことができませんでした。

レース後は、悔しさはありましたが、それよりも虚しさ、悲しさという気持ちが強くありました。
やはりシマノレーシングチームとして優勝したかった。

レースから数日が経ちましたが、気持ちを切り替えられたかというと、なかなか切り替えられないという状況です。

それだけ全日本選手権というレースは特別な存在だとレースが終わった後も感じています。


しかし、また新しいレースがやってきます。
明日からJPT西日本ロードクラシック、広島クリテの連日のレースに出場します。

今回の全日本での失敗をただの失敗でおわらせるのではなく、この失敗を大成功に繋げていく為にも残りのレースも最高の結果を目指して走りたいと思います。


Tatsuya Mitsuishi(OCN)


最後に、優勝されたキナン山本選手、そしてキナンチームの皆さま、おめでとうございます!
コメント

JPT那須ロードレース初優勝

2018-06-10 21:31:02 | 日記
JPT那須ロードレースを優勝することができました!



レースは、スタートから各チーム激しいアタック合戦を行う中、シマノチームも各選手が積極的にレースを展開していました。
中盤にできた入部さん、横山を含む逃げは、強力で他チームが追走で人数を減らす中、ラストラップまで逃げ続けました。
入部さん強すぎる!!!

集団では、2人が逃げていたので、良い位置でチームで走ることができ足を温存することができていました。

最後の展開は、ラスト1キロで集団からアタックをし、そこにBS橋本選手が追いつき、そのままゴールに向かい駆け引きを行いながら、残り150mでスプリントを開始し、僅差ながら優勝することができました。



圧倒的なスピードがあるBS橋本選手にスプリントで勝てたことには驚きでしたが、レースを通して、シマノチームの動きは良かったので、こうして優勝することができ本当に嬉しい気持ちです!



明日からは、全日本に向けての合宿が始まります。
全日本ロードに向けて気持ちを引き締めて、良い状態で臨めるように調整していきたいと思います。

応援してくださった皆様、本当にありがとうございました😄
コメント (2)

TOJ 伊豆st〜東京st

2018-05-31 09:37:55 | 日記
第7伊豆ステージ
TOJの中でも一番厳しい山場の伊豆ステージ。
山岳賞では、トップとは離れてしまったが、チャレンジできることがあればチャレンジしたいと思いスタート。

スタートからアタック合戦。
入部さんが積極的に攻めている。
僕は、集団内で耐える走りを続ける。
アタック合戦の末に有力チーム含めた、数名の逃げが決まる。
その後も入部さんが気迫の走りで逃げに単独ブリッジし逃げ切りを目指す。

リーダーチームのキナンがメイン集団をコントロールする展開。
周回を重ねるうちに、メイン集団も減少していく。
集団内でなんとか粘っていたが、残り3周回のサイテルの上りで遅れてしまい、一緒に遅れた複数名の選手とゴール。

入部さんは、逃げ切りは叶わなかったが、素晴らしいチャレンジ。
湊も厳しいステージで最後までメイン集団に残り11位でゴール。
その他のシマノの選手もしっかりと完走し、明日の最終ステージには6名全員で臨む。


photo:Satoru Kato

第8東京ステージ
いよいよTOJも最終ステージまでやってきた。
去年は伊豆ステージでリタイアしてしまい悔しい思いをしていたので、今年の東京ステージを走れることに喜びを感じていました。

チームとしては、入部さん、中田、僕で逃げを狙い、スプリントになれば黒枝で勝負する作戦でスタート。
スタートからアタックが続き周回コースに入るところで、中田を含めた3名の逃げが決まる。

メイン集団は、3名と逃げが少なかったので、落ち着いて逃げとのタイム差をコントロールしながら周回を重ねていく。
ラスト周回に入るまでに逃げは吸収され、ゴールスプリントの展開へ。
チームのアシストを受けたスプリンター黒枝が良い位置でゴールスプリントに参加するもトラブルがありスプリント出来ずにゴール。
黒枝自身もステージ優勝がみえていただけに悔しい結果になってしまいました。

僕は、スプリントの連携でチームの力になれずに反省点が残りました。


photo:Satoru Kato

TOJでは、レース会場などで、シマノチーム、そして僕個人に対しての応援の声も聞こえ、レースを走っている中で、嬉しい気持ちになっていました。
応援してくださった皆様、本当にありがとうございました!

声援に応えられるように、これからもキャプテンキムーラはがんばります!!


photo:Satoru Kato

コメント

TOJ 南信州st〜富士山st

2018-05-31 09:13:45 | 日記
第5南信州ステージ
総合時間争いも動きだす厳しいステージ。
このステージの逃げは、有力チームも動くので決めるのが厳しいが、ここまでチームに山岳賞を狙うことを認めてもらっているので、今日も逃げにチャレンジする。

やはりスタートから有力チームがアタックしハイペースで進む。
一周目の下り区間で集団前方までいき、上り口前に数名と飛び出すが吸収される。
その後の上りで遅れ、下り区間で追いつくが、次の上りで遅れてグルペットでゴール。
チームとしては、横山が区間8位に入る活躍でした。


photo:Satoru Kato

第6富士山ステージ
昨年よりコースが伸び、よりキツくなった富士山ステージ。
総合時間を狙う入部さん、湊、横山をできるだけアシストしながら走る考えでスタート。
富士スピードウェイ周回をこなし、富士山あざみラインへ突入。
入部さんをペースで引けるところまで引き、力尽きてからは、ゆっくりと明日に備えてゴール。
クライマー湊が意地を見せ18位でゴール。


photo:Satoru Kato
コメント